15.4.4. リアルタイムで機能するワークロードの作成

リアルタイム機能を使用するワークロードを準備するには、以下の手順を使用します。

手順

  1. QoS クラスの Guaranteed を指定して Pod を作成します。
  2. オプション: DPDK の CPU 負荷分散を無効にします。
  3. 適切なノードセレクターを割り当てます。

アプリケーションを作成する場合には、「アプリケーションのチューニングとデプロイメント」に記載されている一般的な推奨事項に従ってください。