第13章 ベアメタルホストの管理

OpenShift Container Platform をベアメタルクラスターにインストールする場合、クラスターに存在するベアメタルホストの machine および machineset カスタムリソース (CR) を使用して、ベアメタルノードをプロビジョニングし、管理できます。

13.1. ベアメタルホストおよびノードについて

Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) ベアメタルホストをクラスター内のノードとしてプロビジョニングするには、まずベアメタルホストハードウェアに対応する MachineSet カスタムリソース (CR) オブジェクトを作成します。ベアメタルホストマシンセットは、お使いの設定に固有のインフラストラクチャーコンポーネントを記述します。特定の Kubernetes ラベルをこれらのマシンセットに適用してから、インフラストラクチャーコンポーネントを更新して、それらのマシンでのみ実行されるようにします。

Machine CR は、metal3.io/autoscale-to-hosts アノテーションを含む関連する MachineSet をスケールアップする際に自動的に作成されます。OpenShift Container Platform は Machine CR を使用して、MachineSet CR で指定されるホストに対応するベアメタルノードをプロビジョニングします。