13.2. ベアメタルホストのメンテナンス

OpenShift Container Platform Web コンソールからクラスター内のベアメタルホストの詳細を維持することができます。ComputeBare Metal Hosts に移動し、Actions ドロップダウンメニューからタスクを選択します。ここでは、BMC の詳細、ホストの起動 MAC アドレス、電源管理の有効化などの項目を管理できます。また、ホストのネットワークインターフェースおよびドライブの詳細を確認することもできます。

ベアメタルホストをメンテナンスモードに移行できます。ホストをメンテナンスモードに移行すると、スケジューラーはすべての管理ワークロードを対応するベアメタルノードから移動します。新しいワークロードは、メンテナンスモードの間はスケジュールされません。

Web コンソールでベアメタルホストのプロビジョニングを解除することができます。ホストのプロビジョニング解除により以下のアクションが実行されます。

  1. ベアメタルホスト CR に cluster.k8s.io/delete-machine: true のアノテーションを付けます。
  2. 関連するマシンセットをスケールダウンします。
注記

デーモンセットおよび管理対象外の静的 Pod を別のノードに最初に移動することなく、ホストの電源をオフにすると、サービスの中断やデータの損失が生じる場合があります。

13.2.1. Web コンソールを使用したベアメタルホストのクラスターへの追加

Web コンソールのクラスターにベアメタルホストを追加できます。

前提条件

  • RHCOS クラスターのベアメタルへのインストール
  • cluster-admin 権限を持つユーザーとしてログインすること。

手順

  1. Web コンソールで、ComputeBare Metal Hosts に移動します。
  2. Add HostNew with Dialog を選択します。
  3. 新規ベアメタルホストの一意の名前を指定します。
  4. Boot MAC address を設定します。
  5. Baseboard Management Console (BMC) Address を設定します。
  6. 必要に応じて、ホストの電源管理を有効にします。これにより、OpenShift Container Platform はホストの電源状態を制御できます。
  7. ホストのベースボード管理コントローラー (BMC) のユーザー認証情報を入力します。
  8. 作成後にホストの電源をオンにすることを選択し、Create を選択します。
  9. 利用可能なベアメタルホストの数に一致するようにレプリカ数をスケールアップします。ComputeMachineSets に移動し、Actions ドロップダウンメニューから Edit Machine count を選択してクラスター内のマシンレプリカ数を増やします。
注記

oc scale コマンドおよび適切なベアメタルマシンセットを使用して、ベアメタルノードの数を管理することもできます。