15.2. Performance Addon Operator のインストール

Performance Addon Operator は、一連のノードで高度なノードのパフォーマンスチューニングを有効にする機能を提供します。クラスター管理者は、OpenShift Container Platform CLI または Web コンソールを使用して Performance Addon Operator をインストールできます。

15.2.1. CLI を使用した Operator のインストール

クラスター管理者は、CLI を使用して Operator をインストールできます。

前提条件

  • ベアメタルハードウェアにインストールされたクラスター。
  • OpenShift CLI (oc) をインストールすること。
  • cluster-admin 権限を持つユーザーとしてログインすること。

手順

  1. 以下のアクションを実行して、Performance Addon Operator の namespace を作成します。

    1. openshift-performance-addon-operator namespace を定義する以下の Namespace カスタムリソース (CR) を作成し、YAML を pao-namespace.yaml ファイルに保存します。

      apiVersion: v1
      kind: Namespace
      metadata:
        name: openshift-performance-addon-operator
        labels:
          openshift.io/run-level: "1"
    2. 以下のコマンドを実行して namespace を作成します。

      $ oc create -f pao-namespace.yaml
  2. 以下のオブジェクトを作成して、直前の手順で作成した namespace に Performance Addon Operator をインストールします。

    1. 以下の OperatorGroup CR を作成し、YAML を pao-operatorgroup.yaml ファイルに保存します。

      apiVersion: operators.coreos.com/v1
      kind: OperatorGroup
      metadata:
        name: openshift-performance-addon-operator
        namespace: openshift-performance-addon-operator
      spec:
        targetNamespaces:
        - openshift-performance-addon-operator
    2. 以下のコマンドを実行して OperatorGroup CR を作成します。

      $ oc create -f pao-operatorgroup.yaml
    3. 以下のコマンドを実行して、次の手順に必要な channel の値を取得します。

      $ oc get packagemanifest performance-addon-operator -n openshift-marketplace -o jsonpath='{.status.defaultChannel}'

      出力例

      4.6

    4. 以下の Subscription CR を作成し、YAML を pao-sub.yaml ファイルに保存します。

      Subscription の例

      apiVersion: operators.coreos.com/v1alpha1
      kind: Subscription
      metadata:
        name: openshift-performance-addon-operator-subscription
        namespace: openshift-performance-addon-operator
      spec:
        channel: "<channel>" 1
        name: performance-addon-operator
        source: redhat-operators 2
        sourceNamespace: openshift-marketplace

      1
      .status.defaultChannel パラメーターの直前の手順で取得した値を指定します。
      2
      redhat-operators 値を指定する必要があります。
    5. 以下のコマンドを実行して Subscription オブジェクトを作成します。

      $ oc create -f pao-sub.yaml
    6. openshift-performance-addon-operator プロジェクトに切り替えます。

      $ oc project openshift-performance-addon-operator