15.2.2. Web コンソールを使用した Performance Addon Operator のインストール

クラスター管理者は、Web コンソールを使用して Performance Addon Operator をインストールできます。

注記

先のセクションで説明されているように Namespace CR および OperatorGroup CR を作成する必要があります。

手順

  1. OpenShift Container Platform Web コンソールを使用して Performance Addon Operator をインストールします。

    1. OpenShift Container Platform Web コンソールで、OperatorsOperatorHub をクリックします。
    2. 利用可能な Operator の一覧から Performance Addon Operator を選択してから Install をクリックします。
    3. Install Operator ページの A specific namespace on the cluster の下で、 openshift-performance-addon-operator を選択します。次に、Install をクリックします。
  2. オプション: performance-addon-operator が正常にインストールされていることを確認します。

    1. OperatorsInstalled Operators ページに切り替えます。
    2. StatusInstallSucceeded の状態で、Performance Addon Operatoropenshift-performance-addon-operator プロジェクトに一覧表示されていることを確認します。

      注記

      インストール時に、 Operator は Failed ステータスを表示する可能性があります。インストールが後に InstallSucceeded メッセージを出して正常に実行される場合は、Failed メッセージを無視できます。

      Operator がインストール済みとして表示されない場合に、さらにトラブルシューティングを実行します。

      • OperatorsInstalled Operators ページに移動し、Operator Subscriptions および Install Plans タブで Status にエラーがあるかどうかを検査します。
      • WorkloadsPods ページに移動し、performance-addon-operator プロジェクトで Pod のログを確認します。
重要

本書で説明されている機能は 開発者プレビュー を目的としており、現時点では Red Hat では サポートされていません。この機能を使用すると、ノードが再起動され、利用できなくなる可能性があります。