15.8.5. 非接続モード

CNF は、非接続クラスター、つまり外部レジストリーに到達できないクラスターでテストを実行してイメージのサポートをテストします。これは 2 つの手順で行います。

  1. ミラーリングの実行。
  2. テストに対してカスタムレジストリーからのイメージを使用するように指示します。

15.8.5.1. クラスターからアクセスできるカスタムレジストリーへのイメージのミラーリング

mirror 実行可能ファイルはイメージに含まれ、テストをローカルレジストリーに対して実行するために必要なテストをミラーリングするために oc で必要な入力を提供します。

クラスターおよびインターネット経由で registry.redhat.io にアクセスできる中間マシンから、以下のコマンドを実行します。

$ docker run -v $(pwd)/:/kubeconfig -e KUBECONFIG=/kubeconfig/kubeconfig registry.redhat.io/openshift4/cnf-tests-rhel8:v4.6 /usr/bin/mirror -registry my.local.registry:5000/ |  oc image mirror -f -

次に、イメージの取得に使用されるレジストリーを上書きする方法について、以下のセクションの手順に従います。