第16章 Intel FPGA PAC N3000 および Intel vRAN Dedicated Accelerator ACC100 でのデータプレーンのパフォーマンスの最適化

16.1. OpenShift Container Platform 向け Intel ハードウェアアクセラレーターカードについて

Intel 高速 4G/LTE および 5G Virtualized Radio Access Networks (vRAN) ワークロードからのハードウェアアクセラレーターカード。これにより、市販の既製のプラットフォームの全体的な計算能力が向上します。

Intel FPGA PAC N3000

Intel FPGA PAC N3000 はリファレンス FPGA であり、5G または 4G/LTE RAN レイヤー 1 (L1) 基地局ネットワーク機能を高速化するワークロードの例として 4G/LTE または 5G フォワードエラー補正 (FEC) を使用します。vRAN ワークロードをサポートするために、4G/LTE または 5G ビットストリームを持つ Intel FPGA PAC N3000 カードをフラッシュします。

Intel FPGA PAC N3000 は、マルチワークロードネットワーキングアプリケーションアクセラレーション向け全二重、100 Gbps インシステムの再プログラム可能なアクセラレーションカードです。

Intel FPGA PAC N3000 が 4G/LTE または 5G ビットストリームでプログラム化されると、vRAN ワークロードの FEC を加速するのに使用する SR-IOV (Single Root I/O Virtualization) の仮想関数 (VF) デバイスを公開します。クラウドネイティブなデプロイメントのためにこの機能を活用するには、複数の VF を作成するために、デバイスの物理関数 (PF) を pf-pci-stub ドライバーにバインドする必要があります。VF の作成後、VF は、vRAN ワークロードを実行する特定の Pod に割り当てるために DPDK ユーザー空間ドライバー (vfio) にバインドする必要があります。

OpenShift Container Platform での Intel FPGA PAC N3000 サポートは 2 つの Operator に依存します。

  • Intel FPGA PAC N3000 (プログラミング) 向け OpenNESS Operator
  • ワイヤレス FEC Accelerator 向け OpenNESS Operator

vRAN Dedicated Accelerator ACC100

Intel の eASIC テクノロジーに基づく vRAN Dedicated Accelerator ACC100 は、4G/LTE および 5G テクノロジーに対する前方誤り訂正のコンピューター集約型プロセスをオフロードし、処理能力を解放するように設計されています。Intel eASIC デバイスは構成された ASIC で、FPGA と標準のアプリケーション固有の統合サーキット (ASIC) 間の中間テクノロジーです。

OpenShift Container Platform での Intel vRAN Dedicated Accelerator ACC100 サポートは 1 つの Operator を使用します。

  • ワイヤレス FEC Accelerator 向け OpenNESS Operator