15.5. Huge Page の設定

ノードは、OpenShift Container Platform クラスターで使用される Huge Page を事前に割り当てる必要があります。Performance Addon Operator を使用し、特定のノードで Huge Page を割り当てます。

OpenShift Container Platform は、Huge Page を作成し、割り当てる方法を提供します。Performance Addon Operator は、パーマンスプロファイルを使用してこれを実行するための簡単な方法を提供します。

たとえば、パフォーマンスプロファイルの hugepages pages セクションで、sizecount、およびオプションで node の複数のブロックを指定できます。

hugepages:
   defaultHugepagesSize: "1G"
   pages:
   - size:  "1G"
     count:  4
     node:  0 1
1
node は、Huge Page が割り当てられる NUMA ノードです。node を省略すると、ページはすべての NUMA ノード間で均等に分散されます。
注記

更新が完了したことを示す関連するマシン設定プールのステータスを待機します。

これらは、Huge Page を割り当てるのに必要な唯一の設定手順です。

検証

  • 設定を確認するには、ノード上の /proc/meminfo ファイルを参照します。

    $ oc debug node/ip-10-0-141-105.ec2.internal
    # grep -i huge /proc/meminfo

    出力例

    AnonHugePages:    ###### ##
    ShmemHugePages:        0 kB
    HugePages_Total:       2
    HugePages_Free:        2
    HugePages_Rsvd:        0
    HugePages_Surp:        0
    Hugepagesize:       #### ##
    Hugetlb:            #### ##

  • 新規サイズを報告するには、oc describe を使用します。

    $ oc describe node worker-0.ocp4poc.example.com | grep -i huge

    出力例

                                       hugepages-1g=true
     hugepages-###:  ###
     hugepages-###:  ###