Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

5.5. ノードポートサービス範囲の設定

クラスター管理者は、利用可能なノードのポート範囲を拡張できます。クラスターで多数のノードポートが使用される場合、利用可能なポートの数を増やす必要がある場合があります。

デフォルトのポート範囲は 30000-32767 です。最初にデフォルト範囲を超えて拡張した場合でも、ポート範囲を縮小することはできません。

5.5.1. 前提条件

  • クラスターインフラストラクチャーは、拡張された範囲内で指定するポートへのアクセスを許可する必要があります。たとえば、ノードのポート範囲を 30000-32900 に拡張する場合、ファイアウォールまたはパケットフィルターリングの設定によりこれに含まれるポート範囲 32768-32900 を許可する必要があります。

5.5.1.1. ノードのポート範囲の拡張

クラスターのノードポート範囲を拡張できます。

前提条件

  • OpenShift CLI (oc) をインストールしている。
  • cluster-admin 権限を持つユーザーとしてクラスターにログインすること。

手順

  1. ノードのポート範囲を拡張するには、以下のコマンドを入力します。<port> を、新規の範囲内で最大のポート番号に置き換えます。

    $ oc patch network.config.openshift.io cluster --type=merge -p \
      '{
        "spec":
          { "serviceNodePortRange": "30000-<port>" }
      }'

    出力例

    network.config.openshift.io/cluster patched

  2. 設定がアクティブであることを確認するには、以下のコマンドを入力します。更新が適用されるまでに数分の時間がかかることがあります。

    $ oc get configmaps -n openshift-kube-apiserver config \
      -o jsonpath="{.data['config\.yaml']}" | \
      grep -Eo '"service-node-port-range":["[[:digit:]]+-[[:digit:]]+"]'

    出力例

    "service-node-port-range":["30000-33000"]