Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

7.4.2. イメージレジストリーの設定

image.config.openshift.io/cluster カスタムリソース (CR) を編集してイメージレジストリーの設定を行うことができます。Machine Config Operator (MCO) は、image.config.openshift.io/cluster CR でレジストリーへの変更の有無を監視し、変更を検出するとノードを再起動します。

手順

  1. image.config.openshift.io/cluster カスタムリソースを編集します。

    $ oc edit image.config.openshift.io/cluster

    以下は、image.config.openshift.io/cluster CR の例になります。

    apiVersion: config.openshift.io/v1
    kind: Image 1
    metadata:
      annotations:
        release.openshift.io/create-only: "true"
      creationTimestamp: "2019-05-17T13:44:26Z"
      generation: 1
      name: cluster
      resourceVersion: "8302"
      selfLink: /apis/config.openshift.io/v1/images/cluster
      uid: e34555da-78a9-11e9-b92b-06d6c7da38dc
    spec:
      allowedRegistriesForImport: 2
        - domainName: quay.io
          insecure: false
      additionalTrustedCA: 3
        name: myconfigmap
      registrySources:4
        allowedRegistries:
        - example.com
        - quay.io
        - registry.redhat.io
        - image-registry.openshift-image-registry.svc:5000
        insecureRegistries:
        - insecure.com
    status:
      internalRegistryHostname: image-registry.openshift-image-registry.svc:5000
    1
    Image: イメージの処理方法についてのクラスター全体の情報を保持します。正規名および唯一の有効な名前となるのは cluster です。
    2
    allowedRegistriesForImport: 標準ユーザーがイメージのインポートに使用するコンテナーイメージレジストリーを制限します。この一覧を、有効なイメージを含むものとしてユーザーが信頼し、アプリケーションのインポート元となるレジストリーに設定します。イメージまたは ImageStreamMappings を API 経由で作成するパーミッションを持つユーザーは、このポリシーによる影響を受けません。通常、これらのパーミッションを持っているのはクラスター管理者のみです。
    3
    additionalTrustedCA: イメージストリームのインポート、Pod のイメージプル、openshift-image-registry プルスルー、およびビルド時に信頼される追加の認証局 (CA) が含まれる設定マップの参照です。この設定マップの namespace は openshift-config です。設定マップの形式では、信頼する追加のレジストリー CA についてレジストリーのホスト名をキーとして使用し、PEM 証明書を値として使用します。
    4
    registrySources: ビルドおよび Pod のイメージにアクセスする際に、コンテナーランタイムが個々のレジストリーを許可するかブロックするかを決定する設定が含まれます。allowedRegistries パラメーターまたは blockedRegistries パラメーターのいずれかを設定できますが、両方を設定することはできません。安全でないレジストリーへのアクセスを許可するかどうかを定義することもできます。この例では、使用が許可されるレジストリーを定義する allowedRegistries パラメーターを使用します。安全でないレジストリー insecure.com も許可されます。registrySources パラメーターには、内部クラスターレジストリーの設定は含まれません。
    注記

    allowedRegistries パラメーターが定義されると、明示的に一覧表示されない限り、registry.redhat.io レジストリーと quay.io レジストリー、およびデフォルトの内部イメージレジストリーを含むすべてのレジストリーがブロックされます。パラメーターを使用する場合は、Pod の失敗を防ぐために、registry.redhat.io レジストリーと quay.io レジストリー、および internalRegistryHostnameallowedRegistries 一覧に追加する必要があります。これらは、お使いの環境内のペイロードイメージで必要とされます。registry.redhat.io および quay.io レジストリーを blockedRegistries 一覧に追加しないでください。

    セキュリティー上のリスクを軽減するために、非セキュアな外部レジストリーは回避する必要があります。

  2. 変更が適用されたことを確認するには、ノードを一覧表示します。

    $ oc get nodes

    出力例

    NAME                                       STATUS                     ROLES    AGE   VERSION
    ci-ln-j5cd0qt-f76d1-vfj5x-master-0         Ready                         master   98m   v1.19.0+7070803
    ci-ln-j5cd0qt-f76d1-vfj5x-master-1         Ready,SchedulingDisabled      master   99m   v1.19.0+7070803
    ci-ln-j5cd0qt-f76d1-vfj5x-master-2         Ready                         master   98m   v1.19.0+7070803
    ci-ln-j5cd0qt-f76d1-vfj5x-worker-b-nsnd4   Ready                         worker   90m   v1.19.0+7070803
    ci-ln-j5cd0qt-f76d1-vfj5x-worker-c-5z2gz   NotReady,SchedulingDisabled   worker   90m   v1.19.0+7070803
    ci-ln-j5cd0qt-f76d1-vfj5x-worker-d-stsjv   Ready                         worker   90m   v1.19.0+7070803

allowed、blocked、および insecure レジストリーパラメーターについての詳細は、「 イメージレジストリーの設定」を 参照してください。

7.4.2.1. イメージレジストリーアクセス用の追加のトラストストアの設定

image.config.openshift.io/cluster カスタムリソースには、イメージレジストリーのアクセス時に信頼される追加の認証局が含まれる設定マップへの参照を含めることができます。

前提条件

  • 認証局 (CA) は PEM でエンコードされている必要があります。

手順

設定マップを openshift-config namespace に作成し、その名前を image.config.openshift.io カスタムリソースの AdditionalTrustedCA で使用し、追加の CA を指定することができます。

設定マップキーは、この CA が信頼されるポートを持つレジストリーのホスト名であり、base64 エンコード証明書が信頼する追加の各レジストリー CA についての値になります。

イメージレジストリー CA の設定マップの例

apiVersion: v1
kind: ConfigMap
metadata:
  name: my-registry-ca
data:
  registry.example.com: |
    -----BEGIN CERTIFICATE-----
    ...
    -----END CERTIFICATE-----
  registry-with-port.example.com..5000: | 1
    -----BEGIN CERTIFICATE-----
    ...
    -----END CERTIFICATE-----

1
レジストリーにポートがある場合 (例: registry-with-port.example.com:5000)、:.. に置き換える必要があります。

以下の手順で追加の CA を設定することができます。

  1. 追加の CA を設定するには、以下を実行します。

    $ oc create configmap registry-config --from-file=<external_registry_address>=ca.crt -n openshift-config
    $ oc edit image.config.openshift.io cluster
    spec:
      additionalTrustedCA:
        name: registry-config