Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

6.2.6. Azure File のオブジェクト定義

Azure File ストレージクラスはシークレットを使用して Azure ストレージアカウント名と Azure ファイル共有の作成に必要なストレージアカウントキーを保存します。これらのパーミッションは、以下の手順の一部として作成されます。

手順

  1. シークレットの作成および表示を可能にする ClusterRole オブジェクトを定義します。

    apiVersion: rbac.authorization.k8s.io/v1
    kind: ClusterRole
    metadata:
    #  name: system:azure-cloud-provider
      name: <persistent-volume-binder-role> 1
    rules:
    - apiGroups: ['']
      resources: ['secrets']
      verbs:     ['get','create']
    1
    シークレットを表示し、作成するためのクラスターロールの名前。
  2. クラスターロールをサービスアカウントに追加します。

    $ oc adm policy add-cluster-role-to-user <persistent-volume-binder-role>

    出力例

     system:serviceaccount:kube-system:persistent-volume-binder

  3. Azure File StorageClass オブジェクトを作成します。

    kind: StorageClass
    apiVersion: storage.k8s.io/v1
    metadata:
      name: <azure-file> 1
    provisioner: kubernetes.io/azure-file
    parameters:
      location: eastus 2
      skuName: Standard_LRS 3
      storageAccount: <storage-account> 4
    reclaimPolicy: Delete
    volumeBindingMode: Immediate
    1
    ストレージクラス名永続ボリューム要求 (PVC) は、関連する永続ボリュームをプロビジョニングするためにこのストレージクラスを使用します。
    2
    eastus などの Azure ストレージアカウントの場所。デフォルトは空であり、新規 Azure ストレージアカウントが OpenShift Container Platform クラスターの場所に作成されます。
    3
    SKU は、Standard_LRS などの Azure ストレージアカウントの層になります。デフォルトは空です。つまり、新しい Azure ストレージアカウントは Standard_LRS SKU で作成されます。
    4
    Azure ストレージアカウントの名前。ストレージアカウントが提供されると、skuName および location は無視されます。ストレージアカウントを指定しない場合、ストレージクラスは、定義された skuName および location に一致するアカウントのリソースグループに関連付けられたストレージアカウントを検索します。

6.2.6.1. Azure File を使用する場合の考慮事項

以下のファイルシステム機能は、デフォルトの Azure File ストレージクラスではサポートされません。

  • シンボリックリンク
  • ハードリンク
  • 拡張属性
  • スパースファイル
  • 名前付きパイプ

また、Azure File がマウントされるディレクトリーの所有者 ID (UID) は、コンテナーのプロセス UID とは異なります。uid マウントオプションは StorageClass オブジェクトに指定して、マウントされたディレクトリーに使用する特定のユーザー ID を定義できます。

以下の StorageClass オブジェクトは、マウントされたディレクトリーのシンボリックリンクを有効にした状態で、ユーザーおよびグループ ID を変更する方法を示しています。

kind: StorageClass
apiVersion: storage.k8s.io/v1
metadata:
  name: azure-file
mountOptions:
  - uid=1500 1
  - gid=1500 2
  - mfsymlinks 3
provisioner: kubernetes.io/azure-file
parameters:
  location: eastus
  skuName: Standard_LRS
reclaimPolicy: Delete
volumeBindingMode: Immediate
1
マウントされたディレクトリーに使用するユーザー ID を指定します。
2
マウントされたディレクトリーに使用するグループ ID を指定します。
3
シンボリックリンクを有効にします。