Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第4章 コストデータの表示およびエクスポート

4.1. コストデータビューのフィルタリング

タグを使用すると、コストデータの表示をカスタマイズできます。特定のリソースがコストの増加を示す理由、またはデータが異常に見える場合を調査するために、タイプ (プロジェクト、ノード、クラスターなど) またはタグまたはラベルでリソースを表示できます。

この例は、クラスター内の各 OpenShift プロジェクトのコストを確認する方法を示しています。

前提条件

  • コスト管理データソースとして追加されている OpenShift クラスター。手順については、『Getting started with cost management』の「Adding an OpenShift Container Platform source to cost management」を参照してください。
  • コスト管理データソースとして追加されたクラウドインフラストラクチャーアカウント。クラウドプロバイダーのタイプに関する説明は、『Getting started with cost management』の「Adding sources to cost management」を参照してください。
  • ソースにタグを設定します。ヒントおよび設定の手順は、「ソースでのタグの設定」 を参照してください。

手順

  1. OpenShift details メニューから、フィルターボタンをクリックして Tag を選択します。
  2. Choose key ドロップダウンリストで、フィルター処理に使用するキーを選択します。たとえば、environment タグでクラスターを表示する 環境 を選択します。tag キーを選択すると、フィルタリングする値を選択する別のドロップダウンが表示されます。
  3. Choose value ドロップダウンリストで、フィルタリングする 1 つ以上の値を選択します。たとえば、qe および dev を選択して、これらのタグを持つ OpenShift プロジェクトのコストデータを表示します。
  4. 各プロジェクトの詳細情報を表示するには、以下を実行します。

    • 各リソースの矢印アイコンをクリックすると、リソースが属するクラスター、CPU とメモリーの使用量、制限、リクエストなどの詳細情報が表示されます。
    • more options (他のオプション) をクリックして、さらに表示オプションを表示します。

      • View price list をクリックし、OpenShift メトリックに適用されるレートを表示し、コストを計算します。
      • View historical data をクリックして、毎日の使用量比較ビューを開きます。このビューでは、月ごとに、対象リソースの 1 日当たりの使用率、要求、制限を比較します。
      • View all projects または View all tags をクリックして、関連リソースおよびメタデータを表示します。
  5. Clear all filters をクリックして OpenShift の詳細ビューをリセットします。