第3章 クラスターロギングデプロイメントの設定

3.1. クラスターロギングカスタムリソースについて

OpenShift Container Platform クラスターロギングを設定するには、ClusterLogging カスタムリソース (CR) をカスタマイズします。

3.1.1. ClusterLogging カスタムリソースについて

クラスターロギング環境を変更するには、ClusterLogging カスタムリソース (CR) を作成し、変更します。CR の作成または変更方法については、このドキュメントで適宜説明されます。

以下は、クラスターロギングの通常のカスタムリソースの例です。

ClusterLogging カスタムリソース (CRD) のサンプル

apiVersion: "logging.openshift.io/v1"
kind: "ClusterLogging"
metadata:
  name: "instance" 1
  namespace: "openshift-logging" 2
spec:
  managementState: "Managed" 3
  logStore:
    type: "elasticsearch" 4
    retentionPolicy:
      application:
        maxAge: 1d
      infra:
        maxAge: 7d
      audit:
        maxAge: 7d
    elasticsearch:
      nodeCount: 3
      resources:
        limits:
          memory: 16Gi
        requests:
          cpu: 500m
          memory: 16Gi
      storage:
        storageClassName: "gp2"
        size: "200G"
      redundancyPolicy: "SingleRedundancy"
  visualization: 5
    type: "kibana"
    kibana:
      resources:
        limits:
          memory: 736Mi
        requests:
          cpu: 100m
          memory: 736Mi
      replicas: 1
  curation: 6
    type: "curator"
    curator:
      resources:
        limits:
          memory: 256Mi
        requests:
          cpu: 100m
          memory: 256Mi
      schedule: "30 3 * * *"
  collection: 7
    logs:
      type: "fluentd"
      fluentd:
        resources:
          limits:
            memory: 736Mi
          requests:
            cpu: 100m
            memory: 736Mi

1
CR の名前は instance である必要があります。
2
CR は openshift-logging namespace にインストールされる必要があります。
3
Cluster Logging Operator の管理状態。Unmanaged に設定すると、Operator はサポート対象外となり、更新を取得しません。
4
保持ポリシー、ノード数、リソース要求および制限およびストレージクラスなどのログストアの設定。
5
リソース要求および制限、Pod レプリカ数などのビジュアライザーの設定。
6
リソースの要求および制限、および収集スケジュールを含む、収集についての設定。
7
リソース要求および制限を含むログコレクターの設定。