1.4.18. Operator の初期設定

コントロールプレーンの初期化後に、一部の Operator を利用可能にするためにそれらをすぐに設定する必要があります。

前提条件

  • コントロールプレーンが初期化されています。

手順

  1. クラスターコンポーネントがオンラインになることを確認します。

    $ watch -n5 oc get clusteroperators

    出力例

    NAME                                       VERSION AVAILABLE   PROGRESSING   DEGRADED   SINCE
    authentication                             4.6.0   True        False         False      3h56m
    cloud-credential                           4.6.0   True        False         False      29h
    cluster-autoscaler                         4.6.0   True        False         False      29h
    config-operator                            4.6.0   True        False         False      6h39m
    console                                    4.6.0   True        False         False      3h59m
    csi-snapshot-controller                    4.6.0   True        False         False      4h12m
    dns                                        4.6.0   True        False         False      4h15m
    etcd                                       4.6.0   True        False         False      29h
    image-registry                             4.6.0   True        False         False      3h59m
    ingress                                    4.6.0   True        False         False      4h30m
    insights                                   4.6.0   True        False         False      29h
    kube-apiserver                             4.6.0   True        False         False      29h
    kube-controller-manager                    4.6.0   True        False         False      29h
    kube-scheduler                             4.6.0   True        False         False      29h
    kube-storage-version-migrator              4.6.0   True        False         False      4h2m
    machine-api                                4.6.0   True        False         False      29h
    machine-approver                           4.6.0   True        False         False      6h34m
    machine-config                             4.6.0   True        False         False      3h56m
    marketplace                                4.6.0   True        False         False      4h2m
    monitoring                                 4.6.0   True        False         False      6h31m
    network                                    4.6.0   True        False         False      29h
    node-tuning                                4.6.0   True        False         False      4h30m
    openshift-apiserver                        4.6.0   True        False         False      3h56m
    openshift-controller-manager               4.6.0   True        False         False      4h36m
    openshift-samples                          4.6.0   True        False         False      4h30m
    operator-lifecycle-manager                 4.6.0   True        False         False      29h
    operator-lifecycle-manager-catalog         4.6.0   True        False         False      29h
    operator-lifecycle-manager-packageserver   4.6.0   True        False         False      3h59m
    service-ca                                 4.6.0   True        False         False      29h
    storage                                    4.6.0   True        False         False      4h30m

  2. 利用不可の Operator を設定します。

1.4.18.1. インストール時に削除されたイメージレジストリー

共有可能なオブジェクトストレージを提供しないプラットフォームでは、OpenShift イメージレジストリー Operator 自体が Removed としてブートストラップされます。これにより、openshift-installer がそれらのプラットフォームタイプでのインストールを完了できます。

インストール後に、イメージレジストリー Operator 設定を編集して managementStateRemoved から Managed に切り替える必要があります。

注記

Prometheus コンソールは、以下のような ImageRegistryRemoved アラートを提供します。

"Image Registry has been removed.ImageStreamTags, BuildConfigs and DeploymentConfigs which reference ImageStreamTags may not work as expected.ストレージを設定して、configs.imageregistry.operator.openshift.io を編集して設定を Managed 状態に更新してください。