1.3. ネットワークが制限された環境でのクラスターのベアメタルへのインストール

OpenShift Container Platform バージョン 4.5 では、クラスターをネットワークが制限された環境でプロビジョニングするベアメタルインフラストラクチャーにインストールできます。

重要

以下の手順に従って仮想化環境またはクラウド環境にクラスターをデプロイすることができますが、ベアメタルプラットフォーム以外の場合は追加の考慮事項に注意してください。このような環境で OpenShift Container Platform クラスターのインストールを試行する前に、「Deploying OpenShift 4.x on non-tested platforms using the bare metal install method」にある情報を確認してください。

1.3.1. 前提条件

  • ミラーホストでレジストリーを作成 し、OpenShift Container Platform の使用しているバージョン用の imageContentSources データを取得します。

    重要

    インストールメディアはミラーホストにあるため、そのコンピューターを使用してすべてのインストール手順を完了します。

  • クラスターの 永続ストレージ をプロビジョニングします。プライベートイメージレジストリーをデプロイするには、ストレージで ReadWriteMany アクセスモードを指定する必要があります。
  • OpenShift Container Platform のインストールおよび更新 プロセスについての詳細を確認します。
  • ファイアウォールを使用し、Telemetry を使用する予定がある場合は、クラスターがアクセスする必要のある サイトを許可するようにファイアウォールを設定 する必要があります。

    注記

    プロキシーを設定する場合は、このサイト一覧も確認してください。

1.3.2. ネットワークが制限された環境でのインストールについて

OpenShift Container Platform 4.5 では、ソフトウェアコンポーネントを取得するためにインターネットへのアクティブな接続を必要としないインストールを実行できます。ネットワークが制限された環境のインストールは、クラスターのインストール先となるクラウドプラットフォームに応じて、インストーラーでプロビジョニングされるインフラストラクチャーまたはユーザーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャーを使用して実行できます。

クラウドプラットフォーム上でネットワークが制限されたインストールの実行を選択した場合でも、そのクラウド API へのアクセスが必要になります。Amazon Web Service の IAM サービスなどの一部のクラウド機能はインターネットアクセスを必要とするため、インターネットアクセスが依然として必要になる場合があります。ネットワークによっては、ベアメタルハードウェアまたは VMware vSphere へのインストールには、インターネットアクセスが必要になる場合があります。

ネットワークが制限されたインストールを完了するには、OpenShift Container Platform レジストリーのコンテンツをミラーリングし、インストールメディアを含むレジストリーを作成する必要があります。このミラーは、インターネットと制限されたネットワークの両方にアクセスできるミラーホストで、または制限に対応する他の方法を使用して作成できます。

重要

ユーザーによってプロビジョニングされるインストールの設定は複雑であるため、ユーザーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャーを使用してネットワークが制限されたインストールを試行する前に、標準的なユーザーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャーを実行することを検討してください。このテストが完了すると、ネットワークが制限されたインストール時に発生する可能性のある問題の切り分けやトラブルシューティングがより容易になります。

1.3.2.1. その他の制限

ネットワークが制限された環境のクラスターには、以下の追加の制限および制約があります。

  • ClusterVersion ステータスには Unable to retrieve available updates エラーが含まれます。
  • デフォルトで、開発者カタログのコンテンツは、必要とされるイメージストリームタグにアクセスできないために使用できません。

1.3.3. OpenShift Container Platform のインターネットアクセスおよび Telemetry アクセス

OpenShift Container Platform 4.5 では、クラスターをインストールするために必要なイメージを取得するために、インターネットアクセスが必要になります。クラスターの健全性および正常に実行された更新についてのメトリクスを提供するためにデフォルトで実行される Telemetry サービスにもインターネットアクセスが必要です。クラスターがインターネットに接続されている場合、Telemetry は自動的に実行され、クラスターは Red Hat OpenShift Cluster Manager (OCM) に登録されます。

Red Hat OpenShift Cluster Manager インベントリーが Telemetry によって自動的に維持されるか、または OCM を手動で使用しているかのいずれによって正常であることを確認した後に、subscription watch を使用して、アカウントまたはマルチクラスターレベルで OpenShift Container Platform サブスクリプションを追跡します。

インターネットへのアクセスは以下を実行するために必要です。

  • Red Hat OpenShift Cluster Manager ページにアクセスし、インストールプログラムをダウンロードし、サブスクリプション管理を実行します。クラスターにインターネットアクセスがあり、Telemetry を無効にしない場合、そのサービスは有効なサブスクリプションでクラスターを自動的に使用します。
  • クラスターのインストールに必要なパッケージを取得するために Quay.io にアクセスします。
  • クラスターの更新を実行するために必要なパッケージを取得します。
重要

クラスターでインターネットに直接アクセスできない場合、プロビジョニングする一部のタイプのインフラストラクチャーでネットワークが制限されたインストールを実行できます。このプロセスで、必要なコンテンツをダウンロードし、これを使用してミラーレジストリーにクラスターのインストールおよびインストールプログラムの生成に必要なパッケージを設定します。インストールタイプによっては、クラスターのインストール環境でインターネットアクセスが不要となる場合があります。クラスターを更新する前に、ミラーレジストリーのコンテンツを更新します。

1.3.4. ユーザーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャーを使用する場合のクラスターのマシン要件

ユーザーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャーを含むクラスターの場合、必要なマシンすべてをデプロイする必要があります。

1.3.4.1. 必要なマシン

最小の OpenShift Container Platform クラスターでは以下のホストが必要です。

  • 1 つの一時的なブートストラップマシン
  • 3 つのコントロールプレーン、またはマスター、マシン
  • 少なくとも 2 つのコンピュートマシン (ワーカーマシンとしても知られる)。3 ノードクラスターを実行している場合は、サポートされるのは、実行されるコンピュートマシンがゼロの場合です。1 つのコンピュートマシンの実行はサポートされていません。
注記

クラスターでは、ブートストラップマシンが OpenShift Container Platform クラスターを 3 つのコントロールプレーンマシンにデプロイする必要があります。クラスターのインストール後にブートストラップマシンを削除できます。

重要

クラスターの高可用性を維持するには、これらのクラスターマシンについて別個の物理ホストを使用します。

ブートストラップ、コントロールプレーンおよびコンピュートマシンでは、Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) をオペレーティングシステムとして使用する必要があります。

RHCOS は Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 8 をベースとしており、そのハードウェア認定および要件が継承されることに注意してください。「Red Hat Enterprise Linux テクノロジーの機能と制限」を参照してください。

1.3.4.2. ネットワーク接続の要件

すべての Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) マシンでは、起動時に initramfs のネットワークがマシン設定サーバーから Ignition 設定ファイルをフェッチする必要があります。初回の起動時に、Ignition 設定ファイルをダウンロードできるようネットワーク接続を確立するために、マシンには DHCP サーバーまたはその静的 IP アドレスが設定されている必要になります。

1.3.4.3. 最小リソース要件

それぞれのクラスターマシンは、以下の最小要件を満たしている必要があります。

マシンオペレーティングシステムvCPU1仮想 RAMストレージ

ブートストラップ

RHCOS

4

16 GB

120 GB

コントロールプレーン

RHCOS

4

16 GB

120 GB

コンピュート

RHCOS または RHEL 7.8 - 7.9

2

8 GB

120 GB

1 1 物理コアは、ハイパースレッディングが有効な場合に 2 仮想 CPU を提供します。1 物理コアは、ハイパースレッディングが有効ではない場合に 1 vCPU を提供します。

1.3.4.4. 証明書署名要求の管理

ユーザーがプロビジョニングするインフラストラクチャーを使用する場合、クラスターの自動マシン管理へのアクセスは制限されるため、インストール後にクラスターの証明書署名要求 (CSR) のメカニズムを提供する必要があります。kube-controller-manager は kubelet クライアント CSR のみを承認します。machine-approver は、kubelet 認証情報を使用して要求される提供証明書の有効性を保証できません。適切なマシンがこの要求を発行したかどうかを確認できないためです。kubelet 提供証明書の要求の有効性を検証し、それらを承認する方法を判別し、実装する必要があります。

1.3.5. ユーザーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャーの作成

ユーザーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャーを使用する OpenShift Container Platform クラスターをデプロイする前に、基礎となるインフラストラクチャーを作成する必要があります。

前提条件

手順

  1. 各ノードに DHCP を設定するか、または静的 IP アドレスを設定します。
  2. 必要なロードバランサーをプロビジョニングします。
  3. マシンのポートを設定します。
  4. DNS を設定します。
  5. ネットワーク接続を確認します。

1.3.5.1. ユーザーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャのネットワーク要件

すべての Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) マシンでは、起動時に initramfs のネットワークがマシン設定サーバーから Ignition 設定をフェッチする必要があります。

初回の起動時に、Ignition 設定ファイルをダウンロードできるようネットワーク接続を確立するために、マシンには DHCP サーバーまたはその静的 IP アドレスが設定されている必要があります。

クラスターのマシンを長期間管理するために DHCP サーバーを使用することが推奨されています。DHCP サーバーが永続 IP アドレスおよびホスト名をクラスターマシンに提供するように設定されていることを確認します。

Kubernetes API サーバーはクラスターマシンのノード名を解決できる必要があります。API サーバーおよびワーカーノードが異なるゾーンに置かれている場合、デフォルトの DNS 検索ゾーンを、API サーバーでノード名を解決できるように設定することができます。もう 1 つの実行可能な方法として、ノードオブジェクトとすべての DNS 要求の両方において、ホストを完全修飾ドメイン名で常に参照することができます。

マシン間のネットワーク接続を、クラスターのコンポーネントが通信できるように設定する必要があります。すべてのマシンではクラスターの他のすべてのマシンのホスト名を解決できる必要があります。

表1.18 すべてのマシンに対応するすべてのマシン

プロトコルポート説明

ICMP

該当なし

ネットワーク到達性のテスト

TCP

9000-9999

ホストレベルのサービス。 ポート 9100-9101 のノードエクスポーター、ポート 9099 の Cluster Version Operator が含まれます。

10250-10259

Kubernetes が予約するデフォルトポート

10256

openshift-sdn

UDP

4789

VXLAN および Geneve

6081

VXLAN および Geneve

9000-9999

ポート 9100-9101 のノードエクスポーターを含む、ホストレベルのサービス。

TCP/UDP

30000-32767

Kubernetes ノードポート

表1.19 コントロールプレーンへのすべてのマシン

プロトコルポート説明

TCP

2379-2380

etcd サーバー、ピア、およびメトリクスポート

6443

Kubernetes API

ネットワークトポロジー要件

クラスター用にプロビジョニングするインフラストラクチャーは、ネットワークトポロジーの以下の要件を満たす必要があります。

重要

OpenShift Container Platform では、すべてのノードが、プラットフォームコンテナーのイメージをプルし、Telemetry データを Red Hat に提供するためにインターネットへの直接のアクセスが必要です。

ロードバランサー

OpenShift Container Platform をインストールする前に、以下の要件を満たす 2 つのロードバランサーをプロビジョニングする必要があります。

  1. API ロードバランサー: プラットフォームと対話およびプラットフォームを設定するためのユーザー向けの共通のエンドポイントを提供します。以下の条件を設定します。

    • Layer 4 の負荷分散のみ。これは、Raw TCP、SSL パススルー、または SSL ブリッジモードと呼ばれます。SSL ブリッジモードを使用する場合は、API ルートの Server Name Indication (SNI) を有効にする必要があります。
    • ステートレス負荷分散アルゴリズム。オプションは、ロードバランサーの実装によって異なります。
    注記

    API ロードバランサーが適切に機能するには、セッション永続性は必要ありません。

    ロードバランサーのフロントとバックの両方で以下のポートを設定します。

    表1.20 API ロードバランサー

    ポートバックエンドマシン (プールメンバー)内部外部説明

    6443

    ブートストラップおよびコントロールプレーン。ブートストラップマシンがクラスターのコントロールプレーンを初期化した後に、ブートストラップマシンをロードバランサーから削除します。API サーバーのヘルスチェックプローブの /readyz エンドポイントを設定する必要があります。

    X

    X

    Kubernetes API サーバー

    22623

    ブートストラップおよびコントロールプレーン。ブートストラップマシンがクラスターのコントロールプレーンを初期化した後に、ブートストラップマシンをロードバランサーから削除します。

    X

     

    マシン設定サーバー

    注記

    ロードバランサーは、API サーバーが /readyz エンドポイントをオフにしてからプールから API サーバーインスタンスを削除するまで最大 30 秒かかるように設定する必要があります。/readyz の後の時間枠内でエラーが返されたり、正常になったりする場合は、エンドポイントが削除または追加されているはずです。5 秒または 10 秒ごとにプローブし、2 つの正常な要求が正常な状態になり、3 つの要求が正常な状態になりません。これらは十分にテストされた値です。

  2. Application Ingress ロードバランサー: クラスター外から送られるアプリケーショントラフィックの Ingress ポイントを提供します。以下の条件を設定します。

    • Layer 4 の負荷分散のみ。これは、Raw TCP、SSL パススルー、または SSL ブリッジモードと呼ばれます。SSL ブリッジモードを使用する場合は、Ingress ルートの Server Name Indication (SNI) を有効にする必要があります。
    • 選択可能なオプションやプラットフォーム上でホストされるアプリケーションの種類に基づいて、接続ベースの永続化またはセッションベースの永続化が推奨されます。

    ロードバランサーのフロントとバックの両方で以下のポートを設定します。

    表1.21 アプリケーション Ingress ロードバランサー

    ポートバックエンドマシン (プールメンバー)内部外部説明

    443

    デフォルトで Ingress ルーター Pod、コンピュート、またはワーカーを実行するマシン。

    X

    X

    HTTPS トラフィック

    80

    デフォルトで Ingress ルーター Pod、コンピュート、またはワーカーを実行するマシン。

    X

    X

    HTTP トラフィック

ヒント

クライアントの実際の IP アドレスがロードバランサーによって確認できる場合、ソースの IP ベースのセッション永続化を有効にすると、エンドツーエンドの TLS 暗号化を使用するアプリケーションのパフォーマンスを強化できます。

注記

Ingress ルーターの作業用の設定が OpenShift Container Platform クラスターに必要です。コントロールプレーンの初期化後に Ingress ルーターを設定する必要があります。

1.3.5.2. ユーザーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャーの DNS 要件

DNS は、名前解決および逆引き名前解決に使用されます。DNS A/AAAA または CNAME レコードは名前解決に使用され、PTR レコードは逆引き名前解決に使用されます。逆引きレコードは、Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) は逆引きレコードを使用してすべてのノードのホスト名を設定するために重要です。さらに、逆引きレコードは、OpenShift Container Platform が動作するために必要な証明書署名要求 (CSR) を生成するために使用されます。

以下の DNS レコードは、ユーザーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャーを使用する OpenShift Container Platform クラスターに必要です。各レコードで、 <cluster_name> はクラスター名で、<base_domain> は、install-config.yaml ファイルに指定するクラスターのベースドメインです。完全な DNS レコードは <component>.<cluster_name>.<base_domain>. の形式を取ります。

表1.22 必要な DNS レコード

コンポーネントレコード説明

Kubernetes API

api.<cluster_name>.<base_domain>.

DNS A/AAAA または CNAME レコード、および DNS PTR レコードを、コントロールプレーンマシンのロードバランサーを特定するために追加します。これらのレコードは、クラスター外のクライアントおよびクラスター内のすべてのノードで解決できる必要があります。

api-int.<cluster_name>.<base_domain>.

DNS A/AAAA または CNAME レコード、および DNS PTR レコードを、コントロールプレーンマシンのロードバランサーを特定するために追加します。これらのレコードは、クラスター内のすべてのノードで解決できる必要があります。

重要

API サーバーは、 Kubernetes に記録されるホスト名でワーカーノードを解決できる必要があります。API サーバーがノード名を解決できない場合、プロキシーされる API 呼び出しが失敗し、Pod からログを取得できなくなる可能性があります。

ルート

*.apps.<cluster_name>.<base_domain>.

デフォルトでワーカーノードの Ingress ルーター Pod を実行するマシンをターゲットにするロードバランサーを参照するワイルドカード DNS A/AAAA または CNAME レコードを追加します。これらのレコードは、クラスター外のクライアントおよびクラスター内のすべてのノードで解決できる必要があります。

ブートストラップ

bootstrap.<cluster_name>.<base_domain>.

DNS A/AAAA または CNAME レコードおよび DNS PTR レコードを、ブートストラップマシンを特定するために追加します。これらのレコードは、クラスター内のノードで解決できる必要があります。

マスターホスト

<master><n>.<cluster_name>.<base_domain>.

DNS A/AAAA または CNAME レコードおよび DNS PTR レコードを、マスターノードの各マシンを特定するために追加します。これらのレコードは、クラスター内のノードで解決できる必要があります。

マスターホスト

<worker><n>.<cluster_name>.<base_domain>.

DNS A/AAAA または CNAME レコードおよび DNS PTR レコードを、ワーカーノードの各マシンを特定するために追加します。これらのレコードは、クラスター内のノードで解決できる必要があります。

ヒント

nslookup <hostname> コマンドを使用して、名前解決を確認することができます。dig -x <ip_address> コマンドを使用して、PTR レコードの逆引き名前解決を確認できます。

BIND ゾーンファイルの以下の例は、名前解決の A レコードの例を示しています。この例の目的は、必要なレコードを表示することです。この例では、特定の名前解決サービスを選択するためのアドバイスを提供することを目的としていません。

例1.5 DNS ゾーンデータベースのサンプル

$TTL 1W
@	IN	SOA	ns1.example.com.	root (
			2019070700	; serial
			3H		; refresh (3 hours)
			30M		; retry (30 minutes)
			2W		; expiry (2 weeks)
			1W )		; minimum (1 week)
	IN	NS	ns1.example.com.
	IN	MX 10	smtp.example.com.
;
;
ns1	IN	A	192.168.1.5
smtp	IN	A	192.168.1.5
;
helper	IN	A	192.168.1.5
helper.ocp4	IN	A	192.168.1.5
;
; The api identifies the IP of your load balancer.
api.ocp4		IN	A	192.168.1.5
api-int.ocp4		IN	A	192.168.1.5
;
; The wildcard also identifies the load balancer.
*.apps.ocp4		IN	A	192.168.1.5
;
; Create an entry for the bootstrap host.
bootstrap.ocp4	IN	A	192.168.1.96
;
; Create entries for the master hosts.
master0.ocp4		IN	A	192.168.1.97
master1.ocp4		IN	A	192.168.1.98
master2.ocp4		IN	A	192.168.1.99
;
; Create entries for the worker hosts.
worker0.ocp4		IN	A	192.168.1.11
worker1.ocp4		IN	A	192.168.1.7
;
;EOF

以下の BIND ゾーンファイルの例では、逆引き名前解決の PTR レコードの例を示しています。

例1.6 逆引きレコードの DNS ゾーンデータベースの例

$TTL 1W
@	IN	SOA	ns1.example.com.	root (
			2019070700	; serial
			3H		; refresh (3 hours)
			30M		; retry (30 minutes)
			2W		; expiry (2 weeks)
			1W )		; minimum (1 week)
	IN	NS	ns1.example.com.
;
; The syntax is "last octet" and the host must have an FQDN
; with a trailing dot.
97	IN	PTR	master0.ocp4.example.com.
98	IN	PTR	master1.ocp4.example.com.
99	IN	PTR	master2.ocp4.example.com.
;
96	IN	PTR	bootstrap.ocp4.example.com.
;
5	IN	PTR	api.ocp4.ocp4.example.com.
5	IN	PTR	api-int.ocp4.ocp4.example.com.
;
11	IN	PTR	worker0.ocp4.example.com.
7	IN	PTR	worker1.ocp4.example.com.
;
;EOF

1.3.6. SSH プライベートキーの生成およびエージェントへの追加

クラスターでインストールのデバッグまたは障害復旧を実行する必要がある場合、ssh-agent とインストールプログラムの両方に SSH キーを指定する必要があります。このキーを使用してパブリッククラスターのブートストラップマシンにアクセスし、インストールの問題をトラブルシューティングできます。

注記

実稼働環境では、障害復旧およびデバッグが必要です。

このキーを使用して、ユーザー core としてマスターノードに対して SSH を実行できます。クラスターをデプロイする際に、キーは core ユーザーの ~/.ssh/authorized_keys 一覧に追加されます。

注記

AWS キーペアなどのプラットフォームに固有の方法で設定したキーではなく、ローカルキーを使用する必要があります。

手順

  1. パスワードなしの認証に設定されている SSH キーがコンピューター上にない場合は、これを作成します。たとえば、Linux オペレーティングシステムを使用するコンピューターで以下のコマンドを実行します。

    $ ssh-keygen -t ed25519 -N '' \
        -f <path>/<file_name> 1
    1
    ~/.ssh/id_rsa などの、新規 SSH キーのパスおよびファイル名を指定します。

    このコマンドを実行すると、指定した場所にパスワードを必要としない SSH キーが生成されます。

  2. ssh-agent プロセスをバックグラウンドタスクとして開始します。

    $ eval "$(ssh-agent -s)"

    出力例

    Agent pid 31874

  3. SSH プライベートキーを ssh-agent に追加します。

    $ ssh-add <path>/<file_name> 1

    出力例

    Identity added: /home/<you>/<path>/<file_name> (<computer_name>)

    1
    ~/.ssh/id_rsa などの、SSH プライベートキーのパスおよびファイル名を指定します。

次のステップ

  • OpenShift Container Platform をインストールする際に、SSH パブリックキーをインストールプログラムに指定します。クラスターを独自にプロビジョニングするインフラストラクチャーにインストールする場合は、このキーをクラスターのマシンに指定する必要があります。

1.3.7. インストール設定ファイルの手動作成

ユーザーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャーを使用する OpenShift Container Platform のインストールでは、インストール設定ファイルを手動で生成します。

前提条件

  • OpenShift Container Platform インストーラープログラムおよびクラスターのアクセストークンを取得します。
  • リポジトリーのミラーリングに使用するコマンドの出力で imageContentSources セクションを取得します。
  • ミラーレジストリーの証明書の内容を取得します。

手順

  1. 必要なインストールアセットを保存するためのインストールディレクトリーを作成します。

    $ mkdir <installation_directory>
    重要

    ディレクトリーを作成する必要があります。ブートストラップ X.509 証明書などの一部のインストールアセットの有効期限は短く設定されているため、インストールディレクトリーを再利用することができません。別のクラスターインストールの個別のファイルを再利用する必要がある場合は、それらをディレクトリーにコピーすることができます。ただし、インストールアセットのファイル名はリリース間で変更される可能性があります。インストールファイルを以前のバージョンの OpenShift Container Platform からコピーする場合は注意してコピーを行ってください。

  2. 以下の install-config.yaml ファイルテンプレートをカスタマイズし、これを <installation_directory> に保存します。

    注記

    この設定ファイル install-config.yaml に名前を付ける必要があります。

    • docker.io などの、RHCOS がデフォルトで信頼するレジストリーを使用しない限り、additionalTrustBundle セクションにミラーリポジトリーの証明書の内容を指定する必要があります。ほとんどの場合、ミラーの証明書を指定する必要があります。
    • リポジトリーのミラーリングに使用するコマンドの出力の imageContentSources セクションを組み込む必要があります。
  3. install-config.yaml ファイルをバックアップし、これを複数のクラスターをインストールするために使用できるようにします。

    重要

    install-config.yaml ファイルは、インストールプロセスの次の手順で使用されます。この時点でこれをバックアップする必要があります。

1.3.7.1. ベアメタルのサンプル install-config.yaml ファイル

install-config.yaml ファイルをカスタマイズして、OpenShift Container Platform クラスターのプラットフォームについての詳細を指定するか、または必要なパラメーターの値を変更することができます。

apiVersion: v1
baseDomain: example.com 1
compute:
- hyperthreading: Enabled 2 3
  name: worker
  replicas: 0 4
controlPlane:
  hyperthreading: Enabled 5 6
  name: master 7
  replicas: 3 8
metadata:
  name: test 9
networking:
  clusterNetwork:
  - cidr: 10.128.0.0/14 10
    hostPrefix: 23 11
  networkType: OpenShiftSDN
  serviceNetwork: 12
  - 172.30.0.0/16
platform:
  none: {} 13
fips: false 14
pullSecret: '{"auths":{"<local_registry>": {"auth": "<credentials>","email": "you@example.com"}}}' 15
sshKey: 'ssh-ed25519 AAAA...' 16
additionalTrustBundle: | 17
  -----BEGIN CERTIFICATE-----
  ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ
  -----END CERTIFICATE-----
imageContentSources: 18
- mirrors:
  - <local_registry>/<local_repository_name>/release
  source: quay.io/openshift-release-dev/ocp-release
- mirrors:
  - <local_registry>/<local_repository_name>/release
  source: registry.svc.ci.openshift.org/ocp/release
1
クラスターのベースドメイン。すべての DNS レコードはこのベースのサブドメインである必要があり、クラスター名が含まれる必要があります。
2 5
controlPlane セクションは単一マッピングですが、コンピュートセクションはマッピングのシーケンスになります。複数の異なるデータ構造の要件を満たすには、 compute セクションの最初の行はハイフン - で始め、controlPlane セクションの最初の行はハイフンで始めることができません。どちらのセクションも、現時点では単一のマシンプールを定義しますが、OpenShift Container Platform の今後のバージョンでは、インストール時の複数のコンピュートプールの定義をサポートする可能性があります。1 つのコントロールプレーンプールのみが使用されます。
3 6 7
同時マルチスレッドまたは hyperthreading を有効/無効にするかどうか。デフォルトでは、同時スレッドはマシンのコアのパフォーマンスを上げるために有効にされます。パラメーター値を Disabled に設定するとこれを無効にすることができます。一部のクラスターマシンで同時マルチスレッドを無効にする場合は、これをすべてのクラスターマシンで無効にする必要があります。
重要

同時スレッドを無効にする場合は、容量計画においてマシンパフォーマンスの大幅な低下が考慮に入れられていることを確認します。

4
replicas パラメーターの値を 0 に設定する必要があります。このパラメーターはクラスターが作成し、管理するワーカーの数を制御します。これは、ユーザーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャーを使用する場合にクラスターが実行しない機能です。OpenShift Container Platform のインストールが終了する前に、クラスターが使用するワーカーマシンを手動でデプロイする必要があります。
8
クラスターに追加するコントロールプレーンマシンの数。クラスターをこの値をクラスターの etcd エンドポイント数として使用するため、値はデプロイするコントロールプレーンマシンの数に一致する必要があります。
9
DNS レコードに指定したクラスター名。
10
Pod IP アドレスの割り当てに使用する IP アドレスのブロック。このブロックは既存の物理ネットワークと重複できません。これらの IP アドレスは Pod ネットワークに使用されます。外部ネットワークから Pod にアクセスする必要がある場合、ロードバランサーおよびルーターを、トラフィックを管理するように設定する必要があります。
11
それぞれの個別ノードに割り当てるサブネットプレフィックスの長さ。たとえば、hostPrefix23 に設定され、各ノードに指定の cidr から /23 サブネットが割り当てられます (510 (2^(32 - 23) - 2) Pod IP アドレスが許可されます)。外部ネットワークからのノードへのアクセスを提供する必要がある場合には、ロードバランサーおよびルーターを、トラフィックを管理するように設定します。
12
サービス IP アドレスに使用する IP アドレスプール。1 つの IP アドレスプールのみを入力できます。外部ネットワークからサービスにアクセスする必要がある場合、ロードバランサーおよびルーターを、トラフィックを管理するように設定します。
13
プラットフォームを noneに設定する必要があります。プラットフォーム用に追加のプラットフォーム設定変数を指定することはできません。
14
FIPS モードを有効または無効にするかどうか。デフォルトでは、FIPS モードは有効にされません。FIPS モードが有効にされている場合、OpenShift Container Platform が実行される Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) マシンがデフォルトの Kubernetes 暗号スイートをバイパスし、代わりに RHCOS で提供される暗号モジュールを使用します。
15
<local_registry> については、レジストリードメイン名と、ミラーレジストリーがコンテンツを提供するために使用するポートをオプションで指定します。例: registry.example.com または registry.example.com:5000<credentials> について、ミラーレジストリーの base64 でエンコードされたユーザー名およびパスワードを指定します。
16
Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) の core ユーザーのデフォルト SSH キーの公開部分。
注記

インストールのデバッグまたは障害復旧を実行する必要のある実稼働用の OpenShift Container Platform クラスターでは、ssh-agent プロセスが使用する SSH キーを指定します。

17
ミラーレジストリーに使用した証明書ファイルの内容を指定します。
18
リポジトリーのミラーリングに使用するコマンドの出力の imageContentSources セクションを指定します。

1.3.7.2. インストール時のクラスター全体のプロキシーの設定

実稼働環境では、インターネットへの直接アクセスを拒否し、代わりに HTTP または HTTPS プロキシーを使用することができます。プロキシー設定を install-config.yaml ファイルで行うことにより、新規の OpenShift Container Platform クラスターをプロキシーを使用するように設定できます。

注記

ベアメタルインストールでは、install-config.yaml ファイルの networking.machineNetwork[].cidr フィールドで指定される範囲にあるノード IP アドレスを割り当てない場合、それらを proxy.noProxy フィールドに含める必要があります。

前提条件

  • 既存の install-config.yaml ファイルがある。
  • クラスターがアクセスする必要のあるサイトを確認済みで、それらのいずれかがプロキシーをバイパスする必要があるかどうかを判別している。デフォルトで、すべてのクラスター egress トラフィック (クラスターをホストするクラウドについてのクラウドプロバイダー API に対する呼び出しを含む) はプロキシーされます。プロキシーを必要に応じてバイパスするために、サイトを Proxy オブジェクトの spec.noProxy フィールドに追加している。

    注記

    Proxy オブジェクトの status.noProxy フィールドには、インストール設定の networking.machineNetwork[].cidrnetworking.clusterNetwork[].cidr、および networking.serviceNetwork[] フィールドの値が設定されます。

    Amazon Web Services (AWS)、Google Cloud Platform (GCP)、Microsoft Azure、および Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) へのインストールの場合、Proxy オブジェクトの status.noProxy フィールドには、インスタンスメタデータのエンドポイント (169.254.169.254) も設定されます。

手順

  1. install-config.yaml ファイルを編集し、プロキシー設定を追加します。以下は例になります。

    apiVersion: v1
    baseDomain: my.domain.com
    proxy:
      httpProxy: http://<username>:<pswd>@<ip>:<port> 1
      httpsProxy: http://<username>:<pswd>@<ip>:<port> 2
      noProxy: example.com 3
    additionalTrustBundle: | 4
        -----BEGIN CERTIFICATE-----
        <MY_TRUSTED_CA_CERT>
        -----END CERTIFICATE-----
    ...
    1
    クラスター外の HTTP 接続を作成するために使用するプロキシー URL。URL スキームは http である必要があります。追加のプロキシー設定が必要ではなく、追加の CA を必要とする MITM の透過的なプロキシーネットワークを使用する場合には、httpProxy 値を指定することはできません。
    2
    クラスター外で HTTPS 接続を作成するために使用するプロキシー URL。このフィールドが指定されていない場合、HTTP および HTTPS 接続の両方に httpProxy が使用されます。追加のプロキシー設定が必要ではなく、追加の CA を必要とする MITM の透過的なプロキシーネットワークを使用する場合には、httpsProxy 値を指定することはできません。
    3
    プロキシーを除外するための宛先ドメイン名、ドメイン、IP アドレス、または他のネットワーク CIDR のカンマ区切りの一覧。ドメインのすべてのサブドメインを組み込むために、ドメインの前に . を入力します。* を使用し、すべての宛先のプロキシーをバイパスします。
    4
    指定されている場合、インストールプログラムは HTTPS 接続のプロキシーに必要な 1 つ以上の追加の CA 証明書が含まれる user-ca-bundle という名前の設定マップを openshift-config namespace に生成します。次に Cluster Network Operator は、これらのコンテンツを Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) 信頼バンドルにマージする trusted-ca-bundle 設定マップを作成し、この設定マップは Proxy オブジェクトの trustedCA フィールドで参照されます。additionalTrustBundle フィールドは、プロキシーのアイデンティティー証明書が RHCOS 信頼バンドルからの認証局によって署名されない限り必要になります。追加のプロキシー設定が必要ではなく、追加の CA を必要とする MITM の透過的なプロキシーネットワークを使用する場合には、MITM CA 証明書を指定する必要があります。
    注記

    インストールプログラムは、プロキシーの readinessEndpoints フィールドをサポートしません。

  2. ファイルを保存し、OpenShift Container Platform のインストール時にこれを参照します。

インストールプログラムは、指定の install-config.yaml ファイルのプロキシー設定を使用する cluster という名前のクラスター全体のプロキシーを作成します。プロキシー設定が指定されていない場合、cluster Proxy オブジェクトが依然として作成されますが、これには spec がありません。

注記

cluster という名前の Proxy オブジェクトのみがサポートされ、追加のプロキシーを作成することはできません。

1.3.8. 3 ノードクラスターの設定

オプションで、ワーカーなしで OpenShift Container Platform に 3 ノードクラスターをインストールし、実行できます。これにより、クラスター管理者および開発者が開発、実稼働およびテストに使用するための小規模なリソース効率の高いクラスターが提供されます。

手順

  • install-config.yaml ファイルを編集し、以下の compute スタンザに示されるようにコンピュートレプリカ (ワーカーレプリカとしても知られる) の数を 0 に設定します。

    compute:
    - name: worker
      platform: {}
      replicas: 0

1.3.9. Kubernetes マニフェストおよび Ignition 設定ファイルの作成

一部のクラスター定義ファイルを変更し、クラスターマシンを手動で起動する必要があるため、クラスターがマシンを作成するために必要な Kubernetes マニフェストと Ignition 設定ファイルを生成する必要があります。

インストール設定ファイルは Kubernetes マニフェストに変換されます。マニフェストは Ignition 設定ファイルにラップされます。これはクラスターを作成するために後に使用されます。

重要

インストールプログラムが生成する Ignition 設定ファイルには、24 時間が経過すると期限切れになり、その後に更新される証明書が含まれます。証明書を更新する前にクラスターが停止し、24 時間経過した後にクラスターが再起動すると、クラスターは期限切れの証明書を自動的に復元します。例外として、kubelet 証明書を回復するために保留状態の node-bootstrapper 証明書署名要求 (CSR)を手動で承認する必要があります。詳細は、コントロールプレーン証明書からの回復 についてのドキュメントを参照してください。

前提条件

  • OpenShift Container Platform インストールプログラムを取得していること。ネットワークが制限されたインストールでは、これらのファイルがミラーホスト上に置かれます。
  • install-config.yaml インストール設定ファイルを作成していること。

手順

  1. インストールプログラムが含まれるディレクトリーに切り替え、クラスターの Kubernetes マニフェストを生成します。

    $ ./openshift-install create manifests --dir=<installation_directory> 1

    出力例

    INFO Credentials loaded from the "myprofile" profile in file "/home/myuser/.aws/credentials"
    INFO Consuming Install Config from target directory
    INFO Manifests created in: install_dir/manifests and install_dir/openshift

    1
    <installation_directory> については、作成した install-config.yaml ファイルが含まれるインストールディレクトリーを指定します。
警告

3 ノードクラスターを実行している場合は、以下の手順を省略してマスターをスケジュール対象にします。

  1. <installation_directory>/manifests/cluster-scheduler-02-config.yml Kubernetes マニフェストファイルの mastersSchedulable パラメーターが false に設定されていることを確認します。この設定により、Pod がコントロールプレーンマシンにスケジュールされなくなります。

    1. <installation_directory>/manifests/cluster-scheduler-02-config.yml ファイルを開きます。
    2. mastersSchedulable パラメーターを見つけ、これが false に設定されていることを確認します。
    3. ファイルを保存し、終了します。
  2. Ignition 設定ファイルを作成するには、インストールプログラムが含まれるディレクトリーから以下のコマンドを実行します。

    $ ./openshift-install create ignition-configs --dir=<installation_directory> 1
    1
    <installation_directory> については、同じインストールディレクトリーを指定します。

    以下のファイルはディレクトリーに生成されます。

    .
    ├── auth
    │   ├── kubeadmin-password
    │   └── kubeconfig
    ├── bootstrap.ign
    ├── master.ign
    ├── metadata.json
    └── worker.ign

1.3.10. Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) マシンの作成

ユーザーによってプロビジョニングされるベアメタルインフラストラクチャーにクラスターをインストールする前に、それが使用する RHCOS マシンを作成する必要があります。ISO イメージまたはネットワーク PXE ブートを使用する手順を実行してマシンを作成することができます。

ISO および PXE インストール中に RHCOS を設定する方法は複数あります。これらには以下が含まれます。

  • カーネル引数: PXE インストールの場合、ライブインストーラーのカーネルに引数を 追加 できます。ISO インストールの場合は、ライブインストール起動プロセスを中断してカーネル引数を追加できます。いずれの場合も、特別な coreos.inst.* 引数を使用して、標準のカーネルサービスを無効化または有効化するために、ライブインストーラーや標準のインストール起動引数を指示できます。
  • Ignition 設定: インストールするノードのタイプ (ワーカー、コントロールプレーン、またはブートストラップ) 用に OpenShift Container Platform Ignition 設定 (*.ign) ファイルを生成する必要があります。Ignition 設定の場所をインストール済みのシステムに渡し、初回の起動時に有効にされるようにします。特別なケースでは、ライブシステムに渡すために個別の制限付き Ignition 設定を作成できます。この Ignition 設定は、インストールが正常に完了したことをプロビジョニングシステムに報告するなどの一連のタスクを実行する可能性があります。この特別な Ignition 設定はインストーラーによって使用されるため、標準の worker および master Ignition 設定を含めるためには使用しないでください。
  • coreos-installer: ライブ ISO インストーラーをシェルプロンプトで起動できます。これにより、初回起動の前にさまざまな方法で永続的なシステムを準備できます。特に、coreos-installer コマンドを実行すると、追加するさまざまなアーティファクトを特定し、ディスクパーティションを使用し、ネットワークを設定できます。場合によっては、ライブシステムで機能を設定し、それらをインストールされたシステムにコピーできます。

ISO または PXE インストールを使用するかどうかは、状況によって異なります。PXE インストールには、利用可能な DHCP サービスとさらなる準備が必要ですが、インストールプロセスはさらに自動化することが可能です。ISO インストールは主に手動によるプロセスで、複数のマシンを設定する場合には使用しにくい可能性があります。

1.3.10.1. ISO イメージを使用した Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) マシンの作成

ユーザーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャーにクラスターをインストールする前に、それが使用する RHCOS マシンを作成する必要があります。ISO イメージを使用してマシンを作成することができます。

前提条件

  • クラスターの Ignition 設定ファイルを取得している。
  • お使いのコンピューターからアクセスでき、作成するマシンからアクセスできる HTTP サーバーへのアクセスがある。

手順

  1. インストールプログラムが作成したコントロールプレーン、コンピュート、およびブートストラップ Ignition 設定を HTTP サーバーにアップロードします。これらのファイルの URL をメモします。

    重要

    インストールの完了後にコンピュートマシンをさらにクラスターに追加する予定の場合には、これらのファイルを削除しないでください。

  2. Red Hat カスタマーポータルの「製品のダウンロード」ページまたは「RHCOS イメージミラー」ページから、オペレーティングシステムのインスタンスをインストールするために優先される方法で必要な RHCOS イメージを取得します。

    重要

    RHCOS イメージは OpenShift Container Platform の各リリースごとに変更されない可能性があります。インストールする OpenShift Container Platform バージョンと等しいか、それ以下のバージョンの内で最も新しいバージョンのイメージをダウンロードする必要があります。利用可能な場合は、OpenShift Container Platform バージョンに一致するイメージのバージョンを使用します。この手順には ISO イメージのみを使用します。RHCOS qcow2 イメージは、このインストールではサポートされません。

    ISO ファイルの名前は以下の例のようになります。

    rhcos-<version>-live.<architecture>.iso

  3. ISO を使用し、RHCOS インストールを開始します。以下のインストールオプションのいずれかを使用します。

    • ディスクに ISO イメージを書き込み、これを直接起動します。
    • LOM インターフェースで ISO リダイレクトを使用します。
  4. ISO イメージを起動します。インストール起動プロセスを中断して、カーネル引数を追加できます。ただし、この ISO 手順では、カーネル引数を追加する代わりに coreos-installer コマンドを使用する必要があります。オプションを指定せず、中断なしでライブインストーラーを実行する場合、インストーラーはライブシステムのシェルプロンプトで起動し、RHCOS をディスクにインストールする準備が整います。
  5. coreos-installer を実行する前に、ネットワークやディスクパーティションなどのさまざまな機能を設定する方法については、高度な RHCOS インストールの参照 セクションを参照してください。
  6. coreos-installer コマンドを実行します。最低でも、ノードタイプの Ignition 設定ファイルの場所と、インストールするディスクの場所を特定する必要があります。以下は例です。

    $ coreos-installer install \
         --ignition-url=https://host/worker.ign /dev/sda
  7. RHCOS のインストール後に、システムは再起動します。システムの再起動後、指定した Ignition 設定ファイルを適用します。
  8. 継続してクラスターの他のマシンを作成します。

    重要

    この時点でブートストラップおよびコントロールプレーンマシンを作成する必要があります。コントロールプレーンマシンがデフォルトのスケジュール対象にされていない場合、クラスターのインストール前に少なくとも 2 つのコンピュートマシンを作成します。

1.3.10.2. PXE または iPXE ブートによる Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) マシンの作成

手動でプロビジョニングされる RHCOS ノードを使用するクラスターをインストールする前に、それが使用する RHCOS マシンを作成する必要があります。PXE または iPXE ブートを使用してマシンを作成することができます。

前提条件

  • クラスターの Ignition 設定ファイルを取得していること。
  • 適切な PXE または iPXE インフラストラクチャーを設定していること。
  • 使用しているコンピューターからアクセス可能な HTTP サーバーへのアクセスがあること。

手順

  1. インストールプログラムが作成したマスター、ワーカーおよびブートストラップの Ignition 設定を HTTP サーバーにアップロードします。これらのファイルの URL をメモします。

    重要

    HTTP サーバーに保存する前に、Ignition 設定で設定内容を追加したり、変更したりできます。インストールの完了後にコンピュートマシンをさらにクラスターに追加する予定の場合には、これらのファイルを削除しないでください。

  2. Red Hat カスタマーポータルの「製品のダウンロード」ページまたは「RHCOS イメージミラー」ページから、RHCOS kernelinitramfs および rootfs ファイルを取得します。

    重要

    RHCOS アーティファクトは OpenShift Container Platform の各リリースごとに変更されない可能性があります。インストールする OpenShift Container Platform バージョンと等しいか、それ以下のバージョンの内で最も新しいバージョンのアーティファクトをダウンロードする必要があります。この手順で説明されている適切な kernelinitramfs、および rootfs アーティファクトのみを使用します。RHCOS qcow2 イメージは、このインストールではサポートされません。

    ファイル名には、OpenShift Container Platform のバージョン名が含まれます。以下の例のようになります。

    • kernel: rhcos-<version>-live-kernel-<architecture>
    • initramfs: rhcos-<version>-live-initramfs.<architecture>.img
    • rootfs: rhcos-<version>-live-rootfs.<architecture>.img
  3. rootfskernel、および initramfs ファイルを HTTP サーバーにアップロードします。

    重要

    インストールの完了後にコンピュートマシンをさらにクラスターに追加する予定の場合には、これらのファイルを削除しないでください。

  4. RHCOS のインストール後にマシンがローカルディスクから起動されるようにネットワークブートインフラストラクチャーを設定します。
  5. RHCOS イメージに PXE または iPXE インストールを設定します。

    ご使用の環境についての以下の例で示されるメニューエントリーのいずれかを変更し、イメージおよび Ignition ファイルが適切にアクセスできることを確認します。

    • PXE の場合:

      DEFAULT pxeboot
      TIMEOUT 20
      PROMPT 0
      LABEL pxeboot
          KERNEL http://<HTTP_server>/rhcos-<version>-live-kernel-<architecture> 1
          APPEND initrd=http://<HTTP_server>/rhcos-<version>-live-initramfs.<architecture>.img coreos.live.rootfs_url=http://<HTTP_server>/rhcos-<version>-live-rootfs.<architecture>.img coreos.inst.install_dev=/dev/sda coreos.inst.ignition_url=http://<HTTP_server>/bootstrap.ign 2 3
      1
      HTTP サーバーにアップロードしたライブ kernel ファイルの場所を指定します。URL は HTTP、TFTP、または FTP である必要があります。HTTPS および NFS はサポートされません。
      2
      複数の NIC を使用する場合、ip オプションに単一インターフェースを指定します。たとえば、eno1 という名前の NIC で DHCP を使用するには、ip=eno1:dhcp を設定します。
      3
      HTTP サーバーにアップロードした RHCOS ファイルの場所を指定します。initrd パラメーター値は initramfs ファイルの場所であり、coreos.live.rootfs_url パラメーター値は rootfs ファイルの場所、また coreos.inst.ignition_url パラメーター値はブートストラップ Ignition 設定ファイルの場所になります。APPEND 行にカーネル引数を追加して、ネットワークやその他の起動オプションを設定することもできます。
    • iPXE の場合:

      kernel  http://<HTTP_server>/rhcos-<version>-live-kernel-<architecture> coreos.live.rootfs_url=http://<HTTP_server>/rhcos-<version>-live-rootfs.<architecture>.img coreos.inst.install_dev=/dev/sda coreos.inst.ignition_url=http://<HTTP_server>/bootstrap.ign 1 2
      initrd http://<HTTP_server>/rhcos-<version>-live-initramfs.<architecture>.img
      boot
      1
      HTTP サーバーにアップロードした RHCOS ファイルの場所を指定します。kernel パラメーター値は kernel ファイルの場所であり、initrd パラメーター値は initramfs ファイルの場所です。coreos.live.rootfs_url パラメーター値は rootfs ファイルの場所であり、coreos.inst.ignition_url パラメーター値はブートストラップ Ignition 設定ファイルの場所になります。
      2
      複数の NIC を使用する場合、ip オプションに単一インターフェースを指定します。たとえば、eno1 という名前の NIC で DHCP を使用するには、ip=eno1:dhcp を設定します。
  6. 継続してクラスターのマシンを作成します。

    重要

    この時点でブートストラップおよびコントロールプレーンマシンを作成する必要があります。コントロールプレーンマシンがデフォルトのスケジュール対象にされていない場合、クラスターのインストール前に少なくとも 2 つのコンピュートマシンを作成します。

1.3.10.3. 高度な Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) インストール設定

OpenShift Container Platform 用の Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) ノードを手動でプロビジョニングする主な利点として、デフォルトの OpenShift Container Platform インストール方法では利用できない設定を実行できることがあります。本セクションでは、以下のような手法で実行できるいくつかの設定について説明します。

  • カーネル引数をライブインストーラーに渡す
  • ライブシステムからの coreos-installer の手動による実行
  • ISO への Ignition 設定の埋め込み

本セクションで説明されている手動の Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) インストールの高度な設定トピックは、ディスクパーティション設定、ネットワーク、および複数の異なる方法での Ignition 設定の使用に関連しています。

1.3.10.3.1. PXE および ISO インストールの高度なネットワークオプションの使用

OpenShift Container Platform ノードのネットワークはデフォルトで DHCP を使用して、必要な設定をすべて収集します。静的 IP アドレスを設定したり、ボンディングなどの特別な設定を行う場合は、以下のいずれかの方法で実行できます。

  • ライブインストーラーの起動時に、特別なカーネルパラメーターを渡します。
  • マシン設定を使用してネットワークファイルをインストール済みシステムにコピーします。
  • ライブインストーラーのシェルプロンプトからネットワークを設定し、それらの設定をインストール済みシステムにコピーして、インストール済みシステムの初回起動時に有効になるようにします。

PXE または iPXE インストールを設定するには、以下のオプションのいずれかを使用します。

  • 「詳細の RHCOS インストールリファレンス」の表を参照してください。
  • マシン設定を使用してネットワークファイルをインストール済みシステムにコピーします。

ISO インストールを設定するには、以下の手順に従います。

手順

  1. ISO インストーラーを起動します。
  2. ライブシステムシェルプロンプトから、nmcli または nmtui などの利用可能な RHEL ツールを使用して、ライブシステムのネットワークを設定します。
  3. coreos-installer コマンドを実行してシステムをインストールし、--copy-network オプションを追加してネットワーク設定をコピーします。以下は例になります。

    $ coreos-installer install --copy-network \
         --ignition-url=http://host/worker.ign /dev/sda
  4. インストール済みのシステムに再起動します。
1.3.10.3.2. ディスクパーティション設定

ほとんどの場合、データパーティションは、最初に別のオペレーティングシステムをインストールするのではなく、RHCOS をインストールして作成されます。この場合、OpenShift Container Platform インストーラーでは、ディスクパーティションの設定が許可されます。

ただし、以下は、OpenShift Container Platform ノードのインストール時に、デフォルトのパーティション設定を上書きするために介入が必要と思われる 2 つのケースになります。

  • 別個のパーティションの作成: 空のディスクへのグリーンフィールドインストールの場合は、別のストレージをパーティションに追加する必要がある場合があります。これは、/var または /var/lib/etcd などの /var のサブディレクトリー (両方ではない) を個別のパーティションとして作成する場合にのみ正式にサポートされます。

    重要

    Kubernetes は 2 つのファイルシステムパーティションのみをサポートします。元の設定に複数のパーティションを追加すると、Kubernetes はそれらをすべて監視できません。

  • 既存のパーティションの保持: ブラウンフィールドインストールで、既存のノードに OpenShift Container Platform を再インストールし、以前のオペレーティングシステムからのデータパーティションを維持する必要がある場合、既存のデータパーティションを保持できる coreos-installer へのブート引数とオプションの両方があります。
1.3.10.3.2.1. 個別の /var パーティションの作成

一般的に、OpenShift Container Platform のディスクパーティション設定は、インストーラーに任せる必要があります。ただし、拡張予定のファイルシステムの一部に個別のパーティションの作成が必要となる場合もあります。

OpenShift Container Platform は、ストレージを /var パーティションまたは /var のサブディレクトリーのいずれかに割り当てる単一のパーティションの追加をサポートします。以下は例になります。

  • /var/lib/containers: イメージやコンテナーがシステムにさらに追加されると拡張するコンテナー関連のコンテンツを保持します。
  • /var/lib/etcd: etcd ストレージのパフォーマンスの最適化などの目的で分離する必要のあるデータを保持します。
  • /var: 監査などの目的に合わせて分離させる必要のあるデータを保持します。

/var ディレクトリーのコンテンツを個別に保存すると、必要に応じてこれらの領域のストレージの拡大を容易にし、後で OpenShift Container Platform を再インストールして、そのデータをそのまま保持することができます。この方法では、すべてのコンテナーを再度プルする必要はありません。また、システムの更新時に大きなログファイルをコピーする必要もありません。

/var は、Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) の新規インストール前に有効にする必要があるため、以下の手順では OpenShift Container Platform インストールの openshift-install の準備フェーズで挿入されるマシン設定を作成して、別の /var パーティションを設定します。

手順

  1. OpenShift Container Platform インストールファイルを保存するディレクトリーを作成します。

    $ mkdir $HOME/clusterconfig
  2. openshift-install を実行して、manifest および openshift のサブディレクトリーにファイルのセットを作成します。プロンプトが表示されたら、システムの質問に回答します。

    $ openshift-install create manifests --dir $HOME/clusterconfig
    ? SSH Public Key ...
    $ ls $HOME/clusterconfig/openshift/
    99_kubeadmin-password-secret.yaml
    99_openshift-cluster-api_master-machines-0.yaml
    99_openshift-cluster-api_master-machines-1.yaml
    99_openshift-cluster-api_master-machines-2.yaml
    ...
  3. MachineConfig オブジェクトを作成し、これを openshift ディレクトリーのファイルに追加します。たとえば、98-var-partition.yaml ファイルに名前を付け、ディスクのデバイス名を worker システムのストレージデバイスの名前に変更し、必要に応じてストレージサイズを設定します。これにより、ストレージが個別の /var ディレクトリーに割り当てられます。

    apiVersion: machineconfiguration.openshift.io/v1
    kind: MachineConfig
    metadata:
      labels:
        machineconfiguration.openshift.io/role: worker
      name: 98-var-partition
    spec:
      config:
        ignition:
          version: 3.1.0
        storage:
          disks:
          - device: /dev/<device_name> 1
            partitions:
            - sizeMiB: <partition_size>
              startMiB: <partition_start_offset> 2
              label: var
          filesystems:
            - path: /var
              device: /dev/disk/by-partlabel/var
              format: xfs
        systemd:
          units:
            - name: var.mount
              enabled: true
              contents: |
                [Unit]
                Before=local-fs.target
                [Mount]
                Where=/var
                What=/dev/disk/by-partlabel/var
                [Install]
                WantedBy=local-fs.target
    1
    パーティションを設定する必要のあるディスクのストレージデバイス名。
    2
    データパーティションをブートディスクに追加する場合は、25000 のメビバイトの最小値が推奨されます。ルートファイルシステムは、指定したオフセットまでの利用可能な領域をすべて埋めるためにサイズを自動的に変更します。値の指定がない場合や、指定した値が推奨される最小値よりも小さい場合、生成されるルートファイルシステムのサイズは小さ過ぎるため、RHCOS の再インストールでデータパーティションの最初の部分が上書きされる可能性があります。
  4. openshift-install を再度実行し、manifest および openshift のサブディレクトリー内のファイルセットから、Ignition 設定を作成します。

    $ openshift-install create ignition-configs --dir $HOME/clusterconfig
    $ ls $HOME/clusterconfig/
    auth  bootstrap.ign  master.ign  metadata.json  worker.ign

Ignition 設定ファイルを ISO または PXE の手動インストール手順に入力として使用し、Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) システムをインストールできます。

1.3.10.3.2.2. 既存パーティションの保持

ISO インストールの場合は、インストーラーに 1 つ以上の既存パーティションを維持させる coreos-installer コマンドラインにオプションを追加することができます。PXE インストールの場合、APPEND coreos.inst.* オプションを追加してパーティションを保持できます。

保存したパーティションは、保持する必要があるデータパーティションを持つ既存の OpenShift Container Platform システムからのパーティションである可能性があります。以下にいくつかのヒントを紹介します。

  • 既存のパーティションを保存し、それらのパーティションが RHCOS の十分な領域を残さない場合、インストールは失敗します。この場合、保存したパーティションが破損することはありません。
  • パーティションラベルまたは番号のいずれかで保持する必要のあるディスクパーティションを特定します。

ISO インストールの場合:

この例では、パーティションラベルが data (data*) で始まるパーティションを保持します。

# coreos-installer install --ignition-url http://10.0.2.2:8080/user.ign \
        --save-partlabel 'data*' /dev/sda

以下の例では、ディスク上の 6 番目のパーティションを保持する方法で coreos-installer を実行する方法を説明しています。

# coreos-installer install --ignition-url http://10.0.2.2:8080/user.ign \
        --save-partindex 6 /dev/sda

この例では、パーティション 5 以上を保持します。

# coreos-installer install --ignition-url http://10.0.2.2:8080/user.ign
        --save-partindex 5- /dev/sda

パーティションの保存が使用された以前の例では、coreos-installer はパーティションをすぐに再作成します。

PXE インストールの場合:

この APPEND オプションは、パーティションラベルが 'data' ('data*') で始まるパーティションを保持します。

coreos.inst.save_partlabel=data*

この APPEND オプションは、パーティション 5 以上を保持します。

coreos.inst.save_partindex=5-

この APPEND オプションは、パーティション 6 を保持します。

coreos.inst.save_partindex=6
1.3.10.3.3. Ignition 設定の特定

RHCOS の手動インストールを実行する場合、提供できる Ignition 設定には 2 つのタイプがあり、それぞれを提供する理由もそれぞれ異なります。

  • Permanent install Ignition config: すべての手動の RHCOS インストールは、bootstrap.ignmaster.ign、および worker.ign などの openshift-installer が生成した Ignition 設定ファイルのいずれかを渡し、インストールを実行する必要があります。

    重要

    これらのファイルを変更することは推奨されません。

    PXE インストールの場合、coreos.inst.ignition_url= オプションを使用して、APPEND 行に Ignition 設定を渡します。ISO インストールの場合、シェルプロンプトで ISO を起動した後に、--ignition-url= オプションを指定した coreos-installer コマンドラインで Ignition 設定を特定します。いずれの場合も、HTTP プロトコルおよび HTTPS プロトコルのみがサポートされます。

  • Live install Ignition config: このタイプは手動で作成され、Red Hat でサポートされていないため、可能な場合は使用しないようにする必要があります。この方法では、Ignition 設定はライブインストールメディアに渡され、起動時にすぐに実行され、RHCOS システムのディスクへのインストール前後にセットアップタスクを実行します。この方法は、マシン設定を使用して実行できない高度なパーティション設定など、一度の適用後に再度適用する必要のないタスクの実行にのみ使用する必要があります。

    PXE または ISO ブートの場合、Ignition 設定を作成し、ignition.config.url= オプションに対して APPEND を実行し、 Ignition 設定の場所を特定できます。また、ignition.firstboot ignition.platform.id=metal も追加する必要があります。追加しない場合は、ignition.config.url が無視されます。

1.3.10.3.3.1. RHCOS ISO への Ignition 設定の埋め込み

ライブインストール Ignition 設定を RHCOS ISO イメージに直接埋め込むことができます。ISO イメージが起動すると、埋め込み設定が自動的に適用されます。

手順

  1. 以下のイメージミラーページから coreos-installer バイナリーをダウンロードします: https://mirror.openshift.com/pub/openshift-v4/clients/coreos-installer/latest/
  2. RHCOS ISO イメージおよび Ignition 設定ファイルを取得し、それらを /mnt などのアクセス可能なディレクトリーにコピーします。

    # cp rhcos-<version>-live.x86_64.iso bootstrap.ign /mnt/
    # chmod 644 /mnt/rhcos-<version>-live.x86_64.iso
  3. 以下のコマンドを実行して Ignition 設定を ISO に埋め込みます。

    # ./coreos-installer iso ignition embed -i /mnt/bootstrap.ign \
         /mnt/rhcos-<version>-live.x86_64.iso

    その ISO を使用して、指定されたライブインストール Ignition 設定を使用して RHCOS をインストールできるようになります。

    重要

    coreos-installer iso ignition embed を使用して、openshift-installer によって生成されるファイル (例: bootstrap.ignmaster.ign および worker.ign) を埋め込むことはサポートされておらず、かつ推奨されていません。

  4. 埋め込み Ignition 設定の内容を表示し、これをファイルに転送するには、以下を実行します。

    # ./coreos-installer iso ignition show /mnt/rhcos-<version>-live.x86_64.iso > mybootstrap.ign
    # diff -s bootstrap.ign mybootstrap.ign

    出力例

    Files bootstrap.ign and mybootstrap.ign are identical

  5. Ignition 設定を削除し、再利用できるように ISO をその初期状態に戻すには、以下を実行します。

    # ./coreos-installer iso ignition remove /mnt/rhcos-<version>-live.x86_64.iso

    別の Ignition 設定を ISO に埋め込むか、または ISO を初期状態で使用することができるようになりました。

1.3.10.3.4. 詳細の RHCOS インストールリファレンス

このセクションでは、Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) の手動インストールプロセスを変更できるようにするネットワーク設定および他の高度なオプションについて説明します。以下の表では、RHCOS ライブインストーラーおよび coreos-installer コマンドで使用できるカーネル引数およびコマンドラインのオプションを説明します。

RHCOS ブートプロンプトでのルーティングおよびボンディングのオプション

ISO イメージから RHCOS をインストールする場合、そのイメージを起動してノードのネットワークを設定する際に手動でカーネル引数を追加できます。ネットワークの引数が使用される場合、インストールはデフォルトで DHCP を使用するように設定されます。

重要

ネットワーク引数を追加する場合、rd.neednet=1 カーネル引数も追加する必要があります。

以下の表では、ライブ ISO インストールに ip=nameserver=、および bond= カーネル引数を使用する方法を説明します。

表1.23 ISO のルーティングおよびボンディングのオプション

説明

IP アドレスを設定するには、DHCP (ip=dhcp) を使用するか、または個別の静的 IP アドレス (ip=<host_ip>) を設定します。次に、各ノードの DNS サーバーの IP アドレス (nameserver=<dns_ip>) を特定します。この例では、以下を設定します。

  • ノードの IP アドレス: 10.10.10.2
  • ゲートウェイアドレス: 10.10.10.254
  • ネットワーク: 255.255.255.0
  • ホスト名: core0.example.com
  • DNS サーバーアドレス: 4.4.4.41
ip=10.10.10.2::10.10.10.254:255.255.255.0:core0.example.com:enp1s0:none
nameserver=4.4.4.41

複数の ip= エントリーを指定して、複数のネットワークインターフェースを指定します。

ip=10.10.10.2::10.10.10.254:255.255.255.0:core0.example.com:enp1s0:none
ip=10.10.10.3::10.10.10.254:255.255.255.0:core0.example.com:enp2s0:none

複数のネットワークインターフェースを持つシステムで、DHCP および静的 IP 設定を組み合わせることができます。

ip=enp1s0:dhcp
ip=10.10.10.2::10.10.10.254:255.255.255.0:core0.example.com:enp2s0:none

各サーバーに nameserver= エントリーを追加して、複数の DNS サーバーを指定できます。

nameserver=1.1.1.1
nameserver=8.8.8.8

オプション: 複数のネットワークインターフェースを単一のインターフェースにボンディングすることは、bond= オプションを使用によってサポートされます。次の 2 つの例では、以下のようになります。

  • ボンディングされたインターフェースを設定する構文は bond=name[:network_interfaces][:options] です。
  • name は、ボンディングデバイス名 (bond0) で、network_interfaces は物理(イーサネット)インターフェース (em1,em2) のコンマ区切り一覧を表します。options はボンディングオプションのコンマ区切りの一覧です。modinfo bonding を入力して、利用可能なオプションを表示します。
  • Bond= を使用してボンディングされたインターフェースを作成する場合は、IP アドレスの割り当て方法とボンディングされたインターフェースのその他の情報を指定する必要があります。

DHCP を使用するようにボンディングされたインターフェースを設定するには、ボンドの IP アドレスを dhcp に設定します。以下は例になります。

bond=bond0:em1,em2:mode=active-backup
ip=bond0:dhcp

静的 IP アドレスを使用するようにボンディングされたインターフェースを設定するには、必要な特定の IP アドレスと関連情報を入力します。以下は例になります。

bond=bond0:em1,em2:mode=active-backup
ip=10.10.10.2::10.10.10.254:255.255.255.0:core0.example.com:bond0:none
ISO または PXE インストールの coreos.inst ブートオプション

ほとんどの標準的なインストールブート引数をライブインストーラーに渡すことはできますが、RHCOS ライブインストーラーに固有の引数がいくつかあります。

  • ISO の場合、RHCOS インストーラーを中断してこれらのオプションを追加できます。
  • PXE または iPXE の場合、PXE カーネルを起動する前にこれらのオプションを APPEND 行に追加する必要があります。ライブの PXE インストールを中断することはできません。

以下の表は、ISO および PXE インストールの RHCOS ライブインストーラーブートオプションを示しています。

表1.24 coreos.inst ブートオプション

引数説明

coreos.inst.install_dev

必須。インストール先のシステムのブロックデバイス。sda は許可されていますが、 /dev/sda などの完全パスを使用することが推奨されます。

coreos.inst.ignition_url

オプション: インストール済みシステムに埋め込む Ignition 設定の URL。URL が指定されていない場合、Ignition 設定は埋め込まれません。

coreos.inst.save_partlabel

オプション: インストール時に保存するパーティションのカンマ区切りのラベル。glob 形式のワイルドカードが許可されます。指定したパーティションは存在する必要はありません。

coreos.inst.save_partindex

オプション: インストール時に保存するパーティションのカンマ区切りのインデックス。範囲 m-n は許可され、 m または n のいずれかを省略できます。指定したパーティションは存在する必要はありません。

coreos.inst.insecure

オプション: coreos.inst.image_url で署名なしと指定される OS イメージを許可します。

coreos.inst.image_url

オプション: 指定した RHCOS イメージをダウンロードし、インストールします。

  • この引数は実稼働環境では使用できず、デバッグの目的でのみ使用することが意図されています。
  • この引数は、ライブメディアに一致しないバージョンの RHCOS をインストールするために使用できますが、インストールするバージョンに一致するメディアを使用することが推奨されます。
  • coreos.inst.image_url を使用している場合は、coreos.inst.insecure も使用する必要があります。これは、ベアメタルメディアが OpenShift Container Platform について GPG で署名されていないためです。
  • HTTP プロトコルおよび HTTPS プロトコルのみがサポートされます。

coreos.inst.skip_reboot

オプション: システムはインストール後に再起動しません。インストールが完了するとプロンプトが表示され、インストール時に生じる内容を検査できます。この引数は実稼働環境では使用できず、デバッグの目的でのみ使用することが意図されています。

coreos.inst.platform_id

オプション: RHCOS イメージがインストールされるプラットフォームの Ignition プラットフォーム ID。デフォルトは metal です。このオプションは、VMware などのクラウドプロバイダーから Ignition 設定を要求するかどうかを決定します。例: coreos.inst.platform_id=vmware

ignition.config.url

オプション: ライブ起動の Ignition 設定の URL。たとえば、これは coreos-installer の起動方法をカスタマイズしたり、インストール前後にコードを実行するために使用できます。これはインストール済みシステムの Ignition 設定である coreos.inst.ignition_url とは異なります。

ISO インストールの coreos-installer オプション

また、コマンドラインから coreos-installer コマンドを直接呼び出して RHCOS をインストールすることもできます。先の表のカーネル引数は、起動時に coreos-installer を自動的に呼び出すためのショートカットを提供しますが、シェルプロンプトから実行している場合は、同様の引数を coreos-installer に直接渡すことができます。

以下の表は、ライブインストール時にシェルプロンプトから coreos-installer コマンドに渡すことのできるオプションとサブコマンドを示しています。

表1.25 coreos-installer コマンドラインオプション、引数、およびサブコマンド

コマンドラインオプション

オプション

説明

-u--image-url <url>

イメージの URL を手動で指定します。

-f--image-file <path>

ローカルイメージファイルを手動で指定します。

-i, --ignition-file <path>

ファイルから Ignition 設定を埋め込みます。

I--ignition-url <URL>

URL から Ignition 設定を埋め込みます。

--ignition-hash <digest>

Ignition 設定の type-value をダイジェスト値を取得します。

-p--platform <name>

Ignition プラットフォーム ID を上書きします。

--append-karg <arg>…​

デフォルトのカーネル引数を追加します。

--delete-karg <arg>…​

デフォルトのカーネル引数を削除します。

-n--copy-network

インストール環境からネットワーク設定をコピーします。

--network-dir <path>

-n を指定して使用する場合。デフォルトは /etc/NetworkManager/system-connections/ です。

--save-partlabel <lx>..

このラベル glob でパーティションを保存します。

--save-partindex <id>…​

この数または範囲でパーティションを保存します。

--offline

オフラインインストールを強制的に実行します。

--insecure

署名の検証を省略します。

--insecure-ignition

HTTPS またはハッシュなしで Ignition URL を許可します。

--architecture <name>

ターゲット CPU アーキテクチャー。デフォルトは x86_64 です。

--preserve-on-error

エラー時のパーティションテーブルは消去しないでください。

-h--help

Print help information.

コマンドライン引数

引数

説明

<device>

宛先デバイス。

coreos-installer 組み込み Ignition コマンド

コマンド

説明

$ coreos-installer iso ignition embed <options> --ignition-file <file_path> <ISO_image>

Ignition 設定を ISO イメージに埋め込みます。

coreos-installer iso ignition show <options> <ISO_image>

ISO イメージから埋め込まれた Ignition 設定を表示します。

coreos-installer iso ignition remove <options> <ISO_image>

ISO イメージから埋め込まれた Ignition 設定を削除します。

coreos-installer ISO Ignition options

オプション

説明

-f, --force

既存の Ignition 設定を上書きします。

-i--ignition-file <path>

使用される Ignition 設定。デフォルトは stdin です。

-o--output <path>

新しい出力ファイルに ISO を書き込みます。

-h--help

Print help information.

coreos-installer PXE Ignition commands

コマンド

説明

これらのオプションすべてがすべてのサブコマンドで使用できる訳ではないことに注意してください。

coreos-installer pxe ignition wrap <options>

イメージに Ignition 設定をラップします。

coreos-installer pxe ignition unwrap <options> <image_name>

イメージでラップされた Ignition 設定を表示します。

coreos-installer pxe ignition unwrap <options> <initrd_name>

initrd イメージでラップされた Ignition 設定を表示します。

coreos-installer PXE Ignition オプション

オプション

説明

-i--ignition-file <path>

使用される Ignition 設定。デフォルトは stdin です。

-o, --output <path>

新しい出力ファイルに ISO を書き込みます。

-h--help

ヘルプ情報を表示します。

1.3.11. クラスターの作成

OpenShift Container Platform クラスターを作成するには、ブートストラッププロセスが、インストールプログラムで生成した Ignition 設定ファイルを使用してプロビジョニングしたマシンで完了するのを待機します。

前提条件

  • クラスターに必要なインフラストラクチャーを作成する。
  • インストールプログラムを取得し、クラスターの Ignition 設定ファイルを生成している。
  • Ignition 設定ファイルを使用して、クラスターの RHCOS マシンを作成済している。

手順

  1. ブートストラッププロセスをモニターします。

    $ ./openshift-install --dir=<installation_directory> wait-for bootstrap-complete \ 1
        --log-level=info 2
    1
    <installation_directory> には、インストールファイルを保存したディレクトリーへのパスを指定します。
    2
    異なるインストールの詳細情報を表示するには、 info ではなく、warndebug、または error を指定します。

    出力例

    INFO Waiting up to 30m0s for the Kubernetes API at https://api.test.example.com:6443...
    INFO API v1.19.0 up
    INFO Waiting up to 30m0s for bootstrapping to complete...
    INFO It is now safe to remove the bootstrap resources

    Kubernetes API サーバーでこれがコントロールプレーンマシンにブートストラップされていることを示すシグナルが出されるとコマンドは成功します。

  2. ブートストラッププロセスが完了したら、ブートストラップマシンをロードバランサーから削除します。

    重要

    この時点で、ブートストラップマシンをロードバランサーから削除する必要があります。さらに、マシン自体を削除し、再フォーマットすることができます。

1.3.12. CLI の使用によるクラスターへのログイン

クラスター kubeconfig ファイルをエクスポートし、デフォルトシステムユーザーとしてクラスターにログインできます。kubeconfig ファイルには、クライアントを正しいクラスターおよび API サーバーに接続するために CLI で使用されるクラスターについての情報が含まれます。このファイルはクラスターに固有のファイルであり、OpenShift Container Platform のインストール時に作成されます。

前提条件

  • OpenShift Container Platform クラスターをデプロイしていること。
  • oc CLI をインストールしていること。

手順

  1. kubeadmin 認証情報をエクスポートします。

    $ export KUBECONFIG=<installation_directory>/auth/kubeconfig 1
    1
    <installation_directory> には、インストールファイルを保存したディレクトリーへのパスを指定します。
  2. エクスポートされた設定を使用して、oc コマンドを正常に実行できることを確認します。

    $ oc whoami

    出力例

    system:admin

1.3.13. マシンの証明書署名要求の承認

マシンをクラスターに追加する際に、追加したそれぞれのマシンについて 2 つの保留状態の証明書署名要求 (CSR) が生成されます。これらの CSR が承認されていることを確認するか、または必要な場合はそれらを承認してください。最初にクライアント要求を承認し、次にサーバー要求を承認する必要があります。

前提条件

  • マシンがクラスターに追加されています。

手順

  1. クラスターがマシンを認識していることを確認します。

    $ oc get nodes

    出力例

    NAME      STATUS    ROLES   AGE  VERSION
    master-0  Ready     master  63m  v1.19.0
    master-1  Ready     master  63m  v1.19.0
    master-2  Ready     master  64m  v1.19.0
    worker-0  NotReady  worker  76s  v1.19.0
    worker-1  NotReady  worker  70s  v1.19.0

    出力には作成したすべてのマシンが一覧表示されます。

    注記

    上記の出力には、一部の CSR が承認されるまで、ワーカーノード(ワーカーノードとも呼ばれる)が含まれない場合があります。

  2. 保留中の証明書署名要求 (CSR) を確認し、クラスターに追加したそれぞれのマシンのクライアントおよびサーバー要求に Pending または Approved ステータスが表示されていることを確認します。

    $ oc get csr

    出力例

    NAME        AGE     REQUESTOR                                                                   CONDITION
    csr-8b2br   15m     system:serviceaccount:openshift-machine-config-operator:node-bootstrapper   Pending
    csr-8vnps   15m     system:serviceaccount:openshift-machine-config-operator:node-bootstrapper   Pending
    ...

    この例では、2 つのマシンがクラスターに参加しています。この一覧にはさらに多くの承認された CSR が表示される可能性があります。

  3. 追加したマシンの保留中の CSR すべてが Pending ステータスになった後に CSR が承認されない場合には、クラスターマシンの CSR を承認します。

    注記

    CSR のローテーションは自動的に実行されるため、クラスターにマシンを追加後 1 時間以内に CSR を承認してください。1 時間以内に承認しない場合には、証明書のローテーションが行われ、各ノードに 3 つ以上の証明書が存在するようになります。これらの証明書すべてを承認する必要があります。最初の CSR の承認後、後続のノードクライアント CSR はクラスターの kube-controller-manger によって自動的に承認されます。

    注記

    ベアメタルおよび他のユーザーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャーなどのマシン API ではないプラットフォームで実行されているクラスターの場合、kubelet 提供証明書要求 (CSR) を自動的に承認する方法を実装する必要があります。要求が承認されない場合、API サーバーが kubelet に接続する際に提供証明書が必須であるため、oc execoc rsh、および oc logs コマンドは正常に実行できません。Kubelet エンドポイントにアクセスする操作には、この証明書の承認が必要です。この方法は新規 CSR の有無を監視し、CSR が system:node または system:admin グループの node-bootstrapper サービスアカウントによって提出されていることを確認し、ノードのアイデンティティーを確認します。

    • それらを個別に承認するには、それぞれの有効な CSR について以下のコマンドを実行します。

      $ oc adm certificate approve <csr_name> 1
      1
      <csr_name> は、現行の CSR の一覧からの CSR の名前です。
    • すべての保留中の CSR を承認するには、以下のコマンドを実行します。

      $ oc get csr -o go-template='{{range .items}}{{if not .status}}{{.metadata.name}}{{"\n"}}{{end}}{{end}}' | xargs --no-run-if-empty oc adm certificate approve
      注記

      一部の Operator は、一部の CSR が承認されるまで利用できない可能性があります。

  4. クライアント要求が承認されたら、クラスターに追加した各マシンのサーバー要求を確認する必要があります。

    $ oc get csr

    出力例

    NAME        AGE     REQUESTOR                                                                   CONDITION
    csr-bfd72   5m26s   system:node:ip-10-0-50-126.us-east-2.compute.internal                       Pending
    csr-c57lv   5m26s   system:node:ip-10-0-95-157.us-east-2.compute.internal                       Pending
    ...

  5. 残りの CSR が承認されず、それらが Pending ステータスにある場合、クラスターマシンの CSR を承認します。

    • それらを個別に承認するには、それぞれの有効な CSR について以下のコマンドを実行します。

      $ oc adm certificate approve <csr_name> 1
      1
      <csr_name> は、現行の CSR の一覧からの CSR の名前です。
    • すべての保留中の CSR を承認するには、以下のコマンドを実行します。

      $ oc get csr -o go-template='{{range .items}}{{if not .status}}{{.metadata.name}}{{"\n"}}{{end}}{{end}}' | xargs oc adm certificate approve
  6. すべてのクライアントおよびサーバーの CSR が承認された後に、マシンのステータスが Ready になります。以下のコマンドを実行して、これを確認します。

    $ oc get nodes

    出力例

    NAME      STATUS    ROLES   AGE  VERSION
    master-0  Ready     master  73m  v1.20.0
    master-1  Ready     master  73m  v1.20.0
    master-2  Ready     master  74m  v1.20.0
    worker-0  Ready     worker  11m  v1.20.0
    worker-1  Ready     worker  11m  v1.20.0

    注記

    サーバー CSR の承認後にマシンが Ready ステータスに移行するまでに数分の時間がかかる場合があります。

追加情報

1.3.14. Operator の初期設定

コントロールプレーンの初期化後に、一部の Operator を利用可能にするためにそれらをすぐに設定する必要があります。

前提条件

  • コントロールプレーンが初期化されています。

手順

  1. クラスターコンポーネントがオンラインになることを確認します。

    $ watch -n5 oc get clusteroperators

    出力例

    NAME                                       VERSION AVAILABLE   PROGRESSING   DEGRADED   SINCE
    authentication                             4.6.0   True        False         False      3h56m
    cloud-credential                           4.6.0   True        False         False      29h
    cluster-autoscaler                         4.6.0   True        False         False      29h
    config-operator                            4.6.0   True        False         False      6h39m
    console                                    4.6.0   True        False         False      3h59m
    csi-snapshot-controller                    4.6.0   True        False         False      4h12m
    dns                                        4.6.0   True        False         False      4h15m
    etcd                                       4.6.0   True        False         False      29h
    image-registry                             4.6.0   True        False         False      3h59m
    ingress                                    4.6.0   True        False         False      4h30m
    insights                                   4.6.0   True        False         False      29h
    kube-apiserver                             4.6.0   True        False         False      29h
    kube-controller-manager                    4.6.0   True        False         False      29h
    kube-scheduler                             4.6.0   True        False         False      29h
    kube-storage-version-migrator              4.6.0   True        False         False      4h2m
    machine-api                                4.6.0   True        False         False      29h
    machine-approver                           4.6.0   True        False         False      6h34m
    machine-config                             4.6.0   True        False         False      3h56m
    marketplace                                4.6.0   True        False         False      4h2m
    monitoring                                 4.6.0   True        False         False      6h31m
    network                                    4.6.0   True        False         False      29h
    node-tuning                                4.6.0   True        False         False      4h30m
    openshift-apiserver                        4.6.0   True        False         False      3h56m
    openshift-controller-manager               4.6.0   True        False         False      4h36m
    openshift-samples                          4.6.0   True        False         False      4h30m
    operator-lifecycle-manager                 4.6.0   True        False         False      29h
    operator-lifecycle-manager-catalog         4.6.0   True        False         False      29h
    operator-lifecycle-manager-packageserver   4.6.0   True        False         False      3h59m
    service-ca                                 4.6.0   True        False         False      29h
    storage                                    4.6.0   True        False         False      4h30m

  2. 利用不可の Operator を設定します。

1.3.14.1. イメージレジストリーストレージの設定

イメージレジストリー Operator は、デフォルトストレージを提供しないプラットフォームでは最初は利用できません。インストール後に、レジストリー Operator を使用できるようにレジストリーをストレージを使用するように設定する必要があります。

実稼働クラスターに必要な永続ボリュームの設定についての手順が示されます。該当する場合、空のディレクトリーをストレージの場所として設定する方法が表示されます。これは、実稼働以外のクラスターでのみ利用できます。

アップグレード時に Recreate ロールアウトストラテジーを使用して、イメージレジストリーがブロックストレージタイプを使用することを許可するための追加の手順が提供されます。

1.3.14.1.1. イメージレジストリーの管理状態の変更

イメージレジストリーを起動するには、イメージレジストリー Operator 設定の managementStateRemoved から Managed に変更する必要があります。

手順

  • ManagementState イメージレジストリー Operator 設定を Removed から Managed に変更します。以下は例になります。

    $ oc patch configs.imageregistry.operator.openshift.io cluster --type merge --patch '{"spec":{"managementState":"Managed"}}'
1.3.14.1.2. ベアメタルおよび他の手動インストールの場合のレジストリーストレージの設定

クラスター管理者は、インストール後にレジストリーをストレージを使用できるように設定する必要があります。

前提条件

  • クラスター管理者のパーミッション。
  • ベアメタルなどの、手動でプロビジョニングされた Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) ノードを使用するクラスター。
  • Red Hat OpenShift Container Storage などのクラスターのプロビジョニングされた永続ストレージ。

    重要

    OpenShift Container Platform は、1 つのレプリカのみが存在する場合にイメージレジストリーストレージの ReadWriteOnce アクセスをサポートします。2 つ以上のレプリカで高可用性をサポートするイメージレジストリーをデプロイするには、ReadWriteMany アクセスが必要です。

  • 100Gi の容量が必要です。

手順

  1. レジストリーをストレージを使用できるように設定するには、configs.imageregistry/cluster リソースの spec.storage.pvc を変更します。

    注記

    共有ストレージを使用する場合は、外部からアクセスを防ぐためにセキュリティー設定を確認します。

  2. レジストリー Pod がないことを確認します。

    $ oc get pod -n openshift-image-registry
    注記

    ストレージタイプが emptyDIR の場合、レプリカ数が 1 を超えることはありません。

  3. レジストリー設定を確認します。

    $ oc edit configs.imageregistry.operator.openshift.io

    出力例

    storage:
      pvc:
        claim:

    claim フィールドを空のままにし、image-registry-storage PVC の自動作成を可能にします。

  4. clusteroperator ステータスを確認します。

    $ oc get clusteroperator image-registry
  5. イメージのビルドおよびプッシュを有効にするためにレジストリーが managed に設定されていることを確認します。

    • 以下を実行します。

      $ oc edit configs.imageregistry/cluster

      次に、行を変更します。

      managementState: Removed

      次のように変更してください。

      managementState: Managed
1.3.14.1.3. 実稼働以外のクラスターでのイメージレジストリーのストレージの設定

イメージレジストリー Operator のストレージを設定する必要があります。実稼働用以外のクラスターの場合、イメージレジストリーは空のディレクトリーに設定することができます。これを実行する場合、レジストリーを再起動するとすべてのイメージが失われます。

手順

  • イメージレジストリーストレージを空のディレクトリーに設定するには、以下を実行します。

    $ oc patch configs.imageregistry.operator.openshift.io cluster --type merge --patch '{"spec":{"storage":{"emptyDir":{}}}}'
    警告

    実稼働用以外のクラスターにのみこのオプションを設定します。

    イメージレジストリー Operator がそのコンポーネントを初期化する前にこのコマンドを実行する場合、oc patch コマンドは以下のエラーを出して失敗します。

    Error from server (NotFound): configs.imageregistry.operator.openshift.io "cluster" not found

    数分待機した後に、このコマンドを再び実行します。

1.3.14.1.4. ブロックレジストリーストレージの設定

イメージレジストリーがクラスター管理者によるアップグレード時にブロックストレージタイプを使用できるようにするには、Recreate ロールアウトストラテジーを使用できます。

重要

ブロックストレージボリュームはサポートされますが、実稼働クラスターでのイメージレジストリーと併用することは推奨されません。レジストリーに複数のレプリカを含めることができないため、ブロックストレージにレジストリーが設定されているインストールに高可用性はありません。

手順

  1. イメージレジストリーストレージをブロックストレージタイプとして設定するには、レジストリーが Recreate ロールアウトストラテジーを使用し、1 つの (1) レプリカのみで実行されるように、レジストリーにパッチを適用します。

    $ oc patch config.imageregistry.operator.openshift.io/cluster --type=merge -p '{"spec":{"rolloutStrategy":"Recreate","replicas":1}}'
  2. ブロックストレージデバイスの PV をプロビジョニングし、そのボリュームの PVC を作成します。要求されたブロックボリュームは ReadWriteOnce (RWO) アクセスモードを使用します。
  3. 正しい PVC を参照するようにレジストリー設定を編集します。

1.3.15. ユーザーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャーでのインストールの完了

Operator 設定の完了後に、提供するインフラストラクチャーでのクラスターのインストールを終了できます。

前提条件

  • コントロールプレーンが初期化されています。
  • Operator の初期設定を完了済みです。

手順

  1. すべてのクラスターコンポーネントがオンラインであることを確認します。

    $ watch -n5 oc get clusteroperators

    出力例

    NAME                                       VERSION AVAILABLE   PROGRESSING   DEGRADED   SINCE
    authentication                             4.6.0   True        False         False      3h56m
    cloud-credential                           4.6.0   True        False         False      29h
    cluster-autoscaler                         4.6.0   True        False         False      29h
    config-operator                            4.6.0   True        False         False      6h39m
    console                                    4.6.0   True        False         False      3h59m
    csi-snapshot-controller                    4.6.0   True        False         False      4h12m
    dns                                        4.6.0   True        False         False      4h15m
    etcd                                       4.6.0   True        False         False      29h
    image-registry                             4.6.0   True        False         False      3h59m
    ingress                                    4.6.0   True        False         False      4h30m
    insights                                   4.6.0   True        False         False      29h
    kube-apiserver                             4.6.0   True        False         False      29h
    kube-controller-manager                    4.6.0   True        False         False      29h
    kube-scheduler                             4.6.0   True        False         False      29h
    kube-storage-version-migrator              4.6.0   True        False         False      4h2m
    machine-api                                4.6.0   True        False         False      29h
    machine-approver                           4.6.0   True        False         False      6h34m
    machine-config                             4.6.0   True        False         False      3h56m
    marketplace                                4.6.0   True        False         False      4h2m
    monitoring                                 4.6.0   True        False         False      6h31m
    network                                    4.6.0   True        False         False      29h
    node-tuning                                4.6.0   True        False         False      4h30m
    openshift-apiserver                        4.6.0   True        False         False      3h56m
    openshift-controller-manager               4.6.0   True        False         False      4h36m
    openshift-samples                          4.6.0   True        False         False      4h30m
    operator-lifecycle-manager                 4.6.0   True        False         False      29h
    operator-lifecycle-manager-catalog         4.6.0   True        False         False      29h
    operator-lifecycle-manager-packageserver   4.6.0   True        False         False      3h59m
    service-ca                                 4.6.0   True        False         False      29h
    storage                                    4.6.0   True        False         False      4h30m

    すべてのクラスター Operator が AVAILABLE の場合、インストールを完了することができます。

  2. クラスターの完了をモニターします。

    $ ./openshift-install --dir=<installation_directory> wait-for install-complete 1
    1
    <installation_directory> には、インストールファイルを保存したディレクトリーへのパスを指定します。

    出力例

    INFO Waiting up to 30m0s for the cluster to initialize...

    Cluster Version Operator が Kubernetes API サーバーから OpenShift Container Platform クラスターのデプロイを終了するとコマンドは成功します。

    重要

    インストールプログラムが生成する Ignition 設定ファイルには、24 時間が経過すると期限切れになり、その後に更新される証明書が含まれます。証明書を更新する前にクラスターが停止し、24 時間経過した後にクラスターが再起動すると、クラスターは期限切れの証明書を自動的に復元します。例外として、kubelet 証明書を回復するために保留状態の node-bootstrapper 証明書署名要求 (CSR)を手動で承認する必要があります。詳細は、コントロールプレーン証明書からの回復 についてのドキュメントを参照してください。

  3. Kubernetes API サーバーが Pod と通信していることを確認します。

    1. すべての Pod の一覧を表示するには、以下のコマンドを使用します。

      $ oc get pods --all-namespaces

      出力例

      NAMESPACE                         NAME                                            READY   STATUS      RESTARTS   AGE
      openshift-apiserver-operator      openshift-apiserver-operator-85cb746d55-zqhs8   1/1     Running     1          9m
      openshift-apiserver               apiserver-67b9g                                 1/1     Running     0          3m
      openshift-apiserver               apiserver-ljcmx                                 1/1     Running     0          1m
      openshift-apiserver               apiserver-z25h4                                 1/1     Running     0          2m
      openshift-authentication-operator authentication-operator-69d5d8bf84-vh2n8        1/1     Running     0          5m
      ...

    2. 以下のコマンドを使用して、直前のコマンドの出力に一覧表示される Pod のログを表示します。

      $ oc logs <pod_name> -n <namespace> 1
      1
      直前のコマンドの出力にあるように、Pod 名および namespace を指定します。

      Pod のログが表示される場合、Kubernetes API サーバーはクラスターマシンと通信できます。

  4. Cluster registration」ページでクラスターを登録します。

1.3.16. 次のステップ