5.4. パイプラインビルド

重要

パイプラインビルドストラテジーは OpenShift Container Platform 4 では非推奨になりました。同等の機能および改善機能は、Tekton をベースとする OpenShift Container Platform Pipeline にあります。

OpenShift Container Platform の Jenkins イメージは完全にサポートされており、ユーザーは Jenkins ユーザーのドキュメントに従ってジョブで jenkinsfile を定義するか、またはこれをソースコントロール管理システムに保存します。

開発者は、パイプラインビルドストラテジーを利用して Jenkins パイプラインプラグインで使用できるように Jenkins パイプラインを定義することができます。このビルドについては、他のビルドタイプの場合と同様に OpenShift Container Platform での起動、モニタリング、管理が可能です。

パイプラインワークフローは、ビルド設定に直接組み込むか、または Git リポジトリーに配置してビルド設定で参照して jenkinsfile で定義します。

5.4.1. OpenShift Container Platform Pipeline について

重要

パイプラインビルドストラテジーは OpenShift Container Platform 4 では非推奨になりました。同等の機能および改善機能は、Tekton をベースとする OpenShift Container Platform Pipeline にあります。

OpenShift Container Platform の Jenkins イメージは完全にサポートされており、ユーザーは Jenkins ユーザーのドキュメントに従ってジョブで jenkinsfile を定義するか、またはこれをソースコントロール管理システムに保存します。

Pipeline により、OpenShift Container Platform でのアプリケーションのビルド、デプロイ、およびプロモートに対する制御が可能になります。Jenkins Pipeline ビルドストラテジー、jenkinsfiles、および OpenShift Container Platform のドメイン固有言語 (DSL) (Jenkins クライアントプラグインで提供される) の組み合わせを使用することにより、すべてのシナリオにおける高度なビルド、テスト、デプロイおよびプロモート用のパイプラインを作成できます。

OpenShift Container Platform Jenkins 同期プラグイン

OpenShift Container Platform Jenkins 同期プラグインは、ビルド設定およびビルドオブジェクトを Jenkins ジョブおよびビルドと同期し、以下を提供します。

  • Jenkins での動的なジョブおよび実行の作成。
  • イメージストリーム、イメージストリームタグまたは設定マップからのエージェント Pod テンプレートの動的作成。
  • 環境変数の挿入。
  • OpenShift Container Platform Web コンソールでのパイプラインの可視化。
  • Jenkins Git プラグインとの統合。ここからコミット情報が渡されます。
  • OpenShift Container Platform が Jenkins Git プラグインに対して作成する Jenkins 認証情報エントリーに対するシークレットの同期。

OpenShift Container Platform Jenkins クライアントプラグイン

OpenShift Container Platform Jenkins Client プラグインは、OpenShift Container Platform API Server との高度な対話を実現するために、読み取り可能かつ簡潔で、包括的で Fluent (流れるような) スタイルの Jenkins Pipeline 構文を提供することを目的とした Jenkins プラグインです。このプラグインは、スクリプトを実行するノードで使用できる必要がある OpenShift Container Platform コマンドラインツール (oc) を使用します。

OpenShift Jenkins クライアントプラグインは Jenkins マスターにインストールされ、OpenShift Container Platform DSL がアプリケーションの jenkinsfile 内で利用可能である必要があります。このプラグインは、OpenShift Container Platform Jenkins イメージの使用時にデフォルトでインストールされ、有効にされます。

プロジェクト内で OpenShift Container Platform Pipeline を使用するには、Jenkins Pipeline ビルドストラテジーを使用する必要があります。このストラテジーはソースリポジトリーのルートで jenkinsfile を使用するようにデフォルト設定されますが、以下の設定オプションも提供します。

  • ビルド設定内のインラインの jenkinsfile フィールド。
  • ソース contextDir との関連で使用する jenkinsfile の場所を参照するビルド設定内の jenkinsfilePath フィールド。
注記

オプションの jenkinsfilePath フィールドは、ソース contextDir との関連で使用するファイルの名前を指定します。contextDir が省略される場合、デフォルトはリポジトリーのルートに設定されます。jenkinsfilePath が省略される場合、デフォルトは jenkinsfile に設定されます。