3.4.2.2. ソースクローンシークレットの手動による追加

ソースクローンのシークレットは、ビルド設定に手動で追加できます。 sourceSecret フィールドを BuildConfig 内の source セクションに追加してから、作成したシークレットの名前に設定して実行できます。この例では basicsecret です。

apiVersion: "v1"
kind: "BuildConfig"
metadata:
  name: "sample-build"
spec:
  output:
    to:
      kind: "ImageStreamTag"
      name: "sample-image:latest"
  source:
    git:
      uri: "https://github.com/user/app.git"
    sourceSecret:
      name: "basicsecret"
  strategy:
    sourceStrategy:
      from:
        kind: "ImageStreamTag"
        name: "python-33-centos7:latest"

手順

oc set build-secret コマンドを使用して、既存のビルド設定にソースクローンのシークレットを設定することも可能です。

  • 既存のビルド設定にソースクローンシークレットを設定するには、以下のコマンドを実行します。

    $ oc set build-secret --source bc/sample-build basicsecret