第6章 RBAC の使用によるパーミッションの定義および適用

6.1. RBAC の概要

Role-based Access Control (RBAC: ロールベースアクセス制御) オブジェクトは、ユーザーがプロジェクト内で所定のアクションを実行することが許可されるかどうかを決定します。

これにより、プラットフォーム管理者はクラスターロールおよびバインディングを使用して、OpenShift Container Platform プラットフォーム自体およびすべてのプロジェクトへの各種のアクセスレベルを持つユーザーを制御できます。

開発者はローカルロールとバインディングを使用して、プロジェクトにアクセスできるユーザーを制御できます。認可は、認証とは異なる別の手順であることに注意してください。 認可の手順は、アクションを実行するユーザーのアイデンティティーの判別により密接に関連しています。

認可は以下を使用して管理されます。

認可オブジェクト説明

ルール

オブジェクトのセットで許可されている動詞のセット(例: ユーザーまたはサービスアカウントが Pod の create を実行できるかどうか)

ロール

ルールのコレクション。ユーザーおよびグループを複数のロールに関連付けたり、バインドしたりできます。

バインディング

ロールを使ったユーザー/グループ間の関連付けです。

2 つのレベルの RBAC ロールおよびバインディングが認可を制御します。

RBAC レベル説明

クラスター RBAC

すべてのプロジェクトで適用可能なロールおよびバインディングです。クラスターロール はクラスター全体で存在し、クラスターロールのバインディング はクラスターロールのみを参照できます。

ローカル RBAC

所定のプロジェクトにスコープ設定されているロールおよびバインディングです。ローカルロール は単一プロジェクトのみに存在し、ローカルロールのバインディングはクラスターロールおよびローカルロールの 両方 を参照できます。

クラスターのロールバインディングは、クラスターレベルで存在するバインディングですが、ロールバインディングはプロジェクトレベルで存在します。ロールバインディングは、プロジェクトレベルで存在します。クラスターの view (表示) ロールは、ユーザーがプロジェクトを表示できるようローカルのロールバインディングを使用してユーザーにバインドする必要があります。ローカルロールは、クラスターのロールが特定の状況に必要なパーミッションのセットを提供しない場合にのみ作成する必要があります。

この 2 つのレベルからなる階層により、ローカルロールで個別プロジェクト内のカスタマイズが可能になる一方で、クラスターロールによる複数プロジェクト間での再利用が可能になります。

評価時に、クラスターロールのバインディングおよびローカルロールのバインディングが使用されます。以下は例になります。

  1. クラスター全体の「allow」ルールがチェックされます。
  2. ローカルにバインドされた「allow」ルールがチェックされます。
  3. デフォルトで拒否します。

6.1.1. デフォルトのクラスターロール

OpenShift Container Platform には、クラスター全体で、またはローカルにユーザーおよびグループにバインドできるデフォルトのクラスターロールのセットが含まれます。

重要

デフォルトのクラスターロールを手動で変更することは推奨されません。このようなシステムロールへの変更は、クラスターが正常に機能しなくなることがあります。

デフォルトのクラスターロール説明

admin

プロジェクトマネージャー。ローカルバインディングで使用される場合、admin には、プロジェクト内のすべてのリソースを表示し、クォータ以外のリソース内のすべてのリソースを変更する権限があります。

basic-user

プロジェクトおよびユーザーについての基本的な情報を取得できるユーザーです。

cluster-admin

すべてのプロジェクトですべてのアクションを実行できるスーパーユーザーです。ローカルバインディングでユーザーにバインドされる場合、クォータに対する完全な制御およびプロジェクト内のすべてのリソースに対するすべてのアクションを実行できます。

cluster-status

基本的なクラスターのステータス情報を取得できるユーザーです。

edit

プロジェクトのほとんどのプロジェクトを変更できるが、ロールまたはバインディングを表示したり、変更したりする機能を持たないユーザーです。

self-provisioner

独自のプロジェクトを作成できるユーザーです。

view

変更できないものの、プロジェクトでほとんどのオブジェクトを確認できるユーザーです。それらはロールまたはバインディングを表示したり、変更したりできません。

ローカルバインディングとクラスターバインディングについての違いに留意してください。ローカルのロールバインディングを使用して cluster-admin ロールをユーザーにバインドする場合、このユーザーがクラスター管理者の特権を持っているように表示されますが、実際にはそうではありません。一方、特定プロジェクトにバインドされる cluster-admin クラスターロールはそのプロジェクトのスーパー管理者のような機能があり、クラスターロール admin のパーミッションを付与するほか、レート制限を編集する機能などのいくつかの追加パーミッションを付与します。一方、 cluster-admin をプロジェクトのユーザーにバインドすると、そのプロジェクトにのみ有効なスーパー管理者の権限がそのユーザーに付与されます。そのユーザーはクラスターロール adminのパーミッションを有するほか、レート制限を編集する機能などの、そのプロジェクトについてのいくつかの追加パーミッションを持ちます。このバインディングは、クラスター管理者にバインドされるクラスターのロールバインディングを一覧表示しない Web コンソール UI を使うと分かりにくくなります。ただし、これは、cluster-adminをローカルにバインドするために使用するローカルのロールバインディングを一覧表示します。

クラスターロール、クラスターロールのバインディング、ローカルロールのバインディング、ユーザー、グループおよびサービスアカウントの関係は以下に説明されています。

OpenShift Container Platform RBAC

6.1.2. 認可の評価

OpenShift Container Platform は以下の手順を使って認可を評価します。

アイデンティティー
ユーザーが属するユーザー名とグループの一覧。
アクション

実行する動作。ほとんどの場合、これは以下で構成されます。

  • プロジェクト: アクセスするプロジェクト。プロジェクトは追加のアノテーションを含む Kubernetes namespace であり、これにより、ユーザーのコミュニティーは、他のコミュニティーと分離された状態で独自のコンテンツを編成し、管理できます。
  • 動詞: getlistcreateupdatedeletedeletecollection、または watch などのアクション自体。
  • リソース名: アクセスする API エンドポイント。
バインディング
バインディングの詳細な一覧、ロールを持つユーザーまたはグループ間の関連付け。

OpenShift Container Platform は以下の手順を使って認可を評価します。

  1. アイデンティティーおよびプロジェクトでスコープ設定されたアクションは、ユーザーおよびそれらのグループに適用されるすべてのバインディングを検索します。
  2. バインディングは、適用されるすべてのロールを見つけるために使用されます。
  3. ロールは、適用されるすべてのルールを見つけるために使用されます。
  4. 一致を見つけるために、アクションが各ルールに対してチェックされます。
  5. 一致するルールが見つからない場合、アクションはデフォルトで拒否されます。
ヒント

ユーザーおよびグループは一度に複数のロールに関連付けたり、バインドしたりできることに留意してください。

プロジェクト管理者は CLI を使用してローカルロールとローカルバインディングを表示できます。これには、それぞれのロールが関連付けられる動詞およびリソースのマトリクスが含まれます。

重要

プロジェクト管理者にバインドされるクラスターロールは、ローカルバインディングによってプロジェクト内で制限されます。これは、cluster-admin または system:admin に付与されるクラスターロールのようにクラスター全体でバインドされる訳ではありません。

クラスターロールは、クラスターレベルで定義されるロールですが、クラスターレベルまたはプロジェクトレベルのいずれかでバインドできます。

6.1.2.1. クラスターロールの集計

デフォルトのクラスターの管理、編集および cluster-reader ロールは、クラスターロールの集計をサポートします。ここでは、各ロールのクラスタールールは新規ルートの作成時に動的に更新されます。この機能は、カスタムリソースを作成して Kubernetes API を拡張する場合にのみ適用できます。