4.2. サポートされるアイデンティティープロバイダー

以下の種類のアイデンティティープロバイダーを設定できます。

アイデンティティープロバイダー説明

HTPasswd

htpasswd アイデンティティープロバイダーを htpasswdを使用して生成されたフラットファイルに対してユーザー名とパスワードを検証するように設定します。

Keystone

keystone アイデンティティープロバイダーを、OpenShift Container Platform クラスターを Keystone に統合し、ユーザーを内部データベースに保存するように設定された OpenStack Keystone v3 サーバーによる共有認証を有効にするように設定します。

LDAP

ldap アイデンティティープロバイダーを、単純なバインド認証を使用して LDAPv3 サーバーに対してユーザー名とパスワードを検証するように設定します。

Basic 認証

basic-authentication アイデンティティープロバイダーを、ユーザーがリモートアイデンティティープロバイダーに対して検証された認証情報を使って OpenShift Container Platform にログインできるように設定します。Basic 認証は、汎用的なバックエンド統合メカニズムです。

要求ヘッダー

request-header アイデンティティープロバイダーを、X-Remote-User などの要求ヘッダー値から識別するように設定します。通常、これは要求ヘッダー値を設定する認証プロキシーと併用されます。

GitHub または GitHub Enterprise

github アイデンティティープロバイダーを、GitHub または GitHub Enterprise の OAuth 認証サーバーに対してユーザー名とパスワードを検証するように設定します。

GitLab

gitlab アイデンティティープロバイダーを、GitLab.com またはその他の GitLab インスタンスをアイデンティティープロバイダーとして使用するように設定します。

Google

google アイデンティティープロバイダーを、Google の OpenID Connect 統合を使用して設定します。

OpenID Connect

oidc アイデンティティープロバイダーを、Authorization Code Flowを使用して OpenID Connect アイデンティティープロバイダーと統合するように設定します。

アイデンティティープロバイダーが定義された後に、RBAC を使用してパーミッションの定義および適用を実行できます。