8.3. ロールをサービスアカウントに付与する例

ロールをサービスアカウントに付与する方法は、ロールを通常ユーザーアカウントに付与する方法と同じです。

  • 現在のプロジェクトのサービスアカウントを変更できます。たとえば、view ロールを top-secret プロジェクトの robot サービスアカウントに追加するには、以下を実行します。

    $ oc policy add-role-to-user view system:serviceaccount:top-secret:robot
  • アクセスをプロジェクトの特定のサービスアカウントに付与することもできます。たとえば、サービスアカウントが属するプロジェクトから、-z フラグを使用し、<service_account_name> を指定します。

    $ oc policy add-role-to-user <role_name> -z <service_account_name>
    重要

    プロジェクトの特定のサービスアカウントにアクセスを付与する必要がある場合には、-z フラグを使用します。このフラグを使用することにより、アクセスが指定されたサービスアカウントのみに付与することができます。

  • 別の namespace を変更するには、-n オプションを使用して、以下の例にあるように、適用先のプロジェクト namespace を指定します。

    • たとえば、すべてのプロジェクトのすべてのサービスアカウントが top-secret プロジェクトのリソースを表示できるようにするには、以下を実行します。

      $ oc policy add-role-to-group view system:serviceaccounts -n top-secret
    • managers プロジェクトのすべてのサービスアカウントが top-secret プロジェクトのリソースを編集できるようにするには、以下を実行します。

      $ oc policy add-role-to-group edit system:serviceaccounts:managers -n top-secret