15.2.3. LDAP サーバーのサブグループの OpenShift Container Platform との同期

LDAP グループのサブセットを、ホワイトリストファイル、ブラックリストファイル、またはその両方を使用して OpenShift Container Platform と同期できます。

注記

ブラックリストファイル、ホワイトリストファイル、またはホワイトリストのリテラルの組み合わせを使用できます。ホワイトリストおよびブラックリストのファイルには 1 行ごとに 1 つの固有のグループ識別子を含める必要があり、ホワイトリストのリテラルはコマンド自体に直接含めることができます。これらのガイドラインは LDAP サーバーにあるグループと OpenShift Container Platform にすでにあるグループに適用されます。

前提条件

  • 同期設定ファイルを作成します。

手順

  • LDAP グループのサブセットを OpenShift Container Platform と同期するには、以下のコマンドを使用します。

    $ oc adm groups sync --whitelist=<whitelist_file> \
                       --sync-config=config.yaml      \
                       --confirm
    $ oc adm groups sync --blacklist=<blacklist_file> \
                       --sync-config=config.yaml      \
                       --confirm
    $ oc adm groups sync <group_unique_identifier>    \
                       --sync-config=config.yaml      \
                       --confirm
    $ oc adm groups sync <group_unique_identifier>  \
                       --whitelist=<whitelist_file> \
                       --blacklist=<blacklist_file> \
                       --sync-config=config.yaml    \
                       --confirm
    $ oc adm groups sync --type=openshift           \
                       --whitelist=<whitelist_file> \
                       --sync-config=config.yaml    \
                       --confirm
    注記

    デフォルトでは、すべてのグループ同期操作がドライランされるので、OpenShift Container Platform Group レコードを変更するために oc adm groups sync コマンドで --confirm フラグを設定する必要があります。