5.6.3. シークレットの作成

アイデンティティープロバイダーは openshift-config namespace で OpenShift Container Platform Secret オブジェクトを使用して、クライアントシークレット、クライアント証明書およびキーをこれに組み込みます。

  • 以下のコマンドを使用して、文字列を含む OpenShift Container Platform Secret オブジェクトを定義できます。

    $ oc create secret generic <secret_name> --from-literal=clientSecret=<secret> -n openshift-config
  • 以下のコマンドを実行して、証明書ファイルなどのファイルの内容を含む OpenShift Container Platform Secret オブジェクトを定義できます。

    $ oc create secret generic <secret_name> --from-file=/path/to/file -n openshift-config