5.4.8. Basic 認証のトラブルシューティング

最もよく起こる問題は、バックエンドサーバーへのネットワーク接続に関連しています。簡単なデバッグの場合は、マスターで curl コマンドを実行します。正常なログインをテストするには、以下のコマンド例の <user><password> を有効な認証情報に置き換えます。無効なログインをテストするには、それらを正しくない認証情報に置き換えます。

$ curl --cacert /path/to/ca.crt --cert /path/to/client.crt --key /path/to/client.key -u <user>:<password> -v https://www.example.com/remote-idp

正常な応答

sub (サブジェクト) キーを持つ 200 ステータスは、成功を示しています。

{"sub":"userid"}

サブジェクトは認証ユーザーに固有である必要があり、変更することはできません。

正常な応答により、以下のような追加データがオプションで提供されることがあります。

  • name キーを使用した表示名:

    {"sub":"userid", "name": "User Name", ...}
  • email キーを使用したメールアドレス:

    {"sub":"userid", "email":"user@example.com", ...}
  • preferred_username キーを使用した推奨ユーザー名:

    {"sub":"014fbff9a07c", "preferred_username":"bob", ...}

    preferred_username キーは、固有の変更できないサブジェクトがデータベースキーまたは UID であり、判読可能な名前が存在する場合に便利です。これは、認証されたアイデンティティーの OpenShift Container Platform ユーザーをプロビジョニングする場合にヒントとして使われます。

失敗の応答

  • 401 応答は認証の失敗を示しています。
  • 200 以外のステータスまたは空でない「エラー」キーはエラーを示しています: {"error":"Error message"}