5.5. 要求ヘッダーアイデンティティープロバイダーの設定

request-header アイデンティティープロバイダーを、X-Remote-User などの要求ヘッダー値から識別するように設定します。通常、これは要求ヘッダー値を設定する認証プロキシーと併用されます。

5.5.1. OpenShift Container Platform のアイデンティティープロバイダーについて

デフォルトでは、kubeadmin ユーザーのみがクラスターに存在します。アイデンティティープロバイダーを指定するには、アイデンティティープロバイダーを記述し、これをクラスターに追加するカスタムリソースを作成する必要があります。

注記

/:、および % を含む OpenShift Container Platform ユーザー名はサポートされません。