12.2. ボリュームローテーションを使用したバインドされたサービスアカウントトークンの設定

ボリュームの展開を使用してバインドされたサービスアカウントのトークンを要求するように Pod を設定できます。

前提条件

  • cluster-admin ロールを持つユーザーとしてクラスターにアクセスできる。
  • サービスアカウントを作成している。この手順では、サービスアカウントの名前が build-robot であることを前提としています。

手順

  1. オプションで、サービスアカウントの発行者を設定します。

    通常、このステップはバインドされたトークンがクラスター内でのみ使用される場合には必要ありません。

    警告

    serviceAccountIssuer フィールドを更新し、使用中のバインドされたトークンがある場合、直前の発行側の値を持つすべてのバインドされたトークンが無効になります。バインドされたトークンのホルダーが発行側の変更に対して明示的なサポートがない場合、ホルダーは Pod が再起動するまでバインドされたトークンを新たに要求しません。

    必要な場合は以下のコマンドを使用して、クラスター内のすべての Pod を手動で再起動できます。このコマンドは、すべての namespace で実行されているすべての Pod を削除するため、このコマンドを実行するとサービスが中断します。これらの Pod は削除後に自動的に再起動します。

    $ for I in $(oc get ns -o jsonpath='{range .items[*]} {.metadata.name}{"\n"} {end}'); \
          do oc delete pods --all -n $I; \
          sleep 1; \
          done
    1. cluster Authentication オブジェクトを編集します。

      $ oc edit authentications cluster
    2. spec.serviceAccountIssuer フィールドを、必要なサービスアカウント発行者の値に設定します。

      spec:
        serviceAccountIssuer: https://test.default.svc 1
      1
      この値は URL である必要があり、バインドされたトークンの受信側はトークンの署名の検証に必要なパブリックキーを取得できます。デフォルトは https://kubernetes.default.svc です。
  2. ボリュームの展開を使用してバインドされたサービスアカウントのトークンを使用するように Pod を設定します。

    1. 以下の内容を含む pod-projected-svc-token.yaml ファイルを作成します。

      apiVersion: v1
      kind: Pod
      metadata:
        name: nginx
      spec:
        containers:
        - image: nginx
          name: nginx
          volumeMounts:
          - mountPath: /var/run/secrets/tokens
            name: vault-token
        serviceAccountName: build-robot 1
        volumes:
        - name: vault-token
          projected:
            sources:
            - serviceAccountToken:
                path: vault-token 2
                expirationSeconds: 7200 3
                audience: vault 4
      1
      既存のサービスアカウントへの参照。
      2
      トークンの展開先となるファイルのマウントポイントに対する相対パス。
      3
      オプションで、サービスアカウントトークンの有効期限を秒単位で設定します。デフォルトは 3600 秒 (1 時間) で、600 秒 (10 分) 以上にする必要があります。トークンの有効期間がその 80% を過ぎている場合や、トークンの生成から 24 時間を経過している場合、kubelet はトークンのローテーションの試行を開始します。
      4
      オプションで、トークンの意図された対象を設定します。トークンの受信側は、受信側のアイデンティティーがトークンの適切対象の要求と一致することを確認し、一致しない場合はトークンを拒否する必要があります。対象はデフォルトで API サーバーの識別子に設定されます。
    2. Pod を作成します。

      $ oc create -f pod-projected-svc-token.yaml

      kubelet は Pod に代わってトークンを要求し、保存し、トークンを設定可能なファイルパスで Pod に対して利用可能にし、有効期限に達するとトークンを更新します。

  3. バインドされたトークンを使用するアプリケーションは、ローテーション時にトークンのリロードを処理する必要があります。

    トークンの有効期間がその 80% を過ぎている場合や、トークンの生成から 24 時間を経過している場合、kubelet はトークンをローテーションします。