16.4. ユースケース: Pod での ConfigMap の使用

以下のセクションでは、Pod で ConfigMap オブジェクトを使用する際のいくつかのユースケースについて説明します。

16.4.1. 設定マップの使用によるコンテナーでの環境変数の設定

設定マップはコンテナーで個別の環境変数を設定するために使用したり、有効な環境変数名を生成するすべてのキーを使用してコンテナーで環境変数を設定するために使用したりすることができます。

例として、以下の設定マップについて見てみましょう。

2 つの環境変数を含む ConfigMap

apiVersion: v1
kind: ConfigMap
metadata:
  name: special-config 1
  namespace: default 2
data:
  special.how: very 3
  special.type: charm 4

1
ConfigMap の名前。
2
ConfigMap が置かれているプロジェクト。設定マップは同じプロジェクトの Pod によってのみ参照されます。
3 4
挿入する環境変数

1 つの環境変数を含む ConfigMap

apiVersion: v1
kind: ConfigMap
metadata:
  name: env-config 1
  namespace: default
data:
  log_level: INFO 2

1
ConfigMap の名前。
2
挿入する環境変数

手順

  • configMapKeyRef セクションを使用して、Pod のこの ConfigMap のキーを使用できます。

    特定の環境変数を挿入するように設定されている Pod 仕様のサンプル

    apiVersion: v1
    kind: Pod
    metadata:
      name: dapi-test-pod
    spec:
      containers:
        - name: test-container
          image: gcr.io/google_containers/busybox
          command: [ "/bin/sh", "-c", "env" ]
          env: 1
            - name: SPECIAL_LEVEL_KEY 2
              valueFrom:
                configMapKeyRef:
                  name: special-config 3
                  key: special.how 4
            - name: SPECIAL_TYPE_KEY
              valueFrom:
                configMapKeyRef:
                  name: special-config 5
                  key: special.type 6
                  optional: true 7
          envFrom: 8
            - configMapRef:
                name: env-config 9
      restartPolicy: Never

    1
    ConfigMap から指定された環境変数をプルするためのスタンザです。
    2
    キーの値を挿入する Pod 環境変数の名前です。
    3 5
    特定の環境変数のプルに使用する ConfigMap の名前です。
    4 6
    ConfigMap からプルする環境変数です。
    7
    環境変数をオプションにします。オプションとして、Pod は指定された ConfigMap およびキーが存在しない場合でも起動します。
    8
    ConfigMap からすべての環境変数をプルするためのスタンザです。
    9
    すべての環境変数のプルに使用する ConfigMap の名前です。

    この Pod が実行されると、Pod のログには以下の出力が含まれます。

    SPECIAL_LEVEL_KEY=very
    log_level=INFO
注記

SPECIAL_TYPE_KEY=charm は出力例に一覧表示されません。optional: true が設定されているためです。