16.3.3. リテラル値からの設定マップの作成

設定マップにリテラル値を指定することができます。

手順

--from-literal オプションは、リテラル値をコマンドラインに直接指定できる key=value 構文を取ります。

  1. リテラル値を指定して ConfigMap を作成します。

    $ oc create configmap special-config \
        --from-literal=special.how=very \
        --from-literal=special.type=charm
  2. 結果を確認します。

    $ oc get configmaps special-config -o yaml

    出力例

    apiVersion: v1
    data:
      special.how: very
      special.type: charm
    kind: ConfigMap
    metadata:
      creationTimestamp: 2016-02-18T19:14:38Z
      name: special-config
      namespace: default
      resourceVersion: "651"
      selflink: /api/v1/namespaces/default/configmaps/special-config
      uid: dadce046-d673-11e5-8cd0-68f728db1985