1.3. RHCOS のハードニング

RHCOS は、OpenShift Container Platform にデプロイするように作成され、調整されました。RHCOS ノードへの変更はほとんど不要です。OpenShift Container Platform を採用するすべての組織には、システムハードニングに関する独自の要件があります。OpenShift 固有の変更および機能(Ignition、ostree、読み取り専用 /usr など)が追加された RHEL システムとして、RHCOS を RHEL システムと同様に強化できます。ハードニングの管理方法には違いがあります。

OpenShift Container Platform およびその Kubernetes エンジンの主要機能は、必要に応じてアプリケーションおよびインフラストラクチャーを迅速にスケールアップおよびダウンできることです。避けられない状況でない限り、ホストにログインしてソフトウェアを追加したり設定を変更したりして RHCOS に直接変更を加える必要はありません。OpenShift Container Platform インストーラーおよびコントロールプレーンで RHCOS への変更を管理し、手動による介入なしに新規ノードを起動できるようにする必要があります。

そのため、独自のセキュリティー上のニーズに対応するために OpenShift Container Platform で RHCOS ノードをハードニングする場合、ハードニングする内容とハードニング方法の両方を考慮する必要があります。

1.3.1. RHCOS でのハードニングの内容の選択

RHEL 8 セキュリティー強化』ガイドでは、RHEL システムのセキュリティーのアプローチについて説明しています。

本書では、暗号化のアプローチ、脆弱性の評価方法、および各種サービスへの脅威の評価方法について説明します。また、コンプライアンス基準についてのスキャン、ファイルの整合性の確認、監査の実行、およびストレージデバイスの暗号化の方法を確認することができます。

ハードニングする機能についての理解に基づいて、RHCOS でそれらをハードニングする方法を決定することができます。

1.3.2. RHCOS のハードニング方法の選択

OpenShift Container Platform での RHCOS システムの直接的な変更は推奨されません。代わりに、ワーカーノードやマスターノードなどのノードのプールにあるシステムを変更することについて考慮する必要があります。新規ノードが必要な場合、ベアメタル以外のインストールでは、必要なタイプの新規ノードを要求でき、ノードは RHCOS イメージおよび先に行った変更に基づいて作成されます。

インストール前や、インストール時、およびクラスターの稼働後に RHCOS を変更することができます。

1.3.2.1. インストール前のハードニング

ベアメタルのインストールでは、OpenShift Container Platform のインストールを開始する前にハードニング機能を RHCOS に追加できます。たとえば、RHCOS インストーラーの起動時に、SELinux や対称マルチスレッドなどの各種の低レベル設定などのセキュリティー機能をオンまたはオフにするためにカーネルオプションを追加できます。

ベアメタル RHCOS のインストールの場合は難易度が上がりますが、この場合、OpenShift Container Platform インストールを開始する前にオペレーティングシステムの変更を取得することができます。これは、ディスクの暗号化や特別なネットワーク設定など、特定の機能を可能な限り早期に設定する必要がある場合に重要になります。

1.3.2.2. インストール時のハードニング

OpenShift インストールプロセスを中断し、Ignition 設定を変更できます。Ignition 設定を使用して、独自のファイルおよび systemd サービスを RHCOS ノードに追加できます。また、インストールに使用する install-config.yaml ファイルに基本的なセキュリティー関連の変更を加えることもできます。この方法で追加した内容は、各ノードの初回起動時に利用できます。

1.3.2.3. クラスターの実行後のハードニング

OpenShift Container Platform クラスターの起動後にハードニング機能を RHCOS に適用する方法は複数あります。

  • デーモンセット: すべてのノードでサービスを実行する必要がある場合は、そのサービスを Kubernetes DaemonSet オブジェクトで追加できます。
  • マシン設定: MachineConfig オブジェクトには、同じ形式の Ignition 設定のサブセットが含まれます。マシン設定をすべてのワーカーノードまたはコントロールプレーンノードに適用することで、クラスターに追加される同じタイプの次のノードで同じ変更が適用されるようにできます。

ここで説明しているすべての機能は、OpenShift Container Platform の製品ドキュメントに記載されています。