6.2. etcd 暗号化の有効化

etcd 暗号化を有効にして、クラスターで機密性の高いリソースを暗号化できます。

警告

初期の暗号化プロセスが完了するまでは、etcd のバックアップを取ることは推奨されません。暗号化プロセスが完了しない場合、バックアップは部分的にのみ暗号化される可能性があります。

前提条件

  • cluster-admin ロールを持つユーザーとしてのクラスターへのアクセスがあること。

手順

  1. APIServer オブジェクトを変更します。

    $ oc edit apiserver
  2. encryption フィールドタイプを aescbcに設定します。

    spec:
      encryption:
        type: aescbc 1
    1
    aescbc タイプは、暗号化を実行するために PKCS#7 パディングを実装している AES-CBC と 32 バイトのキーが使用されることを意味します。
  3. 変更を適用するためにファイルを保存します。

    暗号化プロセスが開始されます。クラスターのサイズによっては、このプロセスが完了するまで 20 分以上かかる場合があります。

  4. etcd 暗号化が正常に行われたことを確認します。

    1. OpenShift API サーバーの Encrypted ステータスを確認し、そのリソースが正常に暗号化されたことを確認します。

      $ oc get openshiftapiserver -o=jsonpath='{range .items[0].status.conditions[?(@.type=="Encrypted")]}{.reason}{"\n"}{.message}{"\n"}'

      この出力には、暗号化が正常に実行されると EncryptionCompleted が表示されます。

      EncryptionCompleted
      All resources encrypted: routes.route.openshift.io, oauthaccesstokens.oauth.openshift.io, oauthauthorizetokens.oauth.openshift.io

      出力に EncryptionInProgress が表示される場合、これは暗号化が進行中であることを意味します。数分待機した後に再試行します。

    2. Kubernetes API サーバーの Encrypted ステータス状態を確認し、そのリソースが正常に暗号化されたことを確認します。

      $ oc get kubeapiserver -o=jsonpath='{range .items[0].status.conditions[?(@.type=="Encrypted")]}{.reason}{"\n"}{.message}{"\n"}'

      この出力には、暗号化が正常に実行されると EncryptionCompleted が表示されます。

      EncryptionCompleted
      All resources encrypted: secrets, configmaps

      出力に EncryptionInProgress が表示される場合、これは暗号化が進行中であることを意味します。数分待機した後に再試行します。