12.6. egress ルーター Pod の使用についての考慮事項

12.6.1. Egress ルーター Pod について

OpenShift Container Platform egress ルーター Pod は、他の用途で使用されていないプライベートソース IP アドレスを使用して、指定されたリモートサーバーにトラフィックをリダイレクトします。これにより、特定の IP アドレスからのアクセスのみを許可するように設定されたサーバーにネットワークトラフィックを送信できます。

注記

egress ルーター Pod はすべての発信接続のために使用されることが意図されていません。多数の egress ルーター Pod を作成することで、ネットワークハードウェアの制限を引き上げられる可能性があります。たとえば、すべてのプロジェクトまたはアプリケーションに egress ルーター Pod を作成すると、ソフトウェアの MAC アドレスのフィルターに戻る前にネットワークインターフェースが処理できるローカル MAC アドレス数の上限を超えてしまう可能性があります。

重要

egress ルーターイメージには Amazon AWS, Azure Cloud またはレイヤー 2 操作をサポートしないその他のクラウドプラットフォームとの互換性がありません。 それらに macvlan トラフィックとの互換性がないためです。

12.6.1.1. Egress ルーターモード

リダイレクトモードでは、egress ルーター Pod は、トラフィックを独自の IP アドレスから 1 つ以上の宛先 IP アドレスにリダイレクトするために iptables ルールをセットアップします。予約されたソース IP アドレスを使用する必要のあるクライアント Pod は、宛先 IP に直接接続するのでなく、egress ルーターに接続するように変更される必要があります。

HTTP プロキシーモードでは、egress ルーター Pod はポート 8080 で HTTP プロキシーとして実行されます。このモードは、HTTP または HTTPS ベースのサービスと通信するクライアントの場合にのみ機能しますが、通常それらを機能させるのにクライアント Pod への多くの変更は不要です。環境変数を設定することで、数多くのプログラムは HTTP プロキシーを使用するように指示されます。

DNS プロキシーモードでは、egress ルーター Pod は、トラフィックを独自の IP アドレスから 1 つ以上の宛先 IP アドレスに送信する TCP ベースのサービスの DNS プロキシーとして実行されます。予約されたソース IP アドレスを使用するには、クライアント Pod は、宛先 IP アドレスに直接接続するのでなく、egress ルーター Pod に接続するように変更される必要があります。この修正により、外部の宛先でトラフィックが既知のソースから送信されているかのように処理されます。

リダイレクトモードは、HTTP および HTTPS 以外のすべてのサービスで機能します。HTTP および HTTPS サービスの場合は、HTTP プロキシーモードを使用します。IP アドレスまたはドメイン名を持つ TCP ベースのサービスの場合は、DNS プロキシーモードを使用します。

12.6.1.2. egress ルーター Pod の実装

egress ルーター Pod の設定は、初期化コンテナーで実行されます。このコンテナーは特権付きコンテキストで実行され、macvlan インターフェースを設定して iptables ルールを設定できます。初期化コンテナーが iptables ルールの設定を終了すると、終了します。次に、egress ルーター Pod はコンテナーを実行して egress ルーターのトラフィックを処理します。使用されるイメージは、egress ルーターモードによって異なります。

環境変数は、egress-router イメージが使用するアドレスを判別します。イメージは macvlan インターフェースを、 EGRESS_SOURCE をその IP アドレスとして使用し、EGRESS_GATEWAY をゲートウェイの IP アドレスとして使用するように設定します。

ネットワークアドレス変換 (NAT) ルールは、TCP ポートまたは UDP ポート上の Pod のクラスター IP アドレスへの接続が EGRESS_DESTINATION 変数で指定される IP アドレスの同じポートにリダイレクトされるように設定されます。

クラスター内の一部のノードのみが指定されたソース IP アドレスを要求でき、指定されたゲートウェイを使用できる場合、受け入れ可能なノードを示す nodeName または nodeSelector を指定することができます。

12.6.1.3. デプロイメントに関する考慮事項

egressルーター Pod は追加の IP アドレスおよび MAC アドレスをノードのプライマリーネットワークインターフェースに追加します。その結果、ハイパーバイザーまたはクラウドプロバイダーを、追加のアドレスを許可するように設定する必要がある場合があります。

Red Hat OpenStack Platform (RHOSP)

OpenShift Container Platform を RHOSP にデプロイしている場合、OpenStack 環境で IP および MAC アドレスのホワイトリストを作成する必要があります。これを行わないと、通信は失敗します

$ openstack port set --allowed-address \
  ip_address=<ip_address>,mac_address=<mac_address> <neutron_port_uuid>
Red Hat Virtualization (RHV)
RHV を使用している場合は、仮想インターフェースカード(vNIC)に No Network Filter を選択する必要があります。
VMware vSphere
VMware vSphere を使用している場合は、vSphere 標準スイッチのセキュリティー保護についての VMWare ドキュメントを参照してください。vSphere Web クライアントからホストの仮想スイッチを選択して、VMWare vSphere デフォルト設定を表示し、変更します。

とくに、以下が有効にされていることを確認します。

12.6.1.4. フェイルオーバー設定

ダウンタイムを回避するには、以下の例のように Deployment リソースで egress ルーター Pod をデプロイできます。サンプルのデプロイメント用に新規 Service オブジェクトを作成するには、oc expose deployment/egress-demo-controller コマンドを使用します。

apiVersion: v1
kind: Deployment
metadata:
  name: egress-demo-controller
spec:
  replicas: 1 1
  selector:
    name: egress-router
  template:
    metadata:
      name: egress-router
      labels:
        name: egress-router
      annotations:
        pod.network.openshift.io/assign-macvlan: "true"
    spec: 2
      initContainers:
        ...
      containers:
        ...
1
1 つの Pod のみが指定される egress ソース IP アドレスを使用できるため、レプリカが 1 に設定されていることを確認します。これは、単一コピーのルーターのみがノード実行されることを意味します。
2
egress ルーター Pod の Pod オブジェクトテンプレートを指定します。