11.7.2. マルチキャストでの SR-IOV インターフェースの使用

以下の手順では、サンプルのマルチキャスト用の SR-IOV インターフェースを作成します。

前提条件

  • OpenShift CLI (oc) をインストールすること。
  • cluster-admin ロールを持つユーザーとしてクラスターにログインする必要があります。

手順

  1. SriovNetworkNodePolicy オブジェクトを作成します。

    apiVersion: sriovnetwork.openshift.io/v1
    kind: SriovNetworkNodePolicy
    metadata:
      name: policy-example
      namespace: openshift-sriov-network-operator
    spec:
      resourceName: example
      nodeSelector:
        feature.node.kubernetes.io/network-sriov.capable: "true"
      numVfs: 4
      nicSelector:
        vendor: "8086"
        pfNames: ['ens803f0']
        rootDevices: ['0000:86:00.0']
  2. SriovNetwork オブジェクトを作成します。

    apiVersion: sriovnetwork.openshift.io/v1
    kind: SriovNetwork
    metadata:
      name: net-example
      namespace: openshift-sriov-network-operator
    spec:
      networkNamespace: default
      ipam: | 1
        {
          "type": "host-local", 2
          "subnet": "10.56.217.0/24",
          "rangeStart": "10.56.217.171",
          "rangeEnd": "10.56.217.181",
          "routes": [
            {"dst": "224.0.0.0/5"},
            {"dst": "232.0.0.0/5"}
          ],
          "gateway": "10.56.217.1"
        }
      resourceName: example
    1 2
    DHCP を IPAM として設定する選択をした場合は、DHCP サーバー経由でデフォルトルート (224.0.0.0/5 および 232.0.0.0/5) をプロビジョニングするようにしてください。これにより、デフォルトのネットワークプロバイダーによって設定された静的なマルチキャストルートが上書きされます。
  3. マルチキャストアプリケーションで Pod を作成します。

    apiVersion: v1
    kind: Pod
    metadata:
      name: testpmd
      namespace: default
      annotations:
        k8s.v1.cni.cncf.io/networks: nic1
    spec:
      containers:
      - name: example
        image: rhel7:latest
        securityContext:
          capabilities:
            add: ["NET_ADMIN"] 1
        command: [ "sleep", "infinity"]
    1
    NET_ADMIN 機能は、アプリケーションがマルチキャスト IP アドレスを SR-IOV インターフェースに割り当てる必要がある場合にのみ必要です。それ以外の場合は省略できます。