12.14.2. kube-proxy 設定パラメーター

以下の kubeProxyConfig パラメーターを変更することができます。

重要

OpenShift Container Platform 4.3 以降で強化されたパフォーマンスの向上により、iptablesSyncPeriod パラメーターを調整する必要はなくなりました。

表12.2 パラメーター

パラメーター説明デフォルト

iptablesSyncPeriod

iptables ルールの更新期間。

30s または 2m などの期間。有効なサフィックスには、s、m、および h が含まれ、これらについては、Go time package ドキュメントで説明されています。

30s

proxyArguments.iptables-min-sync-period

iptables ルールを更新する前の最小期間。このパラメーターにより、更新の頻度が高くなり過ぎないようにできます。デフォルトでは、iptables ルールに影響する変更が生じるとすぐに、更新が開始されます。

30s または 2m などの期間。有効なサフィックスには、s、m、および h が含まれ、これらについては、Go time packageで説明されています。

0s