6.2. Ingress コントローラーのスケーリング

Ingress コントローラーは、スループットを増大させるための要件を含む、ルーティングのパフォーマンスや可用性に関する各種要件に対応するために手動でスケーリングできます。oc コマンドは、IngressController リソースのスケーリングに使用されます。以下の手順では、デフォルトの IngressController をスケールアップする例を示します。

手順

  1. デフォルト IngressControllerの現在の利用可能なレプリカ数を表示します。

    $ oc get -n openshift-ingress-operator ingresscontrollers/default -o jsonpath='{$.status.availableReplicas}'

    出力例

    2

  2. oc patch コマンドを使用して、デフォルトの IngressController を必要なレプリカ数にスケーリングします。以下の例では、デフォルトの IngressController を 3 つのレプリカにスケーリングしています。

    $ oc patch -n openshift-ingress-operator ingresscontroller/default --patch '{"spec":{"replicas": 3}}' --type=merge

    出力例

    ingresscontroller.operator.openshift.io/default patched

  3. デフォルトの IngressController が指定したレプリカ数にスケーリングされていることを確認します。

    $ oc get -n openshift-ingress-operator ingresscontrollers/default -o jsonpath='{$.status.availableReplicas}'

    出力例

    3

注記

スケーリングは、必要な数のレプリカを作成するのに時間がかかるため、すぐに実行できるアクションではありません。