12.2.2. namespace の自動的に割り当てられた egress IP アドレスの有効化

OpenShift Container Platform では、1 つ以上のノードで特定の namespace の egress IP アドレスの自動的な割り当てを有効にできます。

前提条件

  • cluster-admin ロールを持つユーザーとしてクラスターにアクセスできる。
  • OpenShift CLI (oc) がインストールされていること。

手順

  1. 以下の JSON を使用して、NetNamespace オブジェクトを egress IP アドレスで更新します。

     $ oc patch netnamespace <project_name> --type=merge -p \ 1
      '{
        "egressIPs": [
          "<ip_address>" 2
        ]
      }'
    1
    プロジェクトのターゲットを指定します。
    2
    単一 egress IP アドレスを指定します。複数の IP アドレスの使用はサポートされません。

    たとえば、project1 を IP アドレスの 192.168.1.100 に、project2 を IP アドレスの 192.168.1.101 に割り当てるには、以下を実行します。

    $ oc patch netnamespace project1 --type=merge -p \
      '{"egressIPs": ["192.168.1.100"]}'
    $ oc patch netnamespace project2 --type=merge -p \
      '{"egressIPs": ["192.168.1.101"]}'
    注記

    OpenShift SDN は NetNamespace オブジェクトを管理するため、既存の NetNamespace オブジェクトを変更することによってのみ変更を加えることができます。新規 NetNamespace オブジェクトは作成しません。

  2. 以下の JSON を使用して、各ホストの egressCIDRs パラメーターを設定して egress IP アドレスをホストできるノードを示します。

    $ oc patch hostsubnet <node_name> --type=merge -p \ 1
      '{
        "egressCIDRs": [
          "<ip_address_range_1>", "<ip_address_range_2>" 2
        ]
      }'
    1
    ノード名を指定します。
    2
    CIDR 形式で 1 つ以上の IP アドレス範囲を指定します。

    たとえば、node1 および node2 を、192.168.1.0 から 192.168.1.255 の範囲で egress IP アドレスをホストするように設定するには、以下を実行します。

    $ oc patch hostsubnet node1 --type=merge -p \
      '{"egressCIDRs": ["192.168.1.0/24"]}'
    $ oc patch hostsubnet node2 --type=merge -p \
      '{"egressCIDRs": ["192.168.1.0/24"]}'

    OpenShift Container Platform はバランスを取りながら特定の egress IP アドレスを利用可能なノードに自動的に割り当てます。この場合、egress IP アドレス 192.168.1.100 を node1 に、egress IP アドレス 192.168.1.101 を node2 に割り当て、その逆も行います。