9.4. ネットワークポリシーの編集

admin ロールを持つユーザーは、namespace の既存のネットワークポリシーを編集できます。

9.4.1. ネットワークポリシーの編集

namespace のネットワークポリシーを編集できます。

注記

cluster-admin ロールを持つユーザーでログインしている場合、クラスター内の namespace でネットワークポリシーを編集できます。

前提条件

  • クラスターは、NetworkPolicy オブジェクトをサポートするクラスターネットワークプロバイダーを使用する (例 : mode: NetworkPolicy が設定された OpenShift SDN ネットワークプロバイダー)。このモードは OpenShiftSDN のデフォルトです。
  • OpenShift CLI (oc) がインストールされていること。
  • admin 権限を持つユーザーとしてクラスターにログインしている。
  • ネットワークポリシーが存在する namespace で作業している。

手順

  1. オプション: namespace のネットワークポリシーオブジェクトを一覧表示するには、以下のコマンドを入力します。

    $ oc get networkpolicy -n <namespace>

    ここでは、以下のようになります。

    <namespace>
    オプション: オブジェクトが現在の namespace 以外の namespace に定義されている場合は namespace を指定します。
  2. NetworkPolicy オブジェクトを編集します。

    • ネットワークポリシーの定義をファイルに保存した場合は、ファイルを編集して必要な変更を加えてから、以下のコマンドを入力します。

      $ oc apply -n <namespace> -f <policy_file>.yaml

      ここでは、以下のようになります。

      <namespace>
      オプション: オブジェクトが現在の namespace 以外の namespace に定義されている場合は namespace を指定します。
      <policy_file>
      ネットワークポリシーを含むファイルの名前を指定します。
    • NetworkPolicy オブジェクトを直接更新する必要がある場合、以下のコマンドを入力できます。

      $ oc edit networkpolicy <policy_name> -n <namespace>

      ここでは、以下のようになります。

      <policy_name>
      ネットワークポリシーの名前を指定します。
      <namespace>
      オプション: オブジェクトが現在の namespace 以外の namespace に定義されている場合は namespace を指定します。
  3. NetworkPolicy オブジェクトが更新されていることを確認します。

    $ oc describe networkpolicy <policy_name> -n <namespace>

    ここでは、以下のようになります。

    <policy_name>
    ネットワークポリシーの名前を指定します。
    <namespace>
    オプション: オブジェクトが現在の namespace 以外の namespace に定義されている場合は namespace を指定します。