12.2. プロジェクトの egress IP の設定

クラスター管理者は、OpenShift SDN デフォルト Container Network Interface (CNI) ネットワークプロバイダーが 1 つ以上の egress IP アドレスをプロジェクトに割り当てるように設定できます。

12.2.1. プロジェクトの egress トラフィックについての egress IP アドレスの割り当て

プロジェクトの egress IP アドレスを設定することにより、指定されたプロジェクトからのすべての外部送信接続が同じ固定ソース IP アドレスを共有します。外部リソースは、egress IP アドレスに基づいて特定のプロジェクトからのトラフィックを認識できます。プロジェクトに割り当てられる egress IP アドレスは、トラフィックを特定の宛先に送信するために使用される egress ルーターとは異なります。

egress IP アドレスは、ノードのプライマリーネットワークインターフェースの追加 IP アドレスとして実装され、ノードのプライマリー IP アドレスと同じサブネットにある必要があります。

重要

egress IP アドレスは、ifcfg-eth0 などのように Linux ネットワーク設定ファイルで設定することはできません。

一部のクラウドまたは仮想マシンソリューションを使用する場合に、プライマリーネットワークインターフェースで追加の IP アドレスを許可するには追加の設定が必要になる場合があります。

egress IP アドレスは、NetNamespace オブジェクトの egressIPs パラメーターを設定して namespace に割り当てることができます。egress IP がプロジェクトに関連付けられた後に、 OpenShift SDN は 2 つの方法で Egress IP をホストに割り当てることを可能にします。

  • 自動的に割り当てる 方法では、egress IP アドレス範囲はノードに割り当てられます。
  • 手動で割り当てる 方法では、1 つ以上の egress IP アドレスの一覧がノードに割り当てられます。

egress IP アドレスを要求する namespace は、それらの egress IP アドレスをホストできるノードに一致し、egress IP アドレスはそれらのノードに割り当てられます。egressIPs パラメーターが NetNamespace オブジェクトに設定されるものの、ノードがその egress IP アドレスをホストしない場合、namespace からの egress トラフィックはドロップされます。

ノードの高可用性は自動的に実行されます。egress IP アドレスをホストするノードが到達不可能であり、egress IP アドレスをホストできるノードがある場合、egress IP アドレスは新規ノードに移行します。到達不可能なノードが再びオンラインに戻ると、ノード間で egress IP アドレスのバランスを図るために egress IP アドレスは自動的に移行します。

重要

OpenShift SDN クラスターネットワークプロバイダーで egress IP アドレスを使用する場合、以下の制限が適用されます。

  • 手動で割り当てられた egress IP アドレスと、自動的に割り当てられた egress IP アドレスは同じノードで使用することができません。
  • IP アドレス範囲から egress IP アドレスを手動で割り当てる場合、その範囲を自動の IP 割り当てで利用可能にすることはできません。
  • OpenShift SDN egress IP アドレス実装を使用して、複数の namespace で egress IP アドレスを共有することはできません。
注記

OpenShift SDN をマルチテナントモードで使用する場合、それらに関連付けられたプロジェクトによって別の namespace に参加している namespace と共に egress IP アドレスを使用することはできません。たとえば、project1 および project2oc adm pod-network join-projects --to=project1 project2 コマンドを実行して参加している場合、どちらもプロジェクトも egress IP アドレスを使用できません。詳細は、BZ#1645577 を参照してください。

12.2.1.1. 自動的に割り当てられた egress IP アドレスを使用する場合の考慮事項

egress IP アドレスの自動割り当て方法を使用する場合、以下の考慮事項が適用されます。

  • 各ノードの HostSubnet リソースの egressCIDRs パラメーターを設定して、ノードでホストできる egress IP アドレスの範囲を指定します。OpenShift Container Platform は、指定する IP アドレス範囲に基づいて HostSubnet リソースの egressIPs パラメーターを設定します。
  • 自動割り当てモードを使用する場合、namespace ごとに単一の egress IP アドレスのみがサポートされます。

namespace の egress IP アドレスをホストするノードに到達できない場合、OpenShift Container Platform は互換性のある egress IP アドレス範囲を持つ別のノードに egress IP アドレスを再割り当てします。自動割り当て方法は、追加の IP アドレスをノードに関連付ける柔軟性のある環境にインストールされたクラスターに最も適しています。

12.2.1.2. 手動で割り当てられた egress IP アドレスを使用する場合の考慮事項

この方法は、パブリッククラウド環境にインストールされたクラスター用に推奨されます。この場合、追加の IP アドレスをノードに関連付ける上で制限がある場合があります。

egress IP アドレスに手動割り当て方法を使用する場合、以下の考慮事項が適用されます。

  • 各ノードの HostSubnet リソースの egressIPs パラメーターを設定して、ノードでホストできる IP アドレスを指定します。
  • namespace ごとに複数の egress IP アドレスがサポートされます。

namespace に複数の egress IP アドレスがある場合、最初の egress IP アドレスをホストするノードに到達できない場合、OpenShift Container Platform は最初の egress IP アドレスが再び到達可能になるまで、次に利用可能な egress IP アドレスの使用に自動的に切り替えます。

この方法は、パブリッククラウド環境にインストールされたクラスター用に推奨されます。この場合、追加の IP アドレスをノードに関連付ける上で制限がある場合があります。