第12章 OpenShift SDN デフォルト CNI ネットワークプロバイダー

12.1. OpenShift SDN デフォルト CNI ネットワークプロバイダーについて

OpenShift Container Platform は、Software Defined Networking (SDN) アプローチを使用して、クラスターのネットワークを統合し、OpenShift Container Platform クラスターの Pod 間の通信を可能にします。OpenShift SDN により、このような Pod ネットワークが確立され、メンテナンスされます。 OpenShift SDN は Open vSwitch (OVS) を使用してオーバーレイネットワークを設定します。

12.1.1. OpenShift SDN ネットワーク分離モード

OpenShift SDN では以下のように、Pod ネットワークを設定するための SDN モードを 3 つ提供します。

  • ネットワークポリシーモードは、プロジェクト管理者が NetworkPolicy オブジェクトを使用して独自の分離ポリシーを設定することを可能にします。ネットワークポリシーは、OpenShift Container Platform 4.5 のデフォルトモードです。
  • マルチテナント モードは、Pod およびサービスのプロジェクトレベルの分離を可能にします。異なるプロジェクトの Pod は、別のプロジェクトの Pod およびサービスとパケットの送受信をすることができなくなります。プロジェクトの分離を無効にし、クラスター全体のすべての Pod およびサービスにネットワークトラフィックを送信したり、それらの Pod およびサービスからネットワークトラフィックを受信したりすることができます。
  • サブネット モードは、すべての Pod が他のすべての Pod およびサービスと通信できる Pod ネットワークを提供します。ネットワークポリシーモードは、サブネットモードと同じ機能を提供します。

12.1.2. サポートされるデフォルトの CNI ネットワークプロバイダー機能マトリクス

OpenShift Container Platform は、OpenShift SDN と OVN-Kubernetes の 2 つのサポート対象のオプションをデフォルトの Container Network Interface (CNI) ネットワークプロバイダーに提供します。以下の表は、両方のネットワークプロバイダーの現在の機能サポートをまとめたものです。

表12.1 デフォルトの CNI ネットワークプロバイダー機能の比較

機能OpenShift SDNOVN-Kubernetes [1]

Egress IP

サポート対象

サポート対象外

egress ファイアウォール [2]

サポートされています。

サポート対象外

Egress ルーター

サポート対象

サポート対象外

Kubernetes ネットワークポリシー

一部サポート対象 [3]

サポートされています。

マルチキャスト

サポート対象

サポート対象

  1. OpenShift Container Platform 4.5 では、テクノロジープレビュー機能としてのみ利用できます。
  2. egress ファイアウォールは、OpenShift SDN では egress ネットワークポリシーとしても知られています。これはネットワークポリシーの egress とは異なります。
  3. egress ルールおよび一部の ipBlock ルールをサポートしません。