1.8.5.4. Kubernetes マニフェストおよび Ignition 設定ファイルの作成

一部のクラスター定義ファイルを変更し、クラスターマシンを手動で起動する必要があるため、クラスターがマシンを作成するために必要な Kubernetes マニフェストと Ignition 設定ファイルを生成する必要があります。

重要

インストールプログラムが生成する Ignition 設定ファイルには、24 時間が経過すると期限切れになり、その後に更新される証明書が含まれます。証明書を更新する前にクラスターが停止し、24 時間経過した後にクラスターを再起動すると、クラスターは期限切れの証明書を自動的に復元します。例外として、kubelet 証明書を回復するために保留状態の node-bootstrapper 証明書署名要求 (CSR)を手動で承認する必要があります。詳細は、コントロールプレーン証明書の期限切れの状態からのリカバリー についてのドキュメントを参照してください。

前提条件

  • OpenShift Container Platform インストールプログラムを取得します。
  • install-config.yaml インストール設定ファイルを作成します。

手順

  1. クラスターの Kubernetes マニフェストを生成します。

    $ ./openshift-install create manifests --dir=<installation_directory> 1

    出力例

    INFO Consuming Install Config from target directory
    WARNING Making control-plane schedulable by setting MastersSchedulable to true for Scheduler cluster settings

    1
    <installation_directory> については、作成した install-config.yaml ファイルが含まれるインストールディレクトリーを指定します。

    インストールプロセスの後の部分で独自のコンピュートマシンを作成するため、この警告を無視しても問題がありません。

  2. コントロールプレーンマシンを定義する Kubernetes マニフェストファイルを削除します。

    $ rm -f <installation_directory>/openshift/99_openshift-cluster-api_master-machines-*.yaml

    これらのファイルを削除することで、クラスターがコントロールプレーンマシンを自動的に生成するのを防ぐことができます。

  3. ワーカーマシンを定義する Kubernetes マニフェストファイルを削除します。

    $ rm -f <installation_directory>/openshift/99_openshift-cluster-api_worker-machineset-*.yaml

    ワーカーマシンは独自に作成し、管理するため、これらのマシンを初期化する必要はありません。

  4. <installation_directory>/manifests/cluster-scheduler-02-config.yml Kubernetes マニフェストファイルを変更し、Pod がコントロールプレーンマシンにスケジュールされないようにします。

    1. <installation_directory>/manifests/cluster-scheduler-02-config.yml ファイルを開きます。
    2. mastersSchedulable パラメーターを見つけ、その値を False に設定します。
    3. ファイルを保存し、終了します。
  5. <installation_directory>/manifests/cluster-dns-02-config.yml DNS 設定ファイルから privateZone セクションを削除します。

    apiVersion: config.openshift.io/v1
    kind: DNS
    metadata:
      creationTimestamp: null
      name: cluster
    spec:
      baseDomain: example.openshift.com
      privateZone: 1
        id: mycluster-100419-private-zone
    status: {}
    1
    このセクションを完全に削除します。
  6. VPC のクラウドプロバイダーを設定します。

    1. <installation_directory>/manifests/cloud-provider-config.yaml ファイルを開きます。
    2. network-project-id パラメーターを追加し、その値を共有 VPC ネットワークをホストするプロジェクトの ID に設定します。
    3. network-name パラメーターを追加し、その値を OpenShift Container Platform クラスターをホストする共有 VPC ネットワークの名前に設定します。
    4. subnetwork-name パラメーターの値を、コンピュートマシンをホストする共有 VPC サブネットの値に置き換えます。

    <installation_directory>/manifests/cloud-provider-config.yaml の内容は以下の例のようになります。

    config: |+
      [global]
      project-id      = example-project
      regional        = true
      multizone       = true
      node-tags       = opensh-ptzzx-master
      node-tags       = opensh-ptzzx-worker
      node-instance-prefix = opensh-ptzzx
      external-instance-groups-prefix = opensh-ptzzx
      network-project-id = example-shared-vpc
      network-name    = example-network
      subnetwork-name = example-worker-subnet
  7. プライベートネットワーク上にないクラスターをデプロイする場合は、<installation_directory>/manifests/cluster-ingress-default-ingresscontroller.yaml ファイルを開き、scope パラメーターの値を External に置き換えます。ファイルの内容は以下の例のようになります。

    apiVersion: operator.openshift.io/v1
    kind: IngressController
    metadata:
      creationTimestamp: null
      name: default
      namespace: openshift-ingress-operator
    spec:
      endpointPublishingStrategy:
        loadBalancer:
          scope: External
        type: LoadBalancerService
    status:
      availableReplicas: 0
      domain: ''
      selector: ''
  8. Ignition 設定ファイルを取得します。

    $ ./openshift-install create ignition-configs --dir=<installation_directory> 1
    1
    <installation_directory> については、同じインストールディレクトリーを指定します。

    以下のファイルはディレクトリーに生成されます。

    .
    ├── auth
    │   ├── kubeadmin-password
    │   └── kubeconfig
    ├── bootstrap.ign
    ├── master.ign
    ├── metadata.json
    └── worker.ign