1.9.14. ブートストラップの完了を待機し、GCP のブートストラップリソースを削除する

Google Cloud Platform (GCP) ですべての必要なインフラストラクチャーを作成した後に、ブートストラッププロセスが、インストールプログラムで生成した Ignition 設定ファイルを使用してプロビジョニングしたマシンで完了するのを待機します。

前提条件

  • GCP アカウントを設定します。
  • クラスターの Ignition 設定ファイルを生成します。
  • GCP で VPC および関連するサブネットを作成し、設定します。
  • GCP でネットワークおよびロードバランサーを作成し、設定します。
  • コントロールプレーンおよびコンピュートロールを作成します。
  • ブートストラップマシンを作成します。
  • コントロールプレーンマシンを作成します。

手順

  1. インストールプログラムが含まれるディレクトリーに切り替え、以下のコマンドを実行します。

    $ ./openshift-install wait-for bootstrap-complete --dir=<installation_directory> \ 1
        --log-level info 2
    1
    <installation_directory> には、インストールファイルを保存したディレクトリーへのパスを指定します。
    2
    異なるインストールの詳細情報を表示するには、info ではなく、warndebug、または error を指定します。

    コマンドが FATAL 警告を出さずに終了する場合、実稼働用のコントロールプレーンは初期化されています。

  2. ブートストラップリソースを削除します。

    $ gcloud compute backend-services remove-backend ${INFRA_ID}-api-internal-backend-service --region=${REGION} --instance-group=${INFRA_ID}-bootstrap-instance-group --instance-group-zone=${ZONE_0}
    $ gsutil rm gs://${INFRA_ID}-bootstrap-ignition/bootstrap.ign
    $ gsutil rb gs://${INFRA_ID}-bootstrap-ignition
    $ gcloud deployment-manager deployments delete ${INFRA_ID}-bootstrap