1.8.4. 共有 VPC ネットワークをホストする GCP プロジェクトの設定

共有 VPC (Virtual Private Cloud) を使用して Google Cloud Platform (GCP) で OpenShift Container Platform クラスターをホストする場合、これをホストするプロジェクトを設定する必要があります。

注記

共有 VPC ネットワークをホストするプロジェクトがすでにある場合は、本セクションを参照して、プロジェクトが OpenShift Container Platform クラスターのインストールに必要なすべての要件を満たすことを確認します。

手順

  1. OpenShift Container Platform クラスターの共有 VPC をホストするプロジェクトを作成します。GCP ドキュメントの「プロジェクトの作成と管理」を参照してください。
  2. 共有 VPC をホストするプロジェクトでサービスアカウントを作成します。GCP ドキュメントで「サービスアカウントの作成」を参照してください。
  3. サービスアカウントに適切なパーミッションを付与します。付随する個別のパーミッションを付与したり、オーナーロールをこれに割り当てることができます。「特定のリソースのサービスアカウントへの役割の付与」を参照してください。

    注記

    サービスアカウントをプロジェクトの所有者にすることが必要なパーミッションを取得する最も簡単な方法になります。 つまりこれは、サービスアカウントはプロジェクトを完全に制御できることを意味します。この権限を提供することに伴うリスクが受け入れ可能であるかどうかを判別する必要があります。

    共有 VPC ネットワークをホストするプロジェクトのサービスアカウントには以下のロールが必要です。

    • コンピュートネットワークユーザー
    • コンピュートセキュリティー管理者
    • Deployment Manager Editor
    • DNS 管理者
    • セキュリティー管理者
    • ネットワーク管理者

1.8.4.1. GCP の DNS の設定

OpenShift Container Platform をインストールするには、使用する Google Cloud Platform (GCP) アカウントに、クラスターをインストールする共有 VPC をホストするプロジェクトに専用のパブリックホストゾーンがなければなりません。このゾーンはドメインに対する権威を持っている必要があります。DNS サービスは、クラスターへの外部接続のためのクラスターの DNS 解決および名前検索を提供します。

手順

  1. ドメイン、またはサブドメイン、およびレジストラーを特定します。既存のドメインおよびレジストラーを移行するか、GCP または他のソースから新規のものを取得できます。

    注記

    新規ドメインを購入する場合、関連する DNS の変更が伝播するのに時間がかかる場合があります。Google 経由でドメインを購入する方法についての詳細は、「 Google ドメイン」を参照してください。

  2. GCP プロジェクトにドメインまたはサブドメインのパブリックホストゾーンを作成します。GCP ドキュメントの「ゾーンの管理」を参照してください。

    openshiftcorp.com などのルートドメインや、 clusters.openshiftcorp.com などのサブドメインを使用します。

  3. ホストゾーンレコードから新規の権威ネームサーバーを抽出します。GCP ドキュメントの「Cloud DNS ネームサーバーを検索する」を参照してください。

    通常は、4 つのネームサーバーがあります。

  4. ドメインが使用するネームサーバーのレジストラーレコードを更新します。たとえば、ドメインを Google ドメインに登録している場合は、Google Domains Help で「How to switch to custom name servers」のトピックを参照してください。
  5. ルートドメインを Google Cloud DNS に移行している場合は、DNS レコードを移行します。GCP ドキュメントの「Cloud DNS への移行」を参照してください。
  6. サブドメインを使用する場合は、所属する会社の手順に従ってその委任レコードを親ドメインに追加します。このプロセスには、所属企業の IT 部門や、会社のルートドメインと DNS サービスを制御する部門へのリクエストが含まれる場合があります。