1.8.16. GCP での追加のワーカーマシンの作成

Google Cloud Platform (GCP) でクラスターが使用するワーカーマシンを作成するには、それぞれのインスタンスを個別に起動するか、または自動スケーリンググループなどのクラスター外にある自動プロセスを実行します。OpenShift Container Platform の組み込まれたクラスタースケーリングメカニズムやマシン API を利用できます。

この例では、Deployment Manager テンプレートを使用して 1 つのインスタンスを手動で起動します。追加のインスタンスは、ファイル内に 06_worker.py というタイプのリソースを追加して起動することができます。

注記

ワーカーマシンを使用するために提供される Deployment Manager テンプレートを使用しない場合は、提供される情報を確認し、インフラストラクチャーを手動で作成する必要があります。クラスターが適切に初期化されない場合、インストールログを用意して Red Hat サポートに問い合わせする必要がある可能性があります。

前提条件

  • GCP アカウントを設定します。
  • クラスターの Ignition 設定ファイルを生成します。
  • GCP で VPC および関連するサブネットを作成し、設定します。
  • GCP でネットワークおよびロードバランサーを作成し、設定します。
  • コントロールプレーンおよびコンピュートロールを作成します。
  • ブートストラップマシンを作成します。
  • コントロールプレーンマシンを作成します。

手順

  1. 本トピックの「ワーカーマシンの Deployment Manager テンプレート」からテンプレートをコピーし、これを 06_worker.py としてコンピューターに保存します。このテンプレートは、クラスターに必要なワーカーマシンについて記述しています。
  2. リソース定義が使用する変数をエクスポートします。

    1. コンピュートマシンをホストするサブネットをエクスポートします。

      $ export COMPUTE_SUBNET=(`gcloud compute networks subnets describe ${HOST_PROJECT_COMPUTE_SUBNET} --region=${REGION} --project ${HOST_PROJECT} --account ${HOST_PROJECT_ACCOUNT} --format json | jq -r .selfLink`)
    2. サービスアカウントのメールアドレスをエクスポートします。

      $ export WORKER_SERVICE_ACCOUNT=(`gcloud iam service-accounts list --filter "email~^${INFRA_ID}-w@${PROJECT_NAME}." --format json | jq -r '.[0].email'`)
    3. コンピュートマシンの Ignition 設定ファイルの場所をエクスポートします。

      $ export WORKER_IGNITION=`cat <installation_directory>/worker.ign`
  3. 06_worker.yaml リソース定義ファイルを作成します。

    $ cat <<EOF >06_worker.yaml
    imports:
    - path: 06_worker.py
    
    resources:
    - name: 'worker-0' 1
      type: 06_worker.py
      properties:
        infra_id: '${INFRA_ID}' 2
        zone: '${ZONE_0}' 3
        compute_subnet: '${COMPUTE_SUBNET}' 4
        image: '${CLUSTER_IMAGE}' 5
        machine_type: 'n1-standard-4' 6
        root_volume_size: '128'
        service_account_email: '${WORKER_SERVICE_ACCOUNT}' 7
        ignition: '${WORKER_IGNITION}' 8
    - name: 'worker-1'
      type: 06_worker.py
      properties:
        infra_id: '${INFRA_ID}' 9
        zone: '${ZONE_1}' 10
        compute_subnet: '${COMPUTE_SUBNET}' 11
        image: '${CLUSTER_IMAGE}' 12
        machine_type: 'n1-standard-4' 13
        root_volume_size: '128'
        service_account_email: '${WORKER_SERVICE_ACCOUNT}' 14
        ignition: '${WORKER_IGNITION}' 15
    EOF
    1
    name はワーカーマシンの名前です (例: worker-0)。
    2 9
    infra_id は抽出手順で得られる INFRA_ID インフラストラクチャー名です。
    3 10
    zone はワーカーマシンをデプロイするゾーンです (例: us-central1-a)。
    4 11
    compute_subnet はコンピュートサブネットの selfLink URL です。
    5 12
    image は RHCOS イメージの selfLink URL です。
    6 13
    machine_type はインスタンスのマシンタイプです (例: n1-standard-4)。
    7 14
    service_account_email は作成したワーカーサービスアカウントのメールアドレスです。
    8 15
    Ignitionworker.ign ファイルの内容です。
  4. オプション: 追加のインスタンスを起動する必要がある場合には、06_worker.py タイプの追加のリソースを 06_worker.yaml リソース定義ファイルに組み込みます。
  5. gcloud CLI を使用してデプロイメントを作成します。

    $ gcloud deployment-manager deployments create ${INFRA_ID}-worker --config 06_worker.yaml

1.8.16.1. ワーカーマシンの Deployment Manager テンプレート

以下の Deployment Manager テンプレートを使用し、OpenShift Container Platform クラスターに必要なワーカーマシンをデプロイすることができます。

例1.18 06_worker.py Deployment Manager テンプレート

def GenerateConfig(context):

    resources = [{
        'name': context.properties['infra_id'] + '-' + context.env['name'],
        'type': 'compute.v1.instance',
        'properties': {
            'disks': [{
                'autoDelete': True,
                'boot': True,
                'initializeParams': {
                    'diskSizeGb': context.properties['root_volume_size'],
                    'sourceImage': context.properties['image']
                }
            }],
            'machineType': 'zones/' + context.properties['zone'] + '/machineTypes/' + context.properties['machine_type'],
            'metadata': {
                'items': [{
                    'key': 'user-data',
                    'value': context.properties['ignition']
                }]
            },
            'networkInterfaces': [{
                'subnetwork': context.properties['compute_subnet']
            }],
            'serviceAccounts': [{
                'email': context.properties['service_account_email'],
                'scopes': ['https://www.googleapis.com/auth/cloud-platform']
            }],
            'tags': {
                'items': [
                    context.properties['infra_id'] + '-worker',
                ]
            },
            'zone': context.properties['zone']
        }
    }]

    return {'resources': resources}