1.2.16.3. ベアメタルの場合のブロックレジストリーストレージの設定

イメージレジストリーがクラスター管理者によるアップグレード時にブロックストレージタイプを使用できるようにするには、Recreate ロールアウトストラテジーを使用できます。

重要

ブロックストレージボリュームはサポートされますが、実稼働クラスターでのイメージレジストリーと併用することは推奨されません。レジストリーに複数のレプリカを含めることができないため、ブロックストレージにレジストリーが設定されているインストールに高可用性はありません。

手順

  1. イメージレジストリーストレージをブロックストレージタイプとして設定するには、レジストリーが Recreate ロールアウトストラテジーを使用し、1 つの (1) レプリカのみで実行されるように、レジストリーにパッチを適用します。

    $ oc patch config.imageregistry.operator.openshift.io/cluster --type=merge -p '{"spec":{"rolloutStrategy":"Recreate","replicas":1}}'
  2. ブロックストレージデバイスの PV をプロビジョニングし、そのボリュームの PVC を作成します。要求されたブロックボリュームは ReadWriteOnce (RWO) アクセスモードを使用します。
  3. 正しい PVC を参照するようにレジストリー設定を編集します。