5.2. Source-to-Image ビルド

Source-to-Image (S2I) は再現可能なコンテナーイメージをビルドするためのツールです。これはアプリケーションソースをコンテナーイメージに挿入し、新規イメージをアセンブルして実行可能なイメージを生成します。新規イメージはベースイメージ、ビルダーおよびビルドされたソースを組み込み、buildah run コマンドで使用することができます。S2I は増分ビルドをサポートします。これは以前にダウンロードされた依存関係や、以前にビルドされたアーティファクトなどを再利用します。

5.2.1. Source-to-Image (S2I) 増分ビルドの実行

Source-to-Image (S2I) は増分ビルドを実行できます。 つまり、以前にビルドされたイメージからアーティファクトが再利用されます。

手順

  • 増分ビルドを作成するには、ストラテジー定義に以下の変更を加えてこれを作成します。

    strategy:
      sourceStrategy:
        from:
          kind: "ImageStreamTag"
          name: "incremental-image:latest" 1
        incremental: true 2
    1
    増分ビルドをサポートするイメージを指定します。この動作がサポートされているか判断するには、ビルダーイメージのドキュメントを参照してください。
    2
    このフラグでは、増分ビルドを試行するかどうかを制御します。ビルダーイメージで増分ビルドがサポートされていない場合は、ビルドは成功しますが、save-artifacts スクリプトがないため、増分ビルドに失敗したというログメッセージが表示されます。

追加リソース

  • 増分ビルドをサポートするビルダーイメージを作成する方法の詳細については、S2I 要件について参照してください。