3.4. Git ソース

ソースコードは、指定されている場合は指定先の場所からフェッチされます。

インラインの Dockerfile を指定する場合は、これにより Git リポジトリーの contextDir 内にある Dockerfile が上書きされます。

ソースの定義は BuildConfigspec セクションに含まれます。

source:
  git: 1
    uri: "https://github.com/openshift/ruby-hello-world"
    ref: "master"
  contextDir: "app/dir" 2
  dockerfile: "FROM openshift/ruby-22-centos7\nUSER example" 3
1
git フィールドには、ソースコードのリモート Git リポジトリーへの URI が含まれます。オプションで、ref フィールドを指定して特定の Git 参照をチェックアウトします。SHA1 タグまたはブランチ名は、ref として有効です。
2
contextDir フィールドでは、ビルドがアプリケーションのソースコードを検索する、ソースコードのリポジトリー内のデフォルトの場所を上書きできます。アプリケーションがサブディレクトリーに存在する場合には、このフィールドを使用してデフォルトの場所 (root フォルダー) を上書きすることができます。
3
オプションの dockerfile フィールドがある場合は、Dockerfile を含む文字列を指定してください。 この文字列は、ソースリポジトリーに存在する可能性のある Dockerfile を上書きします。

ref フィールドにプル要求が記載されている場合には、システムは git fetch 操作を使用して FETCH_HEAD をチェックアウトします。

ref の値が指定されていない場合は、OpenShift Container Platform はシャロークローン (--depth=1) を実行します。この場合、デフォルトのブランチ (通常は master) での最新のコミットに関連するファイルのみがダウンロードされます。これにより、リポジトリーのダウンロード時間が短縮されます (詳細のコミット履歴はありません)。指定リポジトリーのデフォルトのブランチで完全な git clone を実行するには、ref をデフォルトのブランチ名に設定します (例: master)。

警告

中間者 (MITM) TLS ハイジャックまたはプロキシーされた接続の再暗号化を実行するプロキシーを通過する Git クローンの操作は機能しません。

3.4.1. プロキシーの使用

プロキシーの使用によってのみ Git リポジトリーにアクセスできる場合は、使用するプロキシーをビルド設定の source セクションで定義できます。HTTP および HTTPS プロキシーの両方を設定できます。いずれのフィールドもオプションです。NoProxy フィールドで、プロキシーを実行しないドメインを指定することもできます。

注記

実際に機能させるには、ソース URI で HTTP または HTTPS プロトコルを使用する必要があります。

source:
  git:
    uri: "https://github.com/openshift/ruby-hello-world"
    httpProxy: http://proxy.example.com
    httpsProxy: https://proxy.example.com
    noProxy: somedomain.com, otherdomain.com
注記

パイプラインストラテジーのビルドの場合には、現在 Jenkins の Git プラグインに制約があるので、Git プラグインを使用する Git の操作では BuildConfig に定義された HTTP または HTTPS プロキシーは使用されません。Git プラグインは、Jenkins UI の Plugin Manager パネルで設定されたプロキシーのみを使用します。どのジョブであっても、Jenkins 内の Git のすべての対話にはこのプロキシーが使用されます。

追加リソース

  • Jenkins UI でのプロキシーの設定方法については、JenkinsBehindProxy を参照してください。