10.4. Red Hat Satellite サブスクリプションを使用したビルドの実行

10.4.1. Red Hat Satellite 設定のビルドへの追加

Red Hat Satellite を使用してコンテンツをインストールするビルドは、Satellite リポジトリーからコンテンツを取得するための適切な設定を提供する必要があります。

前提条件

  • Satellite インスタンスからコンテンツをダウンロードするために、yum 互換リポジトリー設定ファイルを提供するか、またはこれを作成する必要があります。

    リポジトリー設定の例

    [test-<name>]
     name=test-<number>
     baseurl = https://satellite.../content/dist/rhel/server/7/7Server/x86_64/os
     enabled=1
     gpgcheck=0
     sslverify=0
     sslclientkey = /etc/pki/entitlement/...-key.pem
     sslclientcert = /etc/pki/entitlement/....pem

手順

  1. Satellite リポジトリーの設定ファイルを含む ConfigMap を作成します。

    $ oc create configmap yum-repos-d --from-file /path/to/satellite.repo
  2. Satellite リポジトリー設定を BuildConfig に追加します。

    source:
        configMaps:
        - configMap:
            name: yum-repos-d
          destinationDir: yum.repos.d