Menu Close

4.7. GitLab アイデンティティープロバイダーの設定

gitlab アイデンティティープロバイダーを、GitLab.com またはその他の GitLab インスタンスをアイデンティティープロバイダーとして使用するように設定します。GitLab バージョン 7.7.0 から 11.0 を使用する場合、OAuth 統合を使用して接続します。GitLab バージョン 11.1 以降の場合、OAuth ではなく OpenID Connect (OIDC) を使用して接続します。

4.7.1. OpenShift Container Platform のアイデンティティープロバイダーについて

デフォルトでは、kubeadmin ユーザーのみがクラスターに存在します。アイデンティティープロバイダーを指定するには、アイデンティティープロバイダーを記述し、これをクラスターに追加するカスタムリソースを作成する必要があります。

注記

/:、および % を含む OpenShift Container Platform ユーザー名はサポートされません。