6.2.2. アプリケーション設定管理向けの GitOps

GitOps 手法を使用してアプリケーション設定を管理することもできます。これにより、異なる環境(開発、ステージ、実稼働環境など)の異なるクラスターにアプリケーションをデプロイする場合に、アプリケーションの一貫性が確保されます。また、GitOps でアプリケーション設定を管理することは、クラウドまたはオンプレミスのいずれであれ、複数のクラスターにアプリケーションをデプロイする必要がある場合に、可用性やスケーラビリティーを確保する上で有益です。

GitOps ストラテジーを使用して以下を行うことができます。

  • ステージから実稼働環境へと、クラスター全体でアプリケーションをプロモートします。
  • 複数の OpenShift Container Platform クラスターへのアプリケーションの変更を適用するか、または元に戻します。