4.2. 単純なコンテナーのビルド

たとえば、アプリケーションをコンテナー化しようと考えているとします。

その場合、まず必要になるのは buildah や docker などのコンテナーをビルドするためのツール、およびコンテナーの内部で実行されることを記述したファイルです。 これは通常、Dockerfile になります。

次に、作成したコンテナーイメージをプッシュする場所が必要になります。ここからコンテナーイメージをプルすると、任意の場所で実行することができます。この場所はコンテナーレジストリーになります。

各コンポーネントのサンプルは、ほとんどの Linux オペレーティングシステムにデフォルトでインストールされています。 ただし Dockerfile はユーザーが各自で用意する必要があります。

以下の図は、イメージをビルドし、プッシュするプロセスを示しています。

図4.1 単純なコンテナー化アプリケーションを作成し、レジストリーにプッシュする

Creating and pushing a containerized application

Red Hat Enterprise Linux (RHEL) をオペレーティングシステムとして実行しているコンピューターを使用している場合、コンテナー化されているアプリケーションを作成するプロセスには以下の手順が必要になります。

  1. コンテナービルドツールのインストール。 RHEL には、コンテナーのビルドと管理に使用される podman、buildah、skopeo など一連のツールが含まれています。
  2. Dockerfile を作成してベースイメージとソフトウェアを組み合わせる。コンテナーのビルドに関する情報は、Dockerfile というファイルに保管されます。このファイルでビルドの起点となるベースイメージ、インストールするソフトウェアパッケージ、コンテナーにコピーするソフトウェアを指定します。さらに、コンテナーの外部に公開するネットワークポートやコンテナーの内部にマウントするボリュームのなどのパラメーター値も指定します。Dockerfile とコンテナー化するソフトウェアは、 RHEL システムのディレクトリーに配置します。
  3. buildah または docker build を実行する。buildah build-using-dockerfile または docker build コマンドを実行し、選択したベースイメージをローカルシステムにプルして、ローカルに保存されるコンテナーイメージを作成します。 buildah を使用して、Dockerfile なしにコンテナーイメージをビルドすることもできます。
  4. タグ付けおよびレジストリーへのプッシュを実行します。コンテナーの格納および共有に使用するレジストリーの場所を特定する新しいコンテナーイメージにタグを追加します。次に、podman push または docker push コマンドを実行してそのイメージをレジストリーにプッシュします。
  5. イメージのプルと実行 Podman や Docker などのコンテナークライアントツールがある任意のシステムから、新しいイメージを特定するコマンドを実行します。たとえば、podman run <image_name>docker run <image_name> のコマンドを実行します。ここで、<image_name> は新しいイメージの名前であり、quay.io/myrepo/myapp:latest のようになります。レジストリーでは、イメージをプッシュおよびプルするために認証情報が必要になる場合があります。

コンテナーイメージをビルドし、レジストリーにプッシュし、それらを実行するプロセスについての詳細は、「Custom image builds with Buildah」を参照してください。

4.2.1. コンテナービルドツールのオプション

Docker Container Engine と docker コマンドは、 RHEL や他の多くの Linux システムでコンテナーを使用する際に使う一般的なツールですが、代わりに、Podman、Skopeo、Buildah を含む、異なるコンテナーツールのセットを選択することもできます。さらに、Docker Container Engine ツールを使用して、OpenShift Container Platform やその他のコンテナープラットフォームで動作するコンテナーを作成することもできます。

Buildah、Podman、Skopeo を使用してコンテナービルドし、管理すると、それらのコンテナーを最終的に OpenShift Container Platform またはその他の Kubernetes 環境にデプロイする目的で調整された各種機能が含まれる業界標準のコンテナーイメージが生成されます。これらのツールにはデーモンが不要であり、root権限なしで実行できるので、これらのツールを実行するときはオーバーヘッドが少なくてすみます。

コンテナーを最終的に OpenShift Container Platform で実行するときは、CRI-O コンテナーエンジンを使用します。CRI-O は、OpenShift Container Platform クラスターのすべてのワーカーマシンおよびマスターマシン上で実行されますが、CRI-Oは、OpenShift Container Platform の外部のスタンドアロンランタイムとしてはまだサポートされていません。