OpenStack へのインストール

OpenShift Container Platform 4.5

OpenShift Container Platform OpenStack クラスターのインストール

概要

本書では、OpenStack Platform に OpenShift Container Platform クラスターをインストールし、アンインストールする方法について説明します。

第1章 OpenStack へのインストール

1.1. カスタマイズによる OpenStack へのクラスターのインストール

OpenShift Container Platform バージョン 4.5 では、Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) にカスタマイズされたクラスターをインストールできます。インストールをカスタマイズするには、クラスターをインストールする前に install-config.yaml でパラメーターを変更します。

1.1.1. 前提条件

  • OpenShift Container Platform のインストールおよび更新プロセスについての詳細を確認します。

    • OpenShift Container Platform 4.5 が Available platforms セクションの RHOSP バージョンと互換性があることを確認します。RHOSP サポートマトリックスの OpenShift Container Platform を参照して、プラットフォームのサポートを異なるバージョン間で比較することもできます。
  • ネットワーク設定がプロバイダーのネットワークに依存しないことを確認します。プロバイダーネットワークはサポートされません。
  • ブロックストレージ (Cinder) またはオブジェクトストレージ (Swift) などのストレージサービスが RHOSP にインストールされている必要があります。オブジェクトストレージは、OpenShift Container Platform レジストリークラスターデプロイメントに推奨されるストレージ技術です。詳細は、「Optimizing storage」を参照してください。
  • RHOSP でメタデータサービスが有効化されています。

1.1.2. OpenShift Container Platform を RHOSP にインストールするリソースのガイドライン

OpenShift Container Platform のインストールをサポートするために、Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) クォータは以下の要件を満たす必要があります。

表1.1 RHOSP のデフォルトの OpenShift Container Platform クラスターについての推奨リソース

リソース

Floating IP アドレス

3

ポート

15

ルーター

1

サブネット

1

RAM

112 GB

vCPU

28

ボリュームストレージ

275 GB

インスタンス

7

セキュリティーグループ

3

セキュリティーグループルール

60

クラスターは推奨されるリソースよりもリソースが少ない場合にも機能する場合がありますが、その場合のパフォーマンスは保証されません。

重要

RHOSP オブジェクトストレージ (Swift) が利用可能で、swiftoperator ロールを持つユーザーアカウントによって操作されている場合、これは OpenShift Container Platform イメージレジストリーのデフォルトバックエンドとして使用されます。この場合、ボリュームストレージ要件は 175 GB です。Swift 領域要件は、イメージレジストリーのサイズによって異なります。

注記

デフォルトで、セキュリティーグループおよびセキュリティーグループルールのクォータは低く設定される可能性があります。問題が生じた場合には、管理者として openstack quota set --secgroups 3 --secgroup-rules 60 <project> を実行して値を増やします。

OpenShift Container Platform デプロイメントは、コントロールプレーンマシン、コンピュートマシン、およびブートストラップマシンで構成されます。

1.1.2.1. コントロールプレーンおよびコンピュートマシン

デフォルトで、OpenShift Container Platform インストールプロセスは 3 つのコントロールプレーンおよび 3 つのコンピュートマシンを使用します。

それぞれのマシンには以下が必要です。

  • RHOSP クォータからのインスタンス
  • RHOSP クォータからのポート
  • 少なくとも 16 GB のメモリー、4 つの vCPU および 25 GB のストレージ領域があるフレーバー
ヒント

コンピュートマシンは、OpenShift Container Platform で実行されるアプリケーションをホストします。できるだけ多くのアプリケーションを実行することが意図されています。

1.1.2.2. ブートストラップマシン

インストール時に、ブートストラップマシンは一時的にプロビジョニングされ、コントロールプレーンを初期化します。実稼働環境用のコントロールプレーンの準備ができた後に、ブートストラップマシンのプロビジョニングは解除されます。

ブートストラップマシンには以下が必要です。

  • RHOSP クォータからのインスタンス
  • RHOSP クォータからのポート
  • 少なくとも 16 GB のメモリー、4 つの vCPU および 25 GB のストレージ領域があるフレーバー

1.1.3. OpenShift Container Platform のインターネットアクセスおよび Telemetry アクセス

OpenShift Container Platform 4.5 では、クラスターをインストールするためにインターネットアクセスが必要になります。クラスターの健全性および正常に実行された更新についてのメトリクスを提供するためにデフォルトで実行される Telemetry サービスにもインターネットアクセスが必要です。クラスターがインターネットに接続されている場合、Telemetry は自動的に実行され、クラスターは Red Hat OpenShift Cluster Manager (OCM) に登録されます。

Red Hat OpenShift Cluster Manager インベントリーが Telemetry によって自動的に維持されるか、または OCM を手動で使用しているかのいずれによって正常であることを確認した後に、subscription watch を使用して、アカウントまたはマルチクラスターレベルで OpenShift Container Platform サブスクリプションを追跡します。

インターネットへのアクセスは以下を実行するために必要です。

  • Red Hat OpenShift Cluster Manager ページにアクセスし、インストールプログラムをダウンロードし、サブスクリプション管理を実行します。クラスターにインターネットアクセスがあり、Telemetry を無効にしない場合、そのサービスは有効なサブスクリプションでクラスターを自動的に使用します。
  • クラスターのインストールに必要なパッケージを取得するために Quay.io にアクセスします。
  • クラスターの更新を実行するために必要なパッケージを取得します。
重要

クラスターでインターネットに直接アクセスできない場合、プロビジョニングする一部のタイプのインフラストラクチャーでネットワークが制限されたインストールを実行できます。このプロセスで、必要なコンテンツをダウンロードし、これを使用してミラーレジストリーにクラスターのインストールおよびインストールプログラムの生成に必要なパッケージを設定します。インストールタイプによっては、クラスターのインストール環境でインターネットアクセスが不要となる場合があります。クラスターを更新する前に、ミラーレジストリーのコンテンツを更新します。

1.1.4. RHOSP での Swift の有効化

Swift は、swiftoperator ロールのあるユーザーアカウントによって操作されます。インストールプログラムを実行する前に、ロールをアカウントに追加します。

重要

Swift として知られる Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) オブジェクトストレージサービスが利用可能な場合、OpenShift Container Platform はこれをイメージレジストリーストレージとして使用します。利用できない場合、インストールプログラムは Cinder として知られる RHOSP ブロックストレージサービスに依存します。

Swift が存在し、これを使用する必要がある場合は、Swift へのアクセスを有効にする必要があります。これが存在しない場合や使用する必要がない場合は、このセクションを省略してください。

前提条件

  • ターゲット環境に RHOSP 管理者アカウントがあります。
  • Swift サービスがインストールされています。
  • Ceph RGW で、account in url オプションが有効化されています。

手順

RHOSP 上で Swift を有効にするには、以下を実行します。

  1. RHOSP CLI の管理者として、swiftoperator ロールを Swift にアクセスするアカウントに追加します。

    $ openstack role add --user <user> --project <project> swiftoperator

RHOSP デプロイメントでは、イメージレジストリーに Swift を使用することができます。

1.1.5. 外部ネットワークアクセスの確認

OpenShift Container Platform インストールプロセスでは、外部ネットワークへのアクセスが必要です。外部ネットワーク値をこれに指定する必要があります。指定しない場合には、デプロイメントは失敗します。このプロセスを実行する前に、外部ルータータイプのネットワークが Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) に存在することを確認します。

手順

  1. RHOSP CLI を使用して、'External' ネットワークの名前と ID を確認します。

    $ openstack network list --long -c ID -c Name -c "Router Type"

    出力例

    +--------------------------------------+----------------+-------------+
    | ID                                   | Name           | Router Type |
    +--------------------------------------+----------------+-------------+
    | 148a8023-62a7-4672-b018-003462f8d7dc | public_network | External    |
    +--------------------------------------+----------------+-------------+

外部ルータータイプのあるネットワークがネットワーク一覧に表示されます。1 つ以上のネットワークが表示されない場合は、「デフォルトの Floating IP ネットワークの作成」および「デフォルトのプロバイダーネットワークの作成」を参照してください。

重要

外部ネットワークの CIDR 範囲がデフォルトのネットワーク範囲のいずれかと重複している場合、インストールプロセスを開始する前に、install-config.yaml ファイルで一致するネットワーク範囲を変更する必要があります。

デフォルトのネットワーク範囲は以下のとおりです。

Network範囲

machineNetwork

10.0.0.0/16

serviceNetwork

172.30.0.0/16

clusterNetwork

10.128.0.0/14

警告

インストールプログラムにより同じ名前を持つ複数のネットワークが見つかる場合、それらのネットワークのいずれかがランダムに設定されます。この動作を回避するには、RHOSP でリソースの一意の名前を作成します。

注記

Neutron トランクサービスプラグインが有効にされると、トランクポートがデフォルトで作成されます。詳細は、「Neutron trunk port」を参照してください。

1.1.6. インストールプログラムのパラメーターの定義

OpenShift Container Platform インストールプログラムは、clouds.yaml というファイルを使用します。このファイルは、プロジェクト名、ログイン情報、認可サービスの URL を含む Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) 設定パラメーターを説明します。

手順

  1. clouds.yaml ファイルを作成します。

    • RHOSP ディストリビューションに Horizon Web UI が含まれる場合には、そこに clouds.yaml ファイルを生成します。

      重要

      パスワードを必ず auth フィールドに追加してください。シークレットは、clouds.yaml別のファイルに保持できます。

    • RHOSP ディストリビューションに Horizon Web UI が含まれない場合や Horizon を使用する必要がない場合には、このファイルを独自に作成します。clouds.yaml についての詳細は、RHOSP ドキュメントの「Config files」を参照してください。

      clouds:
        shiftstack:
          auth:
            auth_url: http://10.10.14.42:5000/v3
            project_name: shiftstack
            username: shiftstack_user
            password: XXX
            user_domain_name: Default
            project_domain_name: Default
        dev-env:
          region_name: RegionOne
          auth:
            username: 'devuser'
            password: XXX
            project_name: 'devonly'
            auth_url: 'https://10.10.14.22:5001/v2.0'
  2. RHOSP インストールでエンドポイント認証用に自己署名認証局 (CA) を使用する場合、以下を実行します。

    1. 認証局ファイルをマシンにコピーします。
    2. マシンを認証局の信頼バンドルに追加します。

      $ sudo cp ca.crt.pem /etc/pki/ca-trust/source/anchors/
    3. 信頼バンドルを更新します。

      $ sudo update-ca-trust extract
    4. cacerts キーを clouds.yaml ファイルに追加します。この値は、CA 証明書への絶対的な root 以外によるアクセスが可能なパスである必要があります。

      clouds:
        shiftstack:
          ...
          cacert: "/etc/pki/ca-trust/source/anchors/ca.crt.pem"
      ヒント

      カスタム CA 証明書を使用してインストーラーを実行した後に、cloud-provider-config キーマップの ca-cert.pem キーの値を編集して証明書を更新できます。コマンドラインで、以下を実行します。

      $ oc edit configmap -n openshift-config cloud-provider-config
  3. clouds.yaml ファイルを以下の場所のいずれかに置きます。

    1. OS_CLIENT_CONFIG_FILE 環境変数の値
    2. 現行ディレクトリー
    3. Unix 固有のユーザー設定ディレクトリー (例: ~/.config/openstack/clouds.yaml)
    4. Unix 固有のサイト設定ディレクトリー (例: /etc/openstack/clouds.yaml)

      インストールプログラムはこの順序で clouds.yaml を検索します。

1.1.7. インストールプログラムの取得

OpenShift Container Platform をインストールする前に、インストールファイルをローカルコンピューターにダウンロードします。

前提条件

  • Linux または macOS を使用するコンピューターからクラスターをインストールする必要があります。
  • インストールプログラムをダウンロードするには、500 MB のローカルディスク領域が必要です。

手順

  1. Red Hat OpenShift Cluster Manager サイトの「Infrastructure Provider」ページにアクセスします。Red Hat アカウントがある場合は、認証情報を使ってログインします。アカウントがない場合はこれを作成します。
  2. 選択するインストールタイプのページに移動し、オペレーティングシステムのインストールプログラムをダウンロードし、ファイルをインストール設定ファイルを保存するディレクトリーに配置します。

    重要

    インストールプログラムは、クラスターのインストールに使用するコンピューターにいくつかのファイルを作成します。クラスターインストールの完了後は、インストールプログラムおよびインストールプログラムが作成するファイルの両方を保持する必要があります。

    重要

    インストールプログラムで作成されたファイルを削除しても、クラスターがインストール時に失敗した場合でもクラスターは削除されません。特定のクラウドプロバイダー用に記載された OpenShift Container Platform のアンインストール手順を完了して、クラスターを完全に削除する必要があります。

  3. インストールプログラムを展開します。たとえば、Linux オペレーティングシステムを使用するコンピューターで以下のコマンドを実行します。

    $ tar xvf <installation_program>.tar.gz
  4. Red Hat OpenShift Cluster Manager サイトの「Pull Secret」ページから、インストールプルシークレットを .txt ファイルとしてダウンロードします。このプルシークレットを使用し、OpenShift Container Platform コンポーネントのコンテナーイメージを提供する Quay.io など、組み込まれた各種の認証局によって提供されるサービスで認証できます。

1.1.8. インストール設定ファイルの作成

Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) にインストールする OpenShift Container Platform クラスターをカスタマイズできます。

前提条件

  • OpenShift Container Platform インストールプログラム、およびクラスターのプルシークレットを取得します。

手順

  1. install-config.yaml ファイルを作成します。

    1. 以下のコマンドを実行します。

      $ ./openshift-install create install-config --dir=<installation_directory> 1
      1
      <installation_directory> の場合、インストールプログラムが作成するファイルを保存するためにディレクトリー名を指定します。
      重要

      空のディレクトリーを指定します。ブートストラップ X.509 証明書などの一部のインストールアセットの有効期限は短く設定されているため、インストールディレクトリーを再利用することができません。別のクラスターインストールの個別のファイルを再利用する必要がある場合は、それらをディレクトリーにコピーすることができます。ただし、インストールアセットのファイル名はリリース間で変更される可能性があります。インストールファイルを以前のバージョンの OpenShift Container Platform からコピーする場合は注意してコピーを行ってください。

    2. プロンプト時に、クラウドの設定の詳細情報を指定します。

      1. オプション: クラスターマシンにアクセスするために使用する SSH キーを選択します。

        注記

        インストールのデバッグまたは障害復旧を実行する必要のある実稼働用の OpenShift Container Platform クラスターでは、ssh-agent プロセスが使用する SSH キーを指定します。

      2. ターゲットに設定するプラットフォームとして openstack を選択します。
      3. クラスターのインストールに使用する Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) の外部ネットワーク名を指定します。
      4. OpenShift API への外部アクセスに使用する floating IP アドレスを指定します。
      5. コントロールプレーンおよびコンピュートノードに使用する 16 GB 以上の RAM で RHOSP フレーバーを指定します。
      6. クラスターをデプロイするベースドメインを選択します。すべての DNS レコードはこのベースのサブドメインとなり、クラスター名も含まれます。
      7. クラスターの名前を入力します。名前は 14 文字以下でなければなりません。
      8. Red Hat OpenShift Cluster Manager サイトの「Pull Secret」ページから取得したプルシークレットを貼り付けます。
  2. install-config.yaml ファイルを変更します。利用可能なパラメーターの詳細については、「インストール設定パラメーター」セクションを参照してください。
  3. install-config.yaml ファイルをバックアップし、複数のクラスターをインストールするために使用できるようにします。

    重要

    install-config.yaml ファイルはインストールプロセス時に使用されます。このファイルを再利用する必要がある場合は、この段階でこれをバックアップしてください。

1.1.8.1. インストール時のクラスター全体のプロキシーの設定

実稼働環境では、インターネットへの直接アクセスを拒否し、代わりに HTTP または HTTPS プロキシーを使用することができます。プロキシー設定を install-config.yaml ファイルで行うことにより、新規の OpenShift Container Platform クラスターをプロキシーを使用するように設定できます。

前提条件

  • 既存の install-config.yaml ファイルが必要です。
  • クラスターがアクセスする必要のあるサイトを確認し、プロキシーをバイパスする必要があるかどうかを判別します。デフォルトで、すべてのクラスター egress トラフィック (クラスターをホストするクラウドについてのクラウドプロバイダー API に対する呼び出しを含む) はプロキシーされます。Proxy オブジェクトの spec.noProxy フィールドにサイトを追加し、必要に応じてプロキシーをバイパスします。

    注記

    Proxy オブジェクトの status.noProxy フィールドには、インストール設定の networking.machineNetwork[].cidrnetworking.clusterNetwork[].cidr、および networking.serviceNetwork[] フィールドの値が設定されます。

    Amazon Web Services (AWS)、Google Cloud Platform (GCP)、Microsoft Azure、および Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) へのインストールの場合、Proxy オブジェクトの status.noProxy フィールドには、インスタンスメタデータのエンドポイント (169.254.169.254) も設定されます。

手順

  1. install-config.yaml ファイルを編集し、プロキシー設定を追加します。以下は例になります。

    apiVersion: v1
    baseDomain: my.domain.com
    proxy:
      httpProxy: http://<username>:<pswd>@<ip>:<port> 1
      httpsProxy: http://<username>:<pswd>@<ip>:<port> 2
      noProxy: example.com 3
    additionalTrustBundle: | 4
        -----BEGIN CERTIFICATE-----
        <MY_TRUSTED_CA_CERT>
        -----END CERTIFICATE-----
    ...
    1
    クラスター外の HTTP 接続を作成するために使用するプロキシー URL。URL スキームは http である必要があります。追加のプロキシー設定が必要ではなく、追加の CA を必要とする MITM の透過的なプロキシーネットワークを使用する場合には、httpProxy 値を指定することはできません。
    2
    クラスター外で HTTPS 接続を作成するために使用するプロキシー URL。このフィールドが指定されていない場合、HTTP および HTTPS 接続の両方に httpProxy が使用されます。追加のプロキシー設定が必要ではなく、追加の CA を必要とする MITM の透過的なプロキシーネットワークを使用する場合には、httpsProxy 値を指定することはできません。
    3
    プロキシーを除外するための宛先ドメイン名、ドメイン、IP アドレス、または他のネットワーク CIDR のカンマ区切りの一覧。サブドメインのみと一致するように、ドメインの前に . を付けます。たとえば、.y.comx.y.com に一致しますが、 y.com には一致しません。* を使用し、すべての宛先のプロキシーをバイパスします。
    4
    指定されている場合、インストールプログラムは HTTPS 接続のプロキシーに必要な 1 つ以上の追加の CA 証明書が含まれる user-ca-bundle という名前の設定マップを openshift-config namespace に生成します。次に Cluster Network Operator は、これらのコンテンツを Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) 信頼バンドルにマージする trusted-ca-bundle 設定マップを作成し、この設定マップは Proxy オブジェクトの trustedCA フィールドで参照されます。additionalTrustBundle フィールドは、プロキシーのアイデンティティー証明書が RHCOS 信頼バンドルからの認証局によって署名されない限り必要になります。追加のプロキシー設定が必要ではなく、追加の CA を必要とする MITM の透過的なプロキシーネットワークを使用する場合には、MITM CA 証明書を指定する必要があります。
    注記

    インストールプログラムは、プロキシーの readinessEndpoints フィールドをサポートしません。

  2. ファイルを保存し、OpenShift Container Platform のインストール時にこれを参照します。

インストールプログラムは、指定の install-config.yaml ファイルのプロキシー設定を使用する cluster という名前のクラスター全体のプロキシーを作成します。プロキシー設定が指定されていない場合、cluster Proxy オブジェクトが依然として作成されますが、これには spec がありません。

注記

cluster という名前の Proxy オブジェクトのみがサポートされ、追加のプロキシーを作成することはできません。

1.1.9. インストール設定パラメーター

OpenShift Container Platform クラスターをデプロイする前に、クラスターをホストするクラウドプラットフォームでアカウントを記述し、クラスターのプラットフォームをオプションでカスタマイズするためにパラメーターの値を指定します。install-config.yaml インストール設定ファイルを作成する際に、コマンドラインで必要なパラメーターの値を指定します。クラスターをカスタマイズする場合、install-config.yaml ファイルを変更して、プラットフォームについての詳細情報を指定できます。

注記

インストール後は、これらのパラメーターを install-config.yaml ファイルで変更することはできません。

重要

openshift-install コマンドは、パラメーターのフィールド名を検証しません。正しくない名前を指定すると、関連するファイルまたはオブジェクトは作成されず、エラーが報告されません。指定されたパラメーターのフィールド名が正しいことを確認します。

1.1.9.1. 必須設定パラメーター

必須のインストール設定パラメーターは、以下の表で説明されています。

表1.2 必須パラメーター

パラメーター説明

apiVersion

install-config.yaml コンテンツの API バージョン。現在のバージョンは v1 です。インストーラーは、古い API バージョンをサポートすることもできます。

文字列

baseDomain

クラウドプロバイダーのベースドメイン。ベースドメインは、OpenShift Container Platform クラスターコンポーネントへのルートを作成するために使用されます。クラスターの完全な DNS 名は、baseDomain<metadata.name>.<baseDomain> 形式を使用する metadata.name パラメーターの値の組み合わせです。

example.com などの完全修飾ドメインまたはサブドメイン名。

metadata

Kubernetes リソース ObjectMeta。ここからは name パラメーターのみが消費されます。

オブジェクト

metadata.name

クラスターの名前。クラスターの DNS レコードはすべて {{.metadata.name}}.{{.baseDomain}} のサブドメインです。

dev などの小文字、ハイフン (-)、およびピリオド (.) が含まれる文字列。文字列は 14 文字以上でなければなりません。

platform

インストールの実行に使用する特定プラットフォームの設定: awsbaremetalazureopenstackovirtvsphereplatform.<platform> パラメーターに関する追加情報は、以下の表で特定のプラットフォームについて参照してください。

オブジェクト

pullSecret

https://cloud.redhat.com/openshift/install/pull-secret からプルシークレットを取得し、Quay.io などのサービスから OpenShift Container Platform コンポーネントのコンテナーイメージのダウンロードを認証します。

{
   "auths":{
      "cloud.openshift.com":{
         "auth":"b3Blb=",
         "email":"you@example.com"
      },
      "quay.io":{
         "auth":"b3Blb=",
         "email":"you@example.com"
      }
   }
}

1.1.9.2. ネットワーク設定パラメーター

既存のネットワークインフラストラクチャーの要件に基づいて、インストール設定をカスタマイズできます。たとえば、クラスターネットワークの IP アドレスブロックを拡張するか、デフォルトとは異なる IP アドレスブロックを指定できます。

IPv4 アドレスのみがサポートされます。

表1.3 ネットワークパラメーター

パラメーター説明

networking

クラスターのネットワークの設定。

オブジェクト

注記

インストール後に networking オブジェクトで指定したパラメーターを変更することはできません。

networking.networkType

インストールするクラスターネットワークプロバイダー Container Network Interface (CNI) プラグイン。

OpenShiftSDN または OVNKubernetes のいずれか。デフォルト値は OpenShiftSDN です。

networking.clusterNetwork

Pod の IP アドレスブロック。

デフォルト値は 10.128.0.0/14 で、ホストのプレフィックスは /23 です。

複数の IP アドレスブロックを指定する場合は、ブロックが重複しないようにしてください。

オブジェクトの配列。以下は例になります。

networking:
  clusterNetwork:
  - cidr: 10.128.0.0/14
    hostPrefix: 23

networking.clusterNetwork.cidr

networking.clusterNetwork を使用する場合に必須です。IP アドレスブロック。

IPv4 ネットワーク

CIDR (Classless Inter-Domain Routing) 表記の IP アドレスブロック。IPv4 ブロックのプレフィックス長は 0 から 32 の間になります。

networking.clusterNetwork.hostPrefix

それぞれの個別ノードに割り当てるサブネットプレフィックス長。たとえば、hostPrefix23 に設定される場合、各ノードに指定の cidr から /23 サブネットが割り当てられます。hostPrefix 値の 23 は、510 (2^(32 - 23) - 2) Pod IP アドレスを提供します。

サブネットプレフィックス。

デフォルト値は 23 です。

networking.serviceNetwork

サービスの IP アドレスブロック。デフォルト値は 172.30.0.0/16 です。

OpenShift SDN および OVN-Kubernetes ネットワークプロバイダーは、サービスネットワークの単一 IP アドレスブロックのみをサポートします。

CIDR 形式の IP アドレスブロックを持つ配列。以下は例になります。

networking:
  serviceNetwork:
   - 172.30.0.0/16

networking.machineNetwork

マシンの IP アドレスブロック。

複数の IP アドレスブロックを指定する場合は、ブロックが重複しないようにしてください。

オブジェクトの配列。以下は例になります。

networking:
  machineNetwork:
  - cidr: 10.0.0.0/16

networking.machineNetwork.cidr

networking.machineNetwork を使用する場合に必須です。IP アドレスブロック。libvirt 以外のすべてのプラットフォームでは、デフォルト値は 10.0.0.0/16 です。libvirt の場合、デフォルト値は 192.168.126.0/24 です。

CIDR 表記の IP ネットワークブロック。

例: 10.0.0.0/16

注記

優先される NIC が置かれている CIDR に一致する networking.machineNetwork を設定します。

1.1.9.3. オプションの設定パラメーター

オプションのインストール設定パラメーターは、以下の表で説明されています。

表1.4 オプションのパラメーター

パラメーター説明

additionalTrustBundle

ノードの信頼済み証明書ストアに追加される PEM でエンコードされた X.509 証明書バンドル。この信頼バンドルは、プロキシーが設定される際にも使用できます。

文字列

compute

コンピュートノードを構成するマシンの設定。

machine-pool オブジェクトの配列。詳細は、以下の「Machine-pool」の表を参照してください。

compute.architecture

プール内のマシンの命令セットアーキテクチャーを決定します。現時点で異種クラスターはサポートされていないため、すべてのプールが同じアーキテクチャーを指定する必要があります。有効な値は amd64 (デフォルト) です。

文字列

compute.hyperthreading

コンピュートマシンで同時マルチスレッドまたは hyperthreading を有効/無効にするかどうか。デフォルトでは、同時スレッドはマシンのコアのパフォーマンスを上げるために有効にされます。

重要

同時スレッドを無効にする場合は、容量計画においてマシンパフォーマンスの大幅な低下が考慮に入れられていることを確認します。

Enabled または Disabled

compute.name

compute を使用する場合に必須です。マシンプールの名前。

worker

compute.platform

compute を使用する場合に必須です。このパラメーターを使用して、ワーカーマシンをホストするクラウドプロバイダーを指定します。このパラメーターの値は controlPlane.platform パラメーターの値に一致する必要があります。

awsazuregcpopenstackovirtvsphere、または {}

compute.replicas

プロビジョニングするコンピュートマシン(ワーカーマシンとしても知られる)の数。

2 以上の正の整数。デフォルト値は 3 です。

controlPlane

コントロールプレーンを構成するマシンの設定。

MachinePool オブジェクトの配列。詳細は、以下の「Machine-pool」の表を参照してください。

controlPlane.architecture

プール内のマシンの命令セットアーキテクチャーを決定します。現時点で異種クラスターはサポートされていないため、すべてのプールが同じアーキテクチャーを指定する必要があります。有効な値は amd64 (デフォルト) です。

文字列

controlPlane.hyperthreading

コントロールプレーンマシンで同時マルチスレッドまたは hyperthreading を有効/無効にするかどうか。デフォルトでは、同時スレッドはマシンのコアのパフォーマンスを上げるために有効にされます。

重要

同時スレッドを無効にする場合は、容量計画においてマシンパフォーマンスの大幅な低下が考慮に入れられていることを確認します。

Enabled または Disabled

controlPlane.name

controlPlane を使用する場合に必須です。マシンプールの名前。

master

controlPlane.platform

controlPlane を使用する場合に必須です。このパラメーターを使用して、コントロールプレーンマシンをホストするクラウドプロバイダーを指定します。このパラメーターの値は compute.platform パラメーターの値に一致する必要があります。

awsazuregcpopenstackovirtvsphere、または {}

controlPlane.replicas

プロビジョニングするコントロールプレーンマシンの数。

サポートされる値は 3 のみです (これはデフォルト値です)。

fips

FIPS モードを有効または無効にします。デフォルトは false (無効) です。FIPS モードが有効にされている場合、OpenShift Container Platform が実行される Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) マシンがデフォルトの Kubernetes 暗号スイートをバイパスし、代わりに RHCOS で提供される暗号モジュールを使用します。

注記

Azure File ストレージを使用している場合、FIPS モードを有効にすることはできません。

false または true

imageContentSources

release-image コンテンツのソースおよびリポジトリー。

オブジェクトの配列。この表の以下の行で説明されているように、source およびオプションで mirrors が含まれます。

imageContentSources.source

imageContentSources を使用する場合に必須です。ユーザーが参照するリポジトリーを指定します (例: イメージプル仕様)。

文字列

imageContentSources.mirrors

同じイメージが含まれる可能性のあるリポジトリーを 1 つ以上指定します。

文字列の配列。

publish

Kubernetes API、OpenShift ルートなどのクラスターのユーザーに表示されるエンドポイントをパブリッシュまたは公開する方法。

Internal または External。デフォルト値は External です。

このパラメーターを Internal に設定することは、クラウド以外のプラットフォームではサポートされません。

重要

フィールドの値が Internal に設定されている場合、クラスターは機能しなくなります。詳細は、BZ#1953035 を参照してください。

sshKey

クラスターマシンへのアクセスを認証するための SSH キー。

注記

インストールのデバッグまたは障害復旧を実行する必要のある実稼働用の OpenShift Container Platform クラスターでは、ssh-agent プロセスが使用する SSH キーを指定します。

たとえば、sshKey: ssh-ed25519 AAAA... です

1.1.9.4. 追加の Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) 設定パラメーター

追加の RHOSP 設定パラメーターは以下の表で説明されています。

表1.5 追加の RHOSP パラメーター

パラメーター説明

compute.platform.openstack.rootVolume.size

コンピュートマシンの場合、root ボリュームのギガバイトのサイズになります。この値を設定しない場合、マシンは一時ストレージを使用します。

整数 (例: 30)。

compute.platform.openstack.rootVolume.type

コンピュートマシンの場合、root のボリュームタイプです。

文字列 (例: performance)。

controlPlane.platform.openstack.rootVolume.size

コントロールプレーンマシンの場合、root ボリュームのギガバイトのサイズになります。この値を設定しない場合、マシンは一時ストレージを使用します。

整数 (例: 30)。

controlPlane.platform.openstack.rootVolume.type

コントロールプレーンマシンの場合、root ボリュームのタイプです。

文字列 (例: performance)。

platform.openstack.cloud

clouds.yaml ファイルのクラウド一覧にある使用する RHOCP クラウドの名前。

文字列 (例: MyCloud)。

platform.openstack.externalNetwork

インストールに使用される RHOSP の外部ネットワーク名。

文字列 (例: external)。

platform.openstack.computeFlavor

コントロールプレーンおよびコンピュートマシンに使用する RHOSP フレーバー。

文字列 (例: m1.xlarge)。

platform.openstack.lbFloatingIP

ロードバランサー API に関連付ける既存の Floating IP アドレス。

IP アドレス (例: 128.0.0.1)。

1.1.9.5. オプションの RHOSP 設定パラメーター

オプションの RHOSP 設定パラメーターは、以下の表で説明されています。

表1.6 オプションの RHOSP パラメーター

パラメーター説明

compute.platform.openstack.additionalNetworkIDs

コンピュートマシンに関連付けられた追加のネットワーク。追加ネットワーク用に許可されるアドレスのペアは作成されません。

文字列としての 1 つ以上の UUID の一覧。例: fa806b2f-ac49-4bce-b9db-124bc64209bf

compute.platform.openstack.additionalSecurityGroupIDs

コンピュートマシンに関連付けられた追加のセキュリティーグループ。

文字列としての 1 つ以上の UUID の一覧。例: 7ee219f3-d2e9-48a1-96c2-e7429f1b0da7.

controlPlane.platform.openstack.additionalNetworkIDs

コントロールプレーンマシンに関連付けられた追加のネットワーク。追加ネットワーク用に許可されるアドレスのペアは作成されません。

文字列としての 1 つ以上の UUID の一覧。例: fa806b2f-ac49-4bce-b9db-124bc64209bf

controlPlane.platform.openstack.additionalSecurityGroupIDs

コントロールプレーンマシンに関連付けられた追加のセキュリティーグループ。

文字列としての 1 つ以上の UUID の一覧。例: 7ee219f3-d2e9-48a1-96c2-e7429f1b0da7.

platform.openstack.clusterOSImage

インストーラーが RHCOS イメージをダウンロードする場所。

ネットワークが制限された環境でインストールを実行するには、このパラメーターを設定する必要があります。

HTTP または HTTPS の URL (オプションで SHA-256 形式のチェックサムを使用)。

例: http://mirror.example.com/images/rhcos-43.81.201912131630.0-openstack.x86_64.qcow2.gz?sha256=ffebbd68e8a1f2a245ca19522c16c86f67f9ac8e4e0c1f0a812b068b16f7265d

この値は、既存の Glance イメージの名前にもなり得ます (例: my-rhcos)。

platform.openstack.defaultMachinePlatform

デフォルトのマシンプールプラットフォームの設定。

{
   "type": "ml.large",
   "rootVolume": {
      "size": 30,
      "type": "performance"
   }
}

platform.openstack.externalDNS

クラスターインスタンスが DNS 解決に使用する外部 DNS サーバーの IP アドレス。

文字列としての IP アドレスの一覧。例: ["8.8.8.8", "192.168.1.12"]

platform.openstack.machinesSubnet

クラスターのノードが使用する RHOSP サブネットの UUID。ノードおよび仮想 IP (VIP) ポートがこのサブネットに作成されます。

networking.machineNetwork の最初の項目は machinesSubnet の値に一致する必要があります。

カスタムサブネットにデプロイする場合、OpenShift Container Platform インストーラーに外部 DNS サーバーを指定することはできません。代わりに、DNS を RHOSP のサブネットに追加します。

文字列としての UUID。例: fa806b2f-ac49-4bce-b9db-124bc64209bf

1.1.9.6. RHOSP デプロイメントでのカスタムサブネット

オプションで、選択する Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) サブネットにクラスターをデプロイすることができます。サブネットの GUID は、install-config.yaml ファイルの platform.openstack.machinesSubnet の値として渡されます。

このサブネットはクラスターのプライマリーサブネットとして使用されます。ノードとポートはこの上に作成されます。

カスタムサブネットを使用して OpenShift Container Platform インストーラーを実行する前に、以下を確認します。

  • ターゲットネットワークおよびサブネットが利用可能である。
  • DHCP がターゲットサブネットで有効にされている。
  • ターゲットネットワーク上でポートを作成するためのパーミッションがあるインストーラー認証情報を指定できます。
  • ネットワーク設定にルーターが必要な場合、これは RHOSP で作成されます。一部の設定は、Floating IP アドレスの変換用のルーターに依存します。
  • ネットワーク設定は、プロバイダーのネットワークに依存しません。プロバイダーネットワークはサポートされません。
注記

デフォルトでは、API VIP は x.x.x.5 を取得し、Ingress VIP はネットワークの CIDR ブロックから x.x.x.7 を取得します。これらのデフォルト値を上書きするには、DHCP 割り当てプール外の platform.openstack.apiVIP および platform.openstack.ingressVIP の値を設定します。

1.1.9.7. RHOSP のカスタマイズされた install-config.yaml ファイルのサンプル

このサンプル install-config.yaml は、すべての可能な Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) カスタマイズオプションを示しています。

重要

このサンプルファイルは参照用にのみ提供されます。インストールプログラムを使用して install-config.yaml ファイルを取得する必要があります。

apiVersion: v1
baseDomain: example.com
clusterID: os-test
controlPlane:
  name: master
  platform: {}
  replicas: 3
compute:
- name: worker
  platform:
    openstack:
      type: ml.large
  replicas: 3
metadata:
  name: example
networking:
  clusterNetwork:
  - cidr: 10.128.0.0/14
    hostPrefix: 23
  machineNetwork:
  - cidr: 10.0.0.0/16
  serviceNetwork:
  - 172.30.0.0/16
  networkType: OpenShiftSDN
platform:
  openstack:
    cloud: mycloud
    externalNetwork: external
    computeFlavor: m1.xlarge
    lbFloatingIP: 128.0.0.1
fips: false
pullSecret: '{"auths": ...}'
sshKey: ssh-ed25519 AAAA...

1.1.10. SSH プライベートキーの生成およびエージェントへの追加

クラスターでインストールのデバッグまたは障害復旧を実行する必要がある場合、ssh-agent とインストールプログラムの両方に SSH キーを指定する必要があります。このキーを使用してパブリッククラスターのブートストラップマシンにアクセスし、インストールの問題をトラブルシューティングできます。

注記

実稼働環境では、障害復旧およびデバッグが必要です。

このキーを使用して、ユーザー core としてマスターノードに対して SSH を実行できます。クラスターをデプロイする際に、キーは core ユーザーの ~/.ssh/authorized_keys 一覧に追加されます。

手順

  1. パスワードなしの認証に設定されている SSH キーがコンピューター上にない場合は、これを作成します。たとえば、Linux オペレーティングシステムを使用するコンピューターで以下のコマンドを実行します。

    $ ssh-keygen -t ed25519 -N '' \
        -f <path>/<file_name> 1
    1
    ~/.ssh/id_rsa などの、新規 SSH キーのパスおよびファイル名を指定します。既存のキーペアがある場合は、公開鍵が ~/.ssh ディレクトリーにあることを確認します。

    このコマンドを実行すると、指定した場所にパスワードを必要としない SSH キーが生成されます。

    注記

    FIPS で検証済み/進行中のモジュール (Modules in Process) 暗号ライブラリーを使用する OpenShift Container Platform クラスターを x86_64 アーキテクチャーにインストールする予定の場合は、ed25519 アルゴリズムを使用するキーは作成しないでください。代わりに、rsa アルゴリズムまたは ecdsa アルゴリズムを使用するキーを作成します。

  2. ssh-agent プロセスをバックグラウンドタスクとして開始します。

    $ eval "$(ssh-agent -s)"

    出力例

    Agent pid 31874

クラスターが FIPS モードにある場合は、FIPS 準拠のアルゴリズムのみを使用して SSH キーを生成します。鍵は RSA または ECDSA のいずれかである必要があります。

  1. SSH プライベートキーを ssh-agent に追加します。

    $ ssh-add <path>/<file_name> 1

    出力例

    Identity added: /home/<you>/<path>/<file_name> (<computer_name>)

    1
    ~/.ssh/id_rsa などの、SSH プライベートキーのパスおよびファイル名を指定します。

次のステップ

  • OpenShift Container Platform をインストールする際に、SSH パブリックキーをインストールプログラムに指定します。

1.1.11. 環境へのアクセスの有効化

デプロイ時に、OpenShift Container Platform マシンはすべて Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) テナントネットワークに作成されます。したがって、ほとんどの RHOSP デプロイメントでは直接アクセスできません。

OpenShift Container Platform API およびクラスターで実行されるアプリケーションを、floating IP アドレスを使用/不使用でアクセス可能になるように設定できます。

1.1.11.1. floating IP アドレスを使ったアクセスの有効化

2 つの floating IP (FIP) アドレスを作成します。1 つ目は OpenShift Container Platform API への外部アクセス用の API FIP であり、2 つ目は OpenShift Container Platform アプリケーション用の apps FIP です。

重要

API FIP も install-config.yaml ファイルで使用されます。

手順

  1. Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) CLI を使用して、API FIP を作成します。

    $ openstack floating ip create --description "API <cluster_name>.<base_domain>" <external network>
  2. Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) CLI を使用して、apps (アプリ)、または Ingress、FIP を作成します。

    $ openstack floating ip create --description "Ingress <cluster_name>.<base_domain>" <external network>
  3. 新しい FIP を反映させるには、以下のパターンに続くレコードを DNS サーバーに追加します。

    api.<cluster_name>.<base_domain>.  IN  A  <API_FIP>
    *.apps.<cluster_name>.<base_domain>. IN  A <apps_FIP>
    注記

    DNS サーバーを制御しない場合は、代わりに /etc/hosts ファイルにレコードを追加します。このアクションにより、API は他者のアクセスできない状態になり、この状態は実稼働デプロイメントには適していませんが、開発およびテスト目的のインストールが可能になります。

ヒント

Floating IP アドレスを割り当て、ファイアウォール設定を更新することで、OpenShift Container Platform リソースがクラスター外で利用できる状態にすることができます。

1.1.11.2. Floating IP アドレスを使用しないアクセスの有効化

Floating IP アドレスを使用できない場合でも、OpenShift Container Platform のインストールは終了できる可能性があります。ただし、インストールプラグラムは API アクセスを待機してタイムアウトする場合は失敗します。

インストールプログラムがタイムアウトすると、クラスターは初期化される可能性があります。ブートストラップ処理が開始されたら、これを完了する必要があります。デプロイ後にクラスターのネットワーク設定を編集する必要があります。

1.1.12. クラスターのデプロイ

互換性のあるクラウドプラットフォームに OpenShift Container Platform をインストールできます。

重要

インストールプログラムの create cluster コマンドは、初期インストール時に 1 回だけ実行できます。

前提条件

  • OpenShift Container Platform インストールプログラム、およびクラスターのプルシークレットを取得します。

手順

  1. インストールプログラムを実行します。

    $ ./openshift-install create cluster --dir=<installation_directory> \ 1
        --log-level=info 2
    1
    <installation_directory> については、カスタマイズした ./install-config.yaml ファイルの場所を指定します。
    2
    異なるインストールの詳細情報を表示するには、info ではなく、warndebug、または error を指定します。
    注記

    ホストに設定した AWS アカウントにクラスターをデプロイするための十分なパーミッションがない場合、インストールプログラムは停止し、不足しているパーミッションが表示されます。

    クラスターのデプロイメントが完了すると、Web コンソールへのリンクや kubeadmin ユーザーの認証情報を含む、クラスターにアクセスするための指示がターミナルに表示されます。

    重要

    インストールプログラムが生成する Ignition 設定ファイルには、24 時間が経過すると期限切れになり、その後に更新される証明書が含まれます。証明書を更新する前にクラスターが停止し、24 時間経過した後にクラスターを再起動すると、クラスターは期限切れの証明書を自動的に復元します。例外として、kubelet 証明書を回復するために保留状態の node-bootstrapper 証明書署名要求 (CSR)を手動で承認する必要があります。詳細は、コントロールプレーン証明書の期限切れの状態からのリカバリー についてのドキュメントを参照してください。

    重要

    インストールプログラム、またはインストールプログラムが作成するファイルを削除することはできません。これらはいずれもクラスターを削除するために必要になります。

1.1.13. クラスターステータスの確認

インストール時またはインストール後に OpenShift Container Platform クラスターのステータスを確認することができます。

手順

  1. クラスター環境で、管理者の kubeconfig ファイルをエクスポートします。

    $ export KUBECONFIG=<installation_directory>/auth/kubeconfig 1
    1
    <installation_directory> には、インストールファイルを保存したディレクトリーへのパスを指定します。

    kubeconfig ファイルには、クライアントを正しいクラスターおよび API サーバーに接続するために CLI で使用されるクラスターについての情報が含まれます。

  2. デプロイメント後に作成されたコントロールプレーンおよびコンピュートマシンを表示します。

    $ oc get nodes
  3. クラスターのバージョンを表示します。

    $ oc get clusterversion
  4. Operator のステータスを表示します。

    $ oc get clusteroperator
  5. クラスター内のすべての実行中の Pod を表示します。

    $ oc get pods -A

1.1.14. クラスターへのログイン

クラスター kubeconfig ファイルをエクスポートし、デフォルトシステムユーザーとしてクラスターにログインできます。kubeconfig ファイルには、クライアントを正しいクラスターおよび API サーバーに接続するために CLI で使用されるクラスターについての情報が含まれます。このファイルはクラスターに固有のファイルであり、OpenShift Container Platform のインストール時に作成されます。

前提条件

  • OpenShift Container Platform クラスターをデプロイします。
  • oc CLI をインストールします。

手順

  1. kubeadmin 認証情報をエクスポートします。

    $ export KUBECONFIG=<installation_directory>/auth/kubeconfig 1
    1
    <installation_directory> には、インストールファイルを保存したディレクトリーへのパスを指定します。
  2. エクスポートされた設定を使用して、oc コマンドを正常に実行できることを確認します。

    $ oc whoami

    出力例

    system:admin

1.1.15. Floating IP アドレスを使用したアプリケーションアクセスの設定

OpenShift Container Platform をインストールした後に、アプリケーションネットワークトラフィックを許可するように Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) を設定します。

前提条件

  • OpenShift Container Platform クラスターがインストールされている必要があります。
  • 環境へのアクセスの有効化」で説明されているように、Floating IP アドレスが有効化されています。

手順

OpenShift Container Platform クラスターをインストールした後に、Floating IP アドレスを Ingress ポートに割り当てます。

  1. ポートを表示します。

    $ openstack port show <cluster name>-<clusterID>-ingress-port
  2. ポートを IP アドレスに接続します。

    $ openstack floating ip set --port <ingress port ID> <apps FIP>
  3. *apps. のワイルドカード A レコードを DNS ファイルに追加します。

    *.apps.<cluster name>.<base domain>  IN  A  <apps FIP>
注記

DNS サーバーを制御せず、非実稼働環境でアプリケーションアクセスを有効にする必要がある場合は、これらのホスト名を /etc/hostsに追加できます。

<apps FIP> console-openshift-console.apps.<cluster name>.<base domain>
<apps FIP> integrated-oauth-server-openshift-authentication.apps.<cluster name>.<base domain>
<apps FIP> oauth-openshift.apps.<cluster name>.<base domain>
<apps FIP> prometheus-k8s-openshift-monitoring.apps.<cluster name>.<base domain>
<apps FIP> grafana-openshift-monitoring.apps.<cluster name>.<base domain>
<apps FIP> <app name>.apps.<cluster name>.<base domain>

1.1.16. 次のステップ

1.2. Kuryr を使用する OpenStack へのクラスターのインストール

OpenShift Container Platform バージョン 4.5 では、Kuryr SDN を使用する Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) にカスタマイズされたクラスターをインストールできます。インストールをカスタマイズするには、クラスターをインストールする前に install-config.yaml でパラメーターを変更します。

1.2.1. 前提条件

  • OpenShift Container Platform のインストールおよび更新プロセスについての詳細を確認します。

    • OpenShift Container Platform 4.5 が Available platforms セクションの RHOSP バージョンと互換性があることを確認します。RHOSP サポートマトリックスの OpenShift Container Platform を参照して、プラットフォームのサポートを異なるバージョン間で比較することもできます。
  • ネットワーク設定がプロバイダーのネットワークに依存しないことを確認します。プロバイダーネットワークはサポートされません。
  • ブロックストレージ (Cinder) またはオブジェクトストレージ (Swift) などのストレージサービスが RHOSP にインストールされている必要があります。オブジェクトストレージは、OpenShift Container Platform レジストリークラスターデプロイメントに推奨されるストレージ技術です。詳細は、「Optimizing storage」を参照してください。

1.2.2. Kuryr SDN について

Kuryr は、Neutron および Octavia Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) サービスを使用して Pod およびサービスのネットワークを提供する Container Network Interface (CNI) プラグインです。

Kuryr と OpenShift Container Platform の統合は主に、RHOSP の仮想マシンで実行する OpenShift Container Platform クラスター用に設計されました。Kuryr は、OpenShift Container Platform Pod を RHOSP SDN にプラグインしてネットワークのパフォーマンスを強化します。さらに、これは Pod と RHOSP 仮想インスタンス間の接続を可能にします。

Kuryr コンポーネントは openshift-kuryr namespace を使用して OpenShift Container Platform の Pod としてインストールされます。

  • kuryr-controller: master ノードにインストールされる単一のサービスインスタンスです。これは、OpenShift Container Platform で Deployment としてモデリングされます。
  • kuryr-cni: 各 OpenShift Container Platform ノードで Kuryr を CNI ドライバーとしてインストールし、設定するコンテナーです。これは、OpenShift Container Platform で DaemonSet オブジェクトとしてモデリングされます。

Kuryr コントローラーは OpenShift Container Platform API サーバーで Pod、サービスおよび namespace の作成、更新、および削除イベントについて監視します。これは、OpenShift Container Platform API 呼び出しを Neutron および Octavia の対応するオブジェクトにマップします。そのため、Neutron トランクポート機能を実装するすべてのネットワークソリューションを使用して、Kuryr 経由で OpenShift Container Platform をサポートすることができます。これには、Open vSwitch (OVS) および Open Virtual Network (OVN) などのオープンソースソリューションや Neutron と互換性のある市販の SDN が含まれます。

Kuryr は、カプセル化された RHOSP テナントネットワーク上の OpenShift Container Platform デプロイメントに使用することが推奨されています。これは、 RHOSP ネットワークでカプセル化された OpenShift Container Platform SDN を実行するなど、二重のカプセル化を防ぐために必要です。

プロバイダーネットワークまたはテナント VLAN を使用する場合は、二重のカプセル化を防ぐために Kuryr を使用する必要はありません。パフォーマンス上の利点はそれほど多くありません。ただし、設定によっては、Kuryr を使用して 2 つのオーバーレイが使用されないようにすることには利点がある場合があります。

Kuryr は、以下のすべての基準が true であるデプロイメントでは推奨されません。

  • RHOSP のバージョンが 16 よりも前のバージョンである。
  • デプロイメントで UDP サービスが使用されているか、または少数のハイパーバイザーで多数の TCP サービスが使用されている。

または、以下を実行します。

  • ovn-octavia Octavia ドライバーが無効にされている。
  • デプロイメントで、少数のハイパーバイザーで多数の TCP サービスが使用されている。

1.2.3. Kuryr を使用して OpenShift Container Platform を RHOSP にインストールするためのリソースのガイドライン

Kuryr SDN を使用する場合、Pod、サービス、namespace およびネットワークポリシーは RHOSP クォータのリソースを使用します。これにより、最小要件が増加します。また、Kuryr にはデフォルトインストールに必要な要件以外の追加要件があります。

以下のクォータを使用してデフォルトのクラスターの最小要件を満たすようにします。

表1.7 Kuryr を使用する RHOSP のデフォルト OpenShift Container Platform クラスターについての推奨リソース

リソース

Floating IP アドレス

3: LoadBalancer タイプに予想されるサービス数

ポート

1500: Pod ごとに 1 つ必要

ルーター

1

サブネット

250: namespace/プロジェクトごとに 1 つ必要

ネットワーク

250: namespace/プロジェクトごとに 1 つ必要

RAM

112 GB

vCPU

28

ボリュームストレージ

275 GB

インスタンス

7

セキュリティーグループ

250: サービスおよび NetworkPolicy ごとに 1 つ必要

セキュリティーグループルール

1000

ロードバランサー

100:サービスごとに 1 つ必要

ロードバランサーリスナー

500:サービスで公開されるポートごとに 1 つ必要

ロードバランサーノード

500:サービスで公開されるポートごとに 1 つ必要

クラスターは推奨されるリソースよりもリソースが少ない場合にも機能する場合がありますが、その場合のパフォーマンスは保証されません。

重要

RHOSP オブジェクトストレージ (Swift) が利用可能で、swiftoperator ロールを持つユーザーアカウントによって操作されている場合、これは OpenShift Container Platform イメージレジストリーのデフォルトバックエンドとして使用されます。この場合、ボリュームストレージ要件は 175 GB です。Swift 領域要件は、イメージレジストリーのサイズによって異なります。

重要

OVN Octavia ドライバーではなく Amphora ドライバーで Red Hat OpenStack Platform(RHOSP)バージョン 16 を使用している場合、セキュリティーグループはユーザープロジェクトではなくサービスアカウントに関連付けられます。

リソースを設定する際には、以下の点に注意してください。

  • 必要なポート数は Pod 数よりも大きくなる。Kuryr はポートプールを使用して、事前に作成済みのポートを Pod で使用できるようにし、Pod の起動時間を短縮します。
  • 各ネットワークポリシーは RHOSP セキュリティーグループにマップされ、NetworkPolicy 仕様によっては 1 つ以上のルールがセキュリティーグループに追加される。
  • 各サービスは RHOSP ロードバランサーにマップされる。クォータに必要なセキュリティーグループの数を見積もる場合には、この要件を考慮してください。

    RHOSP バージョン 15 以前のバージョン、または ovn-octavia driver を使用している場合、各ロードバランサーにはユーザープロジェクトと共にセキュリティーグループがあります。

  • クォータはロードバランサーのリソース(VM リソースなど)を考慮しませんが、RHOSP デプロイメントのサイズを決定する際にはこれらのリソースを考慮する必要があります。デフォルトのインストールには 50 を超えるロードバランサーが あり、クラスターはそれらのロードバランサーに対応できる必要があります。

    OVN Octavia ドライバーを有効にして RHOSP バージョン 16 を使用している場合は、1 つのロードバランサー仮想マシンのみが生成され、サービスは OVN フロー経由で負荷分散されます。

OpenShift Container Platform デプロイメントは、コントロールプレーンマシン、コンピュートマシン、およびブートストラップマシンで構成されます。

Kuryr SDN を有効にするには、使用する環境が以下の要件を満たしている必要があります。

  • RHOSP 13+ を実行します。
  • オーバークラウドと Octavia を使用します。
  • Neutron トランクポートの拡張を使用します。
  • ML2/OVS Neutron ドライバーが ovs-hybrid の代わりに使用れる場合、openvswitch ファイアウォールドライバーを使用します。

1.2.3.1. クォータの拡大

Kuryr SDN を使用する場合、Pod、サービス、namespace、およびネットワークポリシーが使用する Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) リソースに対応するためにクォータを引き上げる必要があります。

手順

  • 以下のコマンドを実行して、プロジェクトのクォータを増やします。

    $ sudo openstack quota set --secgroups 250 --secgroup-rules 1000 --ports 1500 --subnets 250 --networks 250 <project>

1.2.3.2. Neutron の設定

Kuryr CNI は Neutron トランクの拡張を使用してコンテナーを Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) SDN にプラグインします。したがって、Kuryr が適切に機能するには trunks 拡張を使用する必要があります。

さらにデフォルトの ML2/OVS Neutron ドライバーを使用する場合には、セキュリティーグループがトランクサブポートで実行され、Kuryr がネットワークポリシーを適切に処理できるように、ovs_hybrid ではなく openvswitch に設定される必要があります。

1.2.3.3. Octavia の設定

Kuryr SDN は Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) の Octavia LBaaS を使用して OpenShift Container Platform サービスを実装します。したがって、Kuryr SDN を使用するように RHOSP に Octavia コンポーネントをインストールし、設定する必要があります。

Octavia を有効にするには、Octavia サービスを RHOSP オーバークラウドのインストール時に組み込むか、またはオーバークラウドがすでに存在する場合は Octavia サービスをアップグレードする必要があります。Octavia を有効にする以下の手順は、オーバークラウドのクリーンインストールまたはオーバークラウドの更新の両方に適用されます。

注記

以下の手順では、Octavia を使用する場合に RHOSP のデプロイメント 時に必要となる主な手順のみを説明します。また、レジストリーメソッド が変更されることにも留意してください。

以下の例では、ローカルレジストリーの方法を使用しています。

手順

  1. ローカルレジストリーを使用している場合、イメージをレジストリーにアップロードするためのテンプレートを作成します。以下は例になります。

    (undercloud) $ openstack overcloud container image prepare \
    -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/services-docker/octavia.yaml \
    --namespace=registry.access.redhat.com/rhosp13 \
    --push-destination=<local-ip-from-undercloud.conf>:8787 \
    --prefix=openstack- \
    --tag-from-label {version}-{release} \
    --output-env-file=/home/stack/templates/overcloud_images.yaml \
    --output-images-file /home/stack/local_registry_images.yaml
  2. local_registry_images.yaml ファイルに Octavia イメージが含まれることを確認します。以下は例になります。

    ...
    - imagename: registry.access.redhat.com/rhosp13/openstack-octavia-api:13.0-43
      push_destination: <local-ip-from-undercloud.conf>:8787
    - imagename: registry.access.redhat.com/rhosp13/openstack-octavia-health-manager:13.0-45
      push_destination: <local-ip-from-undercloud.conf>:8787
    - imagename: registry.access.redhat.com/rhosp13/openstack-octavia-housekeeping:13.0-45
      push_destination: <local-ip-from-undercloud.conf>:8787
    - imagename: registry.access.redhat.com/rhosp13/openstack-octavia-worker:13.0-44
      push_destination: <local-ip-from-undercloud.conf>:8787
    注記

    Octavia コンテナーのバージョンは、インストールされている特定の RHOSP リリースによって異なります。

  3. コンテナーイメージを registry.redhat.io からアンダークラウドノードにプルします。

    (undercloud) $ sudo openstack overcloud container image upload \
      --config-file  /home/stack/local_registry_images.yaml \
      --verbose

    これには、ネットワークおよびアンダークラウドディスクの速度に応じて多少の時間がかかる可能性があります。

  4. Octavia ロードバランサーは OpenShift Container Platform API にアクセスするために使用されるため、それらのリスナーの接続のデフォルトタイムアウトを増やす必要があります。デフォルトのタイムアウトは 50 秒です。以下のファイルをオーバークラウドのデプロイコマンドに渡し、タイムアウトを 20 分に増やします。

    (undercloud) $ cat octavia_timeouts.yaml
    parameter_defaults:
      OctaviaTimeoutClientData: 1200000
      OctaviaTimeoutMemberData: 1200000
    注記

    これは RHOSP 13.0.13+ では不要です。

  5. Octavia を使用してオーバークラウドをインストールまたは更新します。

    $ openstack overcloud deploy --templates \
      -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/services-docker/octavia.yaml \
      -e octavia_timeouts.yaml
    注記

    このコマンドには、Octavia に関連付けられたファイルのみが含まれます。これは、RHOSP の特定のインストールによって異なります。詳細は RHOSP のドキュメントを参照してください。Octavia インストールのカスタマイズについての詳細は、「Octavia デプロイメントのプランニング」を参照してください。

    注記

    Kuryr SDN を利用する際には、オーバークラウドのインストールに Neutron の trunk 拡張機能が必要です。これは、Director デプロイメントでデフォルトで有効にされます。Neutron バックエンドが ML2/OVS の場合、デフォルトの ovs-hybrid の代わりに openvswitch ファイアウォールを使用します。バックエンドが ML2/OVN の場合には変更の必要がありません。

  6. RHOSP の 13.0.13 よりも前のバージョンでは、プロジェクトの作成後にプロジェクト ID を octavia.conf 設定ファイルに追加します。

    • トラフィックが Octavia ロードバランサーを通過する場合など、複数のサービス全体でネットワークポリシーを実行するには、Octavia がユーザープロジェクトで Amphora 仮想マシンセキュリティーグループを作成するようにする必要があります。

      この変更により、必要なロードバランサーのセキュリティーグループがそのプロジェクトに属し、それらをサービスの分離を実行するように更新できます。

      注記

      RHOSP の 13.0.13 よりも後のバージョンでは、このタスクは必要ありません。

      Octavia は、ロードバランサー VIP へのアクセスを制限する新しい ACL API を実装します。

      1. プロジェクト ID を取得します。

        $ openstack project show <project>

        出力例

        +-------------+----------------------------------+
        | Field       | Value                            |
        +-------------+----------------------------------+
        | description |                                  |
        | domain_id   | default                          |
        | enabled     | True                             |
        | id          | PROJECT_ID                       |
        | is_domain   | False                            |
        | name        | *<project>*                      |
        | parent_id   | default                          |
        | tags        | []                               |
        +-------------+----------------------------------+

      2. プロジェクト ID をコントローラーの octavia.conf に追加します。

        1. stackrc ファイルを取得します。

          $ source stackrc  # Undercloud credentials
        2. オーバークラウドコントローラーを一覧表示します。

          $ openstack server list

          出力例

          +--------------------------------------+--------------+--------+-----------------------+----------------+------------+
          │
          | ID                                   | Name         | Status | Networks
          | Image          | Flavor     |
          │
          +--------------------------------------+--------------+--------+-----------------------+----------------+------------+
          │
          | 6bef8e73-2ba5-4860-a0b1-3937f8ca7e01 | controller-0 | ACTIVE |
          ctlplane=192.168.24.8 | overcloud-full | controller |
          │
          | dda3173a-ab26-47f8-a2dc-8473b4a67ab9 | compute-0    | ACTIVE |
          ctlplane=192.168.24.6 | overcloud-full | compute    |
          │
          +--------------------------------------+--------------+--------+-----------------------+----------------+------------+

        3. コントローラーに対して SSH を実行します。

          $ ssh heat-admin@192.168.24.8
        4. octavia.conf ファイルを編集して、プロジェクトを Amphora セキュリティーグループがユーザーのアカウントに設定されているプロジェクトの一覧に追加します。

          # List of project IDs that are allowed to have Load balancer security groups
          # belonging to them.
          amp_secgroup_allowed_projects = PROJECT_ID
      3. 新しい設定が読み込まれるように Octavia ワーカーを再起動します。

        controller-0$ sudo docker restart octavia_worker
注記

RHOSP 環境によっては、Octavia は UDP リスナーをサポートしない可能性があります。RHOSP の 13.0.13 よりも前のバージョンで Kuryr SDN を使用する場合、UDP サービスはサポートされません。RHOSP バージョン 16 以降は UDP をサポートします。

1.2.3.3.1. Octavia OVN ドライバー

Octavia は Octavia API を使用して複数のプロバイダードライバーをサポートします。

利用可能なすべての Octavia プロバイダードライバーをコマンドラインで表示するには、以下を入力します。

$ openstack loadbalancer provider list

出力例

+---------+-------------------------------------------------+
| name    | description                                     |
+---------+-------------------------------------------------+
| amphora | The Octavia Amphora driver.                     |
| octavia | Deprecated alias of the Octavia Amphora driver. |
| ovn     | Octavia OVN driver.                             |
+---------+-------------------------------------------------+

RHOSP バージョン 16 以降、Octavia OVN プロバイダードライバー (ovn) は RHOSP デプロイメントの OpenShift Container Platform でサポートされます。

ovn は、Octavia および OVN が提供する負荷分散用の統合ドライバーです。これは基本的な負荷分散機能をサポートし、OpenFlow ルールに基づいています。このドライバーは、OVN Neutron ML2 を使用するデプロイメント上の director により Octavia で自動的に有効にされます。

Amphora プロバイダードライバーがデフォルトのドライバーです。ただし、ovn が有効にされる場合には、Kuryr がこれを使用します。

Kuryr が Amphora の代わりに ovn を使用する場合は、以下の利点があります。

  • リソース要件が減少します。Kuryr は、各サービスにロードバランサーの仮想マシンを必要としません。
  • ネットワークレイテンシーが短縮されます。
  • サービスごとに仮想マシンを使用する代わりに、OpenFlow ルールを使用することで、サービスの作成速度が上がります。
  • Amphora 仮想マシンで集中管理されるのではなく、すべてのノードに分散負荷分散アクションが分散されます。

RHOSP クラウドがバージョン 13 から 16 にアップグレードした後に、クラスターを Octavia OVN ドライバーを使用するように設定できます。

1.2.3.4. Kuryr を使用したインストールについての既知の制限

OpenShift Container Platform を Kuryr SDN で使用する場合、いくつかの既知の制限があります。

RHOSP の一般的な制限

Kuryr SDN を使用する OpenShift Container Platform は、タイプが NodePortService オブジェクトをサポートしません。

RHOSP バージョンの制限

OpenShift Container Platform を Kuryr SDN で使用する場合は、RHOSP バージョンに依存するいくつかの制限があります。

  • RHOSP の 16 よりも前のバージョンでは、デフォルトの Octavia ロードバランサードライバー (Amphora) を使用します。このドライバーでは、OpenShift Container Platform サービスごとに 1 つの Amphora ロードバランサー仮想マシンをデプロイする必要があります。サービス数が多すぎると、リソースが不足する可能性があります。

    OVN Octavia ドライバーが無効にされている以降のバージョンの RHOSP のデプロイメントでも Amphora ドライバーを使用します。この場合も、RHOSP の以前のバージョンと同じリソースに関する懸念事項を考慮する必要があります。

  • バージョン 13.0.13 よりも前の Octavia RHOSP バージョンは UDP リスナーをサポートしません。そのため、OpenShift Container Platform UDP サービスはサポートされません。
  • 13.0.13 よりも前の Octavia RHOSP バージョンは、同じポートで複数のプロトコルをリッスンできません。TCP や UDP など、同じポートを異なるプロトコルに公開するサービスはサポートされません。
RHOSP 環境の制限

Kuryr SDN を使用する場合に、デプロイメント環境に依存する制限事項があります。

Octavia には UDP プロトコルおよび複数のリスナーのサポートがないため、RHOCP バージョンが 13.0.13 よりも前のバージョンの場合、Kuryr は Pod が DNS 解決に TCP を使用するように強制します。

Go バージョン 1.12 以前では、CGO サポートが無効にされた状態でコンパイルされたアプリケーションは UDP のみを使用します。この場合、ネイティブの Go リゾルバーは、TCP が DNS 解決に強制的に実行されるかどうかを制御する、resolv.confuse-vc オプションを認識しません。その結果、UDP は引き続き DNS 解決に使用されますが、これは失敗します。

TCP の強制を許可するには、環境変数 CGO_ENABLED1 に設定 (例: CGO_ENABLED=1) されている状態でアプリケーションをコンパイルするか、または変数がないことを確認します。

Go バージョン 1.13 以降では、UDP を使用した DNS 解決が失敗する場合に TCP が自動的に使用されます。

注記

Alpine ベースのコンテナーを含む musl ベースのコンテナーは use-vc オプションをサポートしません。

RHOSP のアップグレードの制限

RHOSP のアップグレードプロセスにより、Octavia API が変更され、ロードバランサーに使用される Amphora イメージへのアップグレードが必要になる可能性があります。

API の変更に個別に対応できます。

Amphora イメージがアップグレードされると、RHOSP Operator は既存のロードバランサー仮想マシンを 2 つの方法で処理できます。

Operator が最初のオプションを選択する場合、フェイルオーバー時に短い時間のダウンタイムが生じる可能性があります。

Operator が 2 つ目のオプションを選択する場合、既存のロードバランサーは UDP リスナーなどのアップグレードされた Octavia API 機能をサポートしません。この場合、ユーザーはこれらの機能を使用するためにサービスを再作成する必要があります。

重要

OpenShift Container Platform が UDP の負荷分散をサポートする新規の Octavia バージョンを検出する場合、これは DNS サービスを自動的に再作成します。サービスの再作成により、サービスのデフォルトが UDP の負荷分散をサポートするようになります。

再作成により、DNS サービスに約 1 分間のダウンタイムが発生します。

1.2.3.5. コントロールプレーンおよびコンピュートマシン

デフォルトで、OpenShift Container Platform インストールプロセスは 3 つのコントロールプレーンおよび 3 つのコンピュートマシンを使用します。

それぞれのマシンには以下が必要です。

  • RHOSP クォータからのインスタンス
  • RHOSP クォータからのポート
  • 少なくとも 16 GB のメモリー、4 つの vCPU および 25 GB のストレージ領域があるフレーバー
ヒント

コンピュートマシンは、OpenShift Container Platform で実行されるアプリケーションをホストします。できるだけ多くのアプリケーションを実行することが意図されています。

1.2.3.6. ブートストラップマシン

インストール時に、ブートストラップマシンは一時的にプロビジョニングされ、コントロールプレーンを初期化します。実稼働環境用のコントロールプレーンの準備ができた後に、ブートストラップマシンのプロビジョニングは解除されます。

ブートストラップマシンには以下が必要です。

  • RHOSP クォータからのインスタンス
  • RHOSP クォータからのポート
  • 少なくとも 16 GB のメモリー、4 つの vCPU および 25 GB のストレージ領域があるフレーバー

1.2.4. OpenShift Container Platform のインターネットアクセスおよび Telemetry アクセス

OpenShift Container Platform 4.5 では、クラスターをインストールするためにインターネットアクセスが必要になります。クラスターの健全性および正常に実行された更新についてのメトリクスを提供するためにデフォルトで実行される Telemetry サービスにもインターネットアクセスが必要です。クラスターがインターネットに接続されている場合、Telemetry は自動的に実行され、クラスターは Red Hat OpenShift Cluster Manager (OCM) に登録されます。

Red Hat OpenShift Cluster Manager インベントリーが Telemetry によって自動的に維持されるか、または OCM を手動で使用しているかのいずれによって正常であることを確認した後に、subscription watch を使用して、アカウントまたはマルチクラスターレベルで OpenShift Container Platform サブスクリプションを追跡します。

インターネットへのアクセスは以下を実行するために必要です。

  • Red Hat OpenShift Cluster Manager ページにアクセスし、インストールプログラムをダウンロードし、サブスクリプション管理を実行します。クラスターにインターネットアクセスがあり、Telemetry を無効にしない場合、そのサービスは有効なサブスクリプションでクラスターを自動的に使用します。
  • クラスターのインストールに必要なパッケージを取得するために Quay.io にアクセスします。
  • クラスターの更新を実行するために必要なパッケージを取得します。
重要

クラスターでインターネットに直接アクセスできない場合、プロビジョニングする一部のタイプのインフラストラクチャーでネットワークが制限されたインストールを実行できます。このプロセスで、必要なコンテンツをダウンロードし、これを使用してミラーレジストリーにクラスターのインストールおよびインストールプログラムの生成に必要なパッケージを設定します。インストールタイプによっては、クラスターのインストール環境でインターネットアクセスが不要となる場合があります。クラスターを更新する前に、ミラーレジストリーのコンテンツを更新します。

1.2.5. RHOSP での Swift の有効化

Swift は、swiftoperator ロールのあるユーザーアカウントによって操作されます。インストールプログラムを実行する前に、ロールをアカウントに追加します。

重要

Swift として知られる Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) オブジェクトストレージサービスが利用可能な場合、OpenShift Container Platform はこれをイメージレジストリーストレージとして使用します。利用できない場合、インストールプログラムは Cinder として知られる RHOSP ブロックストレージサービスに依存します。

Swift が存在し、これを使用する必要がある場合は、Swift へのアクセスを有効にする必要があります。これが存在しない場合や使用する必要がない場合は、このセクションを省略してください。

前提条件

  • ターゲット環境に RHOSP 管理者アカウントがあります。
  • Swift サービスがインストールされています。
  • Ceph RGW で、account in url オプションが有効化されています。

手順

RHOSP 上で Swift を有効にするには、以下を実行します。

  1. RHOSP CLI の管理者として、swiftoperator ロールを Swift にアクセスするアカウントに追加します。

    $ openstack role add --user <user> --project <project> swiftoperator

RHOSP デプロイメントでは、イメージレジストリーに Swift を使用することができます。

1.2.6. 外部ネットワークアクセスの確認

OpenShift Container Platform インストールプロセスでは、外部ネットワークへのアクセスが必要です。外部ネットワーク値をこれに指定する必要があります。指定しない場合には、デプロイメントは失敗します。このプロセスを実行する前に、外部ルータータイプのネットワークが Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) に存在することを確認します。

手順

  1. RHOSP CLI を使用して、'External' ネットワークの名前と ID を確認します。

    $ openstack network list --long -c ID -c Name -c "Router Type"

    出力例

    +--------------------------------------+----------------+-------------+
    | ID                                   | Name           | Router Type |
    +--------------------------------------+----------------+-------------+
    | 148a8023-62a7-4672-b018-003462f8d7dc | public_network | External    |
    +--------------------------------------+----------------+-------------+

外部ルータータイプのあるネットワークがネットワーク一覧に表示されます。1 つ以上のネットワークが表示されない場合は、「デフォルトの Floating IP ネットワークの作成」および「デフォルトのプロバイダーネットワークの作成」を参照してください。

重要

外部ネットワークの CIDR 範囲がデフォルトのネットワーク範囲のいずれかと重複している場合、インストールプロセスを開始する前に、install-config.yaml ファイルで一致するネットワーク範囲を変更する必要があります。

デフォルトのネットワーク範囲は以下のとおりです。

Network範囲

machineNetwork

10.0.0.0/16

serviceNetwork

172.30.0.0/16

clusterNetwork

10.128.0.0/14

警告

インストールプログラムにより同じ名前を持つ複数のネットワークが見つかる場合、それらのネットワークのいずれかがランダムに設定されます。この動作を回避するには、RHOSP でリソースの一意の名前を作成します。

注記

Neutron トランクサービスプラグインが有効にされると、トランクポートがデフォルトで作成されます。詳細は、「Neutron trunk port」を参照してください。

1.2.7. インストールプログラムのパラメーターの定義

OpenShift Container Platform インストールプログラムは、clouds.yaml というファイルを使用します。このファイルは、プロジェクト名、ログイン情報、認可サービスの URL を含む Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) 設定パラメーターを説明します。

手順

  1. clouds.yaml ファイルを作成します。

    • RHOSP ディストリビューションに Horizon Web UI が含まれる場合には、そこに clouds.yaml ファイルを生成します。

      重要

      パスワードを必ず auth フィールドに追加してください。シークレットは、clouds.yaml別のファイルに保持できます。

    • RHOSP ディストリビューションに Horizon Web UI が含まれない場合や Horizon を使用する必要がない場合には、このファイルを独自に作成します。clouds.yaml についての詳細は、RHOSP ドキュメントの「Config files」を参照してください。

      clouds:
        shiftstack:
          auth:
            auth_url: http://10.10.14.42:5000/v3
            project_name: shiftstack
            username: shiftstack_user
            password: XXX
            user_domain_name: Default
            project_domain_name: Default
        dev-env:
          region_name: RegionOne
          auth:
            username: 'devuser'
            password: XXX
            project_name: 'devonly'
            auth_url: 'https://10.10.14.22:5001/v2.0'
  2. RHOSP インストールでエンドポイント認証用に自己署名認証局 (CA) を使用する場合、以下を実行します。

    1. 認証局ファイルをマシンにコピーします。
    2. マシンを認証局の信頼バンドルに追加します。

      $ sudo cp ca.crt.pem /etc/pki/ca-trust/source/anchors/
    3. 信頼バンドルを更新します。

      $ sudo update-ca-trust extract
    4. cacerts キーを clouds.yaml ファイルに追加します。この値は、CA 証明書への絶対的な root 以外によるアクセスが可能なパスである必要があります。

      clouds:
        shiftstack:
          ...
          cacert: "/etc/pki/ca-trust/source/anchors/ca.crt.pem"
      ヒント

      カスタム CA 証明書を使用してインストーラーを実行した後に、cloud-provider-config キーマップの ca-cert.pem キーの値を編集して証明書を更新できます。コマンドラインで、以下を実行します。

      $ oc edit configmap -n openshift-config cloud-provider-config
  3. clouds.yaml ファイルを以下の場所のいずれかに置きます。

    1. OS_CLIENT_CONFIG_FILE 環境変数の値
    2. 現行ディレクトリー
    3. Unix 固有のユーザー設定ディレクトリー (例: ~/.config/openstack/clouds.yaml)
    4. Unix 固有のサイト設定ディレクトリー (例: /etc/openstack/clouds.yaml)

      インストールプログラムはこの順序で clouds.yaml を検索します。

1.2.8. インストールプログラムの取得

OpenShift Container Platform をインストールする前に、インストールファイルをローカルコンピューターにダウンロードします。

前提条件

  • Linux または macOS を使用するコンピューターからクラスターをインストールする必要があります。
  • インストールプログラムをダウンロードするには、500 MB のローカルディスク領域が必要です。

手順

  1. Red Hat OpenShift Cluster Manager サイトの「Infrastructure Provider」ページにアクセスします。Red Hat アカウントがある場合は、認証情報を使ってログインします。アカウントがない場合はこれを作成します。
  2. 選択するインストールタイプのページに移動し、オペレーティングシステムのインストールプログラムをダウンロードし、ファイルをインストール設定ファイルを保存するディレクトリーに配置します。

    重要

    インストールプログラムは、クラスターのインストールに使用するコンピューターにいくつかのファイルを作成します。クラスターインストールの完了後は、インストールプログラムおよびインストールプログラムが作成するファイルの両方を保持する必要があります。

    重要

    インストールプログラムで作成されたファイルを削除しても、クラスターがインストール時に失敗した場合でもクラスターは削除されません。特定のクラウドプロバイダー用に記載された OpenShift Container Platform のアンインストール手順を完了して、クラスターを完全に削除する必要があります。

  3. インストールプログラムを展開します。たとえば、Linux オペレーティングシステムを使用するコンピューターで以下のコマンドを実行します。

    $ tar xvf <installation_program>.tar.gz
  4. Red Hat OpenShift Cluster Manager サイトの「Pull Secret」ページから、インストールプルシークレットを .txt ファイルとしてダウンロードします。このプルシークレットを使用し、OpenShift Container Platform コンポーネントのコンテナーイメージを提供する Quay.io など、組み込まれた各種の認証局によって提供されるサービスで認証できます。

1.2.9. インストール設定ファイルの作成

Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) にインストールする OpenShift Container Platform クラスターをカスタマイズできます。

前提条件

  • OpenShift Container Platform インストールプログラム、およびクラスターのプルシークレットを取得します。

手順

  1. install-config.yaml ファイルを作成します。

    1. 以下のコマンドを実行します。

      $ ./openshift-install create install-config --dir=<installation_directory> 1
      1
      <installation_directory> の場合、インストールプログラムが作成するファイルを保存するためにディレクトリー名を指定します。
      重要

      空のディレクトリーを指定します。ブートストラップ X.509 証明書などの一部のインストールアセットの有効期限は短く設定されているため、インストールディレクトリーを再利用することができません。別のクラスターインストールの個別のファイルを再利用する必要がある場合は、それらをディレクトリーにコピーすることができます。ただし、インストールアセットのファイル名はリリース間で変更される可能性があります。インストールファイルを以前のバージョンの OpenShift Container Platform からコピーする場合は注意してコピーを行ってください。

    2. プロンプト時に、クラウドの設定の詳細情報を指定します。

      1. オプション: クラスターマシンにアクセスするために使用する SSH キーを選択します。

        注記

        インストールのデバッグまたは障害復旧を実行する必要のある実稼働用の OpenShift Container Platform クラスターでは、ssh-agent プロセスが使用する SSH キーを指定します。

      2. ターゲットに設定するプラットフォームとして openstack を選択します。
      3. クラスターのインストールに使用する Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) の外部ネットワーク名を指定します。
      4. OpenShift API への外部アクセスに使用する floating IP アドレスを指定します。
      5. コントロールプレーンおよびコンピュートノードに使用する 16 GB 以上の RAM で RHOSP フレーバーを指定します。
      6. クラスターをデプロイするベースドメインを選択します。すべての DNS レコードはこのベースのサブドメインとなり、クラスター名も含まれます。
      7. クラスターの名前を入力します。名前は 14 文字以下でなければなりません。
      8. Red Hat OpenShift Cluster Manager サイトの「Pull Secret」ページから取得したプルシークレットを貼り付けます。
  2. install-config.yaml ファイルを変更します。利用可能なパラメーターの詳細については、「インストール設定パラメーター」セクションを参照してください。
  3. install-config.yaml ファイルをバックアップし、複数のクラスターをインストールするために使用できるようにします。

    重要

    install-config.yaml ファイルはインストールプロセス時に使用されます。このファイルを再利用する必要がある場合は、この段階でこれをバックアップしてください。

1.2.9.1. インストール時のクラスター全体のプロキシーの設定

実稼働環境では、インターネットへの直接アクセスを拒否し、代わりに HTTP または HTTPS プロキシーを使用することができます。プロキシー設定を install-config.yaml ファイルで行うことにより、新規の OpenShift Container Platform クラスターをプロキシーを使用するように設定できます。

前提条件

  • 既存の install-config.yaml ファイルが必要です。
  • クラスターがアクセスする必要のあるサイトを確認し、プロキシーをバイパスする必要があるかどうかを判別します。デフォルトで、すべてのクラスター egress トラフィック (クラスターをホストするクラウドについてのクラウドプロバイダー API に対する呼び出しを含む) はプロキシーされます。Proxy オブジェクトの spec.noProxy フィールドにサイトを追加し、必要に応じてプロキシーをバイパスします。

    注記

    Proxy オブジェクトの status.noProxy フィールドには、インストール設定の networking.machineNetwork[].cidrnetworking.clusterNetwork[].cidr、および networking.serviceNetwork[] フィールドの値が設定されます。

    Amazon Web Services (AWS)、Google Cloud Platform (GCP)、Microsoft Azure、および Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) へのインストールの場合、Proxy オブジェクトの status.noProxy フィールドには、インスタンスメタデータのエンドポイント (169.254.169.254) も設定されます。

手順

  1. install-config.yaml ファイルを編集し、プロキシー設定を追加します。以下は例になります。

    apiVersion: v1
    baseDomain: my.domain.com
    proxy:
      httpProxy: http://<username>:<pswd>@<ip>:<port> 1
      httpsProxy: http://<username>:<pswd>@<ip>:<port> 2
      noProxy: example.com 3
    additionalTrustBundle: | 4
        -----BEGIN CERTIFICATE-----
        <MY_TRUSTED_CA_CERT>
        -----END CERTIFICATE-----
    ...
    1
    クラスター外の HTTP 接続を作成するために使用するプロキシー URL。URL スキームは http である必要があります。追加のプロキシー設定が必要ではなく、追加の CA を必要とする MITM の透過的なプロキシーネットワークを使用する場合には、httpProxy 値を指定することはできません。
    2
    クラスター外で HTTPS 接続を作成するために使用するプロキシー URL。このフィールドが指定されていない場合、HTTP および HTTPS 接続の両方に httpProxy が使用されます。追加のプロキシー設定が必要ではなく、追加の CA を必要とする MITM の透過的なプロキシーネットワークを使用する場合には、httpsProxy 値を指定することはできません。
    3
    プロキシーを除外するための宛先ドメイン名、ドメイン、IP アドレス、または他のネットワーク CIDR のカンマ区切りの一覧。サブドメインのみと一致するように、ドメインの前に . を付けます。たとえば、.y.comx.y.com に一致しますが、 y.com には一致しません。* を使用し、すべての宛先のプロキシーをバイパスします。
    4
    指定されている場合、インストールプログラムは HTTPS 接続のプロキシーに必要な 1 つ以上の追加の CA 証明書が含まれる user-ca-bundle という名前の設定マップを openshift-config namespace に生成します。次に Cluster Network Operator は、これらのコンテンツを Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) 信頼バンドルにマージする trusted-ca-bundle 設定マップを作成し、この設定マップは Proxy オブジェクトの trustedCA フィールドで参照されます。additionalTrustBundle フィールドは、プロキシーのアイデンティティー証明書が RHCOS 信頼バンドルからの認証局によって署名されない限り必要になります。追加のプロキシー設定が必要ではなく、追加の CA を必要とする MITM の透過的なプロキシーネットワークを使用する場合には、MITM CA 証明書を指定する必要があります。
    注記

    インストールプログラムは、プロキシーの readinessEndpoints フィールドをサポートしません。

  2. ファイルを保存し、OpenShift Container Platform のインストール時にこれを参照します。

インストールプログラムは、指定の install-config.yaml ファイルのプロキシー設定を使用する cluster という名前のクラスター全体のプロキシーを作成します。プロキシー設定が指定されていない場合、cluster Proxy オブジェクトが依然として作成されますが、これには spec がありません。

注記

cluster という名前の Proxy オブジェクトのみがサポートされ、追加のプロキシーを作成することはできません。

1.2.10. インストール設定パラメーター

OpenShift Container Platform クラスターをデプロイする前に、クラスターをホストするクラウドプラットフォームでアカウントを記述し、クラスターのプラットフォームをオプションでカスタマイズするためにパラメーターの値を指定します。install-config.yaml インストール設定ファイルを作成する際に、コマンドラインで必要なパラメーターの値を指定します。クラスターをカスタマイズする場合、install-config.yaml ファイルを変更して、プラットフォームについての詳細情報を指定できます。

注記

インストール後は、これらのパラメーターを install-config.yaml ファイルで変更することはできません。

重要

openshift-install コマンドは、パラメーターのフィールド名を検証しません。正しくない名前を指定すると、関連するファイルまたはオブジェクトは作成されず、エラーが報告されません。指定されたパラメーターのフィールド名が正しいことを確認します。

1.2.10.1. 必須設定パラメーター

必須のインストール設定パラメーターは、以下の表で説明されています。

表1.8 必須パラメーター

パラメーター説明

apiVersion

install-config.yaml コンテンツの API バージョン。現在のバージョンは v1 です。インストーラーは、古い API バージョンをサポートすることもできます。

文字列

baseDomain

クラウドプロバイダーのベースドメイン。ベースドメインは、OpenShift Container Platform クラスターコンポーネントへのルートを作成するために使用されます。クラスターの完全な DNS 名は、baseDomain<metadata.name>.<baseDomain> 形式を使用する metadata.name パラメーターの値の組み合わせです。

example.com などの完全修飾ドメインまたはサブドメイン名。

metadata

Kubernetes リソース ObjectMeta。ここからは name パラメーターのみが消費されます。

オブジェクト

metadata.name

クラスターの名前。クラスターの DNS レコードはすべて {{.metadata.name}}.{{.baseDomain}} のサブドメインです。

dev などの小文字、ハイフン (-)、およびピリオド (.) が含まれる文字列。文字列は 14 文字以上でなければなりません。

platform

インストールの実行に使用する特定プラットフォームの設定: awsbaremetalazureopenstackovirtvsphereplatform.<platform> パラメーターに関する追加情報は、以下の表で特定のプラットフォームについて参照してください。

オブジェクト

pullSecret

https://cloud.redhat.com/openshift/install/pull-secret からプルシークレットを取得し、Quay.io などのサービスから OpenShift Container Platform コンポーネントのコンテナーイメージのダウンロードを認証します。

{
   "auths":{
      "cloud.openshift.com":{
         "auth":"b3Blb=",
         "email":"you@example.com"
      },
      "quay.io":{
         "auth":"b3Blb=",
         "email":"you@example.com"
      }
   }
}

1.2.10.2. ネットワーク設定パラメーター

既存のネットワークインフラストラクチャーの要件に基づいて、インストール設定をカスタマイズできます。たとえば、クラスターネットワークの IP アドレスブロックを拡張するか、デフォルトとは異なる IP アドレスブロックを指定できます。

IPv4 アドレスのみがサポートされます。

表1.9 ネットワークパラメーター

パラメーター説明

networking

クラスターのネットワークの設定。

オブジェクト

注記

インストール後に networking オブジェクトで指定したパラメーターを変更することはできません。

networking.networkType

インストールするクラスターネットワークプロバイダー Container Network Interface (CNI) プラグイン。

OpenShiftSDN または OVNKubernetes のいずれか。デフォルト値は OpenShiftSDN です。

networking.clusterNetwork

Pod の IP アドレスブロック。

デフォルト値は 10.128.0.0/14 で、ホストのプレフィックスは /23 です。

複数の IP アドレスブロックを指定する場合は、ブロックが重複しないようにしてください。

オブジェクトの配列。以下は例になります。

networking:
  clusterNetwork:
  - cidr: 10.128.0.0/14
    hostPrefix: 23

networking.clusterNetwork.cidr

networking.clusterNetwork を使用する場合に必須です。IP アドレスブロック。

IPv4 ネットワーク

CIDR (Classless Inter-Domain Routing) 表記の IP アドレスブロック。IPv4 ブロックのプレフィックス長は 0 から 32 の間になります。

networking.clusterNetwork.hostPrefix

それぞれの個別ノードに割り当てるサブネットプレフィックス長。たとえば、hostPrefix23 に設定される場合、各ノードに指定の cidr から /23 サブネットが割り当てられます。hostPrefix 値の 23 は、510 (2^(32 - 23) - 2) Pod IP アドレスを提供します。

サブネットプレフィックス。

デフォルト値は 23 です。

networking.serviceNetwork

サービスの IP アドレスブロック。デフォルト値は 172.30.0.0/16 です。

OpenShift SDN および OVN-Kubernetes ネットワークプロバイダーは、サービスネットワークの単一 IP アドレスブロックのみをサポートします。

CIDR 形式の IP アドレスブロックを持つ配列。以下は例になります。

networking:
  serviceNetwork:
   - 172.30.0.0/16

networking.machineNetwork

マシンの IP アドレスブロック。

複数の IP アドレスブロックを指定する場合は、ブロックが重複しないようにしてください。

オブジェクトの配列。以下は例になります。

networking:
  machineNetwork:
  - cidr: 10.0.0.0/16

networking.machineNetwork.cidr

networking.machineNetwork を使用する場合に必須です。IP アドレスブロック。libvirt 以外のすべてのプラットフォームでは、デフォルト値は 10.0.0.0/16 です。libvirt の場合、デフォルト値は 192.168.126.0/24 です。

CIDR 表記の IP ネットワークブロック。

例: 10.0.0.0/16

注記

優先される NIC が置かれている CIDR に一致する networking.machineNetwork を設定します。

1.2.10.3. オプションの設定パラメーター

オプションのインストール設定パラメーターは、以下の表で説明されています。

表1.10 オプションのパラメーター

パラメーター説明

additionalTrustBundle

ノードの信頼済み証明書ストアに追加される PEM でエンコードされた X.509 証明書バンドル。この信頼バンドルは、プロキシーが設定される際にも使用できます。

文字列

compute

コンピュートノードを構成するマシンの設定。

machine-pool オブジェクトの配列。詳細は、以下の「Machine-pool」の表を参照してください。

compute.architecture

プール内のマシンの命令セットアーキテクチャーを決定します。現時点で異種クラスターはサポートされていないため、すべてのプールが同じアーキテクチャーを指定する必要があります。有効な値は amd64 (デフォルト) です。

文字列

compute.hyperthreading

コンピュートマシンで同時マルチスレッドまたは hyperthreading を有効/無効にするかどうか。デフォルトでは、同時スレッドはマシンのコアのパフォーマンスを上げるために有効にされます。

重要

同時スレッドを無効にする場合は、容量計画においてマシンパフォーマンスの大幅な低下が考慮に入れられていることを確認します。

Enabled または Disabled

compute.name

compute を使用する場合に必須です。マシンプールの名前。

worker

compute.platform

compute を使用する場合に必須です。このパラメーターを使用して、ワーカーマシンをホストするクラウドプロバイダーを指定します。このパラメーターの値は controlPlane.platform パラメーターの値に一致する必要があります。

awsazuregcpopenstackovirtvsphere、または {}

compute.replicas

プロビジョニングするコンピュートマシン(ワーカーマシンとしても知られる)の数。

2 以上の正の整数。デフォルト値は 3 です。

controlPlane

コントロールプレーンを構成するマシンの設定。

MachinePool オブジェクトの配列。詳細は、以下の「Machine-pool」の表を参照してください。

controlPlane.architecture

プール内のマシンの命令セットアーキテクチャーを決定します。現時点で異種クラスターはサポートされていないため、すべてのプールが同じアーキテクチャーを指定する必要があります。有効な値は amd64 (デフォルト) です。

文字列

controlPlane.hyperthreading

コントロールプレーンマシンで同時マルチスレッドまたは hyperthreading を有効/無効にするかどうか。デフォルトでは、同時スレッドはマシンのコアのパフォーマンスを上げるために有効にされます。

重要

同時スレッドを無効にする場合は、容量計画においてマシンパフォーマンスの大幅な低下が考慮に入れられていることを確認します。

Enabled または Disabled

controlPlane.name

controlPlane を使用する場合に必須です。マシンプールの名前。

master

controlPlane.platform

controlPlane を使用する場合に必須です。このパラメーターを使用して、コントロールプレーンマシンをホストするクラウドプロバイダーを指定します。このパラメーターの値は compute.platform パラメーターの値に一致する必要があります。

awsazuregcpopenstackovirtvsphere、または {}

controlPlane.replicas

プロビジョニングするコントロールプレーンマシンの数。

サポートされる値は 3 のみです (これはデフォルト値です)。

fips

FIPS モードを有効または無効にします。デフォルトは false (無効) です。FIPS モードが有効にされている場合、OpenShift Container Platform が実行される Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) マシンがデフォルトの Kubernetes 暗号スイートをバイパスし、代わりに RHCOS で提供される暗号モジュールを使用します。

注記

Azure File ストレージを使用している場合、FIPS モードを有効にすることはできません。

false または true

imageContentSources

release-image コンテンツのソースおよびリポジトリー。

オブジェクトの配列。この表の以下の行で説明されているように、source およびオプションで mirrors が含まれます。

imageContentSources.source

imageContentSources を使用する場合に必須です。ユーザーが参照するリポジトリーを指定します (例: イメージプル仕様)。

文字列

imageContentSources.mirrors

同じイメージが含まれる可能性のあるリポジトリーを 1 つ以上指定します。

文字列の配列。

publish

Kubernetes API、OpenShift ルートなどのクラスターのユーザーに表示されるエンドポイントをパブリッシュまたは公開する方法。

Internal または External。デフォルト値は External です。

このパラメーターを Internal に設定することは、クラウド以外のプラットフォームではサポートされません。

重要

フィールドの値が Internal に設定されている場合、クラスターは機能しなくなります。詳細は、BZ#1953035 を参照してください。

sshKey

クラスターマシンへのアクセスを認証するための SSH キー。

注記

インストールのデバッグまたは障害復旧を実行する必要のある実稼働用の OpenShift Container Platform クラスターでは、ssh-agent プロセスが使用する SSH キーを指定します。

たとえば、sshKey: ssh-ed25519 AAAA... です

1.2.10.4. 追加の Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) 設定パラメーター

追加の RHOSP 設定パラメーターは以下の表で説明されています。

表1.11 追加の RHOSP パラメーター

パラメーター説明

compute.platform.openstack.rootVolume.size

コンピュートマシンの場合、root ボリュームのギガバイトのサイズになります。この値を設定しない場合、マシンは一時ストレージを使用します。

整数 (例: 30)。

compute.platform.openstack.rootVolume.type

コンピュートマシンの場合、root のボリュームタイプです。

文字列 (例: performance)。

controlPlane.platform.openstack.rootVolume.size

コントロールプレーンマシンの場合、root ボリュームのギガバイトのサイズになります。この値を設定しない場合、マシンは一時ストレージを使用します。

整数 (例: 30)。

controlPlane.platform.openstack.rootVolume.type

コントロールプレーンマシンの場合、root ボリュームのタイプです。

文字列 (例: performance)。

platform.openstack.cloud

clouds.yaml ファイルのクラウド一覧にある使用する RHOCP クラウドの名前。

文字列 (例: MyCloud)。

platform.openstack.externalNetwork

インストールに使用される RHOSP の外部ネットワーク名。

文字列 (例: external)。

platform.openstack.computeFlavor

コントロールプレーンおよびコンピュートマシンに使用する RHOSP フレーバー。

文字列 (例: m1.xlarge)。

platform.openstack.lbFloatingIP

ロードバランサー API に関連付ける既存の Floating IP アドレス。

IP アドレス (例: 128.0.0.1)。

1.2.10.5. オプションの RHOSP 設定パラメーター

オプションの RHOSP 設定パラメーターは、以下の表で説明されています。

表1.12 オプションの RHOSP パラメーター

パラメーター説明

compute.platform.openstack.additionalNetworkIDs

コンピュートマシンに関連付けられた追加のネットワーク。追加ネットワーク用に許可されるアドレスのペアは作成されません。

文字列としての 1 つ以上の UUID の一覧。例: fa806b2f-ac49-4bce-b9db-124bc64209bf

compute.platform.openstack.additionalSecurityGroupIDs

コンピュートマシンに関連付けられた追加のセキュリティーグループ。

文字列としての 1 つ以上の UUID の一覧。例: 7ee219f3-d2e9-48a1-96c2-e7429f1b0da7.

controlPlane.platform.openstack.additionalNetworkIDs

コントロールプレーンマシンに関連付けられた追加のネットワーク。追加ネットワーク用に許可されるアドレスのペアは作成されません。

文字列としての 1 つ以上の UUID の一覧。例: fa806b2f-ac49-4bce-b9db-124bc64209bf

controlPlane.platform.openstack.additionalSecurityGroupIDs

コントロールプレーンマシンに関連付けられた追加のセキュリティーグループ。

文字列としての 1 つ以上の UUID の一覧。例: 7ee219f3-d2e9-48a1-96c2-e7429f1b0da7.

platform.openstack.clusterOSImage

インストーラーが RHCOS イメージをダウンロードする場所。

ネットワークが制限された環境でインストールを実行するには、このパラメーターを設定する必要があります。

HTTP または HTTPS の URL (オプションで SHA-256 形式のチェックサムを使用)。

例: http://mirror.example.com/images/rhcos-43.81.201912131630.0-openstack.x86_64.qcow2.gz?sha256=ffebbd68e8a1f2a245ca19522c16c86f67f9ac8e4e0c1f0a812b068b16f7265d

この値は、既存の Glance イメージの名前にもなり得ます (例: my-rhcos)。

platform.openstack.defaultMachinePlatform

デフォルトのマシンプールプラットフォームの設定。

{
   "type": "ml.large",
   "rootVolume": {
      "size": 30,
      "type": "performance"
   }
}

platform.openstack.externalDNS

クラスターインスタンスが DNS 解決に使用する外部 DNS サーバーの IP アドレス。

文字列としての IP アドレスの一覧。例: ["8.8.8.8", "192.168.1.12"]

platform.openstack.machinesSubnet

クラスターのノードが使用する RHOSP サブネットの UUID。ノードおよび仮想 IP (VIP) ポートがこのサブネットに作成されます。

networking.machineNetwork の最初の項目は machinesSubnet の値に一致する必要があります。

カスタムサブネットにデプロイする場合、OpenShift Container Platform インストーラーに外部 DNS サーバーを指定することはできません。代わりに、DNS を RHOSP のサブネットに追加します。

文字列としての UUID。例: fa806b2f-ac49-4bce-b9db-124bc64209bf

1.2.10.6. RHOSP デプロイメントでのカスタムサブネット

オプションで、選択する Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) サブネットにクラスターをデプロイすることができます。サブネットの GUID は、install-config.yaml ファイルの platform.openstack.machinesSubnet の値として渡されます。

このサブネットはクラスターのプライマリーサブネットとして使用されます。ノードとポートはこの上に作成されます。

カスタムサブネットを使用して OpenShift Container Platform インストーラーを実行する前に、以下を確認します。

  • ターゲットネットワークおよびサブネットが利用可能である。
  • DHCP がターゲットサブネットで有効にされている。
  • ターゲットネットワーク上でポートを作成するためのパーミッションがあるインストーラー認証情報を指定できます。
  • ネットワーク設定にルーターが必要な場合、これは RHOSP で作成されます。一部の設定は、Floating IP アドレスの変換用のルーターに依存します。
  • ネットワーク設定は、プロバイダーのネットワークに依存しません。プロバイダーネットワークはサポートされません。
注記

デフォルトでは、API VIP は x.x.x.5 を取得し、Ingress VIP はネットワークの CIDR ブロックから x.x.x.7 を取得します。これらのデフォルト値を上書きするには、DHCP 割り当てプール外の platform.openstack.apiVIP および platform.openstack.ingressVIP の値を設定します。

1.2.10.7. Kuryr を使用した OpenStack のカスタマイズされた install-config.yaml ファイルのサンプル

デフォルトの OpenShift SDN ではなく Kuryr SDN を使用してデプロイするには、install-config.yaml ファイルを変更して Kuryr を必要な networking.networkType として追加してから、デフォルトの OpenShift Container Platform SDN インストール手順に進む必要があります。このサンプル install-config.yaml は、すべての可能な Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) カスタマイズオプションを示しています。

重要

このサンプルファイルは参照用にのみ提供されます。インストールプログラムを使用して install-config.yaml ファイルを取得する必要があります。

apiVersion: v1
baseDomain: example.com
clusterID: os-test
controlPlane:
  name: master
  platform: {}
  replicas: 3
compute:
- name: worker
  platform:
    openstack:
      type: ml.large
  replicas: 3
metadata:
  name: example
networking:
  clusterNetwork:
  - cidr: 10.128.0.0/14
    hostPrefix: 23
  machineNetwork:
  - cidr: 10.0.0.0/16
  serviceNetwork:
  - 172.30.0.0/16 1
  networkType: Kuryr
platform:
  openstack:
    cloud: mycloud
    externalNetwork: external
    computeFlavor: m1.xlarge
    lbFloatingIP: 128.0.0.1
    trunkSupport: true 2
    octaviaSupport: true 3
pullSecret: '{"auths": ...}'
sshKey: ssh-ed25519 AAAA...
1
Amphora Octavia ドライバーは、ロードバランサーごとに 2 つのポートを作成します。そのため、インストーラーが作成するサービスサブネットは、serviceNetwork プロパティーの値として指定される CIDR のサイズは 2 倍になります。IP アドレスの競合を防ぐには、範囲をより広くする必要があります。
2 3
trunkSupportoctaviaSupport の両方はインストーラーによって自動的に検出されるため、それらを設定する必要はありません。ただし、ご使用の環境がこれらの両方の要件を満たさないと、Kuryr SDN は適切に機能しません。トランクは Pod を RHOSP ネットワークに接続するために必要であり、Octavia は OpenShift Container Platform サービスを作成するために必要です。

1.2.11. SSH プライベートキーの生成およびエージェントへの追加

クラスターでインストールのデバッグまたは障害復旧を実行する必要がある場合、ssh-agent とインストールプログラムの両方に SSH キーを指定する必要があります。このキーを使用してパブリッククラスターのブートストラップマシンにアクセスし、インストールの問題をトラブルシューティングできます。

注記

実稼働環境では、障害復旧およびデバッグが必要です。

このキーを使用して、ユーザー core としてマスターノードに対して SSH を実行できます。クラスターをデプロイする際に、キーは core ユーザーの ~/.ssh/authorized_keys 一覧に追加されます。

手順

  1. パスワードなしの認証に設定されている SSH キーがコンピューター上にない場合は、これを作成します。たとえば、Linux オペレーティングシステムを使用するコンピューターで以下のコマンドを実行します。

    $ ssh-keygen -t ed25519 -N '' \
        -f <path>/<file_name> 1
    1
    ~/.ssh/id_rsa などの、新規 SSH キーのパスおよびファイル名を指定します。既存のキーペアがある場合は、公開鍵が ~/.ssh ディレクトリーにあることを確認します。

    このコマンドを実行すると、指定した場所にパスワードを必要としない SSH キーが生成されます。

    注記

    FIPS で検証済み/進行中のモジュール (Modules in Process) 暗号ライブラリーを使用する OpenShift Container Platform クラスターを x86_64 アーキテクチャーにインストールする予定の場合は、ed25519 アルゴリズムを使用するキーは作成しないでください。代わりに、rsa アルゴリズムまたは ecdsa アルゴリズムを使用するキーを作成します。

  2. ssh-agent プロセスをバックグラウンドタスクとして開始します。

    $ eval "$(ssh-agent -s)"

    出力例

    Agent pid 31874

クラスターが FIPS モードにある場合は、FIPS 準拠のアルゴリズムのみを使用して SSH キーを生成します。鍵は RSA または ECDSA のいずれかである必要があります。

  1. SSH プライベートキーを ssh-agent に追加します。

    $ ssh-add <path>/<file_name> 1

    出力例

    Identity added: /home/<you>/<path>/<file_name> (<computer_name>)

    1
    ~/.ssh/id_rsa などの、SSH プライベートキーのパスおよびファイル名を指定します。

次のステップ

  • OpenShift Container Platform をインストールする際に、SSH パブリックキーをインストールプログラムに指定します。

1.2.12. 環境へのアクセスの有効化

デプロイ時に、OpenShift Container Platform マシンはすべて Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) テナントネットワークに作成されます。したがって、ほとんどの RHOSP デプロイメントでは直接アクセスできません。

OpenShift Container Platform API およびクラスターで実行されるアプリケーションを、floating IP アドレスを使用/不使用でアクセス可能になるように設定できます。

1.2.12.1. floating IP アドレスを使ったアクセスの有効化

2 つの floating IP (FIP) アドレスを作成します。1 つ目は OpenShift Container Platform API への外部アクセス用の API FIP であり、2 つ目は OpenShift Container Platform アプリケーション用の apps FIP です。

重要

API FIP も install-config.yaml ファイルで使用されます。

手順

  1. Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) CLI を使用して、API FIP を作成します。

    $ openstack floating ip create --description "API <cluster_name>.<base_domain>" <external network>
  2. Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) CLI を使用して、apps (アプリ)、または Ingress、FIP を作成します。

    $ openstack floating ip create --description "Ingress <cluster_name>.<base_domain>" <external network>
  3. 新しい FIP を反映させるには、以下のパターンに続くレコードを DNS サーバーに追加します。

    api.<cluster_name>.<base_domain>.  IN  A  <API_FIP>
    *.apps.<cluster_name>.<base_domain>. IN  A <apps_FIP>
    注記

    DNS サーバーを制御しない場合は、代わりに /etc/hosts ファイルにレコードを追加します。このアクションにより、API は他者のアクセスできない状態になり、この状態は実稼働デプロイメントには適していませんが、開発およびテスト目的のインストールが可能になります。

ヒント

Floating IP アドレスを割り当て、ファイアウォール設定を更新することで、OpenShift Container Platform リソースがクラスター外で利用できる状態にすることができます。

1.2.12.2. Floating IP アドレスを使用しないアクセスの有効化

Floating IP アドレスを使用できない場合でも、OpenShift Container Platform のインストールは終了できる可能性があります。ただし、インストールプラグラムは API アクセスを待機してタイムアウトする場合は失敗します。

インストールプログラムがタイムアウトすると、クラスターは初期化される可能性があります。ブートストラップ処理が開始されたら、これを完了する必要があります。デプロイ後にクラスターのネットワーク設定を編集する必要があります。

1.2.13. クラスターのデプロイ

互換性のあるクラウドプラットフォームに OpenShift Container Platform をインストールできます。

重要

インストールプログラムの create cluster コマンドは、初期インストール時に 1 回だけ実行できます。

前提条件

  • OpenShift Container Platform インストールプログラム、およびクラスターのプルシークレットを取得します。

手順

  1. インストールプログラムを実行します。

    $ ./openshift-install create cluster --dir=<installation_directory> \ 1
        --log-level=info 2
    1
    <installation_directory> については、カスタマイズした ./install-config.yaml ファイルの場所を指定します。
    2
    異なるインストールの詳細情報を表示するには、info ではなく、warndebug、または error を指定します。
    注記

    ホストに設定した AWS アカウントにクラスターをデプロイするための十分なパーミッションがない場合、インストールプログラムは停止し、不足しているパーミッションが表示されます。

    クラスターのデプロイメントが完了すると、Web コンソールへのリンクや kubeadmin ユーザーの認証情報を含む、クラスターにアクセスするための指示がターミナルに表示されます。

    重要

    インストールプログラムが生成する Ignition 設定ファイルには、24 時間が経過すると期限切れになり、その後に更新される証明書が含まれます。証明書を更新する前にクラスターが停止し、24 時間経過した後にクラスターを再起動すると、クラスターは期限切れの証明書を自動的に復元します。例外として、kubelet 証明書を回復するために保留状態の node-bootstrapper 証明書署名要求 (CSR)を手動で承認する必要があります。詳細は、コントロールプレーン証明書の期限切れの状態からのリカバリー についてのドキュメントを参照してください。

    重要

    インストールプログラム、またはインストールプログラムが作成するファイルを削除することはできません。これらはいずれもクラスターを削除するために必要になります。

1.2.14. クラスターステータスの確認

インストール時またはインストール後に OpenShift Container Platform クラスターのステータスを確認することができます。

手順

  1. クラスター環境で、管理者の kubeconfig ファイルをエクスポートします。

    $ export KUBECONFIG=<installation_directory>/auth/kubeconfig 1
    1
    <installation_directory> には、インストールファイルを保存したディレクトリーへのパスを指定します。

    kubeconfig ファイルには、クライアントを正しいクラスターおよび API サーバーに接続するために CLI で使用されるクラスターについての情報が含まれます。

  2. デプロイメント後に作成されたコントロールプレーンおよびコンピュートマシンを表示します。

    $ oc get nodes
  3. クラスターのバージョンを表示します。

    $ oc get clusterversion
  4. Operator のステータスを表示します。

    $ oc get clusteroperator
  5. クラスター内のすべての実行中の Pod を表示します。

    $ oc get pods -A

1.2.15. クラスターへのログイン

クラスター kubeconfig ファイルをエクスポートし、デフォルトシステムユーザーとしてクラスターにログインできます。kubeconfig ファイルには、クライアントを正しいクラスターおよび API サーバーに接続するために CLI で使用されるクラスターについての情報が含まれます。このファイルはクラスターに固有のファイルであり、OpenShift Container Platform のインストール時に作成されます。

前提条件

  • OpenShift Container Platform クラスターをデプロイします。
  • oc CLI をインストールします。

手順

  1. kubeadmin 認証情報をエクスポートします。

    $ export KUBECONFIG=<installation_directory>/auth/kubeconfig 1
    1
    <installation_directory> には、インストールファイルを保存したディレクトリーへのパスを指定します。
  2. エクスポートされた設定を使用して、oc コマンドを正常に実行できることを確認します。

    $ oc whoami

    出力例

    system:admin

1.2.16. Floating IP アドレスを使用したアプリケーションアクセスの設定

OpenShift Container Platform をインストールした後に、アプリケーションネットワークトラフィックを許可するように Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) を設定します。

前提条件

  • OpenShift Container Platform クラスターがインストールされている必要があります。
  • 環境へのアクセスの有効化」で説明されているように、Floating IP アドレスが有効化されています。

手順

OpenShift Container Platform クラスターをインストールした後に、Floating IP アドレスを Ingress ポートに割り当てます。

  1. ポートを表示します。

    $ openstack port show <cluster name>-<clusterID>-ingress-port
  2. ポートを IP アドレスに接続します。

    $ openstack floating ip set --port <ingress port ID> <apps FIP>
  3. *apps. のワイルドカード A レコードを DNS ファイルに追加します。

    *.apps.<cluster name>.<base domain>  IN  A  <apps FIP>
注記

DNS サーバーを制御せず、非実稼働環境でアプリケーションアクセスを有効にする必要がある場合は、これらのホスト名を /etc/hostsに追加できます。

<apps FIP> console-openshift-console.apps.<cluster name>.<base domain>
<apps FIP> integrated-oauth-server-openshift-authentication.apps.<cluster name>.<base domain>
<apps FIP> oauth-openshift.apps.<cluster name>.<base domain>
<apps FIP> prometheus-k8s-openshift-monitoring.apps.<cluster name>.<base domain>
<apps FIP> grafana-openshift-monitoring.apps.<cluster name>.<base domain>
<apps FIP> <app name>.apps.<cluster name>.<base domain>

1.2.17. 次のステップ

1.3. 独自のインフラストラクチャーを使用した OpenStack へのクラスターのインストール

OpenShift Container Platform バージョン 4.5 では、ユーザーによってプロビジョニングされたインフラストラクチャーを実行するクラスターを Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) にインストールできます。

独自のインフラストラクチャーを使用することで、クラスターを既存のインフラストラクチャーおよび変更と統合できます。このプロセスでは、インストーラーでプロビジョニングされるインストールの場合よりも多くの手作業が必要になります。Nova サーバー、Neutron ポート、セキュリティーグループなどのすべての RHOSP リソースを作成する必要があるためです。ただし、Red Hat では、デプロイメントプロセスを支援する Ansible Playbook を提供しています。

1.3.1. 前提条件

  • OpenShift Container Platform のインストールおよび更新プロセスについての詳細を確認します。

    • OpenShift Container Platform 4.5 が Available platforms セクションの RHOSP バージョンと互換性があることを確認します。RHOSP サポートマトリックスの OpenShift Container Platform を参照して、プラットフォームのサポートを異なるバージョン間で比較することもできます。
  • ネットワーク設定がプロバイダーのネットワークに依存しないことを確認します。プロバイダーネットワークはサポートされません。
  • OpenShift Container Platform をインストールする RHOSP アカウントがあります。
  • インストールプログラムを実行するマシンには、以下が含まれます。

    • インストールプロセス時に作成したファイルを保持できる単一ディレクトリー
    • Python 3

1.3.2. OpenShift Container Platform のインターネットアクセスおよび Telemetry アクセス

OpenShift Container Platform 4.5 では、クラスターをインストールするためにインターネットアクセスが必要になります。クラスターの健全性および正常に実行された更新についてのメトリクスを提供するためにデフォルトで実行される Telemetry サービスにもインターネットアクセスが必要です。クラスターがインターネットに接続されている場合、Telemetry は自動的に実行され、クラスターは Red Hat OpenShift Cluster Manager (OCM) に登録されます。

Red Hat OpenShift Cluster Manager インベントリーが Telemetry によって自動的に維持されるか、または OCM を手動で使用しているかのいずれによって正常であることを確認した後に、subscription watch を使用して、アカウントまたはマルチクラスターレベルで OpenShift Container Platform サブスクリプションを追跡します。

インターネットへのアクセスは以下を実行するために必要です。

  • Red Hat OpenShift Cluster Manager ページにアクセスし、インストールプログラムをダウンロードし、サブスクリプション管理を実行します。クラスターにインターネットアクセスがあり、Telemetry を無効にしない場合、そのサービスは有効なサブスクリプションでクラスターを自動的に使用します。
  • クラスターのインストールに必要なパッケージを取得するために Quay.io にアクセスします。
  • クラスターの更新を実行するために必要なパッケージを取得します。
重要

クラスターでインターネットに直接アクセスできない場合、プロビジョニングする一部のタイプのインフラストラクチャーでネットワークが制限されたインストールを実行できます。このプロセスで、必要なコンテンツをダウンロードし、これを使用してミラーレジストリーにクラスターのインストールおよびインストールプログラムの生成に必要なパッケージを設定します。インストールタイプによっては、クラスターのインストール環境でインターネットアクセスが不要となる場合があります。クラスターを更新する前に、ミラーレジストリーのコンテンツを更新します。

1.3.3. OpenShift Container Platform を RHOSP にインストールするリソースのガイドライン

OpenShift Container Platform のインストールをサポートするために、Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) クォータは以下の要件を満たす必要があります。

表1.13 RHOSP のデフォルトの OpenShift Container Platform クラスターについての推奨リソース

リソース

Floating IP アドレス

3

ポート

15

ルーター

1

サブネット

1

RAM

112 GB

vCPU

28

ボリュームストレージ

275 GB

インスタンス

7

セキュリティーグループ

3

セキュリティーグループルール

60

クラスターは推奨されるリソースよりもリソースが少ない場合にも機能する場合がありますが、その場合のパフォーマンスは保証されません。

重要

RHOSP オブジェクトストレージ (Swift) が利用可能で、swiftoperator ロールを持つユーザーアカウントによって操作されている場合、これは OpenShift Container Platform イメージレジストリーのデフォルトバックエンドとして使用されます。この場合、ボリュームストレージ要件は 175 GB です。Swift 領域要件は、イメージレジストリーのサイズによって異なります。

注記

デフォルトで、セキュリティーグループおよびセキュリティーグループルールのクォータは低く設定される可能性があります。問題が生じた場合には、管理者として openstack quota set --secgroups 3 --secgroup-rules 60 <project> を実行して値を増やします。

OpenShift Container Platform デプロイメントは、コントロールプレーンマシン、コンピュートマシン、およびブートストラップマシンで構成されます。

1.3.3.1. コントロールプレーンおよびコンピュートマシン

デフォルトで、OpenShift Container Platform インストールプロセスは 3 つのコントロールプレーンおよび 3 つのコンピュートマシンを使用します。

それぞれのマシンには以下が必要です。

  • RHOSP クォータからのインスタンス
  • RHOSP クォータからのポート
  • 少なくとも 16 GB のメモリー、4 つの vCPU および 25 GB のストレージ領域があるフレーバー
ヒント

コンピュートマシンは、OpenShift Container Platform で実行されるアプリケーションをホストします。できるだけ多くのアプリケーションを実行することが意図されています。

1.3.3.2. ブートストラップマシン

インストール時に、ブートストラップマシンは一時的にプロビジョニングされ、コントロールプレーンを初期化します。実稼働環境用のコントロールプレーンの準備ができた後に、ブートストラップマシンのプロビジョニングは解除されます。

ブートストラップマシンには以下が必要です。

  • RHOSP クォータからのインスタンス
  • RHOSP クォータからのポート
  • 少なくとも 16 GB のメモリー、4 つの vCPU および 25 GB のストレージ領域があるフレーバー

1.3.4. Playbook 依存関係のダウンロード

ユーザーによってプロビジョニングされたインフラストラクチャーでのインストールプロセスを単純化する Ansible Playbook には、複数の Python モジュールが必要です。インストーラーを実行するマシンで、モジュールのリポジトリーを追加し、それらをダウンロードします。

注記

この手順では、Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 8 を使用していることを前提としています。

前提条件

  • Python 3 がマシンにインストールされています。

手順

  1. コマンドラインで、リポジトリーを追加します。

    1. Red Hat Subscription Manager に登録します。

      $ sudo subscription-manager register # If not done already
    2. 最新のサブスクリプションデータをプルします。

      $ sudo subscription-manager attach --pool=$YOUR_POOLID # If not done already
    3. 現在のリポジトリーを無効にします。

      $ sudo subscription-manager repos --disable=* # If not done already
    4. 必要なリポジトリーを追加します。

      $ sudo subscription-manager repos \
        --enable=rhel-8-for-x86_64-baseos-rpms \
        --enable=openstack-16-tools-for-rhel-8-x86_64-rpms \
        --enable=ansible-2.9-for-rhel-8-x86_64-rpms \
        --enable=rhel-8-for-x86_64-appstream-rpms
  2. モジュールをインストールします。

    $ sudo yum install python3-openstackclient ansible python3-openstacksdk python3-netaddr
  3. python コマンドが python3 を参照していることを確認します。

    $ sudo alternatives --set python /usr/bin/python3

1.3.5. インストールプログラムの取得

OpenShift Container Platform をインストールする前に、インストールファイルをローカルコンピューターにダウンロードします。

前提条件

  • Linux または macOS を使用するコンピューターからクラスターをインストールする必要があります。
  • インストールプログラムをダウンロードするには、500 MB のローカルディスク領域が必要です。

手順

  1. Red Hat OpenShift Cluster Manager サイトの「Infrastructure Provider」ページにアクセスします。Red Hat アカウントがある場合は、認証情報を使ってログインします。アカウントがない場合はこれを作成します。
  2. 選択するインストールタイプのページに移動し、オペレーティングシステムのインストールプログラムをダウンロードし、ファイルをインストール設定ファイルを保存するディレクトリーに配置します。

    重要

    インストールプログラムは、クラスターのインストールに使用するコンピューターにいくつかのファイルを作成します。クラスターインストールの完了後は、インストールプログラムおよびインストールプログラムが作成するファイルの両方を保持する必要があります。

    重要

    インストールプログラムで作成されたファイルを削除しても、クラスターがインストール時に失敗した場合でもクラスターは削除されません。特定のクラウドプロバイダー用に記載された OpenShift Container Platform のアンインストール手順を完了して、クラスターを完全に削除する必要があります。

  3. インストールプログラムを展開します。たとえば、Linux オペレーティングシステムを使用するコンピューターで以下のコマンドを実行します。

    $ tar xvf <installation_program>.tar.gz
  4. Red Hat OpenShift Cluster Manager サイトの「Pull Secret」ページから、インストールプルシークレットを .txt ファイルとしてダウンロードします。このプルシークレットを使用し、OpenShift Container Platform コンポーネントのコンテナーイメージを提供する Quay.io など、組み込まれた各種の認証局によって提供されるサービスで認証できます。

1.3.6. SSH プライベートキーの生成およびエージェントへの追加

クラスターでインストールのデバッグまたは障害復旧を実行する必要がある場合、ssh-agent とインストールプログラムの両方に SSH キーを指定する必要があります。このキーを使用してパブリッククラスターのブートストラップマシンにアクセスし、インストールの問題をトラブルシューティングできます。

注記

実稼働環境では、障害復旧およびデバッグが必要です。

このキーを使用して、ユーザー core としてマスターノードに対して SSH を実行できます。クラスターをデプロイする際に、キーは core ユーザーの ~/.ssh/authorized_keys 一覧に追加されます。

注記

AWS キーペアなどのプラットフォームに固有の方法で設定したキーではなく、ローカルキーを使用する必要があります。

手順

  1. パスワードなしの認証に設定されている SSH キーがコンピューター上にない場合は、これを作成します。たとえば、Linux オペレーティングシステムを使用するコンピューターで以下のコマンドを実行します。

    $ ssh-keygen -t ed25519 -N '' \
        -f <path>/<file_name> 1
    1
    ~/.ssh/id_rsa などの、新規 SSH キーのパスおよびファイル名を指定します。既存のキーペアがある場合は、公開鍵が ~/.ssh ディレクトリーにあることを確認します。

    このコマンドを実行すると、指定した場所にパスワードを必要としない SSH キーが生成されます。

    注記

    FIPS で検証済み/進行中のモジュール (Modules in Process) 暗号ライブラリーを使用する OpenShift Container Platform クラスターを x86_64 アーキテクチャーにインストールする予定の場合は、ed25519 アルゴリズムを使用するキーは作成しないでください。代わりに、rsa アルゴリズムまたは ecdsa アルゴリズムを使用するキーを作成します。

  2. ssh-agent プロセスをバックグラウンドタスクとして開始します。

    $ eval "$(ssh-agent -s)"

    出力例

    Agent pid 31874

クラスターが FIPS モードにある場合は、FIPS 準拠のアルゴリズムのみを使用して SSH キーを生成します。鍵は RSA または ECDSA のいずれかである必要があります。

  1. SSH プライベートキーを ssh-agent に追加します。

    $ ssh-add <path>/<file_name> 1

    出力例

    Identity added: /home/<you>/<path>/<file_name> (<computer_name>)

    1
    ~/.ssh/id_rsa などの、SSH プライベートキーのパスおよびファイル名を指定します。

次のステップ

  • OpenShift Container Platform をインストールする際に、SSH パブリックキーをインストールプログラムに指定します。

1.3.7. Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) イメージの作成

OpenShift Container Platform インストールプログラムでは、Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) イメージが Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) クラスターに存在する必要があります。最新の RHCOS イメージを取得した後、RHOSP CLI を使用してこれをアップロードします。

前提条件

  • RHOSP CLI がインストールされています。

手順

  1. Red Hat カスタマーポータルの製品ダウンロードページにログインします。
  2. Version で、Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 8 用の OpenShift Container Platform 4.5 の最新リリースを選択します。

    重要

    RHCOS イメージは OpenShift Container Platform の各リリースごとに変更されない可能性があります。インストールする OpenShift Container Platform バージョンと等しいか、それ以下のバージョンの内で最も新しいバージョンのイメージをダウンロードする必要があります。利用可能な場合は、OpenShift Container Platform バージョンに一致するイメージのバージョンを使用します。

  3. Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) - OpenStack Image (QCOW) をダウンロードします。
  4. イメージを展開します。

    注記

    クラスターが使用する前に RHOSP イメージを圧縮解除する必要があります。ダウンロードしたファイルの名前に、.gz または .tgz などの圧縮拡張子が含まれていない場合があります。ファイルを圧縮するか、またはどのように圧縮するかを確認するには、コマンドラインで以下を入力します。

    $ file <name_of_downloaded_file>
  5. ダウンロードしたイメージから、RHOSP CLI を使用して rhcos という名前のイメージをクラスターに作成します。

    $ openstack image create --container-format=bare --disk-format=qcow2 --file rhcos-${RHCOS_VERSION}-openstack.qcow2 rhcos
    重要

    RHOSP 環境によっては、.raw または .qcow2 形式のいずれかでイメージをアップロードできる場合があります。Ceph を使用する場合は、.raw 形式を使用する必要があります。

    警告

    インストールプログラムが同じ名前を持つ複数のイメージを見つける場合、それらのイメージのいずれかがランダムに選択されます。この動作を回避するには、RHOSP でリソースの一意の名前を作成します。

RHOSP にイメージをアップロードした後は、インストールプログラムでイメージを利用できます。

1.3.8. 外部ネットワークアクセスの確認

OpenShift Container Platform インストールプロセスでは、外部ネットワークへのアクセスが必要です。外部ネットワーク値をこれに指定する必要があります。指定しない場合には、デプロイメントは失敗します。このプロセスを実行する前に、外部ルータータイプのネットワークが Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) に存在することを確認します。

手順

  1. RHOSP CLI を使用して、'External' ネットワークの名前と ID を確認します。

    $ openstack network list --long -c ID -c Name -c "Router Type"

    出力例

    +--------------------------------------+----------------+-------------+
    | ID                                   | Name           | Router Type |
    +--------------------------------------+----------------+-------------+
    | 148a8023-62a7-4672-b018-003462f8d7dc | public_network | External    |
    +--------------------------------------+----------------+-------------+

外部ルータータイプのあるネットワークがネットワーク一覧に表示されます。1 つ以上のネットワークが表示されない場合は、「デフォルトの Floating IP ネットワークの作成」および「デフォルトのプロバイダーネットワークの作成」を参照してください。

注記

Neutron トランクサービスプラグインが有効にされると、トランクポートがデフォルトで作成されます。詳細は、「Neutron trunk port」を参照してください。

1.3.9. 環境へのアクセスの有効化

デプロイ時に、OpenShift Container Platform マシンはすべて Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) テナントネットワークに作成されます。したがって、ほとんどの RHOSP デプロイメントでは直接アクセスできません。

OpenShift Container Platform API およびクラスターで実行されるアプリケーションを、floating IP アドレスを使用してアクセス可能になるように設定できます。

1.3.9.1. floating IP アドレスを使ったアクセスの有効化

2 つの floating IP (FIP) アドレスを作成します。1 つ目は OpenShift Container Platform API への外部アクセス用の API FIP であり、2 つ目は OpenShift Container Platform アプリケーション用の apps FIP です。

重要

API FIP も install-config.yaml ファイルで使用されます。

手順

  1. Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) CLI を使用して、API FIP を作成します。

    $ openstack floating ip create --description "API <cluster_name>.<base_domain>" <external network>
  2. Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) CLI を使用して、apps (アプリ)、または Ingress、FIP を作成します。

    $ openstack floating ip create --description "Ingress <cluster_name>.<base_domain>" <external network>
  3. 新しい FIP を反映させるには、以下のパターンに続くレコードを DNS サーバーに追加します。

    api.<cluster_name>.<base_domain>.  IN  A  <API_FIP>
    *.apps.<cluster_name>.<base_domain>. IN  A <apps_FIP>
    注記

    DNS サーバーを制御しない場合は、代わりに /etc/hosts ファイルにレコードを追加します。このアクションにより、API は他者のアクセスできない状態になり、この状態は実稼働デプロイメントには適していませんが、開発およびテスト目的のインストールが可能になります。

ヒント

Floating IP アドレスを割り当て、ファイアウォール設定を更新することで、OpenShift Container Platform リソースがクラスター外で利用できる状態にすることができます。

1.3.10. インストールプログラムのパラメーターの定義

OpenShift Container Platform インストールプログラムは、clouds.yaml というファイルを使用します。このファイルは、プロジェクト名、ログイン情報、認可サービスの URL を含む Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) 設定パラメーターを説明します。

手順

  1. clouds.yaml ファイルを作成します。

    • RHOSP ディストリビューションに Horizon Web UI が含まれる場合には、そこに clouds.yaml ファイルを生成します。

      重要

      パスワードを必ず auth フィールドに追加してください。シークレットは、clouds.yaml別のファイルに保持できます。

    • RHOSP ディストリビューションに Horizon Web UI が含まれない場合や Horizon を使用する必要がない場合には、このファイルを独自に作成します。clouds.yaml についての詳細は、RHOSP ドキュメントの「Config files」を参照してください。

      clouds:
        shiftstack:
          auth:
            auth_url: http://10.10.14.42:5000/v3
            project_name: shiftstack
            username: shiftstack_user
            password: XXX
            user_domain_name: Default
            project_domain_name: Default
        dev-env:
          region_name: RegionOne
          auth:
            username: 'devuser'
            password: XXX
            project_name: 'devonly'
            auth_url: 'https://10.10.14.22:5001/v2.0'
  2. RHOSP インストールでエンドポイント認証用に自己署名認証局 (CA) を使用する場合、以下を実行します。

    1. 認証局ファイルをマシンにコピーします。
    2. マシンを認証局の信頼バンドルに追加します。

      $ sudo cp ca.crt.pem /etc/pki/ca-trust/source/anchors/
    3. 信頼バンドルを更新します。

      $ sudo update-ca-trust extract
    4. cacerts キーを clouds.yaml ファイルに追加します。この値は、CA 証明書への絶対的な root 以外によるアクセスが可能なパスである必要があります。

      clouds:
        shiftstack:
          ...
          cacert: "/etc/pki/ca-trust/source/anchors/ca.crt.pem"
      ヒント

      カスタム CA 証明書を使用してインストーラーを実行した後に、cloud-provider-config キーマップの ca-cert.pem キーの値を編集して証明書を更新できます。コマンドラインで、以下を実行します。

      $ oc edit configmap -n openshift-config cloud-provider-config
  3. clouds.yaml ファイルを以下の場所のいずれかに置きます。

    1. OS_CLIENT_CONFIG_FILE 環境変数の値
    2. 現行ディレクトリー
    3. Unix 固有のユーザー設定ディレクトリー (例: ~/.config/openstack/clouds.yaml)
    4. Unix 固有のサイト設定ディレクトリー (例: /etc/openstack/clouds.yaml)

      インストールプログラムはこの順序で clouds.yaml を検索します。

1.3.11. インストール設定ファイルの作成

Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) にインストールする OpenShift Container Platform クラスターをカスタマイズできます。

前提条件

  • OpenShift Container Platform インストールプログラム、およびクラスターのプルシークレットを取得します。

手順

  1. install-config.yaml ファイルを作成します。

    1. 以下のコマンドを実行します。

      $ ./openshift-install create install-config --dir=<installation_directory> 1
      1
      <installation_directory> の場合、インストールプログラムが作成するファイルを保存するためにディレクトリー名を指定します。
      重要

      空のディレクトリーを指定します。ブートストラップ X.509 証明書などの一部のインストールアセットの有効期限は短く設定されているため、インストールディレクトリーを再利用することができません。別のクラスターインストールの個別のファイルを再利用する必要がある場合は、それらをディレクトリーにコピーすることができます。ただし、インストールアセットのファイル名はリリース間で変更される可能性があります。インストールファイルを以前のバージョンの OpenShift Container Platform からコピーする場合は注意してコピーを行ってください。

    2. プロンプト時に、クラウドの設定の詳細情報を指定します。

      1. オプション: クラスターマシンにアクセスするために使用する SSH キーを選択します。

        注記

        インストールのデバッグまたは障害復旧を実行する必要のある実稼働用の OpenShift Container Platform クラスターでは、ssh-agent プロセスが使用する SSH キーを指定します。

      2. ターゲットに設定するプラットフォームとして openstack を選択します。
      3. クラスターのインストールに使用する Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) の外部ネットワーク名を指定します。
      4. OpenShift API への外部アクセスに使用する floating IP アドレスを指定します。
      5. コントロールプレーンおよびコンピュートノードに使用する 16 GB 以上の RAM で RHOSP フレーバーを指定します。
      6. クラスターをデプロイするベースドメインを選択します。すべての DNS レコードはこのベースのサブドメインとなり、クラスター名も含まれます。
      7. クラスターの名前を入力します。名前は 14 文字以下でなければなりません。
      8. Red Hat OpenShift Cluster Manager サイトの「Pull Secret」ページから取得したプルシークレットを貼り付けます。
  2. install-config.yaml ファイルを変更します。利用可能なパラメーターの詳細については、「インストール設定パラメーター」セクションを参照してください。
  3. install-config.yaml ファイルをバックアップし、複数のクラスターをインストールするために使用できるようにします。

    重要

    install-config.yaml ファイルはインストールプロセス時に使用されます。このファイルを再利用する必要がある場合は、この段階でこれをバックアップしてください。

これで、指定したディレクトリーに install-config.yaml ファイルが作成されます。

1.3.12. インストール設定パラメーター

OpenShift Container Platform クラスターをデプロイする前に、クラスターをホストするクラウドプラットフォームでアカウントを記述し、クラスターのプラットフォームをオプションでカスタマイズするためにパラメーターの値を指定します。install-config.yaml インストール設定ファイルを作成する際に、コマンドラインで必要なパラメーターの値を指定します。クラスターをカスタマイズする場合、install-config.yaml ファイルを変更して、プラットフォームについての詳細情報を指定できます。

注記

インストール後は、これらのパラメーターを install-config.yaml ファイルで変更することはできません。

重要

openshift-install コマンドは、パラメーターのフィールド名を検証しません。正しくない名前を指定すると、関連するファイルまたはオブジェクトは作成されず、エラーが報告されません。指定されたパラメーターのフィールド名が正しいことを確認します。

1.3.12.1. 必須設定パラメーター

必須のインストール設定パラメーターは、以下の表で説明されています。

表1.14 必須パラメーター

パラメーター説明

apiVersion

install-config.yaml コンテンツの API バージョン。現在のバージョンは v1 です。インストーラーは、古い API バージョンをサポートすることもできます。

文字列

baseDomain

クラウドプロバイダーのベースドメイン。ベースドメインは、OpenShift Container Platform クラスターコンポーネントへのルートを作成するために使用されます。クラスターの完全な DNS 名は、baseDomain<metadata.name>.<baseDomain> 形式を使用する metadata.name パラメーターの値の組み合わせです。

example.com などの完全修飾ドメインまたはサブドメイン名。

metadata

Kubernetes リソース ObjectMeta。ここからは name パラメーターのみが消費されます。

オブジェクト

metadata.name

クラスターの名前。クラスターの DNS レコードはすべて {{.metadata.name}}.{{.baseDomain}} のサブドメインです。

dev などの小文字、ハイフン (-)、およびピリオド (.) が含まれる文字列。文字列は 14 文字以上でなければなりません。

platform

インストールの実行に使用する特定プラットフォームの設定: awsbaremetalazureopenstackovirtvsphereplatform.<platform> パラメーターに関する追加情報は、以下の表で特定のプラットフォームについて参照してください。

オブジェクト

pullSecret

https://cloud.redhat.com/openshift/install/pull-secret からプルシークレットを取得し、Quay.io などのサービスから OpenShift Container Platform コンポーネントのコンテナーイメージのダウンロードを認証します。

{
   "auths":{
      "cloud.openshift.com":{
         "auth":"b3Blb=",
         "email":"you@example.com"
      },
      "quay.io":{
         "auth":"b3Blb=",
         "email":"you@example.com"
      }
   }
}

1.3.12.2. ネットワーク設定パラメーター

既存のネットワークインフラストラクチャーの要件に基づいて、インストール設定をカスタマイズできます。たとえば、クラスターネットワークの IP アドレスブロックを拡張するか、デフォルトとは異なる IP アドレスブロックを指定できます。

IPv4 アドレスのみがサポートされます。

表1.15 ネットワークパラメーター

パラメーター説明

networking

クラスターのネットワークの設定。

オブジェクト

注記

インストール後に networking オブジェクトで指定したパラメーターを変更することはできません。

networking.networkType

インストールするクラスターネットワークプロバイダー Container Network Interface (CNI) プラグイン。

OpenShiftSDN または OVNKubernetes のいずれか。デフォルト値は OpenShiftSDN です。

networking.clusterNetwork

Pod の IP アドレスブロック。

デフォルト値は 10.128.0.0/14 で、ホストのプレフィックスは /23 です。

複数の IP アドレスブロックを指定する場合は、ブロックが重複しないようにしてください。

オブジェクトの配列。以下は例になります。

networking:
  clusterNetwork:
  - cidr: 10.128.0.0/14
    hostPrefix: 23

networking.clusterNetwork.cidr

networking.clusterNetwork を使用する場合に必須です。IP アドレスブロック。

IPv4 ネットワーク

CIDR (Classless Inter-Domain Routing) 表記の IP アドレスブロック。IPv4 ブロックのプレフィックス長は 0 から 32 の間になります。

networking.clusterNetwork.hostPrefix

それぞれの個別ノードに割り当てるサブネットプレフィックス長。たとえば、hostPrefix23 に設定される場合、各ノードに指定の cidr から /23 サブネットが割り当てられます。hostPrefix 値の 23 は、510 (2^(32 - 23) - 2) Pod IP アドレスを提供します。

サブネットプレフィックス。

デフォルト値は 23 です。

networking.serviceNetwork

サービスの IP アドレスブロック。デフォルト値は 172.30.0.0/16 です。

OpenShift SDN および OVN-Kubernetes ネットワークプロバイダーは、サービスネットワークの単一 IP アドレスブロックのみをサポートします。

CIDR 形式の IP アドレスブロックを持つ配列。以下は例になります。

networking:
  serviceNetwork:
   - 172.30.0.0/16

networking.machineNetwork

マシンの IP アドレスブロック。

複数の IP アドレスブロックを指定する場合は、ブロックが重複しないようにしてください。

オブジェクトの配列。以下は例になります。

networking:
  machineNetwork:
  - cidr: 10.0.0.0/16

networking.machineNetwork.cidr

networking.machineNetwork を使用する場合に必須です。IP アドレスブロック。libvirt 以外のすべてのプラットフォームでは、デフォルト値は 10.0.0.0/16 です。libvirt の場合、デフォルト値は 192.168.126.0/24 です。

CIDR 表記の IP ネットワークブロック。

例: 10.0.0.0/16

注記

優先される NIC が置かれている CIDR に一致する networking.machineNetwork を設定します。

1.3.12.3. オプションの設定パラメーター

オプションのインストール設定パラメーターは、以下の表で説明されています。

表1.16 オプションのパラメーター

パラメーター説明

additionalTrustBundle

ノードの信頼済み証明書ストアに追加される PEM でエンコードされた X.509 証明書バンドル。この信頼バンドルは、プロキシーが設定される際にも使用できます。

文字列

compute

コンピュートノードを構成するマシンの設定。

machine-pool オブジェクトの配列。詳細は、以下の「Machine-pool」の表を参照してください。

compute.architecture

プール内のマシンの命令セットアーキテクチャーを決定します。現時点で異種クラスターはサポートされていないため、すべてのプールが同じアーキテクチャーを指定する必要があります。有効な値は amd64 (デフォルト) です。

文字列

compute.hyperthreading

コンピュートマシンで同時マルチスレッドまたは hyperthreading を有効/無効にするかどうか。デフォルトでは、同時スレッドはマシンのコアのパフォーマンスを上げるために有効にされます。

重要

同時スレッドを無効にする場合は、容量計画においてマシンパフォーマンスの大幅な低下が考慮に入れられていることを確認します。

Enabled または Disabled

compute.name

compute を使用する場合に必須です。マシンプールの名前。

worker

compute.platform

compute を使用する場合に必須です。このパラメーターを使用して、ワーカーマシンをホストするクラウドプロバイダーを指定します。このパラメーターの値は controlPlane.platform パラメーターの値に一致する必要があります。

awsazuregcpopenstackovirtvsphere、または {}

compute.replicas

プロビジョニングするコンピュートマシン(ワーカーマシンとしても知られる)の数。

2 以上の正の整数。デフォルト値は 3 です。

controlPlane

コントロールプレーンを構成するマシンの設定。

MachinePool オブジェクトの配列。詳細は、以下の「Machine-pool」の表を参照してください。

controlPlane.architecture

プール内のマシンの命令セットアーキテクチャーを決定します。現時点で異種クラスターはサポートされていないため、すべてのプールが同じアーキテクチャーを指定する必要があります。有効な値は amd64 (デフォルト) です。

文字列

controlPlane.hyperthreading

コントロールプレーンマシンで同時マルチスレッドまたは hyperthreading を有効/無効にするかどうか。デフォルトでは、同時スレッドはマシンのコアのパフォーマンスを上げるために有効にされます。

重要

同時スレッドを無効にする場合は、容量計画においてマシンパフォーマンスの大幅な低下が考慮に入れられていることを確認します。

Enabled または Disabled

controlPlane.name

controlPlane を使用する場合に必須です。マシンプールの名前。

master

controlPlane.platform

controlPlane を使用する場合に必須です。このパラメーターを使用して、コントロールプレーンマシンをホストするクラウドプロバイダーを指定します。このパラメーターの値は compute.platform パラメーターの値に一致する必要があります。

awsazuregcpopenstackovirtvsphere、または {}

controlPlane.replicas

プロビジョニングするコントロールプレーンマシンの数。

サポートされる値は 3 のみです (これはデフォルト値です)。

fips

FIPS モードを有効または無効にします。デフォルトは false (無効) です。FIPS モードが有効にされている場合、OpenShift Container Platform が実行される Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) マシンがデフォルトの Kubernetes 暗号スイートをバイパスし、代わりに RHCOS で提供される暗号モジュールを使用します。

注記

Azure File ストレージを使用している場合、FIPS モードを有効にすることはできません。

false または true

imageContentSources

release-image コンテンツのソースおよびリポジトリー。

オブジェクトの配列。この表の以下の行で説明されているように、source およびオプションで mirrors が含まれます。

imageContentSources.source

imageContentSources を使用する場合に必須です。ユーザーが参照するリポジトリーを指定します (例: イメージプル仕様)。

文字列

imageContentSources.mirrors

同じイメージが含まれる可能性のあるリポジトリーを 1 つ以上指定します。

文字列の配列。

publish

Kubernetes API、OpenShift ルートなどのクラスターのユーザーに表示されるエンドポイントをパブリッシュまたは公開する方法。

Internal または External。デフォルト値は External です。

このパラメーターを Internal に設定することは、クラウド以外のプラットフォームではサポートされません。

重要

フィールドの値が Internal に設定されている場合、クラスターは機能しなくなります。詳細は、BZ#1953035 を参照してください。

sshKey

クラスターマシンへのアクセスを認証するための SSH キー。

注記

インストールのデバッグまたは障害復旧を実行する必要のある実稼働用の OpenShift Container Platform クラスターでは、ssh-agent プロセスが使用する SSH キーを指定します。

たとえば、sshKey: ssh-ed25519 AAAA... です

1.3.12.4. 追加の Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) 設定パラメーター

追加の RHOSP 設定パラメーターは以下の表で説明されています。

表1.17 追加の RHOSP パラメーター

パラメーター説明

compute.platform.openstack.rootVolume.size

コンピュートマシンの場合、root ボリュームのギガバイトのサイズになります。この値を設定しない場合、マシンは一時ストレージを使用します。

整数 (例: 30)。

compute.platform.openstack.rootVolume.type

コンピュートマシンの場合、root のボリュームタイプです。

文字列 (例: performance)。

controlPlane.platform.openstack.rootVolume.size

コントロールプレーンマシンの場合、root ボリュームのギガバイトのサイズになります。この値を設定しない場合、マシンは一時ストレージを使用します。

整数 (例: 30)。

controlPlane.platform.openstack.rootVolume.type

コントロールプレーンマシンの場合、root ボリュームのタイプです。

文字列 (例: performance)。

platform.openstack.cloud

clouds.yaml ファイルのクラウド一覧にある使用する RHOCP クラウドの名前。

文字列 (例: MyCloud)。

platform.openstack.externalNetwork

インストールに使用される RHOSP の外部ネットワーク名。

文字列 (例: external)。

platform.openstack.computeFlavor

コントロールプレーンおよびコンピュートマシンに使用する RHOSP フレーバー。

文字列 (例: m1.xlarge)。

platform.openstack.lbFloatingIP

ロードバランサー API に関連付ける既存の Floating IP アドレス。

IP アドレス (例: 128.0.0.1)。

1.3.12.5. オプションの RHOSP 設定パラメーター

オプションの RHOSP 設定パラメーターは、以下の表で説明されています。

表1.18 オプションの RHOSP パラメーター

パラメーター説明

compute.platform.openstack.additionalNetworkIDs

コンピュートマシンに関連付けられた追加のネットワーク。追加ネットワーク用に許可されるアドレスのペアは作成されません。

文字列としての 1 つ以上の UUID の一覧。例: fa806b2f-ac49-4bce-b9db-124bc64209bf

compute.platform.openstack.additionalSecurityGroupIDs

コンピュートマシンに関連付けられた追加のセキュリティーグループ。

文字列としての 1 つ以上の UUID の一覧。例: 7ee219f3-d2e9-48a1-96c2-e7429f1b0da7.

controlPlane.platform.openstack.additionalNetworkIDs

コントロールプレーンマシンに関連付けられた追加のネットワーク。追加ネットワーク用に許可されるアドレスのペアは作成されません。

文字列としての 1 つ以上の UUID の一覧。例: fa806b2f-ac49-4bce-b9db-124bc64209bf

controlPlane.platform.openstack.additionalSecurityGroupIDs

コントロールプレーンマシンに関連付けられた追加のセキュリティーグループ。

文字列としての 1 つ以上の UUID の一覧。例: 7ee219f3-d2e9-48a1-96c2-e7429f1b0da7.

platform.openstack.clusterOSImage

インストーラーが RHCOS イメージをダウンロードする場所。

ネットワークが制限された環境でインストールを実行するには、このパラメーターを設定する必要があります。

HTTP または HTTPS の URL (オプションで SHA-256 形式のチェックサムを使用)。

例: http://mirror.example.com/images/rhcos-43.81.201912131630.0-openstack.x86_64.qcow2.gz?sha256=ffebbd68e8a1f2a245ca19522c16c86f67f9ac8e4e0c1f0a812b068b16f7265d

この値は、既存の Glance イメージの名前にもなり得ます (例: my-rhcos)。

platform.openstack.defaultMachinePlatform

デフォルトのマシンプールプラットフォームの設定。

{
   "type": "ml.large",
   "rootVolume": {
      "size": 30,
      "type": "performance"
   }
}

platform.openstack.externalDNS

クラスターインスタンスが DNS 解決に使用する外部 DNS サーバーの IP アドレス。

文字列としての IP アドレスの一覧。例: ["8.8.8.8", "192.168.1.12"]

platform.openstack.machinesSubnet

クラスターのノードが使用する RHOSP サブネットの UUID。ノードおよび仮想 IP (VIP) ポートがこのサブネットに作成されます。

networking.machineNetwork の最初の項目は machinesSubnet の値に一致する必要があります。

カスタムサブネットにデプロイする場合、OpenShift Container Platform インストーラーに外部 DNS サーバーを指定することはできません。代わりに、DNS を RHOSP のサブネットに追加します。

文字列としての UUID。例: fa806b2f-ac49-4bce-b9db-124bc64209bf

1.3.12.6. RHOSP デプロイメントでのカスタムサブネット

オプションで、選択する Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) サブネットにクラスターをデプロイすることができます。サブネットの GUID は、install-config.yaml ファイルの platform.openstack.machinesSubnet の値として渡されます。

このサブネットはクラスターのプライマリーサブネットとして使用されます。ノードとポートはこの上に作成されます。

カスタムサブネットを使用して OpenShift Container Platform インストーラーを実行する前に、以下を確認します。

  • ターゲットネットワークおよびサブネットが利用可能である。
  • DHCP がターゲットサブネットで有効にされている。
  • ターゲットネットワーク上でポートを作成するためのパーミッションがあるインストーラー認証情報を指定できます。
  • ネットワーク設定にルーターが必要な場合、これは RHOSP で作成されます。一部の設定は、Floating IP アドレスの変換用のルーターに依存します。
  • ネットワーク設定は、プロバイダーのネットワークに依存しません。プロバイダーネットワークはサポートされません。
注記

デフォルトでは、API VIP は x.x.x.5 を取得し、Ingress VIP はネットワークの CIDR ブロックから x.x.x.7 を取得します。これらのデフォルト値を上書きするには、DHCP 割り当てプール外の platform.openstack.apiVIP および platform.openstack.ingressVIP の値を設定します。

1.3.12.7. RHOSP のカスタマイズされた install-config.yaml ファイルのサンプル

このサンプル install-config.yaml は、すべての可能な Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) カスタマイズオプションを示しています。

重要

このサンプルファイルは参照用にのみ提供されます。インストールプログラムを使用して install-config.yaml ファイルを取得する必要があります。

apiVersion: v1
baseDomain: example.com
clusterID: os-test
controlPlane:
  name: master
  platform: {}
  replicas: 3
compute:
- name: worker
  platform:
    openstack:
      type: ml.large
  replicas: 3
metadata:
  name: example
networking:
  clusterNetwork:
  - cidr: 10.128.0.0/14
    hostPrefix: 23
  machineNetwork:
  - cidr: 10.0.0.0/16
  serviceNetwork:
  - 172.30.0.0/16
  networkType: OpenShiftSDN
platform:
  openstack:
    cloud: mycloud
    externalNetwork: external
    computeFlavor: m1.xlarge
    lbFloatingIP: 128.0.0.1
fips: false
pullSecret: '{"auths": ...}'
sshKey: ssh-ed25519 AAAA...

1.3.12.8. マシンのカスタムサブネットの設定

インストールプログラムがデフォルトで使用する IP 範囲は、OpenShift Container Platform のインストール時に作成する Neutron サブネットと一致しない可能性があります。必要な場合は、インストール設定ファイルを編集して、新規マシンの CIDR 値を更新します。

前提条件

  • OpenShift Container Platform インストールプログラムで生成された install-config.yaml ファイルがあります。

手順

  1. コマンドラインで、install-config.yaml が含まれるディレクトリーを参照します。
  2. そのディレクトリーからスクリプトを実行して install-config.yaml ファイルを編集するか、または手動でファイルを更新します。

    • スクリプトを使用して値を設定するには、以下を実行します。

      $ python -c '
      import yaml;
      path = "install-config.yaml";
      data = yaml.safe_load(open(path));
      data["networking"]["machineNetwork"] = [{"cidr": "192.168.0.0/18"}]; 1
      open(path, "w").write(yaml.dump(data, default_flow_style=False))'
      1
      必要な Neutron サブネットに一致する値 (例: 192.0.2.0/24) を挿入します。
    • 値を手動で設定するには、ファイルを開き、networking.machineCIDR の値を必要な Neutron サブネットに一致する値に設定します。

1.3.12.9. コンピュートマシンプールを空にする

独自のインフラストラクチャーを使用するインストールを実行するには、インストール設定ファイルのコンピュートマシンの数をゼロに設定します。その後、これらのマシンを手動で作成します。

前提条件

  • OpenShift Container Platform インストールプログラムで生成された install-config.yaml ファイルがあります。

手順

  1. コマンドラインで、install-config.yaml が含まれるディレクトリーを参照します。
  2. そのディレクトリーからスクリプトを実行して install-config.yaml ファイルを編集するか、または手動でファイルを更新します。

    • スクリプトを使用して値を設定するには、以下を実行します。

      $ python -c '
      import yaml;
      path = "install-config.yaml";
      data = yaml.safe_load(open(path));
      data["compute"][0]["replicas"] = 0;
      open(path, "w").write(yaml.dump(data, default_flow_style=False))'
    • 値を手動で設定するには、ファイルを開き、compute.<first entry>.replicas の値を 0 に設定します。

1.3.13. Kubernetes マニフェストおよび Ignition 設定ファイルの作成

一部のクラスター定義ファイルを変更し、クラスターマシンを手動で起動する必要があるため、クラスターがマシンを作成するために必要な Kubernetes マニフェストと Ignition 設定ファイルを生成する必要があります。

重要

インストールプログラムが生成する Ignition 設定ファイルには、24 時間が経過すると期限切れになり、その後に更新される証明書が含まれます。証明書を更新する前にクラスターが停止し、24 時間経過した後にクラスターを再起動すると、クラスターは期限切れの証明書を自動的に復元します。例外として、kubelet 証明書を回復するために保留状態の node-bootstrapper 証明書署名要求 (CSR)を手動で承認する必要があります。詳細は、コントロールプレーン証明書の期限切れの状態からのリカバリー についてのドキュメントを参照してください。

前提条件

  • OpenShift Container Platform インストールプログラムを取得します。
  • install-config.yaml インストール設定ファイルを作成します。

手順

  1. クラスターの Kubernetes マニフェストを生成します。

    $ ./openshift-install create manifests --dir=<installation_directory> 1

    出力例

    INFO Consuming Install Config from target directory
    WARNING Making control-plane schedulable by setting MastersSchedulable to true for Scheduler cluster settings

    1
    <installation_directory> については、作成した install-config.yaml ファイルが含まれるインストールディレクトリーを指定します。

    インストールプロセスの後の部分で独自のコンピュートマシンを作成するため、この警告を無視しても問題がありません。

  2. コントロールプレーンマシンおよびコンピュートマシンセットを定義する Kubernetes マニフェストファイルを削除します。

    $ rm -f openshift/99_openshift-cluster-api_master-machines-*.yaml openshift/99_openshift-cluster-api_worker-machineset-*.yaml

    これらのリソースを独自に作成および管理するため、それらを初期化する必要はありません。

    • マシンセットファイルを保存して、マシン API を使用してコンピュートマシンを作成することができますが、環境に合わせてそれらへの参照を更新する必要があります。
  3. <installation_directory>/manifests/cluster-scheduler-02-config.yml Kubernetes マニフェストファイルを変更し、Pod がコントロールプレーンマシンにスケジュールされないようにします。

    1. <installation_directory>/manifests/cluster-scheduler-02-config.yml ファイルを開きます。
    2. mastersSchedulable パラメーターを見つけ、その値を False に設定します。
    3. ファイルを保存し、終了します。
  4. Ignition 設定ファイルを取得します。

    $ ./openshift-install create ignition-configs --dir=<installation_directory> 1
    1
    <installation_directory> については、同じインストールディレクトリーを指定します。

    以下のファイルはディレクトリーに生成されます。

    .
    ├── auth
    │   ├── kubeadmin-password
    │   └── kubeconfig
    ├── bootstrap.ign
    ├── master.ign
    ├── metadata.json
    └── worker.ign
  5. メタデータファイルの infraID キーを環境変数としてエクスポートします。

    $ export INFRA_ID=$(jq -r .infraID metadata.json)
ヒント

metadata.json から infraID キーを抽出し、作成するすべての RHOSP リソースのプレフィックスとして使用します。これを実行することで、同じプロジェクトで複数のデプロイメントを行う際に名前の競合を避けてください。

1.3.14. ブートストラップ Ignition ファイルの準備

OpenShift Container Platform インストールプロセスは、ブートストラップ Ignition 設定ファイルから作成されるブートストラップマシンに依存します。

ファイルを編集し、アップロードします。次に、Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) がプライマリーファイルをダウンロードする際に使用するセカンダリーブートストラップ Ignition 設定ファイルを作成します。

前提条件

  • インストーラープログラムが生成するブートストラップ Ignition ファイル bootstrap.ign があります。
  • インストーラーのメタデータファイルのインフラストラクチャー ID は環境変数 ($INFRA_ID) として設定されます。

    • 変数が設定されていない場合は、「Kubernetes マニフェストおよび Ignition 設定ファイルの作成」を参照してください。
  • HTTP(S) でアクセス可能な方法でブートストラップ Ignition ファイルを保存できます。

    • 記載された手順では RHOSP イメージサービス (Glance) を使用しますが、RHOSP ストレージサービス (Swift)、Amazon S3、内部 HTTP サーバー、またはアドホックの Nova サーバーを使用することもできます。

手順

  1. 以下の Python スクリプトを実行します。スクリプトはブートストラップ Ignition ファイルを変更して、ホスト名および利用可能な場合は、実行時の CA 証明書ファイルを設定します。

    import base64
    import json
    import os
    
    with open('bootstrap.ign', 'r') as f:
        ignition = json.load(f)
    
    files = ignition['storage'].get('files', [])
    
    infra_id = os.environ.get('INFRA_ID', 'openshift').encode()
    hostname_b64 = base64.standard_b64encode(infra_id + b'-bootstrap\n').decode().strip()
    files.append(
    {
        'path': '/etc/hostname',
        'mode': 420,
        'contents': {
            'source': 'data:text/plain;charset=utf-8;base64,' + hostname_b64,
            'verification': {}
        },
        'filesystem': 'root',
    })
    
    ca_cert_path = os.environ.get('OS_CACERT', '')
    if ca_cert_path:
        with open(ca_cert_path, 'r') as f:
            ca_cert = f.read().encode()
            ca_cert_b64 = base64.standard_b64encode(ca_cert).decode().strip()
    
        files.append(
        {
            'path': '/opt/openshift/tls/cloud-ca-cert.pem',
            'mode': 420,
            'contents': {
                'source': 'data:text/plain;charset=utf-8;base64,' + ca_cert_b64,
                'verification': {}
            },
            'filesystem': 'root',
        })
    
    ignition['storage']['files'] = files;
    
    with open('bootstrap.ign', 'w') as f:
        json.dump(ignition, f)
  2. RHOSP CLI を使用して、ブートストラップ Ignition ファイルを使用するイメージを作成します。

    $ openstack image create --disk-format=raw --container-format=bare --file bootstrap.ign <image_name>
  3. イメージの詳細を取得します。

    $ openstack image show <image_name>

    file 値をメモします。これは v2/images/<image_ID>/file パターンをベースとしています。

    注記

    作成したイメージがアクティブであることを確認します。

  4. イメージサービスのパブリックアドレスを取得します。

    $ openstack catalog show image
  5. パブリックアドレスとイメージ file 値を組み合わせ、結果を保存場所として保存します。この場所は、<image_service_public_URL>/v2/images/<image_ID>/file パターンをベースとしています。
  6. 認証トークンを生成し、トークン ID を保存します。

    $ openstack token issue -c id -f value
  7. $INFRA_ID-bootstrap-ignition.json というファイルに以下のコンテンツを挿入し、独自の値に一致するようにプレースホルダーを編集します。

    {
      "ignition": {
        "config": {
          "append": [{
            "source": "<storage_url>", 1
            "verification": {},
            "httpHeaders": [{
              "name": "X-Auth-Token", 2
              "value": "<token_ID>" 3
            }]
          }]
        },
        "security": {
          "tls": {
            "certificateAuthorities": [{
              "source": "data:text/plain;charset=utf-8;base64,<base64_encoded_certificate>", 4
              "verification": {}
            }]
          }
        },
        "timeouts": {},
        "version": "2.4.0"
      },
      "networkd": {},
      "passwd": {},
      "storage": {},
      "systemd": {}
    }
    1
    ignition.config.append.source の値をブートストラップ Ignition ファイルのストレージ URL に置き換えます。
    2
    httpHeadersname"X-Auth-Token" に設定します。
    3
    httpHeadersvalue をトークンの ID に設定します。
    4
    ブートストラップ Ignition ファイルサーバーが自己署名証明書を使用する場合は、base64 でエンコードされた証明書を含めます。
  8. セカンダリー Ignition 設定ファイルを保存します。

ブートストラップ Ignition データはインストール時に RHOSP に渡されます。

警告

ブートストラップ Ignition ファイルには、clouds.yaml 認証情報などの機密情報が含まれます。これを安全な場所に保存し、インストールプロセスの完了後に削除します。

1.3.15. コントロールプレーンの Ignition 設定ファイルの作成

独自のインフラストラクチャーを使用して OpenShift Container Platform を Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) にインストールするには、コントロールプレーンの Ignition 設定ファイルが必要です。複数の設定ファイルを作成する必要があります。

注記

ブートストラップ Ignition 設定と同様に、各コントロールプレーンマシンのホスト名を明示的に定義する必要があります。

前提条件

  • インストールプログラムのメタデータファイルのインフラストラクチャー ID は環境変数 ($INFRA_ID) として設定されます。

    • 変数が設定されていない場合は、「Kubernetes マニフェストおよび Ignition 設定ファイルの作成」を参照してください。

手順

  • コマンドラインで、以下の Python スクリプトを実行します。

    $ for index in $(seq 0 2); do
        MASTER_HOSTNAME="$INFRA_ID-master-$index\n"
        python -c "import base64, json, sys;
    ignition = json.load(sys.stdin);
    files = ignition['storage'].get('files', []);
    files.append({'path': '/etc/hostname', 'mode': 420, 'contents': {'source': 'data:text/plain;charset=utf-8;base64,' + base64.standard_b64encode(b'$MASTER_HOSTNAME').decode().strip(), 'verification': {}}, 'filesystem': 'root'});
    ignition['storage']['files'] = files;
    json.dump(ignition, sys.stdout)" <master.ign >"$INFRA_ID-master-$index-ignition.json"
    done

    以下の 3 つのコントロールプレーン Ignition ファイルが作成されます。<INFRA_ID>-master-0-ignition.json<INFRA_ID>-master-1-ignition.json、および <INFRA_ID>-master-2-ignition.json

1.3.16. ネットワークリソースの作成

独自のインフラストラクチャーを使用する Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) インストールの OpenShift Container Platform に必要なネットワークリソースを作成します。時間を節約するには、セキュリティーグループ、ネットワーク、サブネット、ルーター、およびポートを生成する指定された Ansible Playbook を実行します。

手順

  1. common.yaml というローカルファイルに、以下のコンテンツを挿入します。

    例1.1 common.yaml Ansible Playbook

    - hosts: localhost
      gather_facts: no
    
      vars_files:
      - metadata.json
    
      tasks:
      - name: 'Compute resource names'
        set_fact:
          cluster_id_tag: "openshiftClusterID={{ infraID }}"
          os_network: "{{ infraID }}-network"
          os_subnet: "{{ infraID }}-nodes"
          os_router: "{{ infraID }}-external-router"
          # Port names
          os_port_api: "{{ infraID }}-api-port"
          os_port_ingress: "{{ infraID }}-ingress-port"
          os_port_bootstrap: "{{ infraID }}-bootstrap-port"
          os_port_master: "{{ infraID }}-master-port"
          os_port_worker: "{{ infraID }}-worker-port"
          # Security groups names
          os_sg_master: "{{ infraID }}-master"
          os_sg_worker: "{{ infraID }}-worker"
          # Server names
          os_bootstrap_server_name: "{{ infraID }}-bootstrap"
          os_cp_server_name: "{{ infraID }}-master"
          os_cp_server_group_name: "{{ infraID }}-master"
          os_compute_server_name: "{{ infraID }}-worker"
          # Trunk names
          os_cp_trunk_name: "{{ infraID }}-master-trunk"
          os_compute_trunk_name: "{{ infraID }}-worker-trunk"
          # Subnet pool name
          subnet_pool: "{{ infraID }}-kuryr-pod-subnetpool"
          # Service network name
          os_svc_network: "{{ infraID }}-kuryr-service-network"
          # Service subnet name
          os_svc_subnet: "{{ infraID }}-kuryr-service-subnet"
          # Ignition files
          os_bootstrap_ignition: "{{ infraID }}-bootstrap-ignition.json"
  2. inventory.yaml というローカルファイルに、以下のコンテンツを挿入します。

    例1.2 inventory.yaml Ansible Playbook

    all:
      hosts:
        localhost:
          ansible_connection: local
          ansible_python_interpreter: "{{ansible_playbook_python}}"
    
          # User-provided values
          os_subnet_range: '10.0.0.0/16'
          os_flavor_master: 'm1.xlarge'
          os_flavor_worker: 'm1.large'
          os_image_rhcos: 'rhcos'
          os_external_network: 'external'
          # OpenShift API floating IP address
          os_api_fip: '203.0.113.23'
          # OpenShift Ingress floating IP address
          os_ingress_fip: '203.0.113.19'
          # Service subnet cidr
          svc_subnet_range: '172.30.0.0/16'
          os_svc_network_range: '172.30.0.0/15'
          # Subnet pool prefixes
          cluster_network_cidrs: '10.128.0.0/14'
          # Subnet pool prefix length
          host_prefix: '23'
          # Name of the SDN.
          # Possible values are OpenshiftSDN or Kuryr.
          os_networking_type: 'OpenshiftSDN'
    
          # Number of provisioned Control Plane nodes
          # 3 is the minimum number for a fully-functional cluster.
          os_cp_nodes_number: 3
    
          # Number of provisioned Compute nodes.
          # 3 is the minimum number for a fully-functional cluster.
          os_compute_nodes_number: 3
  3. security-groups.yaml というローカルファイルに、以下のコンテンツを挿入します。

    例1.3 security-groups.yaml

    # Required Python packages:
    #
    # ansible
    # openstackclient
    # openstacksdk
    
    - import_playbook: common.yaml
    
    - hosts: all
      gather_facts: no
    
      tasks:
      - name: 'Create the master security group'
        os_security_group:
          name: "{{ os_sg_master }}"
    
      - name: 'Set master security group tag'
        command:
          cmd: "openstack security group set --tag {{ cluster_id_tag }} {{ os_sg_master }} "
    
      - name: 'Create the worker security group'
        os_security_group:
          name: "{{ os_sg_worker }}"
    
      - name: 'Set worker security group tag'
        command:
          cmd: "openstack security group set --tag {{ cluster_id_tag }} {{ os_sg_worker }} "
    
      - name: 'Create master-sg rule "ICMP"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_master }}"
          protocol: icmp
    
      - name: 'Create master-sg rule "machine config server"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_master }}"
          protocol: tcp
          remote_ip_prefix: "{{ os_subnet_range }}"
          port_range_min: 22623
          port_range_max: 22623
    
      - name: 'Create master-sg rule "SSH"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_master }}"
          protocol: tcp
          port_range_min: 22
          port_range_max: 22
    
      - name: 'Create master-sg rule "DNS (TCP)"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_master }}"
          remote_ip_prefix: "{{ os_subnet_range }}"
          protocol: tcp
          port_range_min: 53
          port_range_max: 53
    
      - name: 'Create master-sg rule "DNS (UDP)"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_master }}"
          remote_ip_prefix: "{{ os_subnet_range }}"
          protocol: udp
          port_range_min: 53
          port_range_max: 53
    
      - name: 'Create master-sg rule "mDNS"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_master }}"
          remote_ip_prefix: "{{ os_subnet_range }}"
          protocol: udp
          port_range_min: 5353
          port_range_max: 5353
    
      - name: 'Create master-sg rule "OpenShift API"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_master }}"
          protocol: tcp
          port_range_min: 6443
          port_range_max: 6443
    
      - name: 'Create master-sg rule "VXLAN"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_master }}"
          protocol: udp
          remote_ip_prefix: "{{ os_subnet_range }}"
          port_range_min: 4789
          port_range_max: 4789
    
      - name: 'Create master-sg rule "Geneve"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_master }}"
          protocol: udp
          remote_ip_prefix: "{{ os_subnet_range }}"
          port_range_min: 6081
          port_range_max: 6081
    
      - name: 'Create master-sg rule "ovndb"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_master }}"
          protocol: tcp
          remote_ip_prefix: "{{ os_subnet_range }}"
          port_range_min: 6641
          port_range_max: 6642
    
      - name: 'Create master-sg rule "master ingress internal (TCP)"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_master }}"
          protocol: tcp
          remote_ip_prefix: "{{ os_subnet_range }}"
          port_range_min: 9000
          port_range_max: 9999
    
      - name: 'Create master-sg rule "master ingress internal (UDP)"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_master }}"
          protocol: udp
          remote_ip_prefix: "{{ os_subnet_range }}"
          port_range_min: 9000
          port_range_max: 9999
    
      - name: 'Create master-sg rule "kube scheduler"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_master }}"
          protocol: tcp
          remote_ip_prefix: "{{ os_subnet_range }}"
          port_range_min: 10259
          port_range_max: 10259
    
      - name: 'Create master-sg rule "kube controller manager"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_master }}"
          protocol: tcp
          remote_ip_prefix: "{{ os_subnet_range }}"
          port_range_min: 10257
          port_range_max: 10257
    
      - name: 'Create master-sg rule "master ingress kubelet secure"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_master }}"
          protocol: tcp
          remote_ip_prefix: "{{ os_subnet_range }}"
          port_range_min: 10250
          port_range_max: 10250
    
      - name: 'Create master-sg rule "etcd"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_master }}"
          protocol: tcp
          remote_ip_prefix: "{{ os_subnet_range }}"
          port_range_min: 2379
          port_range_max: 2380
    
      - name: 'Create master-sg rule "master ingress services (TCP)"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_master }}"
          protocol: tcp
          remote_ip_prefix: "{{ os_subnet_range }}"
          port_range_min: 30000
          port_range_max: 32767
    
      - name: 'Create master-sg rule "master ingress services (UDP)"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_master }}"
          protocol: udp
          remote_ip_prefix: "{{ os_subnet_range }}"
          port_range_min: 30000
          port_range_max: 32767
    
      - name: 'Create master-sg rule "VRRP"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_master }}"
          protocol: '112'
          remote_ip_prefix: "{{ os_subnet_range }}"
    
    
      - name: 'Create worker-sg rule "ICMP"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_worker }}"
          protocol: icmp
    
      - name: 'Create worker-sg rule "SSH"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_worker }}"
          protocol: tcp
          port_range_min: 22
          port_range_max: 22
    
      - name: 'Create worker-sg rule "mDNS"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_worker }}"
          protocol: udp
          remote_ip_prefix: "{{ os_subnet_range }}"
          port_range_min: 5353
          port_range_max: 5353
    
      - name: 'Create worker-sg rule "Ingress HTTP"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_worker }}"
          protocol: tcp
          port_range_min: 80
          port_range_max: 80
    
      - name: 'Create worker-sg rule "Ingress HTTPS"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_worker }}"
          protocol: tcp
          port_range_min: 443
          port_range_max: 443
    
      - name: 'Create worker-sg rule "router"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_worker }}"
          protocol: tcp
          remote_ip_prefix: "{{ os_subnet_range }}"
          port_range_min: 1936
          port_range_max: 1936
    
      - name: 'Create worker-sg rule "VXLAN"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_worker }}"
          protocol: udp
          remote_ip_prefix: "{{ os_subnet_range }}"
          port_range_min: 4789
          port_range_max: 4789
    
      - name: 'Create worker-sg rule "Geneve"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_worker }}"
          protocol: udp
          remote_ip_prefix: "{{ os_subnet_range }}"
          port_range_min: 6081
          port_range_max: 6081
    
      - name: 'Create worker-sg rule "worker ingress internal (TCP)"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_worker }}"
          protocol: tcp
          remote_ip_prefix: "{{ os_subnet_range }}"
          port_range_min: 9000
          port_range_max: 9999
    
      - name: 'Create worker-sg rule "worker ingress internal (UDP)"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_worker }}"
          protocol: udp
          remote_ip_prefix: "{{ os_subnet_range }}"
          port_range_min: 9000
          port_range_max: 9999
    
      - name: 'Create worker-sg rule "worker ingress kubelet insecure"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_worker }}"
          protocol: tcp
          remote_ip_prefix: "{{ os_subnet_range }}"
          port_range_min: 10250
          port_range_max: 10250
    
      - name: 'Create worker-sg rule "worker ingress services (TCP)"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_worker }}"
          protocol: tcp
          remote_ip_prefix: "{{ os_subnet_range }}"
          port_range_min: 30000
          port_range_max: 32767
    
      - name: 'Create worker-sg rule "worker ingress services (UDP)"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_worker }}"
          protocol: udp
          remote_ip_prefix: "{{ os_subnet_range }}"
          port_range_min: 30000
          port_range_max: 32767
    
      - name: 'Create worker-sg rule "VRRP"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_worker }}"
          protocol: '112'
          remote_ip_prefix: "{{ os_subnet_range }}"
  4. network.yaml というローカルファイルに、以下のコンテンツを挿入します。

    例1.4 network.yaml

    # Required Python packages:
    #
    # ansible
    # openstackclient
    # openstacksdk
    # netaddr
    
    - import_playbook: common.yaml
    
    - hosts: all
      gather_facts: no
    
      tasks:
      - name: 'Create the cluster network'
        os_network:
          name: "{{ os_network }}"
    
      - name: 'Set the cluster network tag'
        command:
          cmd: "openstack network set --tag {{ cluster_id_tag }} {{ os_network }}"
    
      - name: 'Create a subnet'
        os_subnet:
          name: "{{ os_subnet }}"
          network_name: "{{ os_network }}"
          cidr: "{{ os_subnet_range }}"
          allocation_pool_start: "{{ os_subnet_range | next_nth_usable(10) }}"
          allocation_pool_end: "{{ os_subnet_range | ipaddr('last_usable') }}"
    
      - name: 'Set the cluster subnet tag'
        command:
          cmd: "openstack subnet set --tag {{ cluster_id_tag }} {{ os_subnet }}"
    
      - name: 'Create the service network'
        os_network:
          name: "{{ os_svc_network }}"
        when: os_networking_type == "Kuryr"
    
      - name: 'Set the service network tag'
        command:
          cmd: "openstack network set --tag {{ cluster_id_tag }} {{ os_svc_network }}"
        when: os_networking_type == "Kuryr"
    
      - name: 'Computing facts for service subnet'
        set_fact:
          first_ip_svc_subnet_range: "{{ svc_subnet_range | ipv4('network') }}"
          last_ip_svc_subnet_range: "{{ svc_subnet_range | ipaddr('last_usable') |ipmath(1) }}"
          first_ip_os_svc_network_range: "{{ os_svc_network_range | ipv4('network') }}"
          last_ip_os_svc_network_range: "{{ os_svc_network_range | ipaddr('last_usable') |ipmath(1) }}"
          allocation_pool: ""
        when: os_networking_type == "Kuryr"
    
      - name: 'Get first part of OpenStack network'
        set_fact:
          allocation_pool: "{{ allocation_pool + '--allocation-pool start={{ first_ip_os_svc_network_range | ipmath(1) }},end={{ first_ip_svc_subnet_range |ipmath(-1) }}' }}"
        when:
        - os_networking_type == "Kuryr"
        - first_ip_svc_subnet_range != first_ip_os_svc_network_range
    
      - name: 'Get last part of OpenStack network'
        set_fact:
          allocation_pool: "{{ allocation_pool + ' --allocation-pool start={{ last_ip_svc_subnet_range | ipmath(1) }},end={{ last_ip_os_svc_network_range |ipmath(-1) }}' }}"
        when:
        - os_networking_type == "Kuryr"
        - last_ip_svc_subnet_range != last_ip_os_svc_network_range
    
      - name: 'Get end of allocation'
        set_fact:
          gateway_ip: "{{ allocation_pool.split('=')[-1] }}"
        when: os_networking_type == "Kuryr"
    
      - name: 'replace last IP'
        set_fact:
          allocation_pool: "{{ allocation_pool | replace(gateway_ip, gateway_ip | ipmath(-1))}}"
        when: os_networking_type == "Kuryr"
    
      - name: 'list service subnet'
        command:
          cmd: "openstack subnet list --name {{ os_svc_subnet }} --tag {{ cluster_id_tag }}"
        when: os_networking_type == "Kuryr"
        register: svc_subnet
    
      - name: 'Create the service subnet'
        command:
          cmd: "openstack subnet create --ip-version 4 --gateway {{ gateway_ip }} --subnet-range {{ os_svc_network_range }} {{ allocation_pool }} --no-dhcp --network {{ os_svc_network }} --tag {{ cluster_id_tag }} {{ os_svc_subnet }}"
        when:
        - os_networking_type == "Kuryr"
        - svc_subnet.stdout == ""
    
      - name: 'list subnet pool'
        command:
          cmd: "openstack subnet pool list --name {{ subnet_pool }} --tags {{ cluster_id_tag }}"
        when: os_networking_type == "Kuryr"
        register: pods_subnet_pool
    
      - name: 'Create pods subnet pool'
        command:
          cmd: "openstack subnet pool create --default-prefix-length {{ host_prefix }} --pool-prefix {{ cluster_network_cidrs }} --tag {{ cluster_id_tag }} {{ subnet_pool }}"
        when:
        - os_networking_type == "Kuryr"
        - pods_subnet_pool.stdout == ""
    
      - name: 'Create external router'
        os_router:
          name: "{{ os_router }}"
          network: "{{ os_external_network }}"
          interfaces:
          - "{{ os_subnet }}"
    
      - name: 'Set external router tag'
        command:
          cmd: "openstack router set --tag {{ cluster_id_tag }} {{ os_router }}"
        when: os_networking_type == "Kuryr"
    
      - name: 'Create the API port'
        os_port:
          name: "{{ os_port_api }}"
          network: "{{ os_network }}"
          security_groups:
          - "{{ os_sg_master }}"
          fixed_ips:
          - subnet: "{{ os_subnet }}"
            ip_address: "{{ os_subnet_range | next_nth_usable(5) }}"
    
      - name: 'Set API port tag'
        command:
          cmd: "openstack port set --tag {{ cluster_id_tag }} {{ os_port_api }}"
    
      - name: 'Create the Ingress port'
        os_port:
          name: "{{ os_port_ingress }}"
          network: "{{ os_network }}"
          security_groups:
          - "{{ os_sg_worker }}"
          fixed_ips:
          - subnet: "{{ os_subnet }}"
            ip_address: "{{ os_subnet_range | next_nth_usable(7) }}"
    
      - name: 'Set the Ingress port tag'
        command:
          cmd: "openstack port set --tag {{ cluster_id_tag }} {{ os_port_ingress }}"
    
      # NOTE: openstack ansible module doesn't allow attaching Floating IPs to
      # ports, let's use the CLI instead
      - name: 'Attach the API floating IP to API port'
        command:
          cmd: "openstack floating ip set --port {{ os_port_api }} {{ os_api_fip }}"
    
      # NOTE: openstack ansible module doesn't allow attaching Floating IPs to
      # ports, let's use the CLI instead
      - name: 'Attach the Ingress floating IP to Ingress port'
        command:
          cmd: "openstack floating ip set --port {{ os_port_ingress }} {{ os_ingress_fip }}"
  5. コマンドラインで、security-groups.yaml Playbook を実行してセキュリティーグループを作成します。

    $ ansible-playbook -i inventory.yaml security-groups.yaml
  6. コマンドラインで、network.yaml Playbook を実行して、ネットワーク、サブネット、およびルーターを作成します。

    $ ansible-playbook -i inventory.yaml network.yaml
  7. オプション: Nova サーバーが使用するデフォルトのリゾルバーを制御する必要がある場合は、RHOSP CLI コマンドを実行します。

    $ openstack subnet set --dns-nameserver <server_1> --dns-nameserver <server_2> "$INFRA_ID-nodes"

1.3.17. ブートストラップマシンの作成

ブートストラップマシンを作成し、Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) で実行するために必要なネットワークアクセスを付与します。Red Hat は、このプロセスを単純化するために実行する Ansible Playbook を提供しています。

前提条件

  • 共通ディレクトリー内の inventory.yaml および common.yaml Ansible Playbook。

    • これらのファイルが必要な場合は、「ネットワークリソースの作成」からこれらのファイルをコピーします。
  • インストールプログラムが作成した metadata.json ファイルが Ansible Playbook と同じディレクトリーにあります。

手順

  1. コマンドラインで、作業ディレクトリーを inventory.yaml および common.yaml ファイルの場所に変更します。
  2. bootstrap.yaml というローカルファイルに、以下のコンテンツを挿入します。

    例1.5 bootstrap.yaml

    # Required Python packages:
    #
    # ansible
    # openstackclient
    # openstacksdk
    # netaddr
    
    - import_playbook: common.yaml
    
    - hosts: all
      gather_facts: no
    
      tasks:
      - name: 'Create the bootstrap server port'
        os_port:
          name: "{{ os_port_bootstrap }}"
          network: "{{ os_network }}"
          security_groups:
          - "{{ os_sg_master }}"
          allowed_address_pairs:
          - ip_address: "{{ os_subnet_range | next_nth_usable(5) }}"
          - ip_address: "{{ os_subnet_range | next_nth_usable(6) }}"
    
      - name: 'Set bootstrap port tag'
        command:
          cmd: "openstack port set --tag {{ cluster_id_tag }} {{ os_port_bootstrap }}"
    
      - name: 'Create the bootstrap server'
        os_server:
          name: "{{ os_bootstrap_server_name }}"
          image: "{{ os_image_rhcos }}"
          flavor: "{{ os_flavor_master }}"
          userdata: "{{ lookup('file', os_bootstrap_ignition) | string }}"
          auto_ip: no
          nics:
          - port-name: "{{ os_port_bootstrap }}"
    
      - name: 'Create the bootstrap floating IP'
        os_floating_ip:
          state: present
          network: "{{ os_external_network }}"
          server: "{{ os_bootstrap_server_name }}"
  3. コマンドラインで Playbook を実行します。

    $ ansible-playbook -i inventory.yaml bootstrap.yaml
  4. ブートストラップサーバーがアクティブになった後に、ログを表示し、Ignition ファイルが受信されたことを確認します。

    $ openstack console log show "$INFRA_ID-bootstrap"

1.3.18. コントロールプレーンマシンの作成

生成した Ignition 設定ファイルを使用して 3 つのコントロールプレーンマシンを作成します。

前提条件

  • インストールプログラムのメタデータファイルのインフラストラクチャー ID は環境変数 ($INFRA_ID) として設定されます。
  • 共通ディレクトリー内の inventory.yaml および common.yaml Ansible Playbook。

    • これらのファイルが必要な場合は、「ネットワークリソースの作成」からこれらのファイルをコピーします。
  • コントロールプレーン Ignition 設定ファイルの作成」で作成された 3 つの Ignition ファイル。

手順

  1. コマンドラインで、作業ディレクトリーを inventory.yaml および common.yaml ファイルの場所に変更します。
  2. コントロールプレーン Ignition 設定ファイルが作業ディレクトリーにない場合、それらをここにコピーします。
  3. control-plane.yaml というローカルファイルに、以下のコンテンツを挿入します。

    例1.6 control-plane.yaml

    # Required Python packages:
    #
    # ansible
    # openstackclient
    # openstacksdk
    # netaddr
    
    - import_playbook: common.yaml
    
    - hosts: all
      gather_facts: no
    
      tasks:
      - name: 'Create the Control Plane ports'
        os_port:
          name: "{{ item.1 }}-{{ item.0 }}"
          network: "{{ os_network }}"
          security_groups:
          - "{{ os_sg_master }}"
          allowed_address_pairs:
          - ip_address: "{{ os_subnet_range | next_nth_usable(5) }}"
          - ip_address: "{{ os_subnet_range | next_nth_usable(6) }}"
          - ip_address: "{{ os_subnet_range | next_nth_usable(7) }}"
        with_indexed_items: "{{ [os_port_master] * os_cp_nodes_number }}"
        register: ports
    
      - name: 'Set Control Plane ports tag'
        command:
          cmd: "openstack port set --tag {{ cluster_id_tag }} {{ item.1 }}-{{ item.0 }}"
        with_indexed_items: "{{ [os_port_master] * os_cp_nodes_number }}"
    
      - name: 'List the Control Plane Trunks'
        command:
          cmd: "openstack network trunk list"
        when: os_networking_type == "Kuryr"
        register: control_plane_trunks
    
      - name: 'Create the Control Plane trunks'
        command:
          cmd: "openstack network trunk create --parent-port {{ item.1.id }} {{ os_cp_trunk_name }}-{{ item.0 }}"
        with_indexed_items: "{{ ports.results }}"
        when:
        - os_networking_type == "Kuryr"
        - "os_cp_trunk_name|string not in control_plane_trunks.stdout"
    
      - name: 'List the Server groups'
        command:
          cmd: "openstack server group list -f json -c ID -c Name"
        register: server_group_list
    
      - name: 'Parse the Server group ID from existing'
        set_fact:
          server_group_id: "{{ (server_group_list.stdout | from_json | json_query(list_query) | first).ID }}"
        vars:
          list_query: "[?Name=='{{ os_cp_server_group_name }}']"
        when:
        - "os_cp_server_group_name|string in server_group_list.stdout"
    
      - name: 'Create the Control Plane server group'
        command:
          cmd: "openstack --os-compute-api-version=2.15 server group create -f json -c id --policy=soft-anti-affinity {{ os_cp_server_group_name }}"
        register: server_group_created
        when:
        - server_group_id is not defined
    
      - name: 'Parse the Server group ID from creation'
        set_fact:
          server_group_id: "{{ (server_group_created.stdout | from_json).id }}"
        when:
        - server_group_id is not defined
    
      - name: 'Create the Control Plane servers'
        os_server:
          name: "{{ item.1 }}-{{ item.0 }}"
          image: "{{ os_image_rhcos }}"
          flavor: "{{ os_flavor_master }}"
          auto_ip: no
          # The ignition filename will be concatenated with the Control Plane node
          # name and its 0-indexed serial number.
          # In this case, the first node will look for this filename:
          #    "{{ infraID }}-master-0-ignition.json"
          userdata: "{{ lookup('file', [item.1, item.0, 'ignition.json'] | join('-')) | string }}"
          nics:
          - port-name: "{{ os_port_master }}-{{ item.0 }}"
          scheduler_hints:
            group: "{{ server_group_id }}"
        with_indexed_items: "{{ [os_cp_server_name] * os_cp_nodes_number }}"
  4. コマンドラインで Playbook を実行します。

    $ ansible-playbook -i inventory.yaml control-plane.yaml
  5. 以下のコマンドを実行してブートストラッププロセスをモニターします。

    $ openshift-install wait-for bootstrap-complete

    コントロールプレーンマシンが実行され、クラスターに参加していることを確認できるメッセージが表示されます。

    INFO API v1.14.6+f9b5405 up
    INFO Waiting up to 30m0s for bootstrapping to complete...
    ...
    INFO It is now safe to remove the bootstrap resources

1.3.19. クラスターへのログイン

クラスター kubeconfig ファイルをエクスポートし、デフォルトシステムユーザーとしてクラスターにログインできます。kubeconfig ファイルには、クライアントを正しいクラスターおよび API サーバーに接続するために CLI で使用されるクラスターについての情報が含まれます。このファイルはクラスターに固有のファイルであり、OpenShift Container Platform のインストール時に作成されます。

前提条件

  • OpenShift Container Platform クラスターをデプロイします。
  • oc CLI をインストールします。

手順

  1. kubeadmin 認証情報をエクスポートします。

    $ export KUBECONFIG=<installation_directory>/auth/kubeconfig 1
    1
    <installation_directory> には、インストールファイルを保存したディレクトリーへのパスを指定します。
  2. エクスポートされた設定を使用して、oc コマンドを正常に実行できることを確認します。

    $ oc whoami

    出力例

    system:admin

1.3.20. ブートストラップリソースの削除

不要になったブートストラップリソースを削除します。

前提条件

  • 共通ディレクトリー内の inventory.yaml および common.yaml Ansible Playbook。

    • これらのファイルが必要な場合は、「ネットワークリソースの作成」からこれらのファイルをコピーします。
  • コントロールプレーンマシンを実行中です。

    • マシンのステータスが分からない場合は、「クラスターステータスの確認」を参照してください。

手順

  1. down-bootstrap.yaml というローカルファイルに、以下のコンテンツを挿入します。

    例1.7 down-bootstrap.yaml

    # Required Python packages:
    #
    # ansible
    # openstacksdk
    
    - import_playbook: common.yaml
    
    - hosts: all
      gather_facts: no
    
      tasks:
      - name: 'Remove the bootstrap server'
        os_server:
          name: "{{ os_bootstrap_server_name }}"
          state: absent
          delete_fip: yes
    
      - name: 'Remove the bootstrap server port'
        os_port:
          name: "{{ os_port_bootstrap }}"
          state: absent
  2. コマンドラインで Playbook を実行します。

    $ ansible-playbook -i inventory.yaml down-bootstrap.yaml

ブートストラップポート、サーバー、および Floating IP アドレスが削除されます。

警告

ブートストラップ Ignition ファイル URL を無効にしていない場合は、無効にしてください。

1.3.21. コンピュートマシンの作成

コントロールプレーンの起動後、コンピュートマシンを作成します。

前提条件

  • 共通ディレクトリー内の inventory.yaml および common.yaml Ansible Playbook。

    • これらのファイルが必要な場合は、「ネットワークリソースの作成」からこれらのファイルをコピーします。
  • インストールプログラムが作成した metadata.json ファイルが Ansible Playbook と同じディレクトリーにあります。
  • コントロールプレーンがアクティブです。

手順

  1. コマンドラインで、作業ディレクトリーを inventory.yaml および common.yaml ファイルの場所に変更します。
  2. compute-nodes.yaml というローカルファイルに、以下のコンテンツを挿入します。

    例1.8 compute-nodes.yaml

    # Required Python packages:
    #
    # ansible
    # openstackclient
    # openstacksdk
    # netaddr
    
    - import_playbook: common.yaml
    
    - hosts: all
      gather_facts: no
    
      tasks:
      - name: 'Create the Compute ports'
        os_port:
          name: "{{ item.1 }}-{{ item.0 }}"
          network: "{{ os_network }}"
          security_groups:
          - "{{ os_sg_worker }}"
          allowed_address_pairs:
          - ip_address: "{{ os_subnet_range | next_nth_usable(7) }}"
        with_indexed_items: "{{ [os_port_worker] * os_compute_nodes_number }}"
        register: ports
    
      - name: 'Set Compute ports tag'
        command:
          cmd: "openstack port set --tag {{ cluster_id_tag }} {{ item.1 }}-{{ item.0 }}"
        with_indexed_items: "{{ [os_port_worker] * os_compute_nodes_number }}"
    
      - name: 'List the Compute Trunks'
        command:
          cmd: "openstack network trunk list"
        when: os_networking_type == "Kuryr"
        register: compute_trunks
    
      - name: 'Create the Compute trunks'
        command:
          cmd: "openstack network trunk create --parent-port {{ item.1.id }} {{ os_compute_trunk_name }}-{{ item.0 }}"
        with_indexed_items: "{{ ports.results }}"
        when:
        - os_networking_type == "Kuryr"
        - "os_compute_trunk_name|string not in compute_trunks.stdout"
    
      - name: 'Create the Compute servers'
        os_server:
          name: "{{ item.1 }}-{{ item.0 }}"
          image: "{{ os_image_rhcos }}"
          flavor: "{{ os_flavor_worker }}"
          auto_ip: no
          userdata: "{{ lookup('file', 'worker.ign') | string }}"
          nics:
          - port-name: "{{ os_port_worker }}-{{ item.0 }}"
        with_indexed_items: "{{ [os_compute_server_name] * os_compute_nodes_number }}"
  3. コマンドラインで Playbook を実行します。

    $ ansible-playbook -i inventory.yaml compute-nodes.yaml

次のステップ

  • マシンの証明書署名要求を承認します。

1.3.22. マシンの証明書署名要求の承認

マシンをクラスターに追加する際に、追加したそれぞれのマシンについて 2 つの保留状態の証明書署名要求 (CSR) が生成されます。これらの CSR が承認されていることを確認するか、または必要な場合はそれらを承認してください。最初にクライアント要求を承認し、次にサーバー要求を承認する必要があります。

前提条件

  • マシンがクラスターに追加されています。

手順

  1. クラスターがマシンを認識していることを確認します。

    $ oc get nodes

    出力例

    NAME      STATUS    ROLES   AGE  VERSION
    master-0  Ready     master  63m  v1.18.3
    master-1  Ready     master  63m  v1.18.3
    master-2  Ready     master  64m  v1.18.3
    worker-0  NotReady  worker  76s  v1.18.3
    worker-1  NotReady  worker  70s  v1.18.3

    出力には作成したすべてのマシンが一覧表示されます。

  2. 保留中の証明書署名要求 (CSR) を確認し、クラスターに追加したそれぞれのマシンのクライアントおよびサーバー要求に Pending または Approved ステータスが表示されていることを確認します。

    $ oc get csr

    出力例

    NAME        AGE     REQUESTOR                                                                   CONDITION
    csr-8b2br   15m     system:serviceaccount:openshift-machine-config-operator:node-bootstrapper   Pending
    csr-8vnps   15m     system:serviceaccount:openshift-machine-config-operator:node-bootstrapper   Pending
    ...

    この例では、2 つのマシンがクラスターに参加しています。この一覧にはさらに多くの承認された CSR が表示される可能性があります。

  3. 追加したマシンの保留中の CSR すべてが Pending ステータスになった後に CSR が承認されない場合には、クラスターマシンの CSR を承認します。

    注記

    CSR のローテーションは自動的に実行されるため、クラスターにマシンを追加後 1 時間以内に CSR を承認してください。1 時間以内に承認しない場合には、証明書のローテーションが行われ、各ノードに 3 つ以上の証明書が存在するようになります。これらの証明書すべてを承認する必要があります。クライアントの CSR が承認されたら、Kubelet は提供証明書のセカンダリー CSR を作成します。これには、手動の承認が必要です。次に、後続の提供証明書の更新要求は、Kubelet が同じパラメーターを持つ新規証明書を要求する場合に machine-approver によって自動的に承認されます。

    • それらを個別に承認するには、それぞれの有効な CSR について以下のコマンドを実行します。

      $ oc adm certificate approve <csr_name> 1
      1
      <csr_name> は、現行の CSR の一覧からの CSR の名前です。
    • すべての保留中の CSR を承認するには、以下のコマンドを実行します。

      $ oc get csr -o go-template='{{range .items}}{{if not .status}}{{.metadata.name}}{{"\n"}}{{end}}{{end}}' | xargs --no-run-if-empty oc adm certificate approve
  4. クライアント要求が承認されたら、クラスターに追加した各マシンのサーバー要求を確認する必要があります。

    $ oc get csr

    出力例

    NAME        AGE     REQUESTOR                                                                   CONDITION
    csr-bfd72   5m26s   system:node:ip-10-0-50-126.us-east-2.compute.internal                       Pending
    csr-c57lv   5m26s   system:node:ip-10-0-95-157.us-east-2.compute.internal                       Pending
    ...

  5. 残りの CSR が承認されず、それらが Pending ステータスにある場合、クラスターマシンの CSR を承認します。

    • それらを個別に承認するには、それぞれの有効な CSR について以下のコマンドを実行します。

      $ oc adm certificate approve <csr_name> 1
      1
      <csr_name> は、現行の CSR の一覧からの CSR の名前です。
    • すべての保留中の CSR を承認するには、以下のコマンドを実行します。

      $ oc get csr -o go-template='{{range .items}}{{if not .status}}{{.metadata.name}}{{"\n"}}{{end}}{{end}}' | xargs oc adm certificate approve
  6. すべてのクライアントおよびサーバーの CSR が承認された後に、マシンのステータスが Ready になります。以下のコマンドを実行して、これを確認します。

    $ oc get nodes

    出力例

    NAME      STATUS    ROLES   AGE  VERSION
    master-0  Ready     master  73m  v1.20.0
    master-1  Ready     master  73m  v1.20.0
    master-2  Ready     master  74m  v1.20.0
    worker-0  Ready     worker  11m  v1.20.0
    worker-1  Ready     worker  11m  v1.20.0

    注記

    サーバー CSR の承認後にマシンが Ready ステータスに移行するまでに数分の時間がかかる場合があります。

追加情報

1.3.23. インストールの正常な実行の確認

OpenShift Container Platform のインストールが完了していることを確認します。

前提条件

  • インストールプログラム (openshift-install) があります。

手順

  • コマンドラインで、以下を入力します。

    $ openshift-install --log-level debug wait-for install-complete

プログラムはコンソール URL と管理者のログイン情報を出力します。

1.3.24. Floating IP アドレスを使用したアプリケーションアクセスの設定

OpenShift Container Platform をインストールした後に、アプリケーションネットワークトラフィックを許可するように Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) を設定します。

前提条件

  • OpenShift Container Platform クラスターがインストールされている必要があります。
  • 環境へのアクセスの有効化」で説明されているように、Floating IP アドレスが有効化されています。

手順

OpenShift Container Platform クラスターをインストールした後に、Floating IP アドレスを Ingress ポートに割り当てます。

  1. ポートを表示します。

    $ openstack port show <cluster name>-<clusterID>-ingress-port
  2. ポートを IP アドレスに接続します。

    $ openstack floating ip set --port <ingress port ID> <apps FIP>
  3. *apps. のワイルドカード A レコードを DNS ファイルに追加します。

    *.apps.<cluster name>.<base domain>  IN  A  <apps FIP>
注記

DNS サーバーを制御せず、非実稼働環境でアプリケーションアクセスを有効にする必要がある場合は、これらのホスト名を /etc/hostsに追加できます。

<apps FIP> console-openshift-console.apps.<cluster name>.<base domain>
<apps FIP> integrated-oauth-server-openshift-authentication.apps.<cluster name>.<base domain>
<apps FIP> oauth-openshift.apps.<cluster name>.<base domain>
<apps FIP> prometheus-k8s-openshift-monitoring.apps.<cluster name>.<base domain>
<apps FIP> grafana-openshift-monitoring.apps.<cluster name>.<base domain>
<apps FIP> <app name>.apps.<cluster name>.<base domain>

1.3.25. 次のステップ

1.4. 独自のインフラストラクチャーでの Kuryr を使用する OpenStack へのクラスターのインストール

OpenShift Container Platform バージョン 4.5 では、ユーザーによってプロビジョニングされたインフラストラクチャーを実行するクラスターを Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) にインストールできます。

独自のインフラストラクチャーを使用することで、クラスターを既存のインフラストラクチャーおよび変更と統合できます。このプロセスでは、インストーラーでプロビジョニングされるインストールの場合よりも多くの手作業が必要になります。Nova サーバー、Neutron ポート、セキュリティーグループなどのすべての RHOSP リソースを作成する必要があるためです。ただし、Red Hat では、デプロイメントプロセスを支援する Ansible Playbook を提供しています。

1.4.1. 前提条件

  • OpenShift Container Platform のインストールおよび更新プロセスについての詳細を確認します。

    • OpenShift Container Platform 4.5 が Available platforms セクションの RHOSP バージョンと互換性があることを確認します。RHOSP サポートマトリックスの OpenShift Container Platform を参照して、プラットフォームのサポートを異なるバージョン間で比較することもできます。
  • ネットワーク設定がプロバイダーのネットワークに依存しないことを確認します。プロバイダーネットワークはサポートされません。
  • OpenShift Container Platform をインストールする RHOSP アカウントがあります。
  • インストールプログラムを実行するマシンには、以下が含まれます。

    • インストールプロセス時に作成したファイルを保持できる単一ディレクトリー
    • Python 3

1.4.2. Kuryr SDN について

Kuryr は、Neutron および Octavia Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) サービスを使用して Pod およびサービスのネットワークを提供する Container Network Interface (CNI) プラグインです。

Kuryr と OpenShift Container Platform の統合は主に、RHOSP の仮想マシンで実行する OpenShift Container Platform クラスター用に設計されました。Kuryr は、OpenShift Container Platform Pod を RHOSP SDN にプラグインしてネットワークのパフォーマンスを強化します。さらに、これは Pod と RHOSP 仮想インスタンス間の接続を可能にします。

Kuryr コンポーネントは openshift-kuryr namespace を使用して OpenShift Container Platform の Pod としてインストールされます。

  • kuryr-controller: master ノードにインストールされる単一のサービスインスタンスです。これは、OpenShift Container Platform で Deployment としてモデリングされます。
  • kuryr-cni: 各 OpenShift Container Platform ノードで Kuryr を CNI ドライバーとしてインストールし、設定するコンテナーです。これは、OpenShift Container Platform で DaemonSet オブジェクトとしてモデリングされます。

Kuryr コントローラーは OpenShift Container Platform API サーバーで Pod、サービスおよび namespace の作成、更新、および削除イベントについて監視します。これは、OpenShift Container Platform API 呼び出しを Neutron および Octavia の対応するオブジェクトにマップします。そのため、Neutron トランクポート機能を実装するすべてのネットワークソリューションを使用して、Kuryr 経由で OpenShift Container Platform をサポートすることができます。これには、Open vSwitch (OVS) および Open Virtual Network (OVN) などのオープンソースソリューションや Neutron と互換性のある市販の SDN が含まれます。

Kuryr は、カプセル化された RHOSP テナントネットワーク上の OpenShift Container Platform デプロイメントに使用することが推奨されています。これは、 RHOSP ネットワークでカプセル化された OpenShift Container Platform SDN を実行するなど、二重のカプセル化を防ぐために必要です。

プロバイダーネットワークまたはテナント VLAN を使用する場合は、二重のカプセル化を防ぐために Kuryr を使用する必要はありません。パフォーマンス上の利点はそれほど多くありません。ただし、設定によっては、Kuryr を使用して 2 つのオーバーレイが使用されないようにすることには利点がある場合があります。

Kuryr は、以下のすべての基準が true であるデプロイメントでは推奨されません。

  • RHOSP のバージョンが 16 よりも前のバージョンである。
  • デプロイメントで UDP サービスが使用されているか、または少数のハイパーバイザーで多数の TCP サービスが使用されている。

または、以下を実行します。

  • ovn-octavia Octavia ドライバーが無効にされている。
  • デプロイメントで、少数のハイパーバイザーで多数の TCP サービスが使用されている。

1.4.3. Kuryr を使用して OpenShift Container Platform を RHOSP にインストールするためのリソースのガイドライン

Kuryr SDN を使用する場合、Pod、サービス、namespace およびネットワークポリシーは RHOSP クォータのリソースを使用します。これにより、最小要件が増加します。また、Kuryr にはデフォルトインストールに必要な要件以外の追加要件があります。

以下のクォータを使用してデフォルトのクラスターの最小要件を満たすようにします。

表1.19 Kuryr を使用する RHOSP のデフォルト OpenShift Container Platform クラスターについての推奨リソース

リソース

Floating IP アドレス

3: LoadBalancer タイプに予想されるサービス数

ポート

1500: Pod ごとに 1 つ必要

ルーター

1

サブネット

250: namespace/プロジェクトごとに 1 つ必要

ネットワーク

250: namespace/プロジェクトごとに 1 つ必要

RAM

112 GB

vCPU

28

ボリュームストレージ

275 GB

インスタンス

7

セキュリティーグループ

250: サービスおよび NetworkPolicy ごとに 1 つ必要

セキュリティーグループルール

1000

ロードバランサー

100:サービスごとに 1 つ必要

ロードバランサーリスナー

500:サービスで公開されるポートごとに 1 つ必要

ロードバランサーノード

500:サービスで公開されるポートごとに 1 つ必要

クラスターは推奨されるリソースよりもリソースが少ない場合にも機能する場合がありますが、その場合のパフォーマンスは保証されません。

重要

RHOSP オブジェクトストレージ (Swift) が利用可能で、swiftoperator ロールを持つユーザーアカウントによって操作されている場合、これは OpenShift Container Platform イメージレジストリーのデフォルトバックエンドとして使用されます。この場合、ボリュームストレージ要件は 175 GB です。Swift 領域要件は、イメージレジストリーのサイズによって異なります。

重要

OVN Octavia ドライバーではなく Amphora ドライバーで Red Hat OpenStack Platform(RHOSP)バージョン 16 を使用している場合、セキュリティーグループはユーザープロジェクトではなくサービスアカウントに関連付けられます。

リソースを設定する際には、以下の点に注意してください。

  • 必要なポート数は Pod 数よりも大きくなる。Kuryr はポートプールを使用して、事前に作成済みのポートを Pod で使用できるようにし、Pod の起動時間を短縮します。
  • 各ネットワークポリシーは RHOSP セキュリティーグループにマップされ、NetworkPolicy 仕様によっては 1 つ以上のルールがセキュリティーグループに追加される。
  • 各サービスは RHOSP ロードバランサーにマップされる。クォータに必要なセキュリティーグループの数を見積もる場合には、この要件を考慮してください。

    RHOSP バージョン 15 以前のバージョン、または ovn-octavia driver を使用している場合、各ロードバランサーにはユーザープロジェクトと共にセキュリティーグループがあります。

  • クォータはロードバランサーのリソース(VM リソースなど)を考慮しませんが、RHOSP デプロイメントのサイズを決定する際にはこれらのリソースを考慮する必要があります。デフォルトのインストールには 50 を超えるロードバランサーが あり、クラスターはそれらのロードバランサーに対応できる必要があります。

    OVN Octavia ドライバーを有効にして RHOSP バージョン 16 を使用している場合は、1 つのロードバランサー仮想マシンのみが生成され、サービスは OVN フロー経由で負荷分散されます。

OpenShift Container Platform デプロイメントは、コントロールプレーンマシン、コンピュートマシン、およびブートストラップマシンで構成されます。

Kuryr SDN を有効にするには、使用する環境が以下の要件を満たしている必要があります。

  • RHOSP 13+ を実行します。
  • オーバークラウドと Octavia を使用します。
  • Neutron トランクポートの拡張を使用します。
  • ML2/OVS Neutron ドライバーが ovs-hybrid の代わりに使用れる場合、openvswitch ファイアウォールドライバーを使用します。

1.4.3.1. クォータの拡大

Kuryr SDN を使用する場合、Pod、サービス、namespace、およびネットワークポリシーが使用する Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) リソースに対応するためにクォータを引き上げる必要があります。

手順

  • 以下のコマンドを実行して、プロジェクトのクォータを増やします。

    $ sudo openstack quota set --secgroups 250 --secgroup-rules 1000 --ports 1500 --subnets 250 --networks 250 <project>

1.4.3.2. Neutron の設定

Kuryr CNI は Neutron トランクの拡張を使用してコンテナーを Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) SDN にプラグインします。したがって、Kuryr が適切に機能するには trunks 拡張を使用する必要があります。

さらにデフォルトの ML2/OVS Neutron ドライバーを使用する場合には、セキュリティーグループがトランクサブポートで実行され、Kuryr がネットワークポリシーを適切に処理できるように、ovs_hybrid ではなく openvswitch に設定される必要があります。

1.4.3.3. Octavia の設定

Kuryr SDN は Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) の Octavia LBaaS を使用して OpenShift Container Platform サービスを実装します。したがって、Kuryr SDN を使用するように RHOSP に Octavia コンポーネントをインストールし、設定する必要があります。

Octavia を有効にするには、Octavia サービスを RHOSP オーバークラウドのインストール時に組み込むか、またはオーバークラウドがすでに存在する場合は Octavia サービスをアップグレードする必要があります。Octavia を有効にする以下の手順は、オーバークラウドのクリーンインストールまたはオーバークラウドの更新の両方に適用されます。

注記

以下の手順では、Octavia を使用する場合に RHOSP のデプロイメント 時に必要となる主な手順のみを説明します。また、レジストリーメソッド が変更されることにも留意してください。

以下の例では、ローカルレジストリーの方法を使用しています。

手順

  1. ローカルレジストリーを使用している場合、イメージをレジストリーにアップロードするためのテンプレートを作成します。以下は例になります。

    (undercloud) $ openstack overcloud container image prepare \
    -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/services-docker/octavia.yaml \
    --namespace=registry.access.redhat.com/rhosp13 \
    --push-destination=<local-ip-from-undercloud.conf>:8787 \
    --prefix=openstack- \
    --tag-from-label {version}-{release} \
    --output-env-file=/home/stack/templates/overcloud_images.yaml \
    --output-images-file /home/stack/local_registry_images.yaml
  2. local_registry_images.yaml ファイルに Octavia イメージが含まれることを確認します。以下は例になります。

    ...
    - imagename: registry.access.redhat.com/rhosp13/openstack-octavia-api:13.0-43
      push_destination: <local-ip-from-undercloud.conf>:8787
    - imagename: registry.access.redhat.com/rhosp13/openstack-octavia-health-manager:13.0-45
      push_destination: <local-ip-from-undercloud.conf>:8787
    - imagename: registry.access.redhat.com/rhosp13/openstack-octavia-housekeeping:13.0-45
      push_destination: <local-ip-from-undercloud.conf>:8787
    - imagename: registry.access.redhat.com/rhosp13/openstack-octavia-worker:13.0-44
      push_destination: <local-ip-from-undercloud.conf>:8787
    注記

    Octavia コンテナーのバージョンは、インストールされている特定の RHOSP リリースによって異なります。

  3. コンテナーイメージを registry.redhat.io からアンダークラウドノードにプルします。

    (undercloud) $ sudo openstack overcloud container image upload \
      --config-file  /home/stack/local_registry_images.yaml \
      --verbose

    これには、ネットワークおよびアンダークラウドディスクの速度に応じて多少の時間がかかる可能性があります。

  4. Octavia ロードバランサーは OpenShift Container Platform API にアクセスするために使用されるため、それらのリスナーの接続のデフォルトタイムアウトを増やす必要があります。デフォルトのタイムアウトは 50 秒です。以下のファイルをオーバークラウドのデプロイコマンドに渡し、タイムアウトを 20 分に増やします。

    (undercloud) $ cat octavia_timeouts.yaml
    parameter_defaults:
      OctaviaTimeoutClientData: 1200000
      OctaviaTimeoutMemberData: 1200000
    注記

    これは RHOSP 13.0.13+ では不要です。

  5. Octavia を使用してオーバークラウドをインストールまたは更新します。

    $ openstack overcloud deploy --templates \
      -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/services-docker/octavia.yaml \
      -e octavia_timeouts.yaml
    注記

    このコマンドには、Octavia に関連付けられたファイルのみが含まれます。これは、RHOSP の特定のインストールによって異なります。詳細は RHOSP のドキュメントを参照してください。Octavia インストールのカスタマイズについての詳細は、「Octavia デプロイメントのプランニング」を参照してください。

    注記

    Kuryr SDN を利用する際には、オーバークラウドのインストールに Neutron の trunk 拡張機能が必要です。これは、Director デプロイメントでデフォルトで有効にされます。Neutron バックエンドが ML2/OVS の場合、デフォルトの ovs-hybrid の代わりに openvswitch ファイアウォールを使用します。バックエンドが ML2/OVN の場合には変更の必要がありません。

  6. RHOSP の 13.0.13 よりも前のバージョンでは、プロジェクトの作成後にプロジェクト ID を octavia.conf 設定ファイルに追加します。

    • トラフィックが Octavia ロードバランサーを通過する場合など、複数のサービス全体でネットワークポリシーを実行するには、Octavia がユーザープロジェクトで Amphora 仮想マシンセキュリティーグループを作成するようにする必要があります。

      この変更により、必要なロードバランサーのセキュリティーグループがそのプロジェクトに属し、それらをサービスの分離を実行するように更新できます。

      注記

      RHOSP の 13.0.13 よりも後のバージョンでは、このタスクは必要ありません。

      Octavia は、ロードバランサー VIP へのアクセスを制限する新しい ACL API を実装します。

      1. プロジェクト ID を取得します。

        $ openstack project show <project>

        出力例

        +-------------+----------------------------------+
        | Field       | Value                            |
        +-------------+----------------------------------+
        | description |                                  |
        | domain_id   | default                          |
        | enabled     | True                             |
        | id          | PROJECT_ID                       |
        | is_domain   | False                            |
        | name        | *<project>*                      |
        | parent_id   | default                          |
        | tags        | []                               |
        +-------------+----------------------------------+

      2. プロジェクト ID をコントローラーの octavia.conf に追加します。

        1. stackrc ファイルを取得します。

          $ source stackrc  # Undercloud credentials
        2. オーバークラウドコントローラーを一覧表示します。

          $ openstack server list

          出力例

          +--------------------------------------+--------------+--------+-----------------------+----------------+------------+
          │
          | ID                                   | Name         | Status | Networks
          | Image          | Flavor     |
          │
          +--------------------------------------+--------------+--------+-----------------------+----------------+------------+
          │
          | 6bef8e73-2ba5-4860-a0b1-3937f8ca7e01 | controller-0 | ACTIVE |
          ctlplane=192.168.24.8 | overcloud-full | controller |
          │
          | dda3173a-ab26-47f8-a2dc-8473b4a67ab9 | compute-0    | ACTIVE |
          ctlplane=192.168.24.6 | overcloud-full | compute    |
          │
          +--------------------------------------+--------------+--------+-----------------------+----------------+------------+

        3. コントローラーに対して SSH を実行します。

          $ ssh heat-admin@192.168.24.8
        4. octavia.conf ファイルを編集して、プロジェクトを Amphora セキュリティーグループがユーザーのアカウントに設定されているプロジェクトの一覧に追加します。

          # List of project IDs that are allowed to have Load balancer security groups
          # belonging to them.
          amp_secgroup_allowed_projects = PROJECT_ID
      3. 新しい設定が読み込まれるように Octavia ワーカーを再起動します。

        controller-0$ sudo docker restart octavia_worker
注記

RHOSP 環境によっては、Octavia は UDP リスナーをサポートしない可能性があります。RHOSP の 13.0.13 よりも前のバージョンで Kuryr SDN を使用する場合、UDP サービスはサポートされません。RHOSP バージョン 16 以降は UDP をサポートします。

1.4.3.3.1. Octavia OVN ドライバー

Octavia は Octavia API を使用して複数のプロバイダードライバーをサポートします。

利用可能なすべての Octavia プロバイダードライバーをコマンドラインで表示するには、以下を入力します。

$ openstack loadbalancer provider list

出力例

+---------+-------------------------------------------------+
| name    | description                                     |
+---------+-------------------------------------------------+
| amphora | The Octavia Amphora driver.                     |
| octavia | Deprecated alias of the Octavia Amphora driver. |
| ovn     | Octavia OVN driver.                             |
+---------+-------------------------------------------------+

RHOSP バージョン 16 以降、Octavia OVN プロバイダードライバー (ovn) は RHOSP デプロイメントの OpenShift Container Platform でサポートされます。

ovn は、Octavia および OVN が提供する負荷分散用の統合ドライバーです。これは基本的な負荷分散機能をサポートし、OpenFlow ルールに基づいています。このドライバーは、OVN Neutron ML2 を使用するデプロイメント上の director により Octavia で自動的に有効にされます。

Amphora プロバイダードライバーがデフォルトのドライバーです。ただし、ovn が有効にされる場合には、Kuryr がこれを使用します。

Kuryr が Amphora の代わりに ovn を使用する場合は、以下の利点があります。

  • リソース要件が減少します。Kuryr は、各サービスにロードバランサーの仮想マシンを必要としません。
  • ネットワークレイテンシーが短縮されます。
  • サービスごとに仮想マシンを使用する代わりに、OpenFlow ルールを使用することで、サービスの作成速度が上がります。
  • Amphora 仮想マシンで集中管理されるのではなく、すべてのノードに分散負荷分散アクションが分散されます。

1.4.3.4. Kuryr を使用したインストールについての既知の制限

OpenShift Container Platform を Kuryr SDN で使用する場合、いくつかの既知の制限があります。

RHOSP の一般的な制限

Kuryr SDN を使用する OpenShift Container Platform は、タイプが NodePortService オブジェクトをサポートしません。

RHOSP バージョンの制限

OpenShift Container Platform を Kuryr SDN で使用する場合は、RHOSP バージョンに依存するいくつかの制限があります。

  • RHOSP の 16 よりも前のバージョンでは、デフォルトの Octavia ロードバランサードライバー (Amphora) を使用します。このドライバーでは、OpenShift Container Platform サービスごとに 1 つの Amphora ロードバランサー仮想マシンをデプロイする必要があります。サービス数が多すぎると、リソースが不足する可能性があります。

    OVN Octavia ドライバーが無効にされている以降のバージョンの RHOSP のデプロイメントでも Amphora ドライバーを使用します。この場合も、RHOSP の以前のバージョンと同じリソースに関する懸念事項を考慮する必要があります。

  • バージョン 13.0.13 よりも前の Octavia RHOSP バージョンは UDP リスナーをサポートしません。そのため、OpenShift Container Platform UDP サービスはサポートされません。
  • 13.0.13 よりも前の Octavia RHOSP バージョンは、同じポートで複数のプロトコルをリッスンできません。TCP や UDP など、同じポートを異なるプロトコルに公開するサービスはサポートされません。
RHOSP 環境の制限

Kuryr SDN を使用する場合に、デプロイメント環境に依存する制限事項があります。

Octavia には UDP プロトコルおよび複数のリスナーのサポートがないため、RHOCP バージョンが 13.0.13 よりも前のバージョンの場合、Kuryr は Pod が DNS 解決に TCP を使用するように強制します。

Go バージョン 1.12 以前では、CGO サポートが無効にされた状態でコンパイルされたアプリケーションは UDP のみを使用します。この場合、ネイティブの Go リゾルバーは、TCP が DNS 解決に強制的に実行されるかどうかを制御する、resolv.confuse-vc オプションを認識しません。その結果、UDP は引き続き DNS 解決に使用されますが、これは失敗します。

TCP の強制を許可するには、環境変数 CGO_ENABLED1 に設定 (例: CGO_ENABLED=1) されている状態でアプリケーションをコンパイルするか、または変数がないことを確認します。

Go バージョン 1.13 以降では、UDP を使用した DNS 解決が失敗する場合に TCP が自動的に使用されます。

注記

Alpine ベースのコンテナーを含む musl ベースのコンテナーは use-vc オプションをサポートしません。

RHOSP のアップグレードの制限

RHOSP のアップグレードプロセスにより、Octavia API が変更され、ロードバランサーに使用される Amphora イメージへのアップグレードが必要になる可能性があります。

API の変更に個別に対応できます。

Amphora イメージがアップグレードされると、RHOSP Operator は既存のロードバランサー仮想マシンを 2 つの方法で処理できます。

Operator が最初のオプションを選択する場合、フェイルオーバー時に短い時間のダウンタイムが生じる可能性があります。

Operator が 2 つ目のオプションを選択する場合、既存のロードバランサーは UDP リスナーなどのアップグレードされた Octavia API 機能をサポートしません。この場合、ユーザーはこれらの機能を使用するためにサービスを再作成する必要があります。

重要

OpenShift Container Platform が UDP の負荷分散をサポートする新規の Octavia バージョンを検出する場合、これは DNS サービスを自動的に再作成します。サービスの再作成により、サービスのデフォルトが UDP の負荷分散をサポートするようになります。

再作成により、DNS サービスに約 1 分間のダウンタイムが発生します。

1.4.3.5. コントロールプレーンおよびコンピュートマシン

デフォルトで、OpenShift Container Platform インストールプロセスは 3 つのコントロールプレーンおよび 3 つのコンピュートマシンを使用します。

それぞれのマシンには以下が必要です。

  • RHOSP クォータからのインスタンス
  • RHOSP クォータからのポート
  • 少なくとも 16 GB のメモリー、4 つの vCPU および 25 GB のストレージ領域があるフレーバー
ヒント

コンピュートマシンは、OpenShift Container Platform で実行されるアプリケーションをホストします。できるだけ多くのアプリケーションを実行することが意図されています。

1.4.3.6. ブートストラップマシン

インストール時に、ブートストラップマシンは一時的にプロビジョニングされ、コントロールプレーンを初期化します。実稼働環境用のコントロールプレーンの準備ができた後に、ブートストラップマシンのプロビジョニングは解除されます。

ブートストラップマシンには以下が必要です。

  • RHOSP クォータからのインスタンス
  • RHOSP クォータからのポート
  • 少なくとも 16 GB のメモリー、4 つの vCPU および 25 GB のストレージ領域があるフレーバー

1.4.4. OpenShift Container Platform のインターネットアクセスおよび Telemetry アクセス

OpenShift Container Platform 4.5 では、クラスターをインストールするためにインターネットアクセスが必要になります。クラスターの健全性および正常に実行された更新についてのメトリクスを提供するためにデフォルトで実行される Telemetry サービスにもインターネットアクセスが必要です。クラスターがインターネットに接続されている場合、Telemetry は自動的に実行され、クラスターは Red Hat OpenShift Cluster Manager (OCM) に登録されます。

Red Hat OpenShift Cluster Manager インベントリーが Telemetry によって自動的に維持されるか、または OCM を手動で使用しているかのいずれによって正常であることを確認した後に、subscription watch を使用して、アカウントまたはマルチクラスターレベルで OpenShift Container Platform サブスクリプションを追跡します。

インターネットへのアクセスは以下を実行するために必要です。

  • Red Hat OpenShift Cluster Manager ページにアクセスし、インストールプログラムをダウンロードし、サブスクリプション管理を実行します。クラスターにインターネットアクセスがあり、Telemetry を無効にしない場合、そのサービスは有効なサブスクリプションでクラスターを自動的に使用します。
  • クラスターのインストールに必要なパッケージを取得するために Quay.io にアクセスします。
  • クラスターの更新を実行するために必要なパッケージを取得します。
重要

クラスターでインターネットに直接アクセスできない場合、プロビジョニングする一部のタイプのインフラストラクチャーでネットワークが制限されたインストールを実行できます。このプロセスで、必要なコンテンツをダウンロードし、これを使用してミラーレジストリーにクラスターのインストールおよびインストールプログラムの生成に必要なパッケージを設定します。インストールタイプによっては、クラスターのインストール環境でインターネットアクセスが不要となる場合があります。クラスターを更新する前に、ミラーレジストリーのコンテンツを更新します。

1.4.5. Playbook 依存関係のダウンロード

ユーザーによってプロビジョニングされたインフラストラクチャーでのインストールプロセスを単純化する Ansible Playbook には、複数の Python モジュールが必要です。インストーラーを実行するマシンで、モジュールのリポジトリーを追加し、それらをダウンロードします。

注記

この手順では、Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 8 を使用していることを前提としています。

前提条件

  • Python 3 がマシンにインストールされています。

手順

  1. コマンドラインで、リポジトリーを追加します。

    1. Red Hat Subscription Manager に登録します。

      $ sudo subscription-manager register # If not done already
    2. 最新のサブスクリプションデータをプルします。

      $ sudo subscription-manager attach --pool=$YOUR_POOLID # If not done already
    3. 現在のリポジトリーを無効にします。

      $ sudo subscription-manager repos --disable=* # If not done already
    4. 必要なリポジトリーを追加します。

      $ sudo subscription-manager repos \
        --enable=rhel-8-for-x86_64-baseos-rpms \
        --enable=openstack-16-tools-for-rhel-8-x86_64-rpms \
        --enable=ansible-2.9-for-rhel-8-x86_64-rpms \
        --enable=rhel-8-for-x86_64-appstream-rpms
  2. モジュールをインストールします。

    $ sudo yum install python3-openstackclient ansible python3-openstacksdk python3-netaddr
  3. python コマンドが python3 を参照していることを確認します。

    $ sudo alternatives --set python /usr/bin/python3

1.4.6. インストールプログラムの取得

OpenShift Container Platform をインストールする前に、インストールファイルをローカルコンピューターにダウンロードします。

前提条件

  • Linux または macOS を使用するコンピューターからクラスターをインストールする必要があります。
  • インストールプログラムをダウンロードするには、500 MB のローカルディスク領域が必要です。

手順

  1. Red Hat OpenShift Cluster Manager サイトの「Infrastructure Provider」ページにアクセスします。Red Hat アカウントがある場合は、認証情報を使ってログインします。アカウントがない場合はこれを作成します。
  2. 選択するインストールタイプのページに移動し、オペレーティングシステムのインストールプログラムをダウンロードし、ファイルをインストール設定ファイルを保存するディレクトリーに配置します。

    重要

    インストールプログラムは、クラスターのインストールに使用するコンピューターにいくつかのファイルを作成します。クラスターインストールの完了後は、インストールプログラムおよびインストールプログラムが作成するファイルの両方を保持する必要があります。

    重要

    インストールプログラムで作成されたファイルを削除しても、クラスターがインストール時に失敗した場合でもクラスターは削除されません。特定のクラウドプロバイダー用に記載された OpenShift Container Platform のアンインストール手順を完了して、クラスターを完全に削除する必要があります。

  3. インストールプログラムを展開します。たとえば、Linux オペレーティングシステムを使用するコンピューターで以下のコマンドを実行します。

    $ tar xvf <installation_program>.tar.gz
  4. Red Hat OpenShift Cluster Manager サイトの「Pull Secret」ページから、インストールプルシークレットを .txt ファイルとしてダウンロードします。このプルシークレットを使用し、OpenShift Container Platform コンポーネントのコンテナーイメージを提供する Quay.io など、組み込まれた各種の認証局によって提供されるサービスで認証できます。

1.4.7. SSH プライベートキーの生成およびエージェントへの追加

クラスターでインストールのデバッグまたは障害復旧を実行する必要がある場合、ssh-agent とインストールプログラムの両方に SSH キーを指定する必要があります。このキーを使用してパブリッククラスターのブートストラップマシンにアクセスし、インストールの問題をトラブルシューティングできます。

注記

実稼働環境では、障害復旧およびデバッグが必要です。

このキーを使用して、ユーザー core としてマスターノードに対して SSH を実行できます。クラスターをデプロイする際に、キーは core ユーザーの ~/.ssh/authorized_keys 一覧に追加されます。

手順

  1. パスワードなしの認証に設定されている SSH キーがコンピューター上にない場合は、これを作成します。たとえば、Linux オペレーティングシステムを使用するコンピューターで以下のコマンドを実行します。

    $ ssh-keygen -t ed25519 -N '' \
        -f <path>/<file_name> 1
    1
    ~/.ssh/id_rsa などの、新規 SSH キーのパスおよびファイル名を指定します。既存のキーペアがある場合は、公開鍵が ~/.ssh ディレクトリーにあることを確認します。

    このコマンドを実行すると、指定した場所にパスワードを必要としない SSH キーが生成されます。

    注記

    FIPS で検証済み/進行中のモジュール (Modules in Process) 暗号ライブラリーを使用する OpenShift Container Platform クラスターを x86_64 アーキテクチャーにインストールする予定の場合は、ed25519 アルゴリズムを使用するキーは作成しないでください。代わりに、rsa アルゴリズムまたは ecdsa アルゴリズムを使用するキーを作成します。

  2. ssh-agent プロセスをバックグラウンドタスクとして開始します。

    $ eval "$(ssh-agent -s)"

    出力例

    Agent pid 31874

クラスターが FIPS モードにある場合は、FIPS 準拠のアルゴリズムのみを使用して SSH キーを生成します。鍵は RSA または ECDSA のいずれかである必要があります。

  1. SSH プライベートキーを ssh-agent に追加します。

    $ ssh-add <path>/<file_name> 1

    出力例

    Identity added: /home/<you>/<path>/<file_name> (<computer_name>)

    1
    ~/.ssh/id_rsa などの、SSH プライベートキーのパスおよびファイル名を指定します。

次のステップ

  • OpenShift Container Platform をインストールする際に、SSH パブリックキーをインストールプログラムに指定します。

1.4.8. Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) イメージの作成

OpenShift Container Platform インストールプログラムでは、Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) イメージが Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) クラスターに存在する必要があります。最新の RHCOS イメージを取得した後、RHOSP CLI を使用してこれをアップロードします。

前提条件

  • RHOSP CLI がインストールされています。

手順

  1. Red Hat カスタマーポータルの製品ダウンロードページにログインします。
  2. Version で、Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 8 用の OpenShift Container Platform 4.5 の最新リリースを選択します。

    重要

    RHCOS イメージは OpenShift Container Platform の各リリースごとに変更されない可能性があります。インストールする OpenShift Container Platform バージョンと等しいか、それ以下のバージョンの内で最も新しいバージョンのイメージをダウンロードする必要があります。利用可能な場合は、OpenShift Container Platform バージョンに一致するイメージのバージョンを使用します。

  3. Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) - OpenStack Image (QCOW) をダウンロードします。
  4. イメージを展開します。

    注記

    クラスターが使用する前に RHOSP イメージを圧縮解除する必要があります。ダウンロードしたファイルの名前に、.gz または .tgz などの圧縮拡張子が含まれていない場合があります。ファイルを圧縮するか、またはどのように圧縮するかを確認するには、コマンドラインで以下を入力します。

    $ file <name_of_downloaded_file>
  5. ダウンロードしたイメージから、RHOSP CLI を使用して rhcos という名前のイメージをクラスターに作成します。

    $ openstack image create --container-format=bare --disk-format=qcow2 --file rhcos-${RHCOS_VERSION}-openstack.qcow2 rhcos
    重要

    RHOSP 環境によっては、.raw または .qcow2 形式のいずれかでイメージをアップロードできる場合があります。Ceph を使用する場合は、.raw 形式を使用する必要があります。

    警告

    インストールプログラムが同じ名前を持つ複数のイメージを見つける場合、それらのイメージのいずれかがランダムに選択されます。この動作を回避するには、RHOSP でリソースの一意の名前を作成します。

RHOSP にイメージをアップロードした後は、インストールプログラムでイメージを利用できます。

1.4.9. 外部ネットワークアクセスの確認

OpenShift Container Platform インストールプロセスでは、外部ネットワークへのアクセスが必要です。外部ネットワーク値をこれに指定する必要があります。指定しない場合には、デプロイメントは失敗します。このプロセスを実行する前に、外部ルータータイプのネットワークが Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) に存在することを確認します。

手順

  1. RHOSP CLI を使用して、'External' ネットワークの名前と ID を確認します。

    $ openstack network list --long -c ID -c Name -c "Router Type"

    出力例

    +--------------------------------------+----------------+-------------+
    | ID                                   | Name           | Router Type |
    +--------------------------------------+----------------+-------------+
    | 148a8023-62a7-4672-b018-003462f8d7dc | public_network | External    |
    +--------------------------------------+----------------+-------------+

外部ルータータイプのあるネットワークがネットワーク一覧に表示されます。1 つ以上のネットワークが表示されない場合は、「デフォルトの Floating IP ネットワークの作成」および「デフォルトのプロバイダーネットワークの作成」を参照してください。

注記

Neutron トランクサービスプラグインが有効にされると、トランクポートがデフォルトで作成されます。詳細は、「Neutron trunk port」を参照してください。

1.4.10. 環境へのアクセスの有効化

デプロイ時に、OpenShift Container Platform マシンはすべて Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) テナントネットワークに作成されます。したがって、ほとんどの RHOSP デプロイメントでは直接アクセスできません。

OpenShift Container Platform API およびクラスターで実行されるアプリケーションを、floating IP アドレスを使用してアクセス可能になるように設定できます。

1.4.10.1. floating IP アドレスを使ったアクセスの有効化

2 つの floating IP (FIP) アドレスを作成します。1 つ目は OpenShift Container Platform API への外部アクセス用の API FIP であり、2 つ目は OpenShift Container Platform アプリケーション用の apps FIP です。

重要

API FIP も install-config.yaml ファイルで使用されます。

手順

  1. Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) CLI を使用して、API FIP を作成します。

    $ openstack floating ip create --description "API <cluster_name>.<base_domain>" <external network>
  2. Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) CLI を使用して、apps (アプリ)、または Ingress、FIP を作成します。

    $ openstack floating ip create --description "Ingress <cluster_name>.<base_domain>" <external network>
  3. 新しい FIP を反映させるには、以下のパターンに続くレコードを DNS サーバーに追加します。

    api.<cluster_name>.<base_domain>.  IN  A  <API_FIP>
    *.apps.<cluster_name>.<base_domain>. IN  A <apps_FIP>
    注記

    DNS サーバーを制御しない場合は、代わりに /etc/hosts ファイルにレコードを追加します。このアクションにより、API は他者のアクセスできない状態になり、この状態は実稼働デプロイメントには適していませんが、開発およびテスト目的のインストールが可能になります。

ヒント

Floating IP アドレスを割り当て、ファイアウォール設定を更新することで、OpenShift Container Platform リソースがクラスター外で利用できる状態にすることができます。

1.4.11. インストールプログラムのパラメーターの定義

OpenShift Container Platform インストールプログラムは、clouds.yaml というファイルを使用します。このファイルは、プロジェクト名、ログイン情報、認可サービスの URL を含む Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) 設定パラメーターを説明します。

手順

  1. clouds.yaml ファイルを作成します。

    • RHOSP ディストリビューションに Horizon Web UI が含まれる場合には、そこに clouds.yaml ファイルを生成します。

      重要

      パスワードを必ず auth フィールドに追加してください。シークレットは、clouds.yaml別のファイルに保持できます。

    • RHOSP ディストリビューションに Horizon Web UI が含まれない場合や Horizon を使用する必要がない場合には、このファイルを独自に作成します。clouds.yaml についての詳細は、RHOSP ドキュメントの「Config files」を参照してください。

      clouds:
        shiftstack:
          auth:
            auth_url: http://10.10.14.42:5000/v3
            project_name: shiftstack
            username: shiftstack_user
            password: XXX
            user_domain_name: Default
            project_domain_name: Default
        dev-env:
          region_name: RegionOne
          auth:
            username: 'devuser'
            password: XXX
            project_name: 'devonly'
            auth_url: 'https://10.10.14.22:5001/v2.0'
  2. RHOSP インストールでエンドポイント認証用に自己署名認証局 (CA) を使用する場合、以下を実行します。

    1. 認証局ファイルをマシンにコピーします。
    2. マシンを認証局の信頼バンドルに追加します。

      $ sudo cp ca.crt.pem /etc/pki/ca-trust/source/anchors/
    3. 信頼バンドルを更新します。

      $ sudo update-ca-trust extract
    4. cacerts キーを clouds.yaml ファイルに追加します。この値は、CA 証明書への絶対的な root 以外によるアクセスが可能なパスである必要があります。

      clouds:
        shiftstack:
          ...
          cacert: "/etc/pki/ca-trust/source/anchors/ca.crt.pem"
      ヒント

      カスタム CA 証明書を使用してインストーラーを実行した後に、cloud-provider-config キーマップの ca-cert.pem キーの値を編集して証明書を更新できます。コマンドラインで、以下を実行します。

      $ oc edit configmap -n openshift-config cloud-provider-config
  3. clouds.yaml ファイルを以下の場所のいずれかに置きます。

    1. OS_CLIENT_CONFIG_FILE 環境変数の値
    2. 現行ディレクトリー
    3. Unix 固有のユーザー設定ディレクトリー (例: ~/.config/openstack/clouds.yaml)
    4. Unix 固有のサイト設定ディレクトリー (例: /etc/openstack/clouds.yaml)

      インストールプログラムはこの順序で clouds.yaml を検索します。

1.4.12. インストール設定ファイルの作成

Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) にインストールする OpenShift Container Platform クラスターをカスタマイズできます。

前提条件

  • OpenShift Container Platform インストールプログラム、およびクラスターのプルシークレットを取得します。

手順

  1. install-config.yaml ファイルを作成します。

    1. 以下のコマンドを実行します。

      $ ./openshift-install create install-config --dir=<installation_directory> 1
      1
      <installation_directory> の場合、インストールプログラムが作成するファイルを保存するためにディレクトリー名を指定します。
      重要

      空のディレクトリーを指定します。ブートストラップ X.509 証明書などの一部のインストールアセットの有効期限は短く設定されているため、インストールディレクトリーを再利用することができません。別のクラスターインストールの個別のファイルを再利用する必要がある場合は、それらをディレクトリーにコピーすることができます。ただし、インストールアセットのファイル名はリリース間で変更される可能性があります。インストールファイルを以前のバージョンの OpenShift Container Platform からコピーする場合は注意してコピーを行ってください。

    2. プロンプト時に、クラウドの設定の詳細情報を指定します。

      1. オプション: クラスターマシンにアクセスするために使用する SSH キーを選択します。

        注記

        インストールのデバッグまたは障害復旧を実行する必要のある実稼働用の OpenShift Container Platform クラスターでは、ssh-agent プロセスが使用する SSH キーを指定します。

      2. ターゲットに設定するプラットフォームとして openstack を選択します。
      3. クラスターのインストールに使用する Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) の外部ネットワーク名を指定します。
      4. OpenShift API への外部アクセスに使用する floating IP アドレスを指定します。
      5. コントロールプレーンおよびコンピュートノードに使用する 16 GB 以上の RAM で RHOSP フレーバーを指定します。
      6. クラスターをデプロイするベースドメインを選択します。すべての DNS レコードはこのベースのサブドメインとなり、クラスター名も含まれます。
      7. クラスターの名前を入力します。名前は 14 文字以下でなければなりません。
      8. Red Hat OpenShift Cluster Manager サイトの「Pull Secret」ページから取得したプルシークレットを貼り付けます。
  2. install-config.yaml ファイルを変更します。利用可能なパラメーターの詳細については、「インストール設定パラメーター」セクションを参照してください。
  3. install-config.yaml ファイルをバックアップし、複数のクラスターをインストールするために使用できるようにします。

    重要

    install-config.yaml ファイルはインストールプロセス時に使用されます。このファイルを再利用する必要がある場合は、この段階でこれをバックアップしてください。

これで、指定したディレクトリーに install-config.yaml ファイルが作成されます。

1.4.13. インストール設定パラメーター

OpenShift Container Platform クラスターをデプロイする前に、クラスターをホストするクラウドプラットフォームでアカウントを記述し、クラスターのプラットフォームをオプションでカスタマイズするためにパラメーターの値を指定します。install-config.yaml インストール設定ファイルを作成する際に、コマンドラインで必要なパラメーターの値を指定します。クラスターをカスタマイズする場合、install-config.yaml ファイルを変更して、プラットフォームについての詳細情報を指定できます。

注記

インストール後は、これらのパラメーターを install-config.yaml ファイルで変更することはできません。

重要

openshift-install コマンドは、パラメーターのフィールド名を検証しません。正しくない名前を指定すると、関連するファイルまたはオブジェクトは作成されず、エラーが報告されません。指定されたパラメーターのフィールド名が正しいことを確認します。

1.4.13.1. 必須設定パラメーター

必須のインストール設定パラメーターは、以下の表で説明されています。

表1.20 必須パラメーター

パラメーター説明

apiVersion

install-config.yaml コンテンツの API バージョン。現在のバージョンは v1 です。インストーラーは、古い API バージョンをサポートすることもできます。

文字列

baseDomain

クラウドプロバイダーのベースドメイン。ベースドメインは、OpenShift Container Platform クラスターコンポーネントへのルートを作成するために使用されます。クラスターの完全な DNS 名は、baseDomain<metadata.name>.<baseDomain> 形式を使用する metadata.name パラメーターの値の組み合わせです。

example.com などの完全修飾ドメインまたはサブドメイン名。

metadata

Kubernetes リソース ObjectMeta。ここからは name パラメーターのみが消費されます。

オブジェクト

metadata.name

クラスターの名前。クラスターの DNS レコードはすべて {{.metadata.name}}.{{.baseDomain}} のサブドメインです。

dev などの小文字、ハイフン (-)、およびピリオド (.) が含まれる文字列。文字列は 14 文字以上でなければなりません。

platform

インストールの実行に使用する特定プラットフォームの設定: awsbaremetalazureopenstackovirtvsphereplatform.<platform> パラメーターに関する追加情報は、以下の表で特定のプラットフォームについて参照してください。

オブジェクト

pullSecret

https://cloud.redhat.com/openshift/install/pull-secret からプルシークレットを取得し、Quay.io などのサービスから OpenShift Container Platform コンポーネントのコンテナーイメージのダウンロードを認証します。

{
   "auths":{
      "cloud.openshift.com":{
         "auth":"b3Blb=",
         "email":"you@example.com"
      },
      "quay.io":{
         "auth":"b3Blb=",
         "email":"you@example.com"
      }
   }
}

1.4.13.2. ネットワーク設定パラメーター

既存のネットワークインフラストラクチャーの要件に基づいて、インストール設定をカスタマイズできます。たとえば、クラスターネットワークの IP アドレスブロックを拡張するか、デフォルトとは異なる IP アドレスブロックを指定できます。

IPv4 アドレスのみがサポートされます。

表1.21 ネットワークパラメーター

パラメーター説明

networking

クラスターのネットワークの設定。

オブジェクト

注記

インストール後に networking オブジェクトで指定したパラメーターを変更することはできません。

networking.networkType

インストールするクラスターネットワークプロバイダー Container Network Interface (CNI) プラグイン。

OpenShiftSDN または OVNKubernetes のいずれか。デフォルト値は OpenShiftSDN です。

networking.clusterNetwork

Pod の IP アドレスブロック。

デフォルト値は 10.128.0.0/14 で、ホストのプレフィックスは /23 です。

複数の IP アドレスブロックを指定する場合は、ブロックが重複しないようにしてください。

オブジェクトの配列。以下は例になります。

networking:
  clusterNetwork:
  - cidr: 10.128.0.0/14
    hostPrefix: 23

networking.clusterNetwork.cidr

networking.clusterNetwork を使用する場合に必須です。IP アドレスブロック。

IPv4 ネットワーク

CIDR (Classless Inter-Domain Routing) 表記の IP アドレスブロック。IPv4 ブロックのプレフィックス長は 0 から 32 の間になります。

networking.clusterNetwork.hostPrefix

それぞれの個別ノードに割り当てるサブネットプレフィックス長。たとえば、hostPrefix23 に設定される場合、各ノードに指定の cidr から /23 サブネットが割り当てられます。hostPrefix 値の 23 は、510 (2^(32 - 23) - 2) Pod IP アドレスを提供します。

サブネットプレフィックス。

デフォルト値は 23 です。

networking.serviceNetwork

サービスの IP アドレスブロック。デフォルト値は 172.30.0.0/16 です。

OpenShift SDN および OVN-Kubernetes ネットワークプロバイダーは、サービスネットワークの単一 IP アドレスブロックのみをサポートします。

CIDR 形式の IP アドレスブロックを持つ配列。以下は例になります。

networking:
  serviceNetwork:
   - 172.30.0.0/16

networking.machineNetwork

マシンの IP アドレスブロック。

複数の IP アドレスブロックを指定する場合は、ブロックが重複しないようにしてください。

オブジェクトの配列。以下は例になります。

networking:
  machineNetwork:
  - cidr: 10.0.0.0/16

networking.machineNetwork.cidr

networking.machineNetwork を使用する場合に必須です。IP アドレスブロック。libvirt 以外のすべてのプラットフォームでは、デフォルト値は 10.0.0.0/16 です。libvirt の場合、デフォルト値は 192.168.126.0/24 です。

CIDR 表記の IP ネットワークブロック。

例: 10.0.0.0/16

注記

優先される NIC が置かれている CIDR に一致する networking.machineNetwork を設定します。

1.4.13.3. オプションの設定パラメーター

オプションのインストール設定パラメーターは、以下の表で説明されています。

表1.22 オプションのパラメーター

パラメーター説明

additionalTrustBundle

ノードの信頼済み証明書ストアに追加される PEM でエンコードされた X.509 証明書バンドル。この信頼バンドルは、プロキシーが設定される際にも使用できます。

文字列

compute

コンピュートノードを構成するマシンの設定。

machine-pool オブジェクトの配列。詳細は、以下の「Machine-pool」の表を参照してください。

compute.architecture

プール内のマシンの命令セットアーキテクチャーを決定します。現時点で異種クラスターはサポートされていないため、すべてのプールが同じアーキテクチャーを指定する必要があります。有効な値は amd64 (デフォルト) です。

文字列

compute.hyperthreading

コンピュートマシンで同時マルチスレッドまたは hyperthreading を有効/無効にするかどうか。デフォルトでは、同時スレッドはマシンのコアのパフォーマンスを上げるために有効にされます。

重要

同時スレッドを無効にする場合は、容量計画においてマシンパフォーマンスの大幅な低下が考慮に入れられていることを確認します。

Enabled または Disabled

compute.name

compute を使用する場合に必須です。マシンプールの名前。

worker

compute.platform

compute を使用する場合に必須です。このパラメーターを使用して、ワーカーマシンをホストするクラウドプロバイダーを指定します。このパラメーターの値は controlPlane.platform パラメーターの値に一致する必要があります。

awsazuregcpopenstackovirtvsphere、または {}

compute.replicas

プロビジョニングするコンピュートマシン(ワーカーマシンとしても知られる)の数。

2 以上の正の整数。デフォルト値は 3 です。

controlPlane

コントロールプレーンを構成するマシンの設定。

MachinePool オブジェクトの配列。詳細は、以下の「Machine-pool」の表を参照してください。

controlPlane.architecture

プール内のマシンの命令セットアーキテクチャーを決定します。現時点で異種クラスターはサポートされていないため、すべてのプールが同じアーキテクチャーを指定する必要があります。有効な値は amd64 (デフォルト) です。

文字列

controlPlane.hyperthreading

コントロールプレーンマシンで同時マルチスレッドまたは hyperthreading を有効/無効にするかどうか。デフォルトでは、同時スレッドはマシンのコアのパフォーマンスを上げるために有効にされます。

重要

同時スレッドを無効にする場合は、容量計画においてマシンパフォーマンスの大幅な低下が考慮に入れられていることを確認します。

Enabled または Disabled

controlPlane.name

controlPlane を使用する場合に必須です。マシンプールの名前。

master

controlPlane.platform

controlPlane を使用する場合に必須です。このパラメーターを使用して、コントロールプレーンマシンをホストするクラウドプロバイダーを指定します。このパラメーターの値は compute.platform パラメーターの値に一致する必要があります。

awsazuregcpopenstackovirtvsphere、または {}

controlPlane.replicas

プロビジョニングするコントロールプレーンマシンの数。

サポートされる値は 3 のみです (これはデフォルト値です)。

fips

FIPS モードを有効または無効にします。デフォルトは false (無効) です。FIPS モードが有効にされている場合、OpenShift Container Platform が実行される Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) マシンがデフォルトの Kubernetes 暗号スイートをバイパスし、代わりに RHCOS で提供される暗号モジュールを使用します。

注記

Azure File ストレージを使用している場合、FIPS モードを有効にすることはできません。

false または true

imageContentSources

release-image コンテンツのソースおよびリポジトリー。

オブジェクトの配列。この表の以下の行で説明されているように、source およびオプションで mirrors が含まれます。

imageContentSources.source

imageContentSources を使用する場合に必須です。ユーザーが参照するリポジトリーを指定します (例: イメージプル仕様)。

文字列

imageContentSources.mirrors

同じイメージが含まれる可能性のあるリポジトリーを 1 つ以上指定します。

文字列の配列。

publish

Kubernetes API、OpenShift ルートなどのクラスターのユーザーに表示されるエンドポイントをパブリッシュまたは公開する方法。

Internal または External。デフォルト値は External です。

このパラメーターを Internal に設定することは、クラウド以外のプラットフォームではサポートされません。

重要

フィールドの値が Internal に設定されている場合、クラスターは機能しなくなります。詳細は、BZ#1953035 を参照してください。

sshKey

クラスターマシンへのアクセスを認証するための SSH キー。

注記

インストールのデバッグまたは障害復旧を実行する必要のある実稼働用の OpenShift Container Platform クラスターでは、ssh-agent プロセスが使用する SSH キーを指定します。

たとえば、sshKey: ssh-ed25519 AAAA... です

1.4.13.4. 追加の Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) 設定パラメーター

追加の RHOSP 設定パラメーターは以下の表で説明されています。

表1.23 追加の RHOSP パラメーター

パラメーター説明

compute.platform.openstack.rootVolume.size

コンピュートマシンの場合、root ボリュームのギガバイトのサイズになります。この値を設定しない場合、マシンは一時ストレージを使用します。

整数 (例: 30)。

compute.platform.openstack.rootVolume.type

コンピュートマシンの場合、root のボリュームタイプです。

文字列 (例: performance)。

controlPlane.platform.openstack.rootVolume.size

コントロールプレーンマシンの場合、root ボリュームのギガバイトのサイズになります。この値を設定しない場合、マシンは一時ストレージを使用します。

整数 (例: 30)。

controlPlane.platform.openstack.rootVolume.type

コントロールプレーンマシンの場合、root ボリュームのタイプです。

文字列 (例: performance)。

platform.openstack.cloud

clouds.yaml ファイルのクラウド一覧にある使用する RHOCP クラウドの名前。

文字列 (例: MyCloud)。

platform.openstack.externalNetwork

インストールに使用される RHOSP の外部ネットワーク名。

文字列 (例: external)。

platform.openstack.computeFlavor

コントロールプレーンおよびコンピュートマシンに使用する RHOSP フレーバー。

文字列 (例: m1.xlarge)。

platform.openstack.lbFloatingIP

ロードバランサー API に関連付ける既存の Floating IP アドレス。

IP アドレス (例: 128.0.0.1)。

1.4.13.5. オプションの RHOSP 設定パラメーター

オプションの RHOSP 設定パラメーターは、以下の表で説明されています。

表1.24 オプションの RHOSP パラメーター

パラメーター説明

compute.platform.openstack.additionalNetworkIDs

コンピュートマシンに関連付けられた追加のネットワーク。追加ネットワーク用に許可されるアドレスのペアは作成されません。

文字列としての 1 つ以上の UUID の一覧。例: fa806b2f-ac49-4bce-b9db-124bc64209bf

compute.platform.openstack.additionalSecurityGroupIDs

コンピュートマシンに関連付けられた追加のセキュリティーグループ。

文字列としての 1 つ以上の UUID の一覧。例: 7ee219f3-d2e9-48a1-96c2-e7429f1b0da7.

controlPlane.platform.openstack.additionalNetworkIDs

コントロールプレーンマシンに関連付けられた追加のネットワーク。追加ネットワーク用に許可されるアドレスのペアは作成されません。

文字列としての 1 つ以上の UUID の一覧。例: fa806b2f-ac49-4bce-b9db-124bc64209bf

controlPlane.platform.openstack.additionalSecurityGroupIDs

コントロールプレーンマシンに関連付けられた追加のセキュリティーグループ。

文字列としての 1 つ以上の UUID の一覧。例: 7ee219f3-d2e9-48a1-96c2-e7429f1b0da7.

platform.openstack.clusterOSImage

インストーラーが RHCOS イメージをダウンロードする場所。

ネットワークが制限された環境でインストールを実行するには、このパラメーターを設定する必要があります。

HTTP または HTTPS の URL (オプションで SHA-256 形式のチェックサムを使用)。

例: http://mirror.example.com/images/rhcos-43.81.201912131630.0-openstack.x86_64.qcow2.gz?sha256=ffebbd68e8a1f2a245ca19522c16c86f67f9ac8e4e0c1f0a812b068b16f7265d

この値は、既存の Glance イメージの名前にもなり得ます (例: my-rhcos)。

platform.openstack.defaultMachinePlatform

デフォルトのマシンプールプラットフォームの設定。

{
   "type": "ml.large",
   "rootVolume": {
      "size": 30,
      "type": "performance"
   }
}

platform.openstack.externalDNS

クラスターインスタンスが DNS 解決に使用する外部 DNS サーバーの IP アドレス。

文字列としての IP アドレスの一覧。例: ["8.8.8.8", "192.168.1.12"]

platform.openstack.machinesSubnet

クラスターのノードが使用する RHOSP サブネットの UUID。ノードおよび仮想 IP (VIP) ポートがこのサブネットに作成されます。

networking.machineNetwork の最初の項目は machinesSubnet の値に一致する必要があります。

カスタムサブネットにデプロイする場合、OpenShift Container Platform インストーラーに外部 DNS サーバーを指定することはできません。代わりに、DNS を RHOSP のサブネットに追加します。

文字列としての UUID。例: fa806b2f-ac49-4bce-b9db-124bc64209bf

1.4.13.6. RHOSP デプロイメントでのカスタムサブネット

オプションで、選択する Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) サブネットにクラスターをデプロイすることができます。サブネットの GUID は、install-config.yaml ファイルの platform.openstack.machinesSubnet の値として渡されます。

このサブネットはクラスターのプライマリーサブネットとして使用されます。ノードとポートはこの上に作成されます。

カスタムサブネットを使用して OpenShift Container Platform インストーラーを実行する前に、以下を確認します。

  • ターゲットネットワークおよびサブネットが利用可能である。
  • DHCP がターゲットサブネットで有効にされている。
  • ターゲットネットワーク上でポートを作成するためのパーミッションがあるインストーラー認証情報を指定できます。
  • ネットワーク設定にルーターが必要な場合、これは RHOSP で作成されます。一部の設定は、Floating IP アドレスの変換用のルーターに依存します。
  • ネットワーク設定は、プロバイダーのネットワークに依存しません。プロバイダーネットワークはサポートされません。
注記

デフォルトでは、API VIP は x.x.x.5 を取得し、Ingress VIP はネットワークの CIDR ブロックから x.x.x.7 を取得します。これらのデフォルト値を上書きするには、DHCP 割り当てプール外の platform.openstack.apiVIP および platform.openstack.ingressVIP の値を設定します。

1.4.13.7. Kuryr を使用した OpenStack のカスタマイズされた install-config.yaml ファイルのサンプル

デフォルトの OpenShift SDN ではなく Kuryr SDN を使用してデプロイするには、install-config.yaml ファイルを変更して Kuryr を必要な networking.networkType として追加してから、デフォルトの OpenShift Container Platform SDN インストール手順に進む必要があります。このサンプル install-config.yaml は、すべての可能な Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) カスタマイズオプションを示しています。

重要

このサンプルファイルは参照用にのみ提供されます。インストールプログラムを使用して install-config.yaml ファイルを取得する必要があります。

apiVersion: v1
baseDomain: example.com
clusterID: os-test
controlPlane:
  name: master
  platform: {}
  replicas: 3
compute:
- name: worker
  platform:
    openstack:
      type: ml.large
  replicas: 3
metadata:
  name: example
networking:
  clusterNetwork:
  - cidr: 10.128.0.0/14
    hostPrefix: 23
  machineNetwork:
  - cidr: 10.0.0.0/16
  serviceNetwork:
  - 172.30.0.0/16 1
  networkType: Kuryr
platform:
  openstack:
    cloud: mycloud
    externalNetwork: external
    computeFlavor: m1.xlarge
    lbFloatingIP: 128.0.0.1
    trunkSupport: true 2
    octaviaSupport: true 3
pullSecret: '{"auths": ...}'
sshKey: ssh-ed25519 AAAA...
1
Amphora Octavia ドライバーは、ロードバランサーごとに 2 つのポートを作成します。そのため、インストーラーが作成するサービスサブネットは、serviceNetwork プロパティーの値として指定される CIDR のサイズは 2 倍になります。IP アドレスの競合を防ぐには、範囲をより広くする必要があります。
2 3
trunkSupportoctaviaSupport の両方はインストーラーによって自動的に検出されるため、それらを設定する必要はありません。ただし、ご使用の環境がこれらの両方の要件を満たさないと、Kuryr SDN は適切に機能しません。トランクは Pod を RHOSP ネットワークに接続するために必要であり、Octavia は OpenShift Container Platform サービスを作成するために必要です。

1.4.13.8. マシンのカスタムサブネットの設定

インストールプログラムがデフォルトで使用する IP 範囲は、OpenShift Container Platform のインストール時に作成する Neutron サブネットと一致しない可能性があります。必要な場合は、インストール設定ファイルを編集して、新規マシンの CIDR 値を更新します。

前提条件

  • OpenShift Container Platform インストールプログラムで生成された install-config.yaml ファイルがあります。

手順

  1. コマンドラインで、install-config.yaml が含まれるディレクトリーを参照します。
  2. そのディレクトリーからスクリプトを実行して install-config.yaml ファイルを編集するか、または手動でファイルを更新します。

    • スクリプトを使用して値を設定するには、以下を実行します。

      $ python -c '
      import yaml;
      path = "install-config.yaml";
      data = yaml.safe_load(open(path));
      data["networking"]["machineNetwork"] = [{"cidr": "192.168.0.0/18"}]; 1
      open(path, "w").write(yaml.dump(data, default_flow_style=False))'
      1
      必要な Neutron サブネットに一致する値 (例: 192.0.2.0/24) を挿入します。
    • 値を手動で設定するには、ファイルを開き、networking.machineCIDR の値を必要な Neutron サブネットに一致する値に設定します。

1.4.13.9. コンピュートマシンプールを空にする

独自のインフラストラクチャーを使用するインストールを実行するには、インストール設定ファイルのコンピュートマシンの数をゼロに設定します。その後、これらのマシンを手動で作成します。

前提条件

  • OpenShift Container Platform インストールプログラムで生成された install-config.yaml ファイルがあります。

手順

  1. コマンドラインで、install-config.yaml が含まれるディレクトリーを参照します。
  2. そのディレクトリーからスクリプトを実行して install-config.yaml ファイルを編集するか、または手動でファイルを更新します。

    • スクリプトを使用して値を設定するには、以下を実行します。

      $ python -c '
      import yaml;
      path = "install-config.yaml";
      data = yaml.safe_load(open(path));
      data["compute"][0]["replicas"] = 0;
      open(path, "w").write(yaml.dump(data, default_flow_style=False))'
    • 値を手動で設定するには、ファイルを開き、compute.<first entry>.replicas の値を 0 に設定します。

1.4.13.10. ネットワークタイプの変更

デフォルトで、インストールプログラムは OpenShiftSDN ネットワークタイプを選択します。代わりに Kuryr を使用するには、プログラムが生成したインストール設定ファイルの値を変更します。

前提条件

  • OpenShift Container Platform インストールプログラムで生成された install-config.yaml ファイルがあります。

手順

  1. コマンドプロンプトで、install-config.yaml が含まれるディレクトリーを参照します。
  2. そのディレクトリーからスクリプトを実行して install-config.yaml ファイルを編集するか、または手動でファイルを更新します。

    • スクリプトを使用して値を設定するには、以下を実行します。

      $ python -c '
      import yaml;
      path = "install-config.yaml";
      data = yaml.safe_load(open(path));
      data["networking"]["networkType"] = "Kuryr";
      open(path, "w").write(yaml.dump(data, default_flow_style=False))'
    • 値を手動で設定するには、ファイルを開き、networking.networkType"Kuryr" に設定します。

1.4.14. Kubernetes マニフェストおよび Ignition 設定ファイルの作成

一部のクラスター定義ファイルを変更し、クラスターマシンを手動で起動する必要があるため、クラスターがマシンを作成するために必要な Kubernetes マニフェストと Ignition 設定ファイルを生成する必要があります。

重要

インストールプログラムが生成する Ignition 設定ファイルには、24 時間が経過すると期限切れになり、その後に更新される証明書が含まれます。証明書を更新する前にクラスターが停止し、24 時間経過した後にクラスターを再起動すると、クラスターは期限切れの証明書を自動的に復元します。例外として、kubelet 証明書を回復するために保留状態の node-bootstrapper 証明書署名要求 (CSR)を手動で承認する必要があります。詳細は、コントロールプレーン証明書の期限切れの状態からのリカバリー についてのドキュメントを参照してください。

前提条件

  • OpenShift Container Platform インストールプログラムを取得します。
  • install-config.yaml インストール設定ファイルを作成します。

手順

  1. クラスターの Kubernetes マニフェストを生成します。

    $ ./openshift-install create manifests --dir=<installation_directory> 1

    出力例

    INFO Consuming Install Config from target directory
    WARNING Making control-plane schedulable by setting MastersSchedulable to true for Scheduler cluster settings

    1
    <installation_directory> については、作成した install-config.yaml ファイルが含まれるインストールディレクトリーを指定します。

    インストールプロセスの後の部分で独自のコンピュートマシンを作成するため、この警告を無視しても問題がありません。

  2. コントロールプレーンマシンおよびコンピュートマシンセットを定義する Kubernetes マニフェストファイルを削除します。

    $ rm -f openshift/99_openshift-cluster-api_master-machines-*.yaml openshift/99_openshift-cluster-api_worker-machineset-*.yaml

    これらのリソースを独自に作成および管理するため、それらを初期化する必要はありません。

    • マシンセットファイルを保存して、マシン API を使用してコンピュートマシンを作成することができますが、環境に合わせてそれらへの参照を更新する必要があります。
  3. <installation_directory>/manifests/cluster-scheduler-02-config.yml Kubernetes マニフェストファイルを変更し、Pod がコントロールプレーンマシンにスケジュールされないようにします。

    1. <installation_directory>/manifests/cluster-scheduler-02-config.yml ファイルを開きます。
    2. mastersSchedulable パラメーターを見つけ、その値を False に設定します。
    3. ファイルを保存し、終了します。
  4. Ignition 設定ファイルを取得します。

    $ ./openshift-install create ignition-configs --dir=<installation_directory> 1
    1
    <installation_directory> については、同じインストールディレクトリーを指定します。

    以下のファイルはディレクトリーに生成されます。

    .
    ├── auth
    │   ├── kubeadmin-password
    │   └── kubeconfig
    ├── bootstrap.ign
    ├── master.ign
    ├── metadata.json
    └── worker.ign
  5. メタデータファイルの infraID キーを環境変数としてエクスポートします。

    $ export INFRA_ID=$(jq -r .infraID metadata.json)
ヒント

metadata.json から infraID キーを抽出し、作成するすべての RHOSP リソースのプレフィックスとして使用します。これを実行することで、同じプロジェクトで複数のデプロイメントを行う際に名前の競合を避けてください。

1.4.15. ブートストラップ Ignition ファイルの準備

OpenShift Container Platform インストールプロセスは、ブートストラップ Ignition 設定ファイルから作成されるブートストラップマシンに依存します。

ファイルを編集し、アップロードします。次に、Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) がプライマリーファイルをダウンロードする際に使用するセカンダリーブートストラップ Ignition 設定ファイルを作成します。

前提条件

  • インストーラープログラムが生成するブートストラップ Ignition ファイル bootstrap.ign があります。
  • インストーラーのメタデータファイルのインフラストラクチャー ID は環境変数 ($INFRA_ID) として設定されます。

    • 変数が設定されていない場合は、「Kubernetes マニフェストおよび Ignition 設定ファイルの作成」を参照してください。
  • HTTP(S) でアクセス可能な方法でブートストラップ Ignition ファイルを保存できます。

    • 記載された手順では RHOSP イメージサービス (Glance) を使用しますが、RHOSP ストレージサービス (Swift)、Amazon S3、内部 HTTP サーバー、またはアドホックの Nova サーバーを使用することもできます。

手順

  1. 以下の Python スクリプトを実行します。スクリプトはブートストラップ Ignition ファイルを変更して、ホスト名および利用可能な場合は、実行時の CA 証明書ファイルを設定します。

    import base64
    import json
    import os
    
    with open('bootstrap.ign', 'r') as f:
        ignition = json.load(f)
    
    files = ignition['storage'].get('files', [])
    
    infra_id = os.environ.get('INFRA_ID', 'openshift').encode()
    hostname_b64 = base64.standard_b64encode(infra_id + b'-bootstrap\n').decode().strip()
    files.append(
    {
        'path': '/etc/hostname',
        'mode': 420,
        'contents': {
            'source': 'data:text/plain;charset=utf-8;base64,' + hostname_b64,
            'verification': {}
        },
        'filesystem': 'root',
    })
    
    ca_cert_path = os.environ.get('OS_CACERT', '')
    if ca_cert_path:
        with open(ca_cert_path, 'r') as f:
            ca_cert = f.read().encode()
            ca_cert_b64 = base64.standard_b64encode(ca_cert).decode().strip()
    
        files.append(
        {
            'path': '/opt/openshift/tls/cloud-ca-cert.pem',
            'mode': 420,
            'contents': {
                'source': 'data:text/plain;charset=utf-8;base64,' + ca_cert_b64,
                'verification': {}
            },
            'filesystem': 'root',
        })
    
    ignition['storage']['files'] = files;
    
    with open('bootstrap.ign', 'w') as f:
        json.dump(ignition, f)
  2. RHOSP CLI を使用して、ブートストラップ Ignition ファイルを使用するイメージを作成します。

    $ openstack image create --disk-format=raw --container-format=bare --file bootstrap.ign <image_name>
  3. イメージの詳細を取得します。

    $ openstack image show <image_name>

    file 値をメモします。これは v2/images/<image_ID>/file パターンをベースとしています。

    注記

    作成したイメージがアクティブであることを確認します。

  4. イメージサービスのパブリックアドレスを取得します。

    $ openstack catalog show image
  5. パブリックアドレスとイメージ file 値を組み合わせ、結果を保存場所として保存します。この場所は、<image_service_public_URL>/v2/images/<image_ID>/file パターンをベースとしています。
  6. 認証トークンを生成し、トークン ID を保存します。

    $ openstack token issue -c id -f value
  7. $INFRA_ID-bootstrap-ignition.json というファイルに以下のコンテンツを挿入し、独自の値に一致するようにプレースホルダーを編集します。

    {
      "ignition": {
        "config": {
          "append": [{
            "source": "<storage_url>", 1
            "verification": {},
            "httpHeaders": [{
              "name": "X-Auth-Token", 2
              "value": "<token_ID>" 3
            }]
          }]
        },
        "security": {
          "tls": {
            "certificateAuthorities": [{
              "source": "data:text/plain;charset=utf-8;base64,<base64_encoded_certificate>", 4
              "verification": {}
            }]
          }
        },
        "timeouts": {},
        "version": "2.4.0"
      },
      "networkd": {},
      "passwd": {},
      "storage": {},
      "systemd": {}
    }
    1
    ignition.config.append.source の値をブートストラップ Ignition ファイルのストレージ URL に置き換えます。
    2
    httpHeadersname"X-Auth-Token" に設定します。
    3
    httpHeadersvalue をトークンの ID に設定します。
    4
    ブートストラップ Ignition ファイルサーバーが自己署名証明書を使用する場合は、base64 でエンコードされた証明書を含めます。
  8. セカンダリー Ignition 設定ファイルを保存します。

ブートストラップ Ignition データはインストール時に RHOSP に渡されます。

警告

ブートストラップ Ignition ファイルには、clouds.yaml 認証情報などの機密情報が含まれます。これを安全な場所に保存し、インストールプロセスの完了後に削除します。

1.4.16. コントロールプレーンの Ignition 設定ファイルの作成

独自のインフラストラクチャーを使用して OpenShift Container Platform を Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) にインストールするには、コントロールプレーンの Ignition 設定ファイルが必要です。複数の設定ファイルを作成する必要があります。

注記

ブートストラップ Ignition 設定と同様に、各コントロールプレーンマシンのホスト名を明示的に定義する必要があります。

前提条件

  • インストールプログラムのメタデータファイルのインフラストラクチャー ID は環境変数 ($INFRA_ID) として設定されます。

    • 変数が設定されていない場合は、「Kubernetes マニフェストおよび Ignition 設定ファイルの作成」を参照してください。

手順

  • コマンドラインで、以下の Python スクリプトを実行します。

    $ for index in $(seq 0 2); do
        MASTER_HOSTNAME="$INFRA_ID-master-$index\n"
        python -c "import base64, json, sys;
    ignition = json.load(sys.stdin);
    files = ignition['storage'].get('files', []);
    files.append({'path': '/etc/hostname', 'mode': 420, 'contents': {'source': 'data:text/plain;charset=utf-8;base64,' + base64.standard_b64encode(b'$MASTER_HOSTNAME').decode().strip(), 'verification': {}}, 'filesystem': 'root'});
    ignition['storage']['files'] = files;
    json.dump(ignition, sys.stdout)" <master.ign >"$INFRA_ID-master-$index-ignition.json"
    done

    以下の 3 つのコントロールプレーン Ignition ファイルが作成されます。<INFRA_ID>-master-0-ignition.json<INFRA_ID>-master-1-ignition.json、および <INFRA_ID>-master-2-ignition.json

1.4.17. ネットワークリソースの作成

独自のインフラストラクチャーを使用する Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) インストールの OpenShift Container Platform に必要なネットワークリソースを作成します。時間を節約するには、セキュリティーグループ、ネットワーク、サブネット、ルーター、およびポートを生成する指定された Ansible Playbook を実行します。

手順

  1. common.yaml というローカルファイルに、以下のコンテンツを挿入します。

    例1.9 common.yaml Ansible Playbook

    - hosts: localhost
      gather_facts: no
    
      vars_files:
      - metadata.json
    
      tasks:
      - name: 'Compute resource names'
        set_fact:
          cluster_id_tag: "openshiftClusterID={{ infraID }}"
          os_network: "{{ infraID }}-network"
          os_subnet: "{{ infraID }}-nodes"
          os_router: "{{ infraID }}-external-router"
          # Port names
          os_port_api: "{{ infraID }}-api-port"
          os_port_ingress: "{{ infraID }}-ingress-port"
          os_port_bootstrap: "{{ infraID }}-bootstrap-port"
          os_port_master: "{{ infraID }}-master-port"
          os_port_worker: "{{ infraID }}-worker-port"
          # Security groups names
          os_sg_master: "{{ infraID }}-master"
          os_sg_worker: "{{ infraID }}-worker"
          # Server names
          os_bootstrap_server_name: "{{ infraID }}-bootstrap"
          os_cp_server_name: "{{ infraID }}-master"
          os_cp_server_group_name: "{{ infraID }}-master"
          os_compute_server_name: "{{ infraID }}-worker"
          # Trunk names
          os_cp_trunk_name: "{{ infraID }}-master-trunk"
          os_compute_trunk_name: "{{ infraID }}-worker-trunk"
          # Subnet pool name
          subnet_pool: "{{ infraID }}-kuryr-pod-subnetpool"
          # Service network name
          os_svc_network: "{{ infraID }}-kuryr-service-network"
          # Service subnet name
          os_svc_subnet: "{{ infraID }}-kuryr-service-subnet"
          # Ignition files
          os_bootstrap_ignition: "{{ infraID }}-bootstrap-ignition.json"
  2. inventory.yaml というローカルファイルに、以下のコンテンツを挿入します。

    例1.10 inventory.yaml Ansible Playbook

    all:
      hosts:
        localhost:
          ansible_connection: local
          ansible_python_interpreter: "{{ansible_playbook_python}}"
    
          # User-provided values
          os_subnet_range: '10.0.0.0/16'
          os_flavor_master: 'm1.xlarge'
          os_flavor_worker: 'm1.large'
          os_image_rhcos: 'rhcos'
          os_external_network: 'external'
          # OpenShift API floating IP address
          os_api_fip: '203.0.113.23'
          # OpenShift Ingress floating IP address
          os_ingress_fip: '203.0.113.19'
          # Service subnet cidr
          svc_subnet_range: '172.30.0.0/16'
          os_svc_network_range: '172.30.0.0/15'
          # Subnet pool prefixes
          cluster_network_cidrs: '10.128.0.0/14'
          # Subnet pool prefix length
          host_prefix: '23'
          # Name of the SDN.
          # Possible values are OpenshiftSDN or Kuryr.
          os_networking_type: 'OpenshiftSDN'
    
          # Number of provisioned Control Plane nodes
          # 3 is the minimum number for a fully-functional cluster.
          os_cp_nodes_number: 3
    
          # Number of provisioned Compute nodes.
          # 3 is the minimum number for a fully-functional cluster.
          os_compute_nodes_number: 3
  3. security-groups.yaml というローカルファイルに、以下のコンテンツを挿入します。

    例1.11 security-groups.yaml

    # Required Python packages:
    #
    # ansible
    # openstackclient
    # openstacksdk
    
    - import_playbook: common.yaml
    
    - hosts: all
      gather_facts: no
    
      tasks:
      - name: 'Create the master security group'
        os_security_group:
          name: "{{ os_sg_master }}"
    
      - name: 'Set master security group tag'
        command:
          cmd: "openstack security group set --tag {{ cluster_id_tag }} {{ os_sg_master }} "
    
      - name: 'Create the worker security group'
        os_security_group:
          name: "{{ os_sg_worker }}"
    
      - name: 'Set worker security group tag'
        command:
          cmd: "openstack security group set --tag {{ cluster_id_tag }} {{ os_sg_worker }} "
    
      - name: 'Create master-sg rule "ICMP"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_master }}"
          protocol: icmp
    
      - name: 'Create master-sg rule "machine config server"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_master }}"
          protocol: tcp
          remote_ip_prefix: "{{ os_subnet_range }}"
          port_range_min: 22623
          port_range_max: 22623
    
      - name: 'Create master-sg rule "SSH"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_master }}"
          protocol: tcp
          port_range_min: 22
          port_range_max: 22
    
      - name: 'Create master-sg rule "DNS (TCP)"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_master }}"
          remote_ip_prefix: "{{ os_subnet_range }}"
          protocol: tcp
          port_range_min: 53
          port_range_max: 53
    
      - name: 'Create master-sg rule "DNS (UDP)"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_master }}"
          remote_ip_prefix: "{{ os_subnet_range }}"
          protocol: udp
          port_range_min: 53
          port_range_max: 53
    
      - name: 'Create master-sg rule "mDNS"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_master }}"
          remote_ip_prefix: "{{ os_subnet_range }}"
          protocol: udp
          port_range_min: 5353
          port_range_max: 5353
    
      - name: 'Create master-sg rule "OpenShift API"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_master }}"
          protocol: tcp
          port_range_min: 6443
          port_range_max: 6443
    
      - name: 'Create master-sg rule "VXLAN"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_master }}"
          protocol: udp
          remote_ip_prefix: "{{ os_subnet_range }}"
          port_range_min: 4789
          port_range_max: 4789
    
      - name: 'Create master-sg rule "Geneve"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_master }}"
          protocol: udp
          remote_ip_prefix: "{{ os_subnet_range }}"
          port_range_min: 6081
          port_range_max: 6081
    
      - name: 'Create master-sg rule "ovndb"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_master }}"
          protocol: tcp
          remote_ip_prefix: "{{ os_subnet_range }}"
          port_range_min: 6641
          port_range_max: 6642
    
      - name: 'Create master-sg rule "master ingress internal (TCP)"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_master }}"
          protocol: tcp
          remote_ip_prefix: "{{ os_subnet_range }}"
          port_range_min: 9000
          port_range_max: 9999
    
      - name: 'Create master-sg rule "master ingress internal (UDP)"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_master }}"
          protocol: udp
          remote_ip_prefix: "{{ os_subnet_range }}"
          port_range_min: 9000
          port_range_max: 9999
    
      - name: 'Create master-sg rule "kube scheduler"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_master }}"
          protocol: tcp
          remote_ip_prefix: "{{ os_subnet_range }}"
          port_range_min: 10259
          port_range_max: 10259
    
      - name: 'Create master-sg rule "kube controller manager"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_master }}"
          protocol: tcp
          remote_ip_prefix: "{{ os_subnet_range }}"
          port_range_min: 10257
          port_range_max: 10257
    
      - name: 'Create master-sg rule "master ingress kubelet secure"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_master }}"
          protocol: tcp
          remote_ip_prefix: "{{ os_subnet_range }}"
          port_range_min: 10250
          port_range_max: 10250
    
      - name: 'Create master-sg rule "etcd"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_master }}"
          protocol: tcp
          remote_ip_prefix: "{{ os_subnet_range }}"
          port_range_min: 2379
          port_range_max: 2380
    
      - name: 'Create master-sg rule "master ingress services (TCP)"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_master }}"
          protocol: tcp
          remote_ip_prefix: "{{ os_subnet_range }}"
          port_range_min: 30000
          port_range_max: 32767
    
      - name: 'Create master-sg rule "master ingress services (UDP)"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_master }}"
          protocol: udp
          remote_ip_prefix: "{{ os_subnet_range }}"
          port_range_min: 30000
          port_range_max: 32767
    
      - name: 'Create master-sg rule "VRRP"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_master }}"
          protocol: '112'
          remote_ip_prefix: "{{ os_subnet_range }}"
    
    
      - name: 'Create worker-sg rule "ICMP"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_worker }}"
          protocol: icmp
    
      - name: 'Create worker-sg rule "SSH"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_worker }}"
          protocol: tcp
          port_range_min: 22
          port_range_max: 22
    
      - name: 'Create worker-sg rule "mDNS"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_worker }}"
          protocol: udp
          remote_ip_prefix: "{{ os_subnet_range }}"
          port_range_min: 5353
          port_range_max: 5353
    
      - name: 'Create worker-sg rule "Ingress HTTP"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_worker }}"
          protocol: tcp
          port_range_min: 80
          port_range_max: 80
    
      - name: 'Create worker-sg rule "Ingress HTTPS"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_worker }}"
          protocol: tcp
          port_range_min: 443
          port_range_max: 443
    
      - name: 'Create worker-sg rule "router"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_worker }}"
          protocol: tcp
          remote_ip_prefix: "{{ os_subnet_range }}"
          port_range_min: 1936
          port_range_max: 1936
    
      - name: 'Create worker-sg rule "VXLAN"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_worker }}"
          protocol: udp
          remote_ip_prefix: "{{ os_subnet_range }}"
          port_range_min: 4789
          port_range_max: 4789
    
      - name: 'Create worker-sg rule "Geneve"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_worker }}"
          protocol: udp
          remote_ip_prefix: "{{ os_subnet_range }}"
          port_range_min: 6081
          port_range_max: 6081
    
      - name: 'Create worker-sg rule "worker ingress internal (TCP)"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_worker }}"
          protocol: tcp
          remote_ip_prefix: "{{ os_subnet_range }}"
          port_range_min: 9000
          port_range_max: 9999
    
      - name: 'Create worker-sg rule "worker ingress internal (UDP)"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_worker }}"
          protocol: udp
          remote_ip_prefix: "{{ os_subnet_range }}"
          port_range_min: 9000
          port_range_max: 9999
    
      - name: 'Create worker-sg rule "worker ingress kubelet insecure"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_worker }}"
          protocol: tcp
          remote_ip_prefix: "{{ os_subnet_range }}"
          port_range_min: 10250
          port_range_max: 10250
    
      - name: 'Create worker-sg rule "worker ingress services (TCP)"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_worker }}"
          protocol: tcp
          remote_ip_prefix: "{{ os_subnet_range }}"
          port_range_min: 30000
          port_range_max: 32767
    
      - name: 'Create worker-sg rule "worker ingress services (UDP)"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_worker }}"
          protocol: udp
          remote_ip_prefix: "{{ os_subnet_range }}"
          port_range_min: 30000
          port_range_max: 32767
    
      - name: 'Create worker-sg rule "VRRP"'
        os_security_group_rule:
          security_group: "{{ os_sg_worker }}"
          protocol: '112'
          remote_ip_prefix: "{{ os_subnet_range }}"
  4. network.yaml というローカルファイルに、以下のコンテンツを挿入します。

    例1.12 network.yaml

    # Required Python packages:
    #
    # ansible
    # openstackclient
    # openstacksdk
    # netaddr
    
    - import_playbook: common.yaml
    
    - hosts: all
      gather_facts: no
    
      tasks:
      - name: 'Create the cluster network'
        os_network:
          name: "{{ os_network }}"
    
      - name: 'Set the cluster network tag'
        command:
          cmd: "openstack network set --tag {{ cluster_id_tag }} {{ os_network }}"
    
      - name: 'Create a subnet'
        os_subnet:
          name: "{{ os_subnet }}"
          network_name: "{{ os_network }}"
          cidr: "{{ os_subnet_range }}"
          allocation_pool_start: "{{ os_subnet_range | next_nth_usable(10) }}"
          allocation_pool_end: "{{ os_subnet_range | ipaddr('last_usable') }}"
    
      - name: 'Set the cluster subnet tag'
        command:
          cmd: "openstack subnet set --tag {{ cluster_id_tag }} {{ os_subnet }}"
    
      - name: 'Create the service network'
        os_network:
          name: "{{ os_svc_network }}"
        when: os_networking_type == "Kuryr"
    
      - name: 'Set the service network tag'
        command:
          cmd: "openstack network set --tag {{ cluster_id_tag }} {{ os_svc_network }}"
        when: os_networking_type == "Kuryr"
    
      - name: 'Computing facts for service subnet'
        set_fact:
          first_ip_svc_subnet_range: "{{ svc_subnet_range | ipv4('network') }}"
          last_ip_svc_subnet_range: "{{ svc_subnet_range | ipaddr('last_usable') |ipmath(1) }}"
          first_ip_os_svc_network_range: "{{ os_svc_network_range | ipv4('network') }}"
          last_ip_os_svc_network_range: "{{ os_svc_network_range | ipaddr('last_usable') |ipmath(1) }}"
          allocation_pool: ""
        when: os_networking_type == "Kuryr"
    
      - name: 'Get first part of OpenStack network'
        set_fact:
          allocation_pool: "{{ allocation_pool + '--allocation-pool start={{ first_ip_os_svc_network_range | ipmath(1) }},end={{ first_ip_svc_subnet_range |ipmath(-1) }}' }}"
        when:
        - os_networking_type == "Kuryr"
        - first_ip_svc_subnet_range != first_ip_os_svc_network_range
    
      - name: 'Get last part of OpenStack network'
        set_fact:
          allocation_pool: "{{ allocation_pool + ' --allocation-pool start={{ last_ip_svc_subnet_range | ipmath(1) }},end={{ last_ip_os_svc_network_range |ipmath(-1) }}' }}"
        when:
        - os_networking_type == "Kuryr"
        - last_ip_svc_subnet_range != last_ip_os_svc_network_range
    
      - name: 'Get end of allocation'
        set_fact:
          gateway_ip: "{{ allocation_pool.split('=')[-1] }}"
        when: os_networking_type == "Kuryr"
    
      - name: 'replace last IP'
        set_fact:
          allocation_pool: "{{ allocation_pool | replace(gateway_ip, gateway_ip | ipmath(-1))}}"
        when: os_networking_type == "Kuryr"
    
      - name: 'list service subnet'
        command:
          cmd: "openstack subnet list --name {{ os_svc_subnet }} --tag {{ cluster_id_tag }}"
        when: os_networking_type == "Kuryr"
        register: svc_subnet
    
      - name: 'Create the service subnet'
        command:
          cmd: "openstack subnet create --ip-version 4 --gateway {{ gateway_ip }} --subnet-range {{ os_svc_network_range }} {{ allocation_pool }} --no-dhcp --network {{ os_svc_network }} --tag {{ cluster_id_tag }} {{ os_svc_subnet }}"
        when:
        - os_networking_type == "Kuryr"
        - svc_subnet.stdout == ""
    
      - name: 'list subnet pool'
        command:
          cmd: "openstack subnet pool list --name {{ subnet_pool }} --tags {{ cluster_id_tag }}"
        when: os_networking_type == "Kuryr"
        register: pods_subnet_pool
    
      - name: 'Create pods subnet pool'
        command:
          cmd: "openstack subnet pool create --default-prefix-length {{ host_prefix }} --pool-prefix {{ cluster_network_cidrs }} --tag {{ cluster_id_tag }} {{ subnet_pool }}"
        when:
        - os_networking_type == "Kuryr"
        - pods_subnet_pool.stdout == ""
    
      - name: 'Create external router'
        os_router:
          name: "{{ os_router }}"
          network: "{{ os_external_network }}"
          interfaces:
          - "{{ os_subnet }}"
    
      - name: 'Set external router tag'
        command:
          cmd: "openstack router set --tag {{ cluster_id_tag }} {{ os_router }}"
        when: os_networking_type == "Kuryr"
    
      - name: 'Create the API port'
        os_port:
          name: "{{ os_port_api }}"
          network: "{{ os_network }}"
          security_groups:
          - "{{ os_sg_master }}"
          fixed_ips:
          - subnet: "{{ os_subnet }}"
            ip_address: "{{ os_subnet_range | next_nth_usable(5) }}"
    
      - name: 'Set API port tag'
        command:
          cmd: "openstack port set --tag {{ cluster_id_tag }} {{ os_port_api }}"
    
      - name: 'Create the Ingress port'
        os_port:
          name: "{{ os_port_ingress }}"
          network: "{{ os_network }}"
          security_groups:
          - "{{ os_sg_worker }}"
          fixed_ips:
          - subnet: "{{ os_subnet }}"
            ip_address: "{{ os_subnet_range | next_nth_usable(7) }}"
    
      - name: 'Set the Ingress port tag'
        command:
          cmd: "openstack port set --tag {{ cluster_id_tag }} {{ os_port_ingress }}"
    
      # NOTE: openstack ansible module doesn't allow attaching Floating IPs to
      # ports, let's use the CLI instead
      - name: 'Attach the API floating IP to API port'
        command:
          cmd: "openstack floating ip set --port {{ os_port_api }} {{ os_api_fip }}"
    
      # NOTE: openstack ansible module doesn't allow attaching Floating IPs to
      # ports, let's use the CLI instead
      - name: 'Attach the Ingress floating IP to Ingress port'
        command:
          cmd: "openstack floating ip set --port {{ os_port_ingress }} {{ os_ingress_fip }}"
  5. コマンドラインで、security-groups.yaml Playbook を実行してセキュリティーグループを作成します。

    $ ansible-playbook -i inventory.yaml security-groups.yaml
  6. コマンドラインで、network.yaml Playbook を実行して、ネットワーク、サブネット、およびルーターを作成します。

    $ ansible-playbook -i inventory.yaml network.yaml
  7. オプション: Nova サーバーが使用するデフォルトのリゾルバーを制御する必要がある場合は、RHOSP CLI コマンドを実行します。

    $ openstack subnet set --dns-nameserver <server_1> --dns-nameserver <server_2> "$INFRA_ID-nodes"

1.4.18. ブートストラップマシンの作成

ブートストラップマシンを作成し、Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) で実行するために必要なネットワークアクセスを付与します。Red Hat は、このプロセスを単純化するために実行する Ansible Playbook を提供しています。

前提条件

  • 共通ディレクトリー内の inventory.yaml および common.yaml Ansible Playbook。

    • これらのファイルが必要な場合は、「ネットワークリソースの作成」からこれらのファイルをコピーします。
  • インストールプログラムが作成した metadata.json ファイルが Ansible Playbook と同じディレクトリーにあります。

手順

  1. コマンドラインで、作業ディレクトリーを inventory.yaml および common.yaml ファイルの場所に変更します。
  2. bootstrap.yaml というローカルファイルに、以下のコンテンツを挿入します。

    例1.13 bootstrap.yaml

    # Required Python packages:
    #
    # ansible
    # openstackclient
    # openstacksdk
    # netaddr
    
    - import_playbook: common.yaml
    
    - hosts: all
      gather_facts: no
    
      tasks:
      - name: 'Create the bootstrap server port'
        os_port:
          name: "{{ os_port_bootstrap }}"
          network: "{{ os_network }}"
          security_groups:
          - "{{ os_sg_master }}"
          allowed_address_pairs:
          - ip_address: "{{ os_subnet_range | next_nth_usable(5) }}"
          - ip_address: "{{ os_subnet_range | next_nth_usable(6) }}"
    
      - name: 'Set bootstrap port tag'
        command:
          cmd: "openstack port set --tag {{ cluster_id_tag }} {{ os_port_bootstrap }}"
    
      - name: 'Create the bootstrap server'
        os_server:
          name: "{{ os_bootstrap_server_name }}"
          image: "{{ os_image_rhcos }}"
          flavor: "{{ os_flavor_master }}"
          userdata: "{{ lookup('file', os_bootstrap_ignition) | string }}"
          auto_ip: no
          nics:
          - port-name: "{{ os_port_bootstrap }}"
    
      - name: 'Create the bootstrap floating IP'
        os_floating_ip:
          state: present
          network: "{{ os_external_network }}"
          server: "{{ os_bootstrap_server_name }}"
  3. コマンドラインで Playbook を実行します。

    $ ansible-playbook -i inventory.yaml bootstrap.yaml
  4. ブートストラップサーバーがアクティブになった後に、ログを表示し、Ignition ファイルが受信されたことを確認します。

    $ openstack console log show "$INFRA_ID-bootstrap"

1.4.19. コントロールプレーンマシンの作成

生成した Ignition 設定ファイルを使用して 3 つのコントロールプレーンマシンを作成します。

前提条件

  • インストールプログラムのメタデータファイルのインフラストラクチャー ID は環境変数 ($INFRA_ID) として設定されます。
  • 共通ディレクトリー内の inventory.yaml および common.yaml Ansible Playbook。

    • これらのファイルが必要な場合は、「ネットワークリソースの作成」からこれらのファイルをコピーします。
  • コントロールプレーン Ignition 設定ファイルの作成」で作成された 3 つの Ignition ファイル。

手順

  1. コマンドラインで、作業ディレクトリーを inventory.yaml および common.yaml ファイルの場所に変更します。
  2. コントロールプレーン Ignition 設定ファイルが作業ディレクトリーにない場合、それらをここにコピーします。
  3. control-plane.yaml というローカルファイルに、以下のコンテンツを挿入します。

    例1.14 control-plane.yaml

    # Required Python packages:
    #
    # ansible
    # openstackclient
    # openstacksdk
    # netaddr
    
    - import_playbook: common.yaml
    
    - hosts: all
      gather_facts: no
    
      tasks:
      - name: 'Create the Control Plane ports'
        os_port:
          name: "{{ item.1 }}-{{ item.0 }}"
          network: "{{ os_network }}"
          security_groups:
          - "{{ os_sg_master }}"
          allowed_address_pairs:
          - ip_address: "{{ os_subnet_range | next_nth_usable(5) }}"
          - ip_address: "{{ os_subnet_range | next_nth_usable(6) }}"
          - ip_address: "{{ os_subnet_range | next_nth_usable(7) }}"
        with_indexed_items: "{{ [os_port_master] * os_cp_nodes_number }}"
        register: ports
    
      - name: 'Set Control Plane ports tag'
        command:
          cmd: "openstack port set --tag {{ cluster_id_tag }} {{ item.1 }}-{{ item.0 }}"
        with_indexed_items: "{{ [os_port_master] * os_cp_nodes_number }}"
    
      - name: 'List the Control Plane Trunks'
        command:
          cmd: "openstack network trunk list"
        when: os_networking_type == "Kuryr"
        register: control_plane_trunks
    
      - name: 'Create the Control Plane trunks'
        command:
          cmd: "openstack network trunk create --parent-port {{ item.1.id }} {{ os_cp_trunk_name }}-{{ item.0 }}"
        with_indexed_items: "{{ ports.results }}"
        when:
        - os_networking_type == "Kuryr"
        - "os_cp_trunk_name|string not in control_plane_trunks.stdout"
    
      - name: 'List the Server groups'
        command:
          cmd: "openstack server group list -f json -c ID -c Name"
        register: server_group_list
    
      - name: 'Parse the Server group ID from existing'
        set_fact:
          server_group_id: "{{ (server_group_list.stdout | from_json | json_query(list_query) | first).ID }}"
        vars:
          list_query: "[?Name=='{{ os_cp_server_group_name }}']"
        when:
        - "os_cp_server_group_name|string in server_group_list.stdout"
    
      - name: 'Create the Control Plane server group'
        command:
          cmd: "openstack --os-compute-api-version=2.15 server group create -f json -c id --policy=soft-anti-affinity {{ os_cp_server_group_name }}"
        register: server_group_created
        when:
        - server_group_id is not defined
    
      - name: 'Parse the Server group ID from creation'
        set_fact:
          server_group_id: "{{ (server_group_created.stdout | from_json).id }}"
        when:
        - server_group_id is not defined
    
      - name: 'Create the Control Plane servers'
        os_server:
          name: "{{ item.1 }}-{{ item.0 }}"
          image: "{{ os_image_rhcos }}"
          flavor: "{{ os_flavor_master }}"
          auto_ip: no
          # The ignition filename will be concatenated with the Control Plane node
          # name and its 0-indexed serial number.
          # In this case, the first node will look for this filename:
          #    "{{ infraID }}-master-0-ignition.json"
          userdata: "{{ lookup('file', [item.1, item.0, 'ignition.json'] | join('-')) | string }}"
          nics:
          - port-name: "{{ os_port_master }}-{{ item.0 }}"
          scheduler_hints:
            group: "{{ server_group_id }}"
        with_indexed_items: "{{ [os_cp_server_name] * os_cp_nodes_number }}"
  4. コマンドラインで Playbook を実行します。

    $ ansible-playbook -i inventory.yaml control-plane.yaml
  5. 以下のコマンドを実行してブートストラッププロセスをモニターします。

    $ openshift-install wait-for bootstrap-complete

    コントロールプレーンマシンが実行され、クラスターに参加していることを確認できるメッセージが表示されます。

    INFO API v1.14.6+f9b5405 up
    INFO Waiting up to 30m0s for bootstrapping to complete...
    ...
    INFO It is now safe to remove the bootstrap resources

1.4.20. クラスターへのログイン

クラスター kubeconfig ファイルをエクスポートし、デフォルトシステムユーザーとしてクラスターにログインできます。kubeconfig ファイルには、クライアントを正しいクラスターおよび API サーバーに接続するために CLI で使用されるクラスターについての情報が含まれます。このファイルはクラスターに固有のファイルであり、OpenShift Container Platform のインストール時に作成されます。

前提条件

  • OpenShift Container Platform クラスターをデプロイします。
  • oc CLI をインストールします。

手順

  1. kubeadmin 認証情報をエクスポートします。

    $ export KUBECONFIG=<installation_directory>/auth/kubeconfig 1
    1
    <installation_directory> には、インストールファイルを保存したディレクトリーへのパスを指定します。
  2. エクスポートされた設定を使用して、oc コマンドを正常に実行できることを確認します。

    $ oc whoami

    出力例

    system:admin

1.4.21. ブートストラップリソースの削除

不要になったブートストラップリソースを削除します。

前提条件

  • 共通ディレクトリー内の inventory.yaml および common.yaml Ansible Playbook。

    • これらのファイルが必要な場合は、「ネットワークリソースの作成」からこれらのファイルをコピーします。
  • コントロールプレーンマシンを実行中です。

    • マシンのステータスが分からない場合は、「クラスターステータスの確認」を参照してください。

手順

  1. down-bootstrap.yaml というローカルファイルに、以下のコンテンツを挿入します。

    例1.15 down-bootstrap.yaml

    # Required Python packages:
    #
    # ansible
    # openstacksdk
    
    - import_playbook: common.yaml
    
    - hosts: all
      gather_facts: no
    
      tasks:
      - name: 'Remove the bootstrap server'
        os_server:
          name: "{{ os_bootstrap_server_name }}"
          state: absent
          delete_fip: yes
    
      - name: 'Remove the bootstrap server port'
        os_port:
          name: "{{ os_port_bootstrap }}"
          state: absent
  2. コマンドラインで Playbook を実行します。

    $ ansible-playbook -i inventory.yaml down-bootstrap.yaml

ブートストラップポート、サーバー、および Floating IP アドレスが削除されます。

警告

ブートストラップ Ignition ファイル URL を無効にしていない場合は、無効にしてください。

1.4.22. コンピュートマシンの作成

コントロールプレーンの起動後、コンピュートマシンを作成します。

前提条件

  • 共通ディレクトリー内の inventory.yaml および common.yaml Ansible Playbook。

    • これらのファイルが必要な場合は、「ネットワークリソースの作成」からこれらのファイルをコピーします。
  • インストールプログラムが作成した metadata.json ファイルが Ansible Playbook と同じディレクトリーにあります。
  • コントロールプレーンがアクティブです。

手順

  1. コマンドラインで、作業ディレクトリーを inventory.yaml および common.yaml ファイルの場所に変更します。
  2. compute-nodes.yaml というローカルファイルに、以下のコンテンツを挿入します。

    例1.16 compute-nodes.yaml

    # Required Python packages:
    #
    # ansible
    # openstackclient
    # openstacksdk
    # netaddr
    
    - import_playbook: common.yaml
    
    - hosts: all
      gather_facts: no
    
      tasks:
      - name: 'Create the Compute ports'
        os_port:
          name: "{{ item.1 }}-{{ item.0 }}"
          network: "{{ os_network }}"
          security_groups:
          - "{{ os_sg_worker }}"
          allowed_address_pairs:
          - ip_address: "{{ os_subnet_range | next_nth_usable(7) }}"
        with_indexed_items: "{{ [os_port_worker] * os_compute_nodes_number }}"
        register: ports
    
      - name: 'Set Compute ports tag'
        command:
          cmd: "openstack port set --tag {{ cluster_id_tag }} {{ item.1 }}-{{ item.0 }}"
        with_indexed_items: "{{ [os_port_worker] * os_compute_nodes_number }}"
    
      - name: 'List the Compute Trunks'
        command:
          cmd: "openstack network trunk list"
        when: os_networking_type == "Kuryr"
        register: compute_trunks
    
      - name: 'Create the Compute trunks'
        command:
          cmd: "openstack network trunk create --parent-port {{ item.1.id }} {{ os_compute_trunk_name }}-{{ item.0 }}"
        with_indexed_items: "{{ ports.results }}"
        when:
        - os_networking_type == "Kuryr"
        - "os_compute_trunk_name|string not in compute_trunks.stdout"
    
      - name: 'Create the Compute servers'
        os_server:
          name: "{{ item.1 }}-{{ item.0 }}"
          image: "{{ os_image_rhcos }}"
          flavor: "{{ os_flavor_worker }}"
          auto_ip: no
          userdata: "{{ lookup('file', 'worker.ign') | string }}"
          nics:
          - port-name: "{{ os_port_worker }}-{{ item.0 }}"
        with_indexed_items: "{{ [os_compute_server_name] * os_compute_nodes_number }}"
  3. コマンドラインで Playbook を実行します。

    $ ansible-playbook -i inventory.yaml compute-nodes.yaml

次のステップ

  • マシンの証明書署名要求を承認します。

1.4.23. マシンの証明書署名要求の承認

マシンをクラスターに追加する際に、追加したそれぞれのマシンについて 2 つの保留状態の証明書署名要求 (CSR) が生成されます。これらの CSR が承認されていることを確認するか、または必要な場合はそれらを承認してください。最初にクライアント要求を承認し、次にサーバー要求を承認する必要があります。

前提条件

  • マシンがクラスターに追加されています。

手順

  1. クラスターがマシンを認識していることを確認します。

    $ oc get nodes

    出力例

    NAME      STATUS    ROLES   AGE  VERSION
    master-0  Ready     master  63m  v1.18.3
    master-1  Ready     master  63m  v1.18.3
    master-2  Ready     master  64m  v1.18.3
    worker-0  NotReady  worker  76s  v1.18.3
    worker-1  NotReady  worker  70s  v1.18.3

    出力には作成したすべてのマシンが一覧表示されます。

  2. 保留中の証明書署名要求 (CSR) を確認し、クラスターに追加したそれぞれのマシンのクライアントおよびサーバー要求に Pending または Approved ステータスが表示されていることを確認します。

    $ oc get csr

    出力例

    NAME        AGE     REQUESTOR                                                                   CONDITION
    csr-8b2br   15m     system:serviceaccount:openshift-machine-config-operator:node-bootstrapper   Pending
    csr-8vnps   15m     system:serviceaccount:openshift-machine-config-operator:node-bootstrapper   Pending
    ...

    この例では、2 つのマシンがクラスターに参加しています。この一覧にはさらに多くの承認された CSR が表示される可能性があります。

  3. 追加したマシンの保留中の CSR すべてが Pending ステータスになった後に CSR が承認されない場合には、クラスターマシンの CSR を承認します。

    注記

    CSR のローテーションは自動的に実行されるため、クラスターにマシンを追加後 1 時間以内に CSR を承認してください。1 時間以内に承認しない場合には、証明書のローテーションが行われ、各ノードに 3 つ以上の証明書が存在するようになります。これらの証明書すべてを承認する必要があります。クライアントの CSR が承認されたら、Kubelet は提供証明書のセカンダリー CSR を作成します。これには、手動の承認が必要です。次に、後続の提供証明書の更新要求は、Kubelet が同じパラメーターを持つ新規証明書を要求する場合に machine-approver によって自動的に承認されます。

    • それらを個別に承認するには、それぞれの有効な CSR について以下のコマンドを実行します。

      $ oc adm certificate approve <csr_name> 1
      1
      <csr_name> は、現行の CSR の一覧からの CSR の名前です。
    • すべての保留中の CSR を承認するには、以下のコマンドを実行します。

      $ oc get csr -o go-template='{{range .items}}{{if not .status}}{{.metadata.name}}{{"\n"}}{{end}}{{end}}' | xargs --no-run-if-empty oc adm certificate approve
  4. クライアント要求が承認されたら、クラスターに追加した各マシンのサーバー要求を確認する必要があります。

    $ oc get csr

    出力例

    NAME        AGE     REQUESTOR                                                                   CONDITION
    csr-bfd72   5m26s   system:node:ip-10-0-50-126.us-east-2.compute.internal                       Pending
    csr-c57lv   5m26s   system:node:ip-10-0-95-157.us-east-2.compute.internal                       Pending
    ...

  5. 残りの CSR が承認されず、それらが Pending ステータスにある場合、クラスターマシンの CSR を承認します。

    • それらを個別に承認するには、それぞれの有効な CSR について以下のコマンドを実行します。

      $ oc adm certificate approve <csr_name> 1
      1
      <csr_name> は、現行の CSR の一覧からの CSR の名前です。
    • すべての保留中の CSR を承認するには、以下のコマンドを実行します。

      $ oc get csr -o go-template='{{range .items}}{{if not .status}}{{.metadata.name}}{{"\n"}}{{end}}{{end}}' | xargs oc adm certificate approve
  6. すべてのクライアントおよびサーバーの CSR が承認された後に、マシンのステータスが Ready になります。以下のコマンドを実行して、これを確認します。

    $ oc get nodes

    出力例

    NAME      STATUS    ROLES   AGE  VERSION
    master-0  Ready     master  73m  v1.20.0
    master-1  Ready     master  73m  v1.20.0
    master-2  Ready     master  74m  v1.20.0
    worker-0  Ready     worker  11m  v1.20.0
    worker-1  Ready     worker  11m  v1.20.0

    注記

    サーバー CSR の承認後にマシンが Ready ステータスに移行するまでに数分の時間がかかる場合があります。

追加情報

1.4.24. インストールの正常な実行の確認

OpenShift Container Platform のインストールが完了していることを確認します。

前提条件

  • インストールプログラム (openshift-install) があります。

手順

  • コマンドラインで、以下を入力します。

    $ openshift-install --log-level debug wait-for install-complete

プログラムはコンソール URL と管理者のログイン情報を出力します。

1.4.25. Floating IP アドレスを使用したアプリケーションアクセスの設定

OpenShift Container Platform をインストールした後に、アプリケーションネットワークトラフィックを許可するように Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) を設定します。

前提条件

  • OpenShift Container Platform クラスターがインストールされている必要があります。
  • 環境へのアクセスの有効化」で説明されているように、Floating IP アドレスが有効化されています。

手順

OpenShift Container Platform クラスターをインストールした後に、Floating IP アドレスを Ingress ポートに割り当てます。

  1. ポートを表示します。

    $ openstack port show <cluster name>-<clusterID>-ingress-port
  2. ポートを IP アドレスに接続します。

    $ openstack floating ip set --port <ingress port ID> <apps FIP>
  3. *apps. のワイルドカード A レコードを DNS ファイルに追加します。

    *.apps.<cluster name>.<base domain>  IN  A  <apps FIP>
注記

DNS サーバーを制御せず、非実稼働環境でアプリケーションアクセスを有効にする必要がある場合は、これらのホスト名を /etc/hostsに追加できます。

<apps FIP> console-openshift-console.apps.<cluster name>.<base domain>
<apps FIP> integrated-oauth-server-openshift-authentication.apps.<cluster name>.<base domain>
<apps FIP> oauth-openshift.apps.<cluster name>.<base domain>
<apps FIP> prometheus-k8s-openshift-monitoring.apps.<cluster name>.<base domain>
<apps FIP> grafana-openshift-monitoring.apps.<cluster name>.<base domain>
<apps FIP> <app name>.apps.<cluster name>.<base domain>

1.4.26. 次のステップ

1.5. OpenStack でのクラスターのアンインストール

Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) にデプロイしたクラスターを削除できます。

1.5.1. インストーラーでプロビジョニングされるインフラストラクチャーを使用するクラスターの削除

インストーラーでプロビジョニングされるインフラストラクチャーを使用するクラスターは、クラウドから削除できます。

注記

アンインストール後に、とくにユーザーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャー (UPI) クラスターで適切に削除されていないリソースがあるかどうかについて、クラウドプロバイダーを確認します。インストーラーが作成されなかったり、インストーラーがアクセスできない場合には、リソースがある可能性があります。

前提条件

  • クラスターをデプロイするために使用したインストールプログラムのコピーがあります。
  • クラスター作成時にインストールプログラムが生成したファイルがあります。

手順

  1. クラスターをインストールするために使用したコンピューターから、以下のコマンドを実行します。

    $ ./openshift-install destroy cluster \
    --dir=<installation_directory> --log-level=info 1 2
    1
    <installation_directory> には、インストールファイルを保存したディレクトリーへのパスを指定します。
    2
    異なる詳細情報を表示するには、 info ではなく、warndebug、または error を指定します。
    注記

    クラスターのクラスター定義ファイルが含まれるディレクトリーを指定する必要があります。クラスターを削除するには、インストールプログラムでこのディレクトリーにある metadata.json ファイルが必要になります。

  2. オプション: <installation_directory> ディレクトリーおよび OpenShift Container Platform インストールプログラムを削除します。

1.6. 独自のインフラストラクチャーからの OpenStack のクラスターのアンインストール

ユーザーによってプロビジョニングされたインフラストラクチャーの Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) にデプロイしたクラスターを削除することができます。

1.6.1. 前提条件

  • 以下がマシン上にあります。

    • 削除プロセスに使用するファイルを作成できる単一ディレクトリー
    • Python 3

1.6.2. Playbook 依存関係のダウンロード

ユーザーによってプロビジョニングされたインフラストラクチャーでの削除プロセスを簡素化する Ansible Playbook には、複数の Python モジュールが必要です。プロセスを実行するマシンで、モジュールのリポジトリーを追加し、それらをダウンロードします。

注記

この手順では、Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 8 を使用していることを前提としています。

前提条件

  • Python 3 がマシンにインストールされています。

手順

  1. コマンドラインで、リポジトリーを追加します。

    1. Red Hat Subscription Manager に登録します。

      $ sudo subscription-manager register # If not done already
    2. 最新のサブスクリプションデータをプルします。

      $ sudo subscription-manager attach --pool=$YOUR_POOLID # If not done already
    3. 現在のリポジトリーを無効にします。

      $ sudo subscription-manager repos --disable=* # If not done already
    4. 必要なリポジトリーを追加します。

      $ sudo subscription-manager repos \
        --enable=rhel-8-for-x86_64-baseos-rpms \
        --enable=openstack-16-tools-for-rhel-8-x86_64-rpms \
        --enable=ansible-2.9-for-rhel-8-x86_64-rpms \
        --enable=rhel-8-for-x86_64-appstream-rpms
  2. モジュールをインストールします。

    $ sudo yum install python3-openstackclient ansible python3-openstacksdk
  3. python コマンドが python3 を参照していることを確認します。

    $ sudo alternatives --set python /usr/bin/python3

1.6.3. 独自のインフラストラクチャーを使用する RHOSP のクラスターの削除

独自のインフラストラクチャーを使用する Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) の OpenShift Container Platform クラスターを削除できます。削除プロセスを迅速に完了するには、複数の Ansible Playbook を作成し、実行します。

前提条件

  • Python 3 がマシンにインストールされています。
  • 「Downloading playbook dependencies」でモジュールをダウンロードしています。
手順

OpenShift Container Platform のインストール時より common.yaml および inventory.yaml Playbook が残っている場合があります。その場合、手順の最初の 2 つのステップを省略できます。

  1. common.yaml というローカルファイルに、以下のコンテンツを挿入します。

    例1.17 common.yaml Ansible Playbook

    - hosts: localhost
      gather_facts: no
    
      vars_files:
      - metadata.json
    
      tasks:
      - name: 'Compute resource names'
        set_fact:
          cluster_id_tag: "openshiftClusterID={{ infraID }}"
          os_network: "{{ infraID }}-network"
          os_subnet: "{{ infraID }}-nodes"
          os_router: "{{ infraID }}-external-router"
          # Port names
          os_port_api: "{{ infraID }}-api-port"
          os_port_ingress: "{{ infraID }}-ingress-port"
          os_port_bootstrap: "{{ infraID }}-bootstrap-port"
          os_port_master: "{{ infraID }}-master-port"
          os_port_worker: "{{ infraID }}-worker-port"
          # Security groups names
          os_sg_master: "{{ infraID }}-master"
          os_sg_worker: "{{ infraID }}-worker"
          # Server names
          os_bootstrap_server_name: "{{ infraID }}-bootstrap"
          os_cp_server_name: "{{ infraID }}-master"
          os_cp_server_group_name: "{{ infraID }}-master"
          os_compute_server_name: "{{ infraID }}-worker"
          # Trunk names
          os_cp_trunk_name: "{{ infraID }}-master-trunk"
          os_compute_trunk_name: "{{ infraID }}-worker-trunk"
          # Subnet pool name
          subnet_pool: "{{ infraID }}-kuryr-pod-subnetpool"
          # Service network name
          os_svc_network: "{{ infraID }}-kuryr-service-network"
          # Service subnet name
          os_svc_subnet: "{{ infraID }}-kuryr-service-subnet"
          # Ignition files
          os_bootstrap_ignition: "{{ infraID }}-bootstrap-ignition.json"
  2. inventory.yaml というローカルファイルに以下のコンテンツを挿入し、独自の値に一致するように値を編集します。

    例1.18 inventory.yaml Ansible Playbook

    all:
      hosts:
        localhost:
          ansible_connection: local
          ansible_python_interpreter: "{{ansible_playbook_python}}"
    
          # User-provided values
          os_subnet_range: '10.0.0.0/16'
          os_flavor_master: 'm1.xlarge'
          os_flavor_worker: 'm1.large'
          os_image_rhcos: 'rhcos'
          os_external_network: 'external'
          # OpenShift API floating IP address
          os_api_fip: '203.0.113.23'
          # OpenShift Ingress floating IP address
          os_ingress_fip: '203.0.113.19'
          # Service subnet cidr
          svc_subnet_range: '172.30.0.0/16'
          os_svc_network_range: '172.30.0.0/15'
          # Subnet pool prefixes
          cluster_network_cidrs: '10.128.0.0/14'
          # Subnet pool prefix length
          host_prefix: '23'
          # Name of the SDN.
          # Possible values are OpenshiftSDN or Kuryr.
          os_networking_type: 'OpenshiftSDN'
    
          # Number of provisioned Control Plane nodes
          # 3 is the minimum number for a fully-functional cluster.
          os_cp_nodes_number: 3
    
          # Number of provisioned Compute nodes.
          # 3 is the minimum number for a fully-functional cluster.
          os_compute_nodes_number: 3
  3. オプション: クラスターで Kuryr を使用する場合は、down-load-balancers.yaml というローカルファイルに以下のコンテンツを挿入します。

    例1.19 down-load-balancers.yaml

    # Required Python packages:
    #
    # ansible
    # openstackcli
    # openstacksdk
    
    - import_playbook: common.yaml
    
    - hosts: all
      gather_facts: no
    
      tasks:
      - name: 'Get an auth token'
        os_auth:
        register: cloud
        when: os_networking_type == "Kuryr"
    
      - name: 'List octavia versions'
        uri:
          method: GET
          headers:
            X-Auth-Token: "{{ cloud.ansible_facts.auth_token }}"
            Content-Type: 'application/json'
          url: "{{ cloud.ansible_facts.service_catalog | selectattr('name', 'match', 'octavia') | first | json_query('endpoints') | selectattr('interface', 'match', 'public') | first | json_query('url') }}/"
        register: octavia_versions
        when: os_networking_type == "Kuryr"
    
      - set_fact:
          versions: "{{ octavia_versions.json.versions | selectattr('id', 'match', 'v2.5') | map(attribute='id') | list }}"
        when: os_networking_type == "Kuryr"
    
      - name: 'List tagged loadbalancers'
        uri:
          method: GET
          headers:
            X-Auth-Token: "{{ cloud.ansible_facts.auth_token }}"
          url: "{{ cloud.ansible_facts.service_catalog | selectattr('name', 'match', 'octavia') | first | json_query('endpoints') | selectattr('interface', 'match', 'public') | first | json_query('url') }}/v2.0/lbaas/loadbalancers?tags={{cluster_id_tag}}"
        when:
        - os_networking_type == "Kuryr"
        - versions | length > 0
        register: lbs_tagged
    
      # NOTE: Kuryr creates an Octavia load balancer
      # for each service present on the cluster. Let's make
      # sure to remove the resources generated.
      - name: 'Remove the cluster load balancers'
        command:
          cmd: "openstack loadbalancer delete --cascade {{ item.id }}"
        with_items: "{{ lbs_tagged.json.loadbalancers }}"
        when:
        - os_networking_type == "Kuryr"
        - versions | length > 0
        - '"PENDING" not in item.provisioning_status'
    
      - name: 'List loadbalancers tagged on description'
        uri:
          method: GET
          headers:
            X-Auth-Token: "{{ cloud.ansible_facts.auth_token }}"
          url: "{{ cloud.ansible_facts.service_catalog | selectattr('name', 'match', 'octavia') | first | json_query('endpoints') | selectattr('interface', 'match', 'public') | first | json_query('url') }}/v2.0/lbaas/loadbalancers?description={{cluster_id_tag}}"
        when:
        - os_networking_type == "Kuryr"
        - versions | length == 0
        register: lbs_description
    
      # NOTE: Kuryr creates an Octavia load balancer
      # for each service present on the cluster. Let's make
      # sure to remove the resources generated.
      - name: 'Remove the cluster load balancers'
        command:
          cmd: "openstack loadbalancer delete --cascade {{ item.id }}"
        with_items: "{{ lbs_description.json.loadbalancers }}"
        when:
        - os_networking_type == "Kuryr"
        - versions | length == 0
        - '"PENDING" not in item.provisioning_status'
  4. down-compute-nodes.yaml というローカルファイルに、以下のコンテンツを挿入します。

    例1.20 down-compute-nodes.yaml

    # Required Python packages:
    #
    # ansible
    # openstackclient
    # openstacksdk
    
    - import_playbook: common.yaml
    
    - hosts: all
      gather_facts: no
    
      tasks:
      - name: 'Remove the Compute servers'
        os_server:
          name: "{{ item.1 }}-{{ item.0 }}"
          state: absent
        with_indexed_items: "{{ [os_compute_server_name] * os_compute_nodes_number }}"
    
      - name: 'List the Compute trunks'
        command:
          cmd: "openstack network trunk list -c Name -f value"
        when: os_networking_type == "Kuryr"
        register: trunks
    
      - name: 'Remove the Compute trunks'
        command:
          cmd: "openstack network trunk delete {{ item.1 }}-{{ item.0 }}"
        when:
        - os_networking_type == "Kuryr"
        - (item.1|string + '-' + item.0|string) in trunks.stdout_lines|list
        with_indexed_items: "{{ [os_compute_trunk_name] * os_compute_nodes_number }}"
    
      - name: 'Remove the Compute ports'
        os_port:
          name: "{{ item.1 }}-{{ item.0 }}"
          state: absent
        with_indexed_items: "{{ [os_port_worker] * os_compute_nodes_number }}"
  5. down-control-plane.yaml というローカルファイルに、以下のコンテンツを挿入します。

    例1.21 down-control-plane.yaml

    # Required Python packages:
    #
    # ansible
    # openstackclient
    # openstacksdk
    
    - import_playbook: common.yaml
    
    - hosts: all
      gather_facts: no
    
      tasks:
      - name: 'Remove the Control Plane servers'
        os_server:
          name: "{{ item.1 }}-{{ item.0 }}"
          state: absent
        with_indexed_items: "{{ [os_cp_server_name] * os_cp_nodes_number }}"
    
      - name: 'Remove the Control Plane server group'
        os_server_group:
          name: "{{ os_cp_server_group_name }}"
          state: absent
    
      - name: 'List the Compute trunks'
        command:
          cmd: "openstack network trunk list -c Name -f value"
        when: os_networking_type == "Kuryr"
        register: trunks
    
      - name: 'Remove the Control Plane trunks'
        command:
          cmd: "openstack network trunk delete {{ item.1 }}-{{ item.0 }}"
        when:
        - os_networking_type == "Kuryr"
        - (item.1|string + '-' + item.0|string) in trunks.stdout_lines|list
        with_indexed_items: "{{ [os_cp_trunk_name] * os_cp_nodes_number }}"
    
      - name: 'Remove the Control Plane ports'
        os_port:
          name: "{{ item.1 }}-{{ item.0 }}"
          state: absent
        with_indexed_items: "{{ [os_port_master] * os_cp_nodes_number }}"
  6. down-bootstrap.yaml というローカルファイルに、以下のコンテンツを挿入します。

    例1.22 down-bootstrap.yaml

    # Required Python packages:
    #
    # ansible
    # openstacksdk
    
    - import_playbook: common.yaml
    
    - hosts: all
      gather_facts: no
    
      tasks:
      - name: 'Remove the bootstrap server'
        os_server:
          name: "{{ os_bootstrap_server_name }}"
          state: absent
          delete_fip: yes
    
      - name: 'Remove the bootstrap server port'
        os_port:
          name: "{{ os_port_bootstrap }}"
          state: absent
  7. down-network.yaml というローカルファイルに、以下のコンテンツを挿入します。

    例1.23 down-network.yaml

    # Required Python packages:
    #
    # ansible
    # openstackclient
    # openstacksdk
    
    - import_playbook: common.yaml
    
    - hosts: all
      gather_facts: no
    
      tasks:
      - name: 'List ports attatched to router'
        command:
          cmd: "openstack port list --device-owner=network:router_interface --tags {{ cluster_id_tag }} -f value -c id"
        register: router_ports
    
      - name: 'Remove the ports from router'
        command:
          cmd: "openstack router remove port {{ os_router }} {{ item.1}}"
        with_indexed_items: "{{ router_ports.stdout_lines }}"
    
      - name: 'List ha ports attached to router'
        command:
          cmd: "openstack port list --device-owner=network:ha_router_replicated_interface --tags {{ cluster_id_tag }} -f value -c id"
        register: ha_router_ports
    
      - name: 'Remove the ha ports from router'
        command:
          cmd: "openstack router remove port {{ os_router }} {{ item.1}}"
        with_indexed_items: "{{ ha_router_ports.stdout_lines }}"
    
      - name: 'List ports'
        command:
          cmd: "openstack port list --tags {{ cluster_id_tag }} -f value -c id "
        register: ports
    
      - name: 'Remove the cluster ports'
        command:
          cmd: "openstack port delete {{ item.1}}"
        with_indexed_items: "{{ ports.stdout_lines }}"
    
      - name: 'Remove the cluster router'
        os_router:
          name: "{{ os_router }}"
          state: absent
    
      - name: 'List cluster networks'
        command:
          cmd: "openstack network list --tags {{ cluster_id_tag }} -f value -c Name"
        register: networks
    
      - name: 'Remove the cluster networks'
        os_network:
          name: "{{ item.1}}"
          state: absent
        with_indexed_items: "{{ networks.stdout_lines }}"
    
      - name: 'List the cluster subnet pool'
        command:
          cmd: "openstack subnet pool list --name {{ subnet_pool }}"
        when: os_networking_type == "Kuryr"
        register: pods_subnet_pool
    
      - name: 'Remove the cluster subnet pool'
        command:
          cmd: "openstack subnet pool delete {{ subnet_pool }}"
        when:
        - os_networking_type == "Kuryr"
        - pods_subnet_pool.stdout != ""
  8. down-security-groups.yaml というローカルファイルに、以下のコンテンツを挿入します。

    例1.24 down-security-groups.yaml

    # Required Python packages:
    #
    # ansible
    # openstackclient
    # openstacksdk
    
    - import_playbook: common.yaml
    
    - hosts: all
      gather_facts: no
    
      tasks:
      - name: 'List security groups'
        command:
          cmd: "openstack security group list --tags {{ cluster_id_tag }} -f value -c ID"
        register: security_groups
    
      - name: 'Remove the cluster security groups'
        command:
          cmd: "openstack security group delete {{ item.1 }}"
        with_indexed_items: "{{ security_groups.stdout_lines }}"
  9. コマンドラインで、作成した Playbook を実行します。

    $ ansible-playbook -i inventory.yaml  \
    	down-bootstrap.yaml      \
    	down-control-plane.yaml  \
    	down-compute-nodes.yaml  \
    	down-load-balancers.yaml \
    	down-network.yaml        \
    	down-security-groups.yaml
  10. OpenShift Container Platform インストールに対して加えた DNS レコードの変更を削除します。

OpenShift Container Platform はお使いのインフラストラクチャーから削除されます。