Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

10.4. Operator カタログイメージの更新

クラスター管理者がカスタム Operator カタログイメージを使用するように OperatorHub を設定した後、管理者は Red Hat の App Registry カタログに追加された更新をキャプチャーして、OpenShift Container Platform クラスターを最新の Operator と共に最新の状態に保つことができます。これは、新規 Operator カタログイメージをビルドし、プッシュしてから、既存の CatalogSource の spec.image パラメーターを新規イメージダイジェストに置き換えることによって実行されます。

この例では、カスタムの redhat-operators カタログイメージが OperatorHub と使用するように設定されていることを前提としています。

前提条件

  • ネットワークアクセスが無制限の Linux ワークステーション [1]
  • oc version 4.3.5+
  • podman version 1.4.4+
  • Docker v2-2 をサポートするミラーレジストリーへのアクセス
  • カスタムカタログイメージを使用するように設定されている OperatorHub
  • プライベートレジストリーを使用している場合、後続の手順で使用するために REG_CREDS 環境変数をレジストリー認証情報のファイルパスに設定します。たとえば podman CLI の場合は、以下のようになります。

    $ REG_CREDS=${XDG_RUNTIME_DIR}/containers/auth.json
  • quay.io アカウントがアクセスできるプライベート namespace を使用している場合、Quay 認証トークンを設定する必要があります。quay.io 認証情報を使用してログイン API に対して要求を行うことにより、--auth-token フラグで使用できる AUTH_TOKEN 環境変数を設定します。

    $ AUTH_TOKEN=$(curl -sH "Content-Type: application/json" \
        -XPOST https://quay.io/cnr/api/v1/users/login -d '
        {
            "user": {
                "username": "'"<quay_username>"'",
                "password": "'"<quay_password>"'"
            }
        }' | jq -r '.token')

手順

  1. ネットワークアクセスが無制限のワークステーションで、ターゲットミラーレジストリーを使用して認証を行います。

    $ podman login <registry_host_name>

    また、ビルド時にベースイメージをプルできるように、registry.redhat.io で認証します。

    $ podman login registry.redhat.io
  2. quay.ioから redhat-operators カタログをベースに新規カタログイメージをビルドし、そのイメージにタグを付け、ミラーレジストリーにプッシュします。

    $ oc adm catalog build \
        --appregistry-org redhat-operators \1
        --from=registry.redhat.io/openshift4/ose-operator-registry:v4.4 \2
        --filter-by-os="linux/amd64" \3
        --to=<registry_host_name>:<port>/olm/redhat-operators:v2 \4
        [-a ${REG_CREDS}] \5
        [--insecure] \6
        [--auth-token "${AUTH_TOKEN}"] 7
    
    INFO[0013] loading Bundles                               dir=/var/folders/st/9cskxqs53ll3wdn434vw4cd80000gn/T/300666084/manifests-829192605
    ...
    Pushed sha256:f73d42950021f9240389f99ddc5b0c7f1b533c054ba344654ff1edaf6bf827e3 to example_registry:5000/olm/redhat-operators:v2
    1
    App Registry インスタンスからのプルに使用する組織 (namespace)。
    2
    ターゲット OpenShift Container Platform クラスターのメジャーバージョンおよびマイナーバージョンに一致するタグを使用して、--fromose-operator-registry ベースイメージに設定します。
    3
    --filter-by-os を、ターゲットの OpenShift Container Platform クラスターと一致する必要のある、ベースイメージに使用するオペレーティングシステムおよびアーキテクチャーに設定します。使用できる値は、linux/amd64linux/ppc64le、および linux/s390x です。
    4
    カタログイメージに名前を付け、タグを追加します (更新済みのカタログの場合は v2 などのタグ)。
    5
    オプション: 必要な場合は、レジストリー認証情報ファイルの場所を指定します。
    6
    オプション: ターゲットレジストリーの信頼を設定しない場合は、--insecure フラグを追加します。
    7
    オプション: 公開されていない他のアプリケーションレジストリーカタログが使用されている場合、Quay 認証トークンを指定します。
  3. カタログのコンテンツをターゲットレジストリーに対してミラーリングします。以下の oc adm catalog mirror コマンドは、カスタム Operator カタログイメージのコンテンツを抽出し、ミラーリングに必要なマニフェストを生成し、イメージをレジストリーにミラーリングします。

    $ oc adm catalog mirror \
        <registry_host_name>:<port>/olm/redhat-operators:v2 \1
        <registry_host_name>:<port> \
        [-a ${REG_CREDS}] \2
        [--insecure] \3
        [--filter-by-os="<os>/<arch>"] 4
    
    mirroring ...
    1
    新規の Operator カタログイメージを指定します。
    2
    オプション: 必要な場合は、レジストリー認証情報ファイルの場所を指定します。
    3
    オプション: ターゲットレジストリーの信頼を設定しない場合は、--insecure フラグを追加します。
    4
    オプション: カタログは複数のアーキテクチャーおよびオペレーティングシステムをサポートするイメージを参照する可能性があるため、アーキテクチャーおよびオペレーティングシステムでフィルターして、一 致するイメージのみをミラーリングするようにできます。使用できる値は、linux/amd64linux/ppc64le、および linux/s390x です。
  4. 新たに生成されたマニフェストを適用します。

    $ oc apply -f ./redhat-operators-manifests
    重要

    imageContentSourcePolicy.yaml マニフェストを適用する必要がない場合があります。ファイルの diff を完了して、変更が必要かどうかを判断します。

  5. カタログイメージを参照する CatalogSource オブジェクトを更新します。

    1. この CatalogSource の元の catalogsource.yaml ファイルがある場合:

      1. catalogsource.yaml ファイルを編集し、spec.image フィールドで新規カタログイメージを参照できるようにします。

        apiVersion: operators.coreos.com/v1alpha1
        kind: CatalogSource
        metadata:
          name: my-operator-catalog
          namespace: openshift-marketplace
        spec:
          sourceType: grpc
          image: <registry_host_name>:<port>/olm/redhat-operators:v2 1
          displayName: My Operator Catalog
          publisher: grpc
        1
        新規の Operator カタログイメージを指定します。
      2. 更新されたファイルを使用して CatalogSource オブジェクトを置き換えます。

        $ oc replace -f catalogsource.yaml
    2. または、以下のコマンドを使用して CatalogSource を編集し、spec.image パラメーターで新規カタログイメージを参照します。

      $ oc edit catalogsource <catalog_source_name> -n openshift-marketplace

更新された Operator は、OpenShift Container Platform クラスターの OperatorHub ページから利用できるようになりました。